ブラジル最終日!ありがとう!


4月7日 (ブラジル日記3日目)

昨晩も朝の5時まで遊んでしまった僕。

だが、今日は最終日、、、

さすがに最初の二日間遊びすぎた。。

ビーチと宿とクラブにしか行っていない。

 

ブラジルに行く前は正直、エロな旅人達から

ブラジルの出会いBARとかマッサージが

エロすぎてヤバすぎるという事で

大変興味があったのだが、

本気で遊びが忙しくて全く行く暇が無かった。

 

ブラジルのビザを取るためだけのために

欠航なんかも喰らいながら

せっかくパラグアイまで行ったのに

このままじゃ、もったいない。

 

今日は観光だ!まずは、リオにある

あの両手を広げたキリスト像から!!

さぁ今日の日記のスタートです!

 

ブログランキングに参加しております!一緒に僕の旅を共有したいです!よろしければクリックで応援宜しくお願いします! 

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

*******************************

強盗に遭っておきながらこんな無責任なことは

言いたくないがブラジル人は本当に親切でノリが良く、

楽しい人ばかりである。

 

僕が道に迷よっていると、まず助けてくれる。

さらに親切だ。

 

色んな人に紙に書いてもらったり

道案内を受けながらコルコバードの丘にあるキリスト像へ。

 

到着して係員にキリスト像まで昇るケーブルカーの時間を聞く。

 

すると彼は僕に小声で言った。

 

「今日天気悪いしオススメはしませんよ。

街は一望出来ないだろうし、

キリスト像すらキレイに見えないかも」

 

ビジネス的にはアウトなアドヴァイス。

経営者泣かせの従業員。

が、これぞ真の

 

顧客目線。

顧客志向。

CS向上。

 

難しい言葉はいらないのである。

 

単純にお客さんにブラジルのベストな状態での景色を見せてあげたい。

そういう気持ちがビシバシ伝わる。

 

僕は、感動した。

 

南米で幾度と出くわした

ボッタクリ。

1円でも多く、無知な観光客から頂戴しちゃおうという姿勢には辟易してた。

そんな時に、この言葉である。

心に染み渡った。

 

確かに空を見ると所々に雲が出てはいるが、

まぁ普通に晴れていたし

僕は言った。

 

「いや、それでも行くよ!

明日にはこの国出るし、

どうしてもこの有名なキリスト像は見たいんだ。

君の意見には凄く感謝してる!

本当に驚いた。ありがとう!!」

 

 

すると、彼は「Check it out」というと

僕の頭上にあるモニターを指さした。

 

 

天気

 

 

僕だけに教えてくれた訳じゃなく、

皆に表示されていたようだ!

 

 

おい、店長!これじゃ売り上げ落ちるぞ!

すぐに消せ!

 

そんなコトを言いたくなる

クリアなモニターだった(笑)

 

僕は諦めてトボトボと宿に戻る。

 

すると、プリンスくんが

あの初日に合コンした(詳細はコチラ

エホバの証人と一緒にいるではないか!

プリンスと彼女

初日の画像 プリンスと彼女

 

彼らは僕を待っていたようですぐに声をかけてくる。

 

話を聞くと、やっぱり彼女のことが凄いタイプなのでデートに誘ったらしい。

 

相変わらず力の抜けるやつだ!

この子はプリンスを勧誘したいだけなのに。。。

 

日本のキャバクラに連れて行ったら、

 

一番最初に身ぐるみ剥がされて

さらには借金までするのがコイツだろう。

 

心配になる輩である。

 

「そうか、まぁ楽しんでこいよ」

 

と言うと

 

プリンスは僕に言ってきた

 

「かつお、デート代が無いから

100レアル(約5000円)貸してくれ!」

 

 

 

おい、予想より随分早めの借金だな!(笑)

 

 

 

つか、お前初日の昼飯代も返してもらってないぞ!

しかも僕は明日の早朝5時に出発するので

このお金は戻ってこないと思った。

 

が、これも何かの縁でこいつと知り合ったし、

もう全然それでも良かった。

こいつのお陰でブラジル楽しめたし。

フランスに行った時はこいつにパリジェンヌでも紹介させよう。

 

僕は100レアルを渡す。

 

「Thanks, man」

 

と言うとプリンスは、

後ろにいた彼女の腰に手をまわし、出て行った。

 

 

 

次は彼女に隠れて金借りろよ!

 

 

さぁて、僕は何をしようか。。

すると、昨日一緒にクラブに行ったアルゼンチンの男が僕のところへ来る。

 

「カツオ、今日もクラブに行こうぜ」

 

「えー、オレ良いこと無いんだもん。

もー寝てないし、明日早いし、

今日は辞めておくわ」

 

するとアルゼンチン男は言う。

 

「カツオはもっと積極的に行かないと!

アルゼンチンの男は、何事にも怖れないんだ!

自分の気に入った女がいたら突き進むのみ!」

 

カッコいいのである。

 

続けて言う。

 

「昨日いたオッパイの大きい女の子いたろ?

実はあの子と昨晩やったんだぜ」

 

帽子をかぶってるのがアルゼンチン男、その隣の黒いシャツの子と宿のトイレでヤッたらしい。

帽子をかぶってるのがアルゼンチン男、その隣の黒いシャツの子と宿のトイレでヤッたらしい。

 

お前いつの間に!!!!

 

 

「今日はオレが女の落とし方

教えてやるから来いよ」

 

 

 

「わかった!」

 

 

即答した。

 

 

もう寝ないで明日出発しよう。

腹ごしらえをして僕らはクラブへと向かう。

日曜日。

 

 

 

 

ガラガラなのであった。

 

 

 

その後3軒ぐらい周ったが

どこも死んでいた。。。

 

 

というわけで、

3日目は観光もエロもクラブも全て無く

ただ僕の横を通り過ぎていったのであった。。

 

ただ飲んで踊って強盗に遭って、ビーチで盗撮して

友人のキスシーンをひたすら見て終わったブラジルの休暇。。。

 

 

無くなったのは睡眠時間と金だけだった。

 

 

観光も出来なかったし、パ●パンも見れなかったけど。

 

それでも僕はウンと大きなものを得ることが出来た。

 

そう、それは、ブラジルの夜で得た

 

皆の爆発的なエネルギー。

生きてる喜び。

人生の楽しみ方。

 

それは僕のこれからの人生の歩み方に

多大な影響をあたえるだろう。

 

これだけで十分過ぎる価値。

 

 

オブリガード!!

リオデジャネイロ!!

 

 

こんな日本の裏側まで

来る事は二度と無いけど!!

 

さようなら!!!

 

僕は深夜2時にベッドに入る。3時間は寝れるな。

ブラジル3日間の合計睡眠時間13時間かな。

それでも全然疲れてないよ!

 

と、その時、部屋のドアが開いた。

 

 

「カツオ?カツオ?」

 

 

優しく囁く声!!!

 

 

おおおーーー!女の子か!!

 

 

 

もちろん違う。

 

プリンスだった。

 

 

ウルサイから部屋の外に出る。

 

彼は下着の中から100レアルを出して返してきた

(汚ねーんだよ!w)

 

そして、僕にお礼を言った後、相談してくる。

 

「彼女が、オレにブラジルに住んで欲しいと言うんだ。

 だから、、おれ、、、

 こっちに移住しうと思うんだけどどう思う?」

 

 

おまえ、どんだけ軽いんだよ!!

発想が自由すぎるぞ!!

 

 

最後まで力の抜けるやつだが

 

世界にバカな話しはあるけど

国境は無いんだね。

 

 

僕は言う。

 

 

 

「いいか、よく聞けよ?

まずは”エ●バの証人”をググれ」 

 

 

僕の睡眠時間は彼のくだらない相談で

さらに2時間削られるのだった。。

 

 

今日も僕の日記にお付き合いありがとうございました!!

 

明日は白い粉とマフィアで有名なコロンビアへ!

 

ではまた明日!!

 

ブログランキングに参加しております。皆様の温かいクリックで

ブログを書く意義を見出せます!クリックで応援お願いします!!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

 


コパカバーナ!のビキ!


やっとブラジル二日目の日記!初日の12時間が濃すぎました(笑)

(最後にある女性をブサイクとは言ってませんがそんなニュアンスで書いてます。お気になさる方は読まないで下さい!!)

ぶっ飛び過ぎで、危険で

エロさ満点のリオデジャネイロの

洗礼を僕は初日で十分過ぎるほど

体験してしまった。

それでも僕はまだまだこの国を愛さずにはいられない。

 

窓から差し込む強い日差しが僕の部屋に忍び込んできた。

時計を見るとまだ9時半。

4時間ぐらいしか寝ていないが

コパカバーナのビーチが僕を大きな声で呼んでいた。

 

お待たせしました!

では、4月6日、今日の日記いきます!

ブログランキングに参加しております。僕のブログを通して少しでも一緒に旅を楽しんでくれたら嬉しいです。是非クリックで応援お願いします。僕もブログを書く意義が出ます!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

*******************************

起きたは良いものの、なんだか昨晩のお酒が残って動く気がしない。

 

僕が宿泊しているホステル、

コパカバーナにあるMisti Roomという宿は

本当にオススメで朝食のバイキングがつく。

 

あまいスイカを絞ったジュースに

サンドイッチを放り込みながら、

初日のブログを一気に書く。

 

鮮度が高いうちにキーボードを叩きたかった。

 

宿の連中が、ビーチへ繰り出すのを横目で見ながら慌てて文章を考える。

 

皆が出て行って1時間。

プリンス君が起きてくる。

この時すでに11時。

 

1時間後にビーチへ一緒に行くことへ。

 

外はもう痛そうなほど日差しが強い。

 

 

きっと今日は大漁だぞ!

 

 

ブログを書き終えてビーチへ!

 

お待たせしました!

あまり画像は良くないけど

乗っけていきますね!

 

コパ1

 

 

いるいるー!!昨日とは違う!!

 

400円くらいでチェアを借り

ポジションセット!

 

基本、変態だと思われるので後ろ姿ばかりですがお楽しみ下さい。

 

コパ2子連れのお母さん!カッコいい!

 

コパ3大きめの人も堂々とお尻を見せる!

 

コパ4金髪にビキのコンボは世界遺産に登録ですな!

 

コパ5ピントずれスミマセン!これ日本なら罰金ものですよね!

もう日本人のビキニなんてこれに比べたら

ブルマですよブルマ!

 

コパ7紐ですよ、紐!

もう絵になる!!

 

コパ8前は案外ふつう?

 

コパ6女性へ。男はやっぱり筋ですな、筋!

 

コパ9ご年配の方も当然ビキニ!

 

コパ10

オレの写真も撮ってくれよ!と

ビーチで声を掛けてきた人。

撮影して、画像を見せると

「オレの母ちゃんに送っておいてくれ!」

と言われる。

ノリがいいのである。

 

というか、コパカバーナ、、、

以前コメントにもあったけど、、

ちょっと年齢層高めでした!!

期待させてごめんなさい!!!

 

 

やべぇーブログで偉そうなこと書いちゃったァー

なんて、焦っていると

さっきまで泳いでいたプリンス君が戻ってきた。

 

どうやら超カワイイ子に声をかけて

 

 

仲良くなったので、そこへ椅子を移動させよう!

と言うではないか。

 

 

 

女を切らさない。

 

 

 

それがフランス人男性である。

サンキューとしか言い様がない。

僕らはそそくさと移動。

 

 

 

コパ11

お前ってやつは、なんだか微妙だな!!

 

他にもモデル級の女の子たち沢山いるのに。

でもこの子たちめちゃめちゃいい子で会話してて楽しかったです。

 

ただ、1時間後ぐらいに、

 

「ちょっと他の人達にナンパされに行ってくるー」

 

と言ってどこかへ消えて行きました。

 

 

 

 

ごめん、オレで。

 

 

 

 

3時間ぐらいビーチに居座った後

身体を真っ赤なして宿へ戻る。

 

軽くご飯を食べて仮眠。

起きてプリンスの部屋に行くとサンパウロから旅行で来た

ブラジル人の女の子4人が!!

当然プリンスは飲みに誘っている。

 

で宿の男ドイツ人、アルゼンチン男(昨日スエーデン人とキスしてた男!)と

プリンスと僕でまたクラブへ行くことに。

 

もう遊びすぎて脳が溶けそうだ。

 

二日目

遊びに行った面々。

プリンスの名前以外全部忘れた。

 

二日目パーティー1

まずは道端で演奏している人達の前で

皆で踊る。

ドイツ人はビールばかり飲む。

それにしてもブラジル人女性のダンスがヤバい!!

もう皆ステップが上手すぎる!

音楽がなった瞬間に踊りだすからね。

笑いの沸点も低いから

僕のふざけたダンスで爆笑してくれるし、

なんかすんごく良いよね!

こういう明るい女性って!!

 

クラブに移動し踊りまくる!!

楽しいぞ!今夜も!!

二日目2

 

何度も言うようですが、

僕の顔が大きく見えるのは気のせいです。

因みに左上のドイツ人と隣のブラジル人は

すぐに良い雰囲気になる。

いいなぁ。白人。

こいつダンスまじで下手なくせに

キスをするのだけは上手くて早い。

キス

官能的で美しいキス。

 

もう友達がキスするの見るのとか慣れた(笑)

 

相変わらず僕は何にもない。

 

ひたすら音楽に合わせてノッてると

プリンスが見当たらない!

 

あいつバカだから迷子になったか??

 

30分ぐらい心配していると

 

「カツオ!めっちゃ可愛い子見つけた!

紹介するからこっち来い!!」

 

と言うではないか!!

 

こいつは歩けばナンパしてるな!!

 

が安心してはいけない。

彼は僕のタイプとは真逆だ。

もう笑いを頂きに付いて行く感じだ。

 

 

が、な、な、なんと!!!!!

 

 

 

プリンスナンパ

 

やっぱりね!(笑)

 

期待を裏切らない男。

それがプリンス!

 

 

 

プリンス

 

 

お前は本当に幸せもんだな!

 

世界の男性の女性観って本当に多種多様なんだね!

 

僕個人的にはこの子をナンパしようとは絶対思わないけど

でもプリンスとその女の子の幸せそうな顔と

キスシーンを目撃して、

僕はすっごく幸せな気分になりました。

 

人の評価なんて関係ないしね。

自分が可愛いと思う子に全力でツッコんでいけばいいんだよね。

それを僕がとやかく言ったり評価する必要なんて本当に無いし、失礼な話だよ。

思い切りブログにしちゃって申し訳ないけど。。

だって、、、、やっぱり

プリンスなんか違うんだもん(笑)

 

このクラブ内に可愛い子、冗談抜きで200人はいたと思うよ。

それを掻き分けて、掻き分けて、見つけ出しての、この子だからね。

 

ただ、ひとつ言えることは、

こんだけ皆が盛り上がっているのに、

自分のタイプじゃない人とも踊れず

1人で身体を揺らし続ける寂しくて痛い男、

 

それが僕でした(TT)

 

明日はブラジル最終日!頑張るぞ!!

 

 

ブログランキングに参加しております。

皆様の温かいクリックでブログを書く意義を見出せます!

クリックで応援お願いします!!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

 


リオで強盗被害!!


ブラジルについての4回目の日記だが、まだ初日についてです(笑)

(あと、最後にキリスト系宗教のことをネタにしております。

敏感な方は気分を害すると思うのでお読みにならないで下さい)

 

僕は常々思っていた。

 

きっと本当の怖いヤツというのは

全身に刺青を入れ、格闘技をかじり

筋肉モリモリ。

ダボダボのウェアをまとい、

ゴツいアクセサリーをいたるところに付けている。

言葉遣いは荒く、目つきも鋭い、

更には昨晩激マブの彼女にふられて

テキーラを三杯立て続けに飲んだヤツ

ではない。

 

本当に怖くてヤバヤバのバキバキな奴。

それは、見た目はガリガリ貧弱。

またはデブで血糖値は高めのブサイク。

ファッションセンスはケミカルウォシュなジーンズを

おヘソ辺りまで目一杯にあげ、更にTシャツをイン。

運動は当然苦手だし口はモゴモゴだ。

目つきは悪いどころか、どこ見ているか分からない。

当然、彼女は出来たことがなく、

いつもお金で解決。がお金もないので

解決といっても風俗ではなく、

この時代にエロ本(しかもマンガ)だ。

 

何も持ってない、

友達もいない、

失うものなど何も無い、

世間様なんて関係ねー。

 

もうヤケクソなガイ。

 

なんて、いつも思っていた。

 

しかし、どうやら世界は違うらしい。

危ない奴はふつーに

そこらへんを歩いていて

善良な市民の中に混ざっている。

彼らは経済成長とグローバル化が

創りだした”貧富の差”が産み落とす魔物。

 

そういう奴をなだめる方法は一つだ。

彼らがブチ切れる前に

欲しがっているものを与える。

ただそれだけ。

 

それが嫌なら神出鬼没な彼らと

出くわさないように祈るのみ。

 

が、この夜、僕の祈りは

届かなかったようだ。

 

では、今日の日記いきます!

 

ブログランキングに参加しております。僕のブログを通して少しでも一緒に旅を楽しんでくれたら嬉しいです。是非クリックで応援お願いします。僕もブログを書く意義が出ます!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

*******************************

クラブの帰り夜中2時半。

バスから降りた僕ら4人(コロンビア女性3人に僕)。

 

コロンビア女性はスペイン語で楽しそうに会話しながら

横一列になり深夜の道を闊歩していた。

 

僕はその約5m後方をタラタラ歩く。

 

大通りから角を右に入り、

少し暗い道を真っ直ぐ200mぐらい

行くとそこは僕らの泊まっている宿だ。

 

シャワーは明日でいいや。

歯を磨いて寝よう。

 

なんて考えながら歩いていた、その瞬間!

 

 

Hey!

 

 

という声と共に

 

 

いきなり景色が90度変わり、

右腕と背中に痛みを感じた!

 

 

パッと右を見る。

 

ギョロッとした目を持つ黒人系の男が

そこにはいた。

どうやら、僕の腕を鷲掴みにし

フェンスに叩きつけたようだ。

 

彼は僕の前に回りこむと

 

なんか言っている。

 

がポルトガル語が分からないので

100%何を言ってるか理解は出来ない。

が、

120%検討はついた。

 

 

 

 

お金ですね!?

 

 

 

この時間にこうやって道を訪ねてくる奴は

世界広しと言えどもいないだろう。

 

僕はとっさに

男の顔や身体つきを確認した。

 

僕よりも断然若そうだ。

体格は僕のほうが大きく

彼は別に筋肉隆々でもない。

 

僕は日本にいるとき

何度もオヤジ狩りにあうシュミレーションを

してきたので分かっていた。

 

もし僕のように身長185cmで

体重80キロの体格のいいヤツを

襲う奴がいたとしたら、

それは

 

ガチで強い奴

 

 

本気のバカ

 

 

のどっちかだ。

 

何故ならば、スリや置き引きと違って

強盗やカツアゲは真正面から

対面してしまうため、もし相手が自分より

強かったり武器を持っていたら自分が

酷くヤラれてしまうリクスを伴うからだ。

 

 

こいつはどっちだ?

 

 

 

なんて、自分が当事者になってみたら

テンパッて何も考えられなかった(笑)

 

 

そんな風に戸惑っていると

彼は自らのジーンズのお腹辺りに手を入れ

洋服の中から銃みたいのを突きつけてきた!!

 

 

その仕草やめて!!!

 

 

こえぇぇぇし!!!

 

 

うん、それすっごく怖いよ!!

 

 

これ読んでる人は、

 

勝雄バカだな〜

そんなの銃じゃないに決まってるし。

 

って思うだろう。いや僕もそうは思いたい。

けど、実際見えない分、怖い。

現時点でそれが、銃か銃じゃないかは

コイツにしか分からない!

 

もしかしたらチンコを出すのかもしれない。

変態が多いって聞いたからね。

 

でも、そのつきつけてる銃系のもっこり感を

指さしながら、笑顔で

 

「またまたぁ〜冗談キツイよぉ〜」

 

 

なんて言えないから!!

 

僕はかろうじて発したコトバが

 

Oh、Oh、Oh。。

 

だからね!

 

の、その瞬間!

男は

 

 

マネー!!

 

 

と低く怒鳴り、

僕の右ポケットに手をツッコんできた。

幸い右ポケットにはクラブでお酒を買うために

入れていた、2、30レアル(1500円)くらししか

入っていなかったと思う。

そんなのは被害のうちに入らないから、

どーでもいい。

 

問題は左ポケット。

ここには今日下ろしたばかりの

3万円分のレアルが入った財布とiPhone。

 

ちくしょう。

全部ヤラれた嫌だな。。。

 

それにしても初被害がいきなりカツアゲか。

 

いや、これカツアゲじゃなくて強盗だな。

国が違えば、おもちゃの銃だとしても

警察が動くレベル。

と思いつつも、

 

 

 

 

よしっ、

これでブログ1個書ける!

 

 

 

と思う自分!バカ!真剣に対応しろ!

 

 

仕方ねぇ。男として、ここはやるしかねぇ。

大和魂ナメんじゃねえぞ!

幸いこいつの左手は僕の右ポケットに入ってる。

顔面がガラ空きだぞ、ノータリン!

僕は両手の拳を強く握りしめた。

 

その時である!

 

その男は、更に

 

マネー!マネー!

 

と洋服で隠した何かをグイグイ

突き出してきた!

 

 

今だ!!!

 

 

僕は強く握った左の拳を

ストレート1発!

 

 

 

 

 

で自分の左ポケットへ!(笑)

 

 

 

怖いじゃん、やっぱり!(笑)

無理無理。

戦う選択肢、脳裏に1mmも無かったわ。

 

財布を握りしめて出そうとした

 

その瞬間!!

 

 

 

「キャーー!!カツオ!!

 ノーノーノー!!」

 

 

 

前に歩いていた女性三人組が

僕の異変に気がついて叫んだ!!

 

 

 

女神様!!!

 

 

でも僕はマジで、その子たちが心配になった。

もしその子たちに、こいつが行くなら、

マジでオレこいつやる。

男して生まれたからには、仕方がない。

 

だから、この男が女の子達の方へ

行かないことを真剣に願った(笑)

 

 

願いが通じたのか、

男は、女性達の悲鳴にひるみ

あたりをキョロキョロしだした、

その瞬間!

 

 

 

バモス、バモス!!

(行こう行こう!)

 

 

僕は女の子たちに向かいながら

大声で言い、ダッシュでその男から

逃げた。。。

 

 

ごめん。ほんとダサくて!!

 

もう書いてて嫌になる!!

でもこれ本当に実話だからね。

仕方なし!

 

つか、なんで最初の被害が強盗かね!

もっと置き引きとかケッチャプ強盗とか

可愛いのにしてくれりゃ良かったのに!

 

 

後ろを振り返りながら女性の後に続き

逃げる僕。

 

どうやら追ってこない。

 

僕らは宿に無事滑り込んだ。

誰も起きていなかった。

 

女子たちは一つの思い出として

笑いながら部屋へ戻ったが、

僕は、マジで思い出すと若干震えた。

いやぁ、撃たれなくて良かった。。

あれが銃か銃じゃないかは問題じゃない。

 

僕も随分と気をゆるめ過ぎていた。

いくらだって対策方法はあった。

ケチらないで僕が払っててでも

皆でタクシーで帰れば良かった。

反省だ。

(皆さん、海外ではどんなに安全だと思っても

夜道は必ずタクシーを使って下さい!)

 

 

翌日撮影した事件現場(笑)

翌日撮影した事件現場(笑)

 

 

自分の部屋に戻る途中、さっき一緒にコンパした

(3日前の日記だけどw)

プリンスが階段で携帯をいじくっていた。

 

僕は自分のことは言わず

 

「Hey man. Sorry for the dinner」

 

まずコンパの無礼を謝罪して聞いた。

 

「彼女とどーだった?」

 

こんなコトがあっても無事だと

さっきの事件よりこっちが気になる(笑)

 

プリンス

「んーーまぁまぁ。すごいナイスな子だよ。

彼女も僕の事好きだって。」

 

「まじかよ!良かったじゃん!

こんな遅くまでいたって事は

やってきたの?」

 

世界の誰に対しても別け隔てなく

下品な質問をする僕。

 

プリンス

「いやぁぁーー、

 彼女、ジェホバでさ。

 聖書プレゼントされて、

 勧誘をうけてたよ。」

※ジェホバとは宗教。日本で言うエホバの証人

結婚するまでセッ●スはお預け確定!

 

 

 

「What the Fu●k!!!!」

(きびしーー!!)

 

 

プリンス

 

 

「Yeah That’s sooo F●ck!!!」

(ね!まじでクソだったわ!!)

 

 

僕らは目を合わせると

深夜に大爆笑した。

 

プリンスくんもってるわ。

ほんと面白い奴と知り合えた。

この笑いでさっきの強盗の恐怖は吹き飛んだ。

 

 

では明日はお待ちかね、リオデジャネイロ二日目の日記です。

ビーチでビキを探して来ましたよ!明日のお楽しみ!

 

 

あ、じらしすぎで怒られてるから1枚だけ。

水着1

微妙かね?

 

 

ブログランキングに参加しております。皆様の温かいクリックで

ブログを書く意義を見出せます!クリックで応援お願いします!!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

 


僕の答えとキスの嵐(長文)


ブラジルに入ってから3回目の日記。

が、今日もまだ初日のこと書きます(笑)

 

昼にリオ着いて、ビーチ行って、

宿で知り合ったフランス人プリンス君と

コンパ行って、、、

で今から同じ宿の外国人13人くらいと

LAPAにあるクラブに行くお話を書きます。

 

金曜の夜ということもあり、夜も遅いというのに

まだまだ盛上がり続けるリオの夜。

 

この街に来て、この繁華街に来て

店から溢れ出す音を聞いて、

現地人のエネルギーを感じて。

 

僕は、本気で全身が震えた。

 

僕も彼らと同じ人類という生命体なんだ。

 

僕らはみんな生きている!

 

さぁ一緒に踊ろうぜ!!

 

Get Down! Get Down!

 

ブログランキングに参加しております。僕のブログを通して少しでも一緒に旅を楽しんでくれたら嬉しいです。是非クリックで応援お願いします。僕もブログを書く意義が出ます!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

*******************************

大通りに出るとコレクティーボという乗り合いバスに乗り込んだ。

総勢男女13名。

僕らはLAPAというリオデジャネイロの繁華街に向かった。

 

コパカバーナからLAPAまで20分。

 

降りるとそこはもう、街が狂っていた!

 

屋台がところ狭しと立ち並び、

広場ではガンガン誰かがスピーカーで音楽を垂れ流し、

BARや居酒屋も負けじと音楽を道路にぶちまける。

 

とりあえず、カメラは持って来なかったので

今日はまともな画像はない。。

バー

これ多分普通の飲み屋 オープンバー的な。

 

が、

伝えたい、どうしても文章で伝えたい!

 

きっと表現出来ない。

これは僕の文章力じゃ無理だ。

だから、

 

そのまま何も考えずにキーボードを叩きます!

 

 

 

 

このエネルギー!!

すごい!すごいよ!

 

フライデーナイト in ブラジル!

 

いつもより多めに “!”を使います!

 

街を歩く人々は歩道の真ん中で、

BARで飲んでいる人はテーブルの横で

我慢できずに踊りまくる!

 

もう皆、踊る!

 

上手い下手、関係ない!

恥じらいは無い!

 

もう人が踊っているんじゃない。

 

街全体が踊っているようだ!

 

何か嫌なことがあったの?というぐらい

狂ったように揺れてる。

 

いや、違う!!

 

楽しいことに純粋に向き合ってるんだ!

 

嫌なことなんか全て吹っ飛んでる。

 

人が音楽を浴び、身体を動かすことは

本能なんだと直感する!

 

音楽、歓声、騒音

全ての轟音が混ざり合い、

まるで賛美歌を浴びているようだった。

 

 

やったっぁーーーー!!

 

神様、今日という日を有難う!!

 

ここに連れてきてくれてありがとう!

 

 

僕も街中で関係なく

音楽に身体をのっける!

ビートにステップを合わせる!

ライトに腰をあてる!

屋台で買ったカピリーニャ(ブラジルの強いカクテル)を一気に流し込む!

 

 

一緒に来た宿の仲間が僕を見て笑う。

だけど僕は日本語で叫ぶ!!

 

 

うぉーーー!

オレは生きてるんだ!!!

オレは自由だぁーー!!

 

 

両手をいっぱいに広げて空を仰ぐ。

 

本当に涙が溢れ出そうになる。

何なんだ、この感動!!

ブラジルありがとう。

僕はずっと自分のやってきたことを後悔してきた。

2度の離婚も、多くの人に迷惑をかけ、

親にも親戚にも友達にも心配をかけ、

その他、ここには絶対に書けないこともあり、

もう死んだほうがマシと思うぐらい精神的にキツイこともあった。

これまじで。

 

何から何まで上手く行かず、好きでもない仕事にも励んだ。

実は内緒にしていたが、

アメリカに留学したことも後悔していた。

大切な時期に留学しちゃったし、

多額の金をつぎ込んで、まったく生かしてないし、

この旅もぶっちゃけ本当にワケわかんないし、

良い年こいてロクに仕事もしないで野宿して貧乏旅行して、

もう、何から何まで微妙で、自分が何で、何のために

生きてるか不思議だった。

 

 

だけど今ここに来て理解した。

 

完全に、向こう側に渡れた。

 

 

知っていたけど、全然実践しなかったこと。

金のために生きてるんじゃない。

嫌いな仕事やコトのために生きるほど

人生は長くない。

 

最後に金を沢山持ってた人が勝ちじゃない。

 

数年前、26,7歳の読売新聞本社勤務の奴が

僕にこう言った。

 

「僕、年収今800万円です。

この年でいわゆる勝ち組と

言われるラインですね」

 

僕はそれを聞いて自分のこと完全負け組だと思った。

だってその時

 

 

 

給料0円だったからね(笑)

 

 

 

なんなら借金してたし。

従業員にも安い給料で申し訳なく思った。

すんごく。

 

あれからそんな話ばかり聞いたり

目にしたりしてきた。

 

でもね、今自信を持って言える。

勝ち組負け組を、年収や資産で示してる奴

あれ1億パーセントアホ。

金に振り回される人生まじでアホ。

心から可哀想と思う。

いや、お金はあったほうが全然いいし、

あったほうが楽しいこと出来る幅もグンと増えるよ。

だけどそこは基準でも何でもない。

 

人生、本気の本音で

 

 

 

 

楽しんだもの勝ちだわ。

 

 

 

これこそが本当の勝ち組。

完全に。これ間違いない。

自分の好きなことやればいいみたい。

 

うん、全ては繋がっていた。

ぼくの離婚も、留学も、事業の失敗も全て

 

この日の、この時のためにあったんだ。

 

僕は、今楽しめてる。

僕すっごく楽しめてる。

僕、ちゃんと自分に勝ってる!

 

 

 

旅出て良かった!!!!

 

 

って初めて思った(笑)

 

+++

ひと通り感動した後、クラブに入る。

20レアル(約1000円で1杯つき)

 

クラブのドリンク料金 x50すれば大体日本円になります。

クラブのドリンク料金 x50すれば大体日本円になります。カピリーニャというサトウキビをつかったカクテルが美味しかった。強いけど。ブラジル発祥のようです。

一緒に来た奴らも踊りまくる

僕も踊る。

クラブ内

 

と、しばらくすると、

 

アルゼンチン男が女の子の前でガン踊りしてる。

 

はははっ。陽気だねー!

ガンバレ!!

僕もお前のピエロっぷり見れて楽しいよ!

 

横にいた奴が叫ぶ。

 

「アルゼンチーナ、ジャーマニー、スウェディシュ、コロンビアン、

ジャパニーズが皆でハッピーに踊っている!

なんて素晴らしいんだ!」

 

 

全くだ!!

 

素晴らしいな!!

 

 

そのときである。

 

ふと横を見ると、

さっきからアグレッシブに踊ってたアルゼンチンのピエロ男が

スエーデンの女の子にキスをした。

 

え!!!

 

えええ???

 

そういうノリでいいの?

 

 

 

つかその子、可愛い子じゃん!!!

 

まじで???

 

で、よく見るとスエーデンの子も彼に手を回してアクセプト!

 

すげーーー!

 

なんか、すごいよ!

 

つか、その子は僕も気に入ってたので

そのアルゼンチン男に嫉妬した。。

なので、

僕は笑顔で中指を立てた。

 

彼は笑いながら僕にウィンクをする。

 

ニクイやつだ!

ちきしょーーー!!

 

 

 

僕もキスしたい!

 

 

 

ダンス頑張るぞ!

 

けど、頑張れば頑張るほど

しょうもなくダサい(笑)

 

ピエロは僕か!!

 

アニキ!に習ってくればよかった!

ちくしょー!

 

そのアルゼンチン人とスエーデン人のキスが

スイッチを入れたのか、

他の人達も皆キスし始めた。

 

まじか!!

 

そういうことか!!

 

 

それは僕にも回ってくるのか?

 

が、いくら待っても回って来ない(笑)

 

僕が言うのもなんだけど、、、

 

ブサイクなヤツもキスしてる!

 

 

お前、裏切ったな!

 

 

どうしよ、この行き場のない感じ!

もういいや、踊るわ!

 

と思いつつも、凄い見ちゃう(笑)

キスの嵐が上陸していた。

 

楽しそうだなぁーーーおい!!!

 

女の子みんな可愛いしね!まじで。

 

本気で余っちゃったよ、僕(笑)

少し、いやだいぶ凹んでるよ。僕。

 

なので飲む。飲みまくる。

アニキ!と約束した「お酒は3杯まで」

1時間前に破ってる。

 

ふと時計を見るともう2時。

足がだるく、頭が重い。

そういえば昨日も空港泊で

4時間くらいしか寝てないわ。。

 

余っちゃったし、挨拶して帰ることにした。

帰り際、スエーデン人の女の子が

僕のほっぺにキスしてくれた。

十分うれしい(笑)

つか、あれキスというか挨拶みたいなやつだけど。

 

一緒に来た、コロンビア人の女の子3人も

早朝に帰国するということで一緒に帰ることに。

2時でもまだこの人 in LAPA

2時でもまだこの人 in LAPA

 

バスが捕まったので乗りこみ

宿から数ブロック離れた所で下車。

 

僕は、コロンビア人女性のプリっと上がった

お尻を眺めながら一番後ろをだらしなく歩いてた。

 

するとである。

 

 

姉さん事件です!!

 

 

長くなったので続きは明日!

まだリオの夜はつづくのである!

 

ブログランキングに参加しております。皆様の温かいクリックで

ブログを書く意義を見出せます!クリックで応援お願いします!!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周


ブラジル人と合コン!!


さてと、日記でも書くかと9時半にPCを開いたブラジル三日目。

今、昼の12時です。やばし!

もうね、この国いろいろ楽しすぎて本当にやばす。

 

ギザやばす!

 

因みにこの”ギザ”ってまだ日本で流行ってますか?

僕が日本を出る2年前にはもう流行ってなかったけど!

 

旅に出てまだ2ヶ月目ですが、たまに

「旅慣れしてますね」とか「英語いけるなら余裕ですね」

など言われますが、

 

ぼく、ブログに書いてないだけで、

バスに乗るのにも四苦八苦し、

乗車したら降りる場所を何度も教えてもらい、

タクシーに乗ればボラれ、

レストランでは隣のテーブルの人と同じものを指さして頼むのみ。

道に出れば100mごとに人に地図を見せて場所を聞き、

英語は中学生程度で、通じないときだらけ。

本当に全くもって、汗ダラダラで毎日過ごしてます!

 

さぁ今日の日記もハイテンションでいきます!

 

ブログランキングに参加しております!

もし良かったらクリックで応援してくださいませ!

(クリックしても僕の順位が上がるだけです。課金されたりしません!そして順位が上がっても僕に賞金などは発生しません(笑))

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

*******************************

ビキがいなかった、ビーチ。

僕はアサイジュースを飲んで宿に戻った。

 

アサイー

アサイのジュース。300cc 250円くらい。上の部分を救った瞬間、ボロっとこぼし白いTシャツに落ちた。

そこで、先ほど一緒のタイミングでチェックインした

プリンス君が話しかけてきた。

 

フランス生まれ32歳。ブラジルに1ヶ月の旅で来たらしい。

シャンゼリゼ通りのなんとかって場所で、バレットパーキングの

自営業をしていたということで、

自営業繋がりで話は盛上がり、仲良くなった。

withprince

プリンス君イケメン!

 

とにかくこのプリンスくんは、やることなすこと

力の抜けてるヤツで、

 

一緒に御飯を食べに行こうと言えば、

お金を忘れたといい奢らされ

「人と待ち合わせしている」と言い出て行けば、

30分後に「地図がないから場所が分からなかった」と

戻ってくる。

で、地図を渡してまた出て行くと、日にちを間違えたという。

 

とにかくこういう輩は

付き合うと、こっちの力も抜けるので

バカンスには持って来いのやつだ。

3日目にはウザくなるけど(笑)

 

 

そんなこんなで、彼と知り合った初日の

午後6時。夕飯でも食べ行こうぜ!と言うと

 

 

「先日ビーチでめちゃ可愛いブラジル人を

ナンパして、今晩会うことになったんだよ。

友達も連れてくるからカツオも一緒に行こう」

 

と誘ってくれるではないか!

 

 

お前!それ合コンってやつだよ!

 

 

いくいく!!

絶対いく!!

 

彼いわく、その子はナイスバディにプリティフェイス

プリンスくんは既に一目惚れのゾッコン状態。

今日はキメると!意気込む。

 

僕にとっても初日から好スタート!

現地人といきなりコンパ!

気分とチ●コが盛り上がる!

 

僕はブラジルン人の大好きなスポーツが

S★Xと知っていた。

S★Xが国技って

地球の歩き方にも書いてある。

 

前にも書いたが、ここは

皆が皆、ブラジリアンワックスを月に1回はする

マ◯毛アート発祥の地。

イチロー並みに使う道具は大切にケアするタイプ。

日々のお手入れとして、ガニ股気味に片足を

洗面器に乗っけて10センチほど腰を下げる。

そして1本1本丁寧に陰毛を

整備する女性の美しい姿は

高額紙幣にも印刷されている。

 

書いてて下らなくなったので話をすすめる。

 

僕らはシャワーを浴び、

デオドラントを塗りたくり街を小走り。

 

プリンスが待ち合わせ時間を間違えていたのだ。

つか、さっきから携帯にメッセージ

来てたんだから気がつけよ!!


(何度もクシを通すプリンス。髪型をキメるのに抜かりはないが変化も特にない)

 

30分ほど遅れて到着するも

女性達は、待っててくれた!

ラッキー!

 

って、すんげえぇ、想像と違うぞ!!

 

 

Not my タイプ!!

 

 

ギザテンション落ちる。

 

プリンスどーなってんだ?お前!!

 

お前ブラジルで1ヶ月何をしていた??

何を見てきた??

 

とは言えず

っていうか、もっとすげえぇ書きたいんだけど

またお叱りのコメントを頂くのでやめておく。

 

(お前自分の顔みてからモノ言えっての分かってますよ。

でも、ぼく自分のブサイク加減知ってるもん!

だから、いいんだもん。ブサイクにはブサイクって言って!

ブサイク同士、指摘しあい努力するのが一番大切なんだよ。

ブサイクが傷舐めあうのが一番みっともないからね!)

 

「どうだ?可愛いだろ?」

と聞いてくるので、

 

「お、おぉ可愛いじゃん。。」と答えるしかない。

取り急ぎ、近くのレストランに入り、カンパイ。

ってか、女性達の画像みたい??

しょうがないなぁーーー。

 

 

合コン

これすげぇえ写真映りいいから!!

 

料理3人分くらいの量で約2500円。

ビール1本約500円

ブラジル料理

牛肉、オニオン、チーズたっぷり、あと芋みたいなやつ。

プリンスくんはもう、一生懸命つたないポルトガル語で話す。

 

で、女の子二人は英語はからっきしダメ。

ワンツースリーとネイムぐらいがギリ。

ぼく、すっごい厳しい!!

 

僕は6時間前にリオに着いたばかり。

話が全く出来ない!!

とりあえず、地球の歩き方の後ろにあるポルトガル語を話す。

 

 

「部屋のお湯が出ません。」

 

 

「これは、玉ねぎです。」

 

 

話が全く進まないのである。

ツマラナイ時間が過ぎる。

これが、僕のタイプだったら、

高額請求覚悟でiPhoneをネットに繋ぎ

グーグル翻訳様へログイン。

僕の高速入力で上下左右に

動く親指でS★Xアピール。

のところだが、よく見ると

なにゆえ隣にいる子は僕と顔の大きさが同じ。

 

もうダメだ。。。

 

40分ぐらいで限界。

これ以上は時間の無駄。

こちとら急ぎ旅の途中にて。

自分の楽しめない時間を費やせない。

旅の恥は掻き捨て。

 

無礼を承知で言う。

 

 

「風邪をひきました。」

 

「気分が悪いんです。」

 

 

 

 

地球の歩き方使えるな!

 

 

しかし、こちとら日本人だと身を明かした以上

日本のイメージは下げられねぇ。

後に続く日本の旅人にダメージは与えられねぇ。

 

顔はカッコ悪いが、態度はカッコつける

それが俺の流儀。

 

プリンスに、「すまん先に帰るわ」と言い、

100レアル(約5000円)渡す。

勘定の足しにしてくれ。

宿代はケチるが、ここはケチれねぇ。

 

めっちゃ痛いけど。

つか、実はレアルの円換算を30倍と勘違いした。

ファxク!ビールのせいだ!!

つか絶対おつり出たよ!

プリンス後で返金してくれよ!(←ダサい)

 

まぁいい経験が出来たし、いいや。

 

とりあえず宿に9時ごろ戻る。

すると、外国人12,3人が宿の前でたむろっている。

アルゼンチン、ドイツ、コロンビア、スェーデン人のバックパッカー

アルゼンチン、ドイツ、コロンビア、スェーデン人のバックパッカー

「どっか行くの?」と聞くと、

さっき軽く話したスェーデン人の女の子が

「皆でクラブに行くから一緒に行こうよ!」

と誘ってくれる。

 

 

スェーデンはフリーS★Xの国だと聞いてる。

 

 

これは、間違いない!!

クラブで俺のダンスを披露して

仲良くなっちゃおう!と0.2秒で判断し

僕は、叫ぶ。

 

 

 

Yes!!バモス、バモス!!
(行こう行こう!)

 

 

まだまだリオの初日は終わらない。

 

僕の旅を一緒に楽しみませんか?皆さんのクリックでブログを書く意義が出ます。

是非、クリックで応援お願いします!!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

 


リオ到着!!幻のビキニ!!


ブラジルに無事入国しました。端的に言うと、

この国、めっちゃ肌合います!!

 

さて、昨日の日記で書かかなったことで

イグアス→そのままブラジルインするときに

旅の事務的なことで大切なことがあるので

一応旅日記として、書かせて下さい。

 

プエルト・イグアス(アルゼンチン側)を見た後

フォス・ド・イグアス(ブラジル側)に入り、

ブラジル側からイグアスの滝だけを見る場合は

ブラジルのビザ不要どころか入国審査をしないでも

入って戻ってこれます。

 

が、僕のようにそのままブラジルを旅する場合は

一回イミグレーションを通り過ぎる際に

バスを止めて、待たせて、入国審査をしなくてはいけません。

 

スペイン語もポルトガル語も出来ない僕は

身振り手振りでバスの運転手にこれを伝えると

陽気なおっちゃんが、イミグレで僕を降ろしてくれて

前方で待ってるから行って来いと。

 

ぼくは荷物を置いて、ダッシュ。

「イグアスだけならいいよ」と係員に

言われるも、リオにいくと伝え、

用紙を書かされ、ビザを確認され

無事に入国スタンプ!!

バスに戻る。

 

すると、バスが

 

 

ドアを閉め、走りだすではないか!!

 

 

ええぇぇぇ??WHY??

 

やられた!!!オールマイ荷物!!

 

 

 

 

俺、猛ダッシュ!!!

 

 

 

この光景、パラグアイに入るときも見たぞ!!

 

 

バスをバンバンバンバン叩く!

窓から車内を覗き見る!!

 

 

すると運転手はじめ

乗客全員、笑ってるし!!

 

 

なるほどね!お約束のアレね♪

 

任せて!!

 

いつもより多めに身体を揺らし

慌て顔でキレイに右手を前方へ突き出す。

 

全身から

 

 

 

「待ってぇぇぇ〜〜」の図。

 

 

 

ちょっと進んだ所でバスは

ストップ&オープン・ザ・ドア。

 

笑いながら乗り込むと

運転手とハイタッチ&乗客爆笑。

 

一瞬でブラジルが大好きになった。

 

これから空港へ行くと言うと、

バスは本当はノンストップで

フォス・ド・イグアスの街まで行くのだが、

空港へいく別れ道で僕を降ろしてくれた。

簡単な位置関係の地図T字の別れ道で降ろしてくれた。

簡単な位置関係の地図。T字の別れ道で降ろしてくれた。

 

スケボーをプシュッしながらバスを見る。

 

乗客がみんな笑顔で手を振ってる。

 

僕はまたふざけて

 

 

「待ってぇぇぇ〜〜」の図。

 

 

もう一つ笑いを取った後、

大きく手を振りアディオス!

 

では、ブラジル、リオデジャネイロ

コパカバーナの話いきます!!

 

ブログランキングに参加しております!何卒あたたかいクリックを!(クリックすると僕の順位がわかります。現在2位)

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

*******************************

4月4日 イグアスの滝を観光した後、

夕方6時ぐらいにブラジルのイグアス空港に到着。

 

今晩は、ここで宿泊だ。

3度目か?もう慣れたものだ。

暗い場所を確保し、バックパックを

ベンチにくくりつける。

貴重品の入ってるサブバッグは頭の横で

さらにベンチにくくりつける。

 

洋服を取り出し枕代わりにして寝袋を敷く。

 

バックパッカー泣かせの椅子with肘掛け

バックパッカー泣かせの椅子with肘掛け

 

やっぱ、慣れねーな、この硬い床(笑)

 

背中にビシビシ伝わる、ハードな感触

味わいながら、思いを馳せらせる。

 

「僕のブログを読んでる人達って

これどう思うのだろうか?

もし僕が読者ならどう思うかな?」

 

と。

 

僕なら、

 

 

「35歳になっても野宿とかこいつ痛いなぁ。

 ホテル泊まれよ。オレはこうはなりたくない!」

 

 

って思っちゃう(笑)

 

 

でも言わせて。

 

僕だって高級ホテルに泊まって

ガウンをまといながら、ワイングラスを

クルクル回したいよ。

いや、やれっていうなら全然出来るよ。

 

 

ただ、一週間で帰国になるけど!

 

 

とにかく自分でこの光景と床の痛さを

痛感しながら、眠りに就くのと就かないのでは、

明日の腰痛具合が違う。

 

この僕の旅が、皆にどう映るか分からないけど、、

でも、自分の中で答えは見つけたよ。

それは後日。

なんだかんだでぐっすり寝て5時起床!

慌ててチェックイン&ライドオン飛行機。

 

3台乗り継ぎ無事に1時にリオデジャネイロ到着!

 

でっかい!

東海!!

いや、都会!!

 

 

シティーボーイ、カツオ!

テンション鬼あがり!!!

 

 

僕はすぐにコパカバーナを目指す。

リオで一番美人が集まるビーチと

チリで会ったT大M君に聞いていた。

 

正直、これだけの為に来た。

1ヶ月旅を頑張った自分へのご褒美。

辛い事も、悲しい事も、寂しい事も、

全部経験した。

1日も休憩はしてない。

リオで観光など行くつもりは毛頭ない。

あの大きく手を広げたキリスト像に興味はない。

興味が有るのは

 

 

 

大きく足を広げたビキニ女性のみ。

 

 

コパカバーナの女性達よ、

僕は知っているんだよ!

噂に聞いているんだよ!

ネットで調べてきたんだよ!

(Tha Blue Herb風 )

 

 

 

 

貴方達のビキニ姿を!!!

 

 

いや、ビキニと言ったら失礼になるだろう。

あんなに隠してないらしい。

 

 

 

ビキ

 

 

だ。

 

ちく

 

を隠しただけの

 

 

 

ビキ!

 

 

 お尻なんかはプルンプルンっに出てるらしい。

 

そのために、ビーチ近くの

クソ高いドミトリーを3泊予約した。

(1泊2000円12人部屋3段ベッドで!これでも安い方だった。僕は最上段で怖くて落ちないか心配で仕方ない。)

宿

 

僕は荷物をロッカーにぶっこみ、

海パンに着替えカメラだけを持って

ビーチに超ダッシュ!

この早さはライフセーバーも驚きだった筈だ。

 

 

おっし、カモーン!!

お待たせしました!!男性諸君!!!

バンバン、アップするぜ!!!

 

 

ビキな女性達を!!

 

 

まずは右から!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

右のビーチ

 

 

 

あれぇ??

 

こっちはフットサルやらビーチバレーの

場所だからかな?

 

 

よぉぉし、左!!!

 

 

 

 

左のビーチ

 

 

 

 

 

ま、まさかの、、、

 

 

 

ノーバディでフィニッシュです!!

 

 

 

 

嘘ぉぉーーーん!!!!

 

 

 

今日フライデーだよ!

 

ポルトガル語でsexta-feira

天気予報では略されて

SEX って書いてあるよ!

 

ビーチに横たわりSEXを妄想してる

エロいビキな人達が

溢れかえってるんじゃないの??

 

読者の男性諸君ゴメン。

 

ぶっちゃけ雨降ってて。

 

 

人、全然いなかったわ(泣)

 

 

薄々気がついてたんだけどね。

肌寒しい。。

 

明日また挑戦します!!

 

 

(因みに今、土曜日の朝なんですけど

快晴!!宿の子たちもビーチに行った!

いるよ!今日は!!)

 

今日のクリックが多かったら

ビキの写真多めに頑張っちゃいます!!

是非、クリックで応援お願いします!!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周