ネパールに向かって


8月28日

さて、旅出発前は今日が帰国日の予定だったけど

ギリギリまで旅を続けようと思う。

というわけで、

ブッダガヤからネパールに行くことにしました!

 

普通は、バラナシまで戻り、そこから長距離バスで

カトマンズを目指すらしいのですが、

ここ、ブッダガヤからでも電車とバスを乗り継いでいけば、

2日間くらいでカトマンズに到着するらしい。

 

ふむふむ。一度来た道を引き返すのも嫌だし、

何より後者の方が旅っぽい。

またジェネラルシートにも乗れるしね!(笑)

 

僕も終盤になって、いよいよ自ら

旅味が濃い方を選ぶようになったか。

 

こんな僕を

 

旅ラー、旅イスト、旅シャン。

 

どう呼んで頂いても結構ですが、

 

“旅人”って呼ぶのが相応しいでしょう。

 

きゃーーー!僕旅人だっ!!

な、なんか、、

 

かっこいい(照れ)

 

さぁ、ネパールを目指して出発だ!!

 

今日はマジメな旅情報入れました。

では日記いきます!(珍しく前置き短め)

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメール → こちらから

++++++++++++++++++++++++++++++++

いよいよ隣国ネパールを目指すと決まると

なんだか心が踊る。

まだ見知らぬ世界を目指すからか?

いや、違う、

 

 

やっとインドから出れるからだ!! (笑)

 

 

オートリキシャに乗り、ガヤ駅へ行く。

駅に到着し、リキシャを降りた瞬間、違うドライバーが話しかけてくる。

 

「ブッダガヤ?200ルピー」

 

 

だから、何でだよ?!(笑)

今降りたの見てたっしょ!?!

僕の目的地はココなの!!

連れて帰ろうとしてどうする。

 

ガヤ駅

 

がや駅

もちろんガヤ駅のチケット売り場にも牛さんがパトロール中。

ここにエサないのにね。不思議です。

チケット売り場にも牛

 

因みに、インドといえば割り込みが本当に日常茶飯事、

というか毎秒茶飯事です。

ただキチンと文句を言ったり、次俺だから!アピールをすると

素直に譲ってくれるのもインド人の特徴です。

 

そして、皆様に誤解してほしくないのは、

彼らは並べないわけではないんです。

なんならビシっと並べるのです。

ただその方法に特徴があります。

これが窓口付近の様子です。ご覧ください。

 

 

 

 

 

インド人の並び方

 

 

詰めすぎ!!(笑)

 

 

べつに後ろのほうが詰まってる訳ではありません!

 

彼らが勝手にくっついてくるのです(笑)

 

押したら早くなると思っているのかもしれません。

 

これも最初、大変不快でしたが、

もう今ではウケちゃいます(笑)

 

とりあえずグングン押されながらも

次の目的地 パトナ駅 (70ルピー 所要3−4時間)までの

ジェネラルシートを購入。

 

ジェネラーにとって3時間なんて余裕である。

 

因みにパトナは州都で、そこからインドとネパールまでの

国境ラクソウル(インド側)へバスが出ていて、そこから更に、

ネパール側のビールガンジにリキシャ(または徒歩)で入れると

聞いていたのです。

で、

ビールガンジに行けばまた色んな都市へバスが出ているとのことでした。

(以上、旅情報)

 

昼間のガヤ駅。線路はゴミ捨て場のようです。

電車に圧縮されて小さくなりますからね。

汚いホーム

 

さて、定刻より10分ほど過ぎて電車が来ると

驚くことに、ジェネラルシートが

 

スカスカでした!!!

パトナに向かうG

余裕の一枚。

 

なんか・・・、

嬉しいんだか、寂しいんだかわかりません!(笑)

ノーハプニングで流れる車窓から写真を数枚

車窓から田園

 

どこかの駅周辺。人がいるところにゴミあり。です。

日本の処理場の素晴らしさに大変感謝出来ます。

車窓から2

 

夕方4時 パトナ駅到着。

パトナ駅

州都だけあって、とても栄えている。

本当はここからそのまま国境沿いのラクソウルまで行こうとしたのですが

日本人も見当たらないし、どんな場所かと思い1泊することに。

パトナ駅前

 

1泊600円程度の安宿を探すもオール満室!

それ以外のホテルは3000円〜6000円と

非常に高いくせに、ネットも微妙という有り様。

中級ホテルを探しさまよう。

 

雨も降り出してきたので駅からかなり離れたところに見つけた

Garden Court Club(1泊1,000ルピー≒1,600円)に決める。

 

部屋は広くてキレイ。

しかも

テレビが2つある!

もちろん・・・

 

両方、映らない(笑) 

 

州都に来ても、なお意味不明、それがインドである。

パトナの宿

 

かるく町を見て廻る。どうやら本当に栄えているようだ。

電化製品店やパソコン用品店、さらにはBARやクラブまであり

なかなかの都会っぷり。

 

一旦宿に戻り、ブログを書こうとすると、事件が起こる。

 

パ、パソコンの充電が出来ない!!

 

何度も付け直したり押したり、

掃除したり、フッー!ってファミコンのカセットに

やるように吹いたりしたけど、反応なし!!

 

先日から接触が悪いとは思っていたが

完全にチャージできなくなる!!

こ、これはマズイ!!

 

僕にとってはパスポートより大切なもの。

それがこのパソコン!!

 

ネットだけでなく、

ブログも、

映画鑑賞も、

漫画を読むのも、

写真管理も

LINEも、

スカイプも、

チャットも、

そしてオ*ニーも(10代のころまさか自分が大人になって

パソコンに向かって息子を握りしめるとは想像だにもしもせんでした。

おそるべしIT革命!!)

 

とにかく僕のエンターテイメントは全部

このパソコンを利用しているのに!!

 

まずいまずい!!

 

先ほど沢山あったパソコンストアを彷徨う!

が、

リンゴのマークは1つもない!!

 

まさか、世界で共通の規格で出荷しているマック。。

インドには出していないとか?

 

すぐニセモノとか造りそうだものね。

 

だって、この前、便器に“SONY”って書いてあったし(笑)

 

「へぇ〜SONYって便器も作ってるんだぁ〜幅広いなぁ」

 

なんて一瞬も思わない!

便器にSONY、めっちゃ斬新である。

 

とにかく、いくつかのお店に入るも、どこもMAC製品は

取り扱っていないという!

 

がびーん!!!

 

もう充電器自体を修理できないものか?

PC部品屋さんに入ってみると、

 

充電器を取り寄せれるというではないか!!

 

代替え品だが!

率直に思う!

 

 

それ大丈夫なのか?(笑)

 

 

最悪、その充電器が使いものにならないのは許せる。

 

が、それを使用してパソコン本体が壊れることはないか?(笑)

 

しかもその代替え品が地味に高く2000ルピー(3200円)もする。

PC屋さん

どこかに電話をかける店員

翌朝には入るというので購入。(結果、その日の夜には入りました!)

 

気がつくとお腹が空いている。

そういえば朝から殆どなにも食べていない。

 

近くの屋台で焼きそばを食べる。

美味し!が、

いくつかの野菜に嫌な甘さがあった。

ヤバイ甘さ といいますか。

怖い甘さといいますか(笑)

やきそばお腹壊す

その数時間後、僕はこの焼きそばを

「タイマー焼きそば」 と名づけることとなる。

 

なぜならば、これを食べて寝ると

 

深夜1時半、3時半、5時半と規則正しく

お腹がキュウキュウ鳴って激しい便意をもよおすからだ!

 

まさに目覚まし不要!

 

脅威のデトックス効果!

 

「イタタタタ。。。」

 

こうやって目が覚めるなんて、

なかなか経験できませんからね!

 

僕は便器で頭を抱えこみながら座り思う。

 

 

 

明日、絶対インド出よ!!!

 

 

明日は33カ国目ネパール!

 

うひょーーあと一週間ちょい!!

最後まで応援宜しくお願いします!!

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

 


インドで見つけたビジネスパートナー


8月27日

チェックアウトして表に出ると宿の前に

バラナシで一緒に飲んだキョウヘイ君がいるではないか!!

旅をしていると、もうこんな再会って当たり前すぎて

そこまで驚かなくなりますね。

最初の頃は『旅人、引き合わせの法則』とか言って

いちいち感動していたんですけどね(笑)

 

だからなんだか最近は別れもそれほど悲しくない。

なぜなら「またどっかで会うっしょ。」って思えるんです。

 

まさに「世界のどこかで会いましょう」 By Daisuke

 

 

キョウヘイ君は僕とは違うホテルに泊まっていたのですが

 

「ずっと停電でネットもつながらないので彷徨ってました」

 

と言うではないか!

どうやら街全体が頻繁に停電しているようだし、

ネットも全然つながらないし、

繋がってもすぐ停電するしで

なかなか困りんぼな街のようです。

ここブッダガヤも。

 

(因みにブッダガヤに滞在したのは32時間ぐらいなのですが、

冗談抜きで50回は停電しました) 

 

キョウヘイ君のホテルを聞くと

僕が泊まっているところより安くてキレイとのことで

(というか普通に掃除されているホテルであれば

ここより汚いホテルを探すほうが難しいだろう)

 

ネットは無いらしいが、どうせ停電でどこもアウトなので

移動することにする。

 

ブッダガヤは静かだし、人もそれほどウザくないし

バラナシに比べると100倍キレイです。

1ブッダガヤ

ブッダガヤの道路

 

下記は昨日までいたバラナシの路地。デフォルトでこの綺麗さです。

1ウンコと牛の路地

地面についてる汚れはALLウンコ。足長おじさんでもブツを踏んでしまうほどです

 

ブッダガヤにある非常にマトモなレストラン。

欧米人も中で食事をしていました。

ブッダガヤのレストラン

 

オススメのEggカレー。(これで160円くらい)

美味しいとは思うのですが、口に運べば運ぶほどお腹の調子が

不安になるのがインドです。

実際はこれが綺麗なレストランでしたら食べログでも高評価でしょう。

レストランって味は勿論ですが、外装、内装も大切ですね(笑)

卵カレー

 

さぁ腹ごしらえもしたし、

今日の日記行きます!!

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

++++++++++++++++++++++++++++++++

ブッダガヤは田舎で、州単位でみると、

インド内で非常に貧しい地域だそうです。

 

これがインドの全てとは言いませんが、

田舎はこんな感じです。。

 

小さい子供は裸、もちろん素足が基本です。

服を着ていても非常に粗末なものです。

 

(因みに僕は基本的にあちらからお願いしてくる以外、

現地の子供の写真を撮ってブログに掲載しないようにしていますが、

今回は、この街の雰囲気をお伝えしたいと思い載せました。)

1いなか

 

ここはバラナシでは見なかったヤギや豚も放し飼いされています。

1ノヤギ

 

キョウヘイくんに紹介された宿の部屋を見ると

チェックインをためらうほどのキレイ具合(皮肉(笑))

ベッドの汚れ

枕カバーの重要性を再認識させてくれる部屋(笑)

 

また宿を探すのも面倒なのでしぶしぶチェックイン。

こういうのもご縁ですからねっ!

 

特にやることもないのでブッダが悟りをひらいた場所である

マハーボディー寺院へ(世界遺産)

入場は無料ですがカメラの持ち込みで100ルピー(160円)かかります。

ブッダガヤは先月?爆弾テロがあったらしく警備が厳重です。

1ブッダ悟り

 

世界遺産をバックに。世界平和を祈願!(するほど人間出来てませんでした。)

1世界遺産の前で

 

このブッダが悟りを開いたと言われる世界遺産で

何かを感じ取れればと、ゆっくり見て廻ろうとしたのですが

 

12:30分イン 12:50分アウト

 

というまさかのスピードで見学終了!

僕に禅の心はまだ芽生えておりませんでした。

 

で、やることなくなる(笑)

 

 

ちょ、、ちょっとブッダガヤ、

仏教に興味ないと厳しいかも!!!

 

 

宿に戻ると一人のインド人と知り合う。

日本語がペラペラで人懐こく話しかけてくる。

1信用するインド人

 

どうやら、以前日本に住んでお仕事をしていたらしく、

ほどほどに会話をしていると、

あるビジネス案を持ちかけてくるではないか。

 

へぇぇー、ふーん程度に聞いていたが、

なんか、まぁまぁ引っかかる。。

 

「面白そうだね」と適当に濁してネットカフェにいく僕。

 

そして

 

 

アニキにインド人の話を速攻でメール。

 

 

するとすぐ返事!

 

「それオモロイな。

いや、なにが面白いって、そのインド人

絶対、そこに訪れた多くの日本人に同じこと話してるだろうけど、

まんまと、お前が引っかかったってわけだ(笑)

いいんじゃない?まぁ騙された時は騙された時だよ。

カツオがやる気なら協力するから。」

 

 

そうと決まれば、もっと彼と話さなければ!!

 

 

外に出ると突然の雨で道が泥沼と化している。

 

足は泥まみれになり、サンダルは壊れ、

裸足で宿に戻ると、先ほどのインド人は軒先にいた。

 

僕の足をみると、

 

「こっち来て」

 

と言い、宿の外にある水道で

泥まみれになった汚い僕の足を

両手で一生懸命洗うではないか。。。

 

もちろん、サンダルも泥がキレイに落ちるまで

しゃがみながら背中を丸めて素手で洗う。

 

僕はその姿に打算は無いと見た!

 

 

てか簡単に心打たれる僕!(笑)

 

 

 

こ、こいつは、信頼出来る!!

 

 

織田信長もこんな気分だったのかな?

 

まぁ彼のビジネス案を丸呑みには出来ないけど、

何でもやってみなきゃ分からないし。

もう、ここまで来たらフィーリングですよね。

 

僕は言う。

 

「あのさ、さっきの話なんだけど。

貴方が本気で頑張るっていうなら、いいよ。

全面的に協力するわ。俺のアニキにも話したから。

やる方向で進んでいこう。」

 

彼は何度も

「ありがとうございます!頑張りますので

宜しくお願いします!」

 

と連呼した。

 

うん、大丈夫っしょ。

 

 

たぶん(笑)

 

 

まさかこの町でこんな出会いがあるなんて思いもしなかったし、

このインド人とは1時間くらいしか話してないけど(笑)

 

最悪の場合は・・・

 

っていうか、

 

 

最初からアニキ!に泣きつこっと(笑)

 

 

そういわけで早速インド人をネットカフェに連れ出し、

久々、というか今回で3回目くらい?スカイプでアニキに繋ぐ。

軽く挨拶した後、すぐにインド人にバトンタッチ。

 

インド人、めっちゃ流暢な日本語でアニキにプレゼン。

一分後、アニキ

 

「あ、うんうん。もうなんとなく分かったわ。」

 

話もまだ途中だけど、僕に変わるアニキ。

 

「ってか、おまえ、久しぶりにいきなりスカイプかけて来て、

なんでインド人とビジネスの話しなきゃいけないんだよ(笑)

で、かつお的に、ピンときてるんでしょ?

それなら、やればいいんじゃないの?

もう、いいよ、騙されたと思ってやればいいじゃんか。

おれの知合いの日本住んでるインド人、めっちゃいいヤツだし。」

 

 

早っ!!!

 

 

1分のプレゼン(しかも途中)で即決??(笑)

この人、よっぽど器がデカイのか!?バカなのか!!

 

まじで切った後、スカイプの通話時間みたら

 

 

2分5秒でしたから(これマジ笑)

 

もう、すべてはインスピレーションなんですね!

 

 

このたった2分5秒がこのインド人の人生を変えるのかもしれません。

 

で、この後、

話し足りなかったらしく、このインド人の話を

 

僕が1時間以上聞くハメになりましたからね!!(笑)

 

 

夕方はこちらにある日本寺というところで

座禅が体験できるということで行くことに。

(毎日夕方17時から1時間ほど無料で行われています)

1インド寺

 

お寺内の様子

1座禅

 

 

最初に住職さんが15分ほどお経を読み上げ

その後に20分間の瞑想を行います。

 

僕は生まれて初めての経験なのですが、

胡座(あぐら)をかいて姿勢を立たす。

そして目を閉じるか開いてるかくらいの

うす目にして、自分の呼吸に集中して

何も考えないことが瞑想の方法だそうです。

もちろん、瞑想の間は動いてはいけません。

 

が、たかが20分。

 

意外と簡単そうだな。

 

そう思いながら瞑想に入る。

 

1分経過。。

 

1分30秒経過。。

 

 

めっちゃ鼻がかゆい!(笑)

 

 

自分の呼吸になんて集中してられない!

 

現状、鼻しか気にならない。

 

すると、足がかゆくなったり腕が痒くなったりする。

 

とりあえず鼻をかく。

 

 

はい、座禅失敗ーー!

 

 

一回こうなるともう歯止めが効かない!!

 

取り急ぎ気になるところは全て搔いておく。

 

これが人生初の”掻きだめ”というやつだ。

 

よし、気分を取り直して1から。

自分の呼吸に集中す、、、、

 

さっきのインド人大丈夫かなぁ?

日本帰ったらまず寿司食べたいなぁ?

つか、どこ住もうかね?

 

ダメダメ!!呼吸に集中!!

 

今日のブログ反響どうかな?

ネパールどんな感じだろ?

今、住職サンなにしてるんだろ?

 

ダメダメ!!呼吸に集中!!

 

こんな商売したらどうかな?

夕飯何食べるかなぁ?

あいつ今頃なにしてるんだろう?

それにしても今までの旅を振り返ってみると・・・

 

座禅してわかった事

 

 

人って20分の間にすんごい

色んなこと考えるんですね!!!!

 

しかもぶっちゃけ煩悩ばかりでした。僕。

他にもすんごいエロいことも沢山考えたし。

 

終わって住職サンに相談する。

 

 

「すんません、20分間めっちゃ色んなこと考えてしまったんですけど・・・」

 

 

「まぁ人間ですからね。

ワタシも最近やっとなんとか20分間呼吸だけに

集中できるようになりましたよ。

 

 

あなたも、最近かい!!!(笑)

 

 

でも、座禅ぼく凄い気に入りました。

 

自分の頭のなかを客観的に見れるといいますか。

スティーブ・ジョブズもやっていたみたいだし、

おすすめです!!

 

帰国まで残り僅か!

せっかくなので、最後まで楽しみきるぜ!!

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

 


帰国日を決定してみる。


皆様、

昨日は沢山のクリック、本当にありがとうございました。

お陰様で一位に返り咲くことができました。

 

途中、旅をサボってヨーロッパ散歩で皆様の反感を買ったり、

生意気な事を書いてコメント欄、炎上しちゃったり、

思い返せば、この半年間、本当に色々な事がありましたが、

僕は、もともと好きで旅に出たわけでもなく、

むしろ現時点でも、決して大好きとは言えず、

でも、だからこそ、

ここまで、読者の皆様と一緒に旅をしてきたと思っているのです。

これ、本気の本気で。

 

常に1位を本気で目指すも万年2位のカツオでしたが、

ここまで挫折せず、モチベーションを保って、

『旅』も『ブログ』も続けてこれたのは

このブログを毎日読んで下さっている皆様のお陰だと

心底思っております。

 

クリックはされず、ポイントが入らなくとも、ブログのデータ解析で、

毎日、沢山の方にお越し頂いている事も、しっかり把握しております。

それだけでも嬉しく、モチベーションに繋がっておりました。

本当にありがとうございます。

 

もうちょっとで僕の旅は終わりますが、

今回の沢山の方の応援クリックで、

改めて感謝の気持ちでいっぱいになっております。

 

今日もまた、相も変わらず、内容の無いしょーもない日記ですが、

帰国まで、もう暫くお付き合い下さいませ・・・。

 

+++++++++

 

なんだかよくわからない恐喝被害に遭った後、

無事にGAYA駅に到着する。

 

ここも相変わらず臭い駅だ。

 

実は、ジェネラルの車両が止まる付近のホームは便所臭い。

 

これは近くのトイレから異臭が放たれているわけではなく、

線路から糞尿の匂いが立ち上がっているのです。

理由は簡単で、

 

ホームで皆オシッコしてるんです(笑)

 

 

日本では、たまぁ~に酔っ払いがしてますね。

 

でもここはインドです。

ヒンドゥー教は禁酒なので皆さんシラフであります。

 

そんなシラフな方達が普通にホームからチンコを出して

オシッコしてます。

一人や二人ではありません。本当に多くの人がしています。

 

現地の女性の方々はそんな男性に軽蔑の眼差しを

向けているんでしょうか?

 

 

そんなことはありません!

 

 

なぜなら!

 

女性は女性でホームに降りて

しゃがんでオシッコしているからです!(笑)

 

 

いや、これまた本当にマジですから。

 

しかも、よく見ると所々にウンチ on レール。

(これは車内のトイレがそのまま下に落ちる

仕組みだからだと信じたいです。)

 

最初はそんなレディースアンドジェントルマンを

見て本気でびっくらこいたどころか、嫌悪感さえ覚えました。

 

道徳とかマナーとか恥じらいとか

衛生観念ゼロなんだな。と。

 

しかもその手で人にベタベタ触ってきますからね。

 

しかし、どうでしょう?

人類みな兄弟。

生まれた時は皆、裸。

 

僕も気がつけば尿意をもよおすと周りを気にせず

ホームからレールに向かって聖水プレイ。

 

経験して初めて分かるその開放感。

実感する既成概念の崩壊。

 

インドでは日を追うごとに、人がどれほど

生きることに対して野蛮なのかが良い意味で実感できます。

 

どんな人間だって、生まれた時から死ぬまで

確実にやってることと言ったら

 

ご飯食べて、糞尿垂れ流して、寝るだけ。

 

生きるって何なんですかね?

 

そんな基本的な答えすらまともに見つかっていない僕が、

違う境遇で生きている方々の様子を見て

キレイやら汚いを決めるのは傲慢だなって。

 

駅のホームでチンチンを出しながら悟りました!(これマジで(笑))

 

 

自分の基本的な常識を疑う。

既成概念を取っ払う。

 

 

意外と難しいものですね。

 

 

でも、

インドという国はそのような基本的な事を簡単に気付かせてくれるのです。

僕は、二度と来たくはありませんが(笑)

 

 

あ、あと、帰国日決めました。

詳細はクリックの後で(笑)

 

では今日の日記行きます!(今日も前置き長ッッ!!(笑))

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

++++++++++++++++++++++

2月28日に出発した世界一周。

僕は期間を半年と設定し8月28日を

帰国日と決めていました。

保険も切れるし。

(てか、体調まじで気をつけよ!今ウルトラお腹いたいけど!)

 

が、常々申し上げていますように世は諸行無常。

 

気がつけば、まさか僕が一番来たくなかったインドに

まだいるなんて思いもしませんでした。

 

実は帰国したらスタートダッシュ的に色々と

やりたい事があります。

 

しかも1つはここブッダガヤで知り合ったインド人の入れ知恵という有り様(笑)

 

多分ここに書いたら

読者様以上の人が反対すること間違いないのですが、、、

 

えーと、

 

信用出来そうなインド人がいまして(笑)

 

 

あ、読み間違えないようにもう一度書きますね。

 

 

信用出来そうなインド人がいまして(笑)

 

 

 

てか、

 

書いてて僕が笑っちゃうわ!!

 

まぁ、これはちゃんと形になったらまた報告しますね。

 

 

さて、帰国日なのですが

 

9月7,8,9日のどれかで安い日にします!

 

てか、今超絶お腹痛い(笑)

ブログ書きながらこんな冷汗かいてるの初めてです。

 

本当は、インドoutと同時に日本へ速攻で帰国して

スーパー銭湯直行。

全身垢すりした後、日本の石鹸で

最低でも5回は身体を洗いたい。

 

もちろん旅の服はゴミ箱にダンクシュート。

バックパックはクリーニング屋で殺菌処理を依頼。

シューズは結んで電線に投げつけたあと、

お気に入りの洋服を身に纏いカリスマのいる美容室へ。

もちろんカット・カラー&トリートメント。

その後は、もちろんショッピング。

なけなしの5万握りしめセレクトショップへ行き

店員さんお任せ2013秋のコーディネート。

それを着て街に出ればあら不思議。

 

誰がついこの間まで酸っぱい匂いを

全身から漂わせながら線路に向かって

立っションしてたと想像がつくでしょうか?

 

なる早で旅人臭を消したい!(笑)

 

 

なーんて思ってたんですけどね。

 

 

インドで変わっちゃった(笑)

 

 

ジェネラルシートの窓から流れる景色を

ボーーっと見てたら、ジェネラルの辛さも手伝ってか

マジで涙出てきちゃって。

 

 

旅って、なかなかいいな。

 

 

って。

 

もう少し旅したいな。って。

 

こんな僕でも既に9月初旬には予定があるので

いつまでも旅しているわけにはいかないのですが

少しでも長くこの時間を味わいたいなと。

 

そういうわけでインドはもうすぐ出なくてはいけないので、

ネパールに陸路で入り、アニキ!からの最後の指令を遂行した後

何処か、ふらっとして、それから帰国しようと思っています!

 

+++

ガヤ駅に到着するとオートリキシャの客引きが凄い。

ガイドブックには夜に着いたら駅で宿泊するのがベターと

書いてあったが、この分だと16キロ離れたブッダガヤに

行くのも問題無さそうだ。

 

値段を聞く。

 

「300ルピー!」

 

もちろんガイドブックには150ルピーとか書かれている。

 

「150ルピーじゃなければ乗らない」

と言うと

 

「OK!」

 

君らとりあえず、騙せたもん勝ちってのはわかるけど

せめて、もう少し駆け引きとか粘りを見せようよ(笑)

 

僕しか乗せないと言いながら

次々に相乗りを拾うドライバー!

 

もう、何を言っても意味が無い。

皆で楽しく行きましょう!(笑)

こういうのも案外楽しめるようになってきた僕。

 

オートリキシャに乗って20分。

夜10時半にブッダガヤの宿に到着する(150ルピー)

 

ガイドブックにも乗っているWelcome ゲストハウス。

(1泊300ルピー)

 

今日は大雨の中、バラナシの駅を往復したり

ジェネラルシートに乗ったり

オカマにチンコ握られたりと

なかなか疲れたな。

ゆっくり休もう。

そんな事を思いながら渡された鍵で部屋に入る。

 

あれ?間違えたかな?と思う。

 

なぜならば

前の人がチェックアウトしたままの状態だからだ!

 

ゴミは落ち、シーツは乱れ、枕カバーには

数本の髪の毛。

 

洗面所に行けば使い古しのヒゲソリ。

トイレ横のゴミ箱にはチリ紙がイン。

 

こりゃ部屋を変えてもらわなイカン!

 

受付に行く。

 

もちろん誰もいない!

 

外か?と思い玄関を開け、、、

 

せ、、施錠されているぅぅ!!(笑)

 

 

でも、

インドの貧しい人達を見たり、ジェネラルシートでの経験で

僕の怒りの沸点は完全に上がっており、

滅多な事では怒ろうとも思わない。

 

はっきり言って寝床を確保できただけでも、もうけものである!

 

部屋に戻りシーツを整え、

枕をはたく。

 

と、その直後、追い打ちをかけるように停電(笑)

 

はぁ・・・

もう疲れたな。

てか、こうなったら

寝る以外やることはない(笑)

 

ベッドに横たわり思う。

 

 

明日ここ絶対チェックアウトしよ!(笑)

寛大な振りしてたけど、さすがにこれはやっぱり耐えられない。

 

翌朝、僕を部屋に案内した受付のインド人に文句を言う。

 

「部屋掃除されてなかったよ!

シーツにも髪の毛とかあってさ!」

 

するとだ彼はこう返した。

 

「掃除する人が昨日は早く帰ってしまったんだ。

でも、大丈夫だよ。

君の前は可愛らしい女の子が泊まってたんだ」

 

そんなことをニヤついて言いやがる。

 

インド人、ウソはつくが憎めない人達である。

 

チェックアウトしたけどね!!(笑)

 

 

明日はブッダが悟りを開いた場所(世界遺産)と座禅体験談。

 

引き続き帰国までの応援クリックお願いします!!

ブログランキングに参加しております。

帰国までラストスパート!

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです!

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


殴られ恐喝被害 ~ジェネラルシートの憂鬱~


帰国日ほぼ決めました。

旅も残り僅か!

そして、1位返り咲きまでもあと僅か!

普段ポチッされてない読者の皆様も、最後の応援と思ってお願いします!

もちろん、面白い、と思ったり、クスっとしたらで結構ですので!

(ただ、今日はクスっとする場面ありませんが(笑))

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

 

8月25日

ブッダが悟りを開いた町。ブッダガヤを目指すべく僕は

バラナシのアリババゲストハウスをチェックアウトした。

バラナシで一緒に過ごしたイケメンなおき君ともお別れだ。

お互い旅の無事を祈って握手。

 

ちなみに町は連日の雨でさすがに主要な通りまで川が浸水してきた!

宿からリキシャを捕まえる事ができるメインストリートまでは

確実に濡れないとたどり着く事ができない。

 

もちろん、当然大量のウンコ君達も一緒に流されているので

(毎日ウンコの話ですみません)

もう下水処理場の中をビシャビシャ歩くようなものだ。

(決して大袈裟ではないのです)

 

これはさすがにキツイ!!!

まじで萎える事この上なし!!

 

一刻も早くバラナシから脱出したい!!

 

バラナシをサンダルで歩いていたら

足の傷口からばい菌が入って、膿んで何倍にも膨れ上がり、

結果手術したって旅人の話も聞いている。

 

もういくら掛かってもいい。現地人を捕まえ、10ルピー払い

この水に濡れずにリキシャがある場所まで案内してもらう。

めちゃ感謝する僕(笑)

バラナシ水没!

 

電車はAM10時に出ると聞いていたので、

余裕をもって9時頃バラナシ駅到着。

 

もちろんジェネラルシートの席を購入(目的地のガヤ駅まで所要5-6時間70ルピー)

が、

いくら探しても僕の列車が電光掲示板に出ない。

どうやら10時出発の列車は特急のもの(目的地まで3時間で到着)で

僕の持っているチケットの列車は夕方4時出発と言うではないか!

今から6時間後かー!

うーん。

さすがにそんなに待ってられん!

 

なので、特急には乗らず!

またバラナシ市内まで戻る(笑)

最後くらいは指令を忠実に守るジェネラルかっちゃん。

 

因みに、駅から宿のあるバラナシ市内までオートリキシャで片道80ルピーなので

この往復+また駅に戻ってくる=240ルピー。

 

つまり、

 

このまま特急に乗って行った方が圧倒的に安い!(笑)

(しかも圧倒的に早い!)

 

が、そこはジェネラルかっちゃん。

 ジェネラルシートに乗ってこそ僕の存在意義がある。

というか、その御蔭で今日もブログが書ける(笑)。

 

オートリキシャでバラナシまで戻り

ナオキくん達にこんにちわアゲイン。

 

一緒にランチタイム@スパイシーバイツ in バラナシ。

生姜焼き

生姜焼き定食 135ルピー ≒210円

普通に日本食ウマすぎるんで。

 

宿が快適、

物価が安い、

飯が美味い。

 

この3連コンボは沈没の3大条件

 

なので注意が必要ですが、

 

その誘惑をボコボコに壊すほど今のバラナシはガチで汚い(笑)

昼過ぎまで日記などを書いて再出発!(笑)

 

さぁ次の目的地へ行くぜ!by ジェネラル!

 

今日は座れるかな?(笑)

 

 

この時はまだ、あんな恐ろしい出来事が

起こるとは思いもしなかった。。。

 

では今日の日記行きます。

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメール → こちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++++

バラナシ駅に到着し、人に聞きまくり自分のホームを確認する。

お腹が空いたが、 僕のようなジェネラルシートマスターにもなると

乗車前はご飯は食べない。

食べても有名メーカーのお菓子と水だけだ。

理由は簡単。

 

あんな身動きの取れないジェネラルでお腹でも壊したら地獄だからである。

 

列車は定刻より20分ほど遅れて到着する。

さぁジェネラルシート争奪戦だ!

相変わらずみんな止まる前に飛び乗る。

 

インド人、いつもはチンタラ超遅いくせに、

こういう並ぶ系の時は、本当に我先と割り込みもするし

人を押しのけるし、本気で腹立つんですよね〜(笑)

全てのパワーを並ぶ事に使い切ってますね、インド人(笑)

 

 

ここで引いたら負け!

僕も負けじと乗り込む。

 

が、どこも満員!!

 

ちくしょーー!!

 

しかも、連日この天候だ。

車内のじめじめ感、ハンパない!!

ってか、実際みんな衣類が濡れてるし。

 

うわぁーー!

この不快指数320%の状態で6時間か・・・

 

と視線を上にずらすと、、
スペース!

 

ある!!!

スペースある!!!

 

棚だけど!!(笑)

うおーーー!めっちゃ嬉しい(笑)

 

 

いける!!

 

ちょっと他の荷物を重ねたりすれば、

 

俺が乗れる!!(笑)

 

うわーーー!!嬉しい!!俺いけちゃう!!

 

行っちゃっていいすか??

 

周りのインド人に、目配せしながら

自分と棚を交互に指さして、「OK?OK?」と聞く!

 

インド人、うなずく!!

 

おし!!!ベッド確保!!!

 

よじ登る!

 

寝転がると鉄の柵が痛いけど我慢できなくもない!

というか立ってるより全然快適!!

 

ジェネラルシート克服してやったり!!

 

うほぉーー!今日の俺は完全にノッてるぜ!

今日の俺は違う

 

 

上からの風景。皆さん目的地まで頑張りましょう!

上からの風景2

 

もう一枚、上からの風景。苦しゅうない!やっぱ背中痛いけど(笑)

上から見る風景

 

が、ここに落とし穴があった。

最初の2,3時間は良かったんです。

ちょっと寝たりもしちゃって。

 

もう、コツつかんだし、ジェネラル余裕だな。と。

 

しかしですね。

問題が起こったのは、日が沈んで、辺りが暗くなったころでした。

 

僕が棚に乗っている写真では分からないのですが

すぐ真横に電灯がありまして。

 

夜になり、駅に停まった瞬間に

 

大量の虫が集まってくるんですね(笑)

 

小さい蛾みたいなのとか、他見たこともないような虫が。

 

いや、これが、皆さんが想像されるような10匹20匹のレベルじゃないんで。。

 

まじで数百匹、いや数千匹かもしれません。

 

めっちゃ気持ちわりぃ!!!

ってか、これ、絶対に無理なレベル!!!

 

そっこう通路に降りる!!

 

ジェネラルシート侮れず!

 

位置取り1つにしても、中々極められませんっ!

 

もうあと1時間ちょいなので、諦めてぎゅうぎゅうの中で立つことにした。

 

するとである、、

次の停車駅でまた事件がおこった。

 

出入り口付近で

 

パンッパンッ!パンッパンッ!

 

と音がしたと思ったら、何やら怒鳴り声が聞こえてくるではないか!

 

喧嘩かな?と思い目を向けると、

 

サリー(インドの女性服)を着た乗客を引っ叩いているではないか!!!

 

え!?え!?なに??なに??

女装した人がめっちゃキレてる!!

なんか怖い!!!

 

とは思いつつも、

叩かれている方もバカだな。

あんなオカマ、ねじ伏せちゃえばいいのに。

てか、どんなトラブル起こしたんだよ、あいつ(笑)

 

なんて、笑っていると、、、

 

同じようなオカマが3人も乗り込んできた!!!

 

えええぇぇぇ!?

なになになに??!!??!

 

するとである!!

 

そのオカマたちは、まじですよ!

これまじなんで!

 

次々に乗客をぶん殴ったり、引っ叩いたりして

カツアゲしてるんです!!!

 

で、驚くべき事に

乗客も普通にお金払ってるんですよ!!

10ルピーとか20ルピーとかですが。

 

殆どが無賃乗車のジェネラルシートの乗客が、ですよ!!?!

まじで何事か!?!

 

女装した男×暴力×かつあげ×ジェネラルシートの乗客×10ルピー

という絵図が、あまりにもシュールすぎて、

目の前で現実に起こっている出来事とは思えず、

 

 ホントに出入口にいなくて良かったー!

と遠目で、まるで自分とは全く関係ない事のように思っていると

 

3人組が暴力&カツアゲしながら、どんどんこちらの方へ入ってくるではないか!!!

 

えぇぇぇぇ!!!???

殴られるんの!?

カツアゲされんの!?

しかも、僕、観光客だから根こそぎ持ってかれそう!!

 

っていうか、

なんで皆抵抗しないんだ??!

 

次第に近づいてくるオカマ!!

 

そして、彼らの行動が完全に視界に入った。

当然、この混み込みようだ。

見えたということは、僕のもうすぐ隣りまで来ている!

 

そして、

目の前まで来て気付いたんだけど

あいつらね、乗客を殴ったり、カツアゲもしてるけど、

 

もっと恐ろしいことをしていたのです!

 

 

なんと、乗客のですね、

 

 

 

チ●コ思いきりツネッてる!!!!

 

 

しかも、本気でめっちゃ痛そう!!!

 

 

いやいや、これホントなんですって!!!

ウソっぽいよね!?!ネタっぽいよね??!

だけど僕、まじで全財産かけてもいい!!

これ本当の出来事です!!

(これ誰か他にも被害受けた人いません??

ジェネラルの人、被害慣れしてたけど(笑)

てか、

これ流行ってるので気をつけて下さいって

地球の歩き方に投稿しようかな!?)

 

とにかく、そんなジェネラルの仲間達が

やられているのを見ていると、

 

いよいよ僕の番がきた!!!

そして、何に対してか分からないけど、

僕、めっちゃドキドキしている!!

 

で、

もちろん、

 

 

チ●コ、思いっ切りムギューってツネられる!!!

 

 

「痛い痛い痛い!!OK!OK!OK!」

 

 

10ルピーを素早く渡す。

 

まさかこんな恐喝被害にインドで遭うとは

誰が想像ついたでしょうか?

聞いた事もなかったし!!

 

オカマはそれを受け取ると笑顔でウィンクしてくる(笑)

僕は愛想苦笑いを返す。

 

すると

 

 

 

またチ●コ、むぎゅぎゅーって、ツネられる!!!

 

 

 

な、なんでだよ!!!!

 

 

 

いや、これホントなんでね!!

これ語り手が語り手なら、

滑らない話レベルですよ。

 

つかマジで怖いんで!!

しかも、

 

ジェネラルシートの人ほぼ全員漏れなくお金払ってたんで!!!

 

あいつら、この車両だけでいくら稼いだんだろ(笑)

しかも、10ルピーづつって・・・。

どうせ、あんなに大胆にやるなら、金持ちを恐喝して一気に

まとまった金をかつあげした方がよっぽど早いと思うんだけど・・・。

ハッッ!!??

むしろより、玉ツネリ目当てとか!!??

 

 

ジェネラルシート攻略、難し。

 

 

乗る度に違う経験を得れる。

それがジェネラルシートの刑!

 

ジェネラルシート、マジで奥深し!!!

 

 

皆さんも是非、経験してみては?(笑)

 

 

最後に凶暴な恐喝犯の顔を公開します。

(周りのインド人に“馬鹿な真似はやめろ!”と

言われながらも撮影に成功しました。)

 

サリーを着た凶悪犯(男)

おかまヤクザ

 

チ●コお大事に!のクリック漏れなくお願いします(笑)

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

 

 


火葬場のマネージャー


すみません!今ブッダガヤにいるのですが、

度重なる停電とネットがウルトラ遅く、

コメント返信、画像がアップできません。

落ち着いたらキチンと返信しますので少々お待ちくださいませ。

 

8月24、25日

これほどまでにウンコを身近に生活することは

生涯ないと思われるバラナシも今日で最後。

 

最初は視界に入るだけで気分を害していたモノすら

最終日ともなれば、自らブツを探して指さし確認!

 

「この牛は良い物食ってるな」ぐらいは

分かるようになるから不思議です。

 

暇なのでイケメンナオキ君らと街をふらついていると、

 

「僕は谷村新司だ。君たちにいい景色を見せてあげる」

というインド人に出会う。

 

 

それがこちらのお方。

 

谷口真司

 

谷村新司を名乗る人が悪い人の筈がない。

なにせ僕の母親は新司のファンである。

 

「そこはホテルの屋上なんだけど

日本人も沢山泊まっている良いホテルだよ」

 

という決まり文句でボロいホテルの屋上に連れて行かれる。

そもそもこの人達の良いホテルの基準てなんだろ?

 

そんな疑問は無用だ。

そもそもインドにそんな基準が存在するのだろうか?

 

いや、むしろ、世界に出て日本人の価値観、常識、

基準ほど無意味なものはない。

 

そんなものに縛られれば縛らられるほど

旅は窮屈になる。

 

特にインドは僕ら日本人の固定概念(&お腹)をぶっ壊すには最高の国だ。

 

屋上からがんがー

 

確かに眺めは良いが、なにゆえ、高い。

ボロいくせに1泊3000ルピーから、という

相変わらずのギャグプライス。

 

 

宿に連れて行ってくれる人は(道案内も含め)

120%ホテルからのマージン目的です。

こちらには被害がないので

色々と連れて行ってもらうのも参考になります。

が、

まともなホテルだったことは1度もありません。

 

谷村新司も僕らがホテルに泊まらないと知ると、

レストランで茶を飲め、ご飯を食べろ、

今晩はパーティーだから来いと、しきりに誘ってくる。

 

そして、最後はもちろん、

お約束の「彼がいかに親切な人か」という日本人が書いた手紙を

我々一同で読み上げて新司の単独ライブも終了。

 

当然アンコールはなし!

 

っていうか、

とりあえず、インド人に手紙書いている人、

あれ、内容が温かければ温かいほど

完全客引きに利用されていますので、

ほどほどにお願いします。

 

さぁ今日もそんな緩いバラナシ日記です!

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

++++++++++++++++++++++++++++

近くにある火葬場へ見学に行く。

 

ガンジス川の火葬場は撮影禁止ですが、

誰でも無料で入れて見学ができます。

 

布に包まれた死体が次々に運び込まれ

ガンジス川で清められた後、メラメラと燃える

薪の上に乗せられる。

 

死への畏怖を身近に感じられる場所。

 

火葬場が近づいてくると、

次々とインド人が話しかけてくる。

 

「ここからは入場料がかかる。」

(もちろんチケット売り場など見当たらないが

僕が見過ごしただけかも。)

 

「これ以上行くなら、あの親族にお金を払え。」

(ただ階段に座って友達と話しているオバサンだが、

もしかしたら悲しみに打ちひしがれてるのかも。)

 

「俺はここのマネージャーだ。薪代を募金してください」

(1分以内に出くわした2人目のマネージャーだが、

さっきの人とは違う部署の人かも。)

 

 

 

が、しかしガイドブックには、

 

「薪代を騙される被害が多く報告されています。

無料で入れますので無視しましょう」

 

と書いてあった気がする。

もしかしたら僕が読み間違えているのかもしれない。

 

もう一回ガイドブックを開く。

やはり、そのように書いてある(笑)

 

しかし、日々変わっているのが世界。

 

このインド人達も果てしなくしつこく、

中に入ろうとすると腕をしっかり掴み

 

「これ以上は無料では入れない!!

薪代を払え!500ルピーでいいんだ!」

 

と真剣に通してくれない。

 

やはり、仕組みが変わったのか?

 

すると、火葬場から欧米人が出てきたので

薪代払ったか聞くと、

 

「無料で入れるよ。払う必要ないわ」

 

と言うではないか!

 

マネージャーに言う。

 

「この人たちは無料で入ってるじゃん!」

 

すると信じられないことを言う。

 

 

「彼らは親族だ!」

 

 

いやいやいやいや!!(笑)

 

わざわざ死体もってくるかなーーー!!

 

「それはないでしょ(笑) この白人達は違うでしょ!」

 

すると、シラケたように

 

「あ、このヨーロピアンか。彼らはお金をしっかり払った!」

 

どっちだよ!

 

というかあまりにも真顔でいうものだから、

僕が英語を聞き間違いたかと心配になるほどだ。

 

すると欧米人はすれ違い際に言う。

 

「Don’t believe him」

 

僕もここまで彼を信じようと頑張ったが間違いない!

やっぱりマネージャーが嘘を付いている!

ってかマネージャーですらないだろうし(笑)

 

腕を振りきって中に入るとマネージャー(仮)

いきなり日本語になって叫ぶ。

 

「アナタ バカデス!バカ!バカ!」

 

 

 

子供か!!(笑)

 

 

てか!このウザさはモロッコぽい。

 

インドとモロッコの違い。

 

それはインド人はシカトすると

素直に引き下がるのに対し

モロッコ人は必ず捨て台詞を言うところです。

 

だから、モロッコはボディブローのように

少しずつ効いてくる。

 

がモロッコで鍛えられた僕。

 

「NO アナタガバカ!we know it is free to get in.」

 

と言い返す。

 

「No!I am マネージャー! free 分かってる。

but 薪代ハラウ!少しキモチだけ。

ここ神聖な場所!アナタバカネ!」

 

 

って、そんな神聖な場所で人を騙したりすんなよ!

 

 

もう無視して強引に火葬場に入ると、

 

なんだかんだブツブツいいながらマネージャー(仮)が案内してくれる!(笑)

 

優しいのか嘘つきなのかよくわからないのだ。

 

まぁ、もちろん最後は、また薪代を請求してくるんだけどね。

 

こういうのを全て交わし、夜は出会った日本人で宴。

泥酔して僕は先に寝る。

アリババゲストハウス本当にお勧めです。

 

バラナシ飲み会

 

翌日 僕はブッダガヤに向かうため駅に行く。

ここから6時間のジェネラルシートの教室が始まる。

 

すると、絶対ジェネラルシートでしか経験できないような

とんでもない事件が起きたのだ!

 

続きはあした!!

 

更新できたら(笑)

応援おねがいしますっ

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

 


インドを楽しむ条件


8月23日

早く起きて宿を移動する。

チェックインまでやることがないので

数人の欧米人がご飯を食べていたカフェに入り

通りに面した椅子に座りチャイを頼む。

 

すると、

もうこれ以上汚れる所がないくらいの

服を着た裸足の男の子が僕の前に止まった。

 

男の子は僕の組んだ足をチョンチョンっと触り、

ご飯を食べるジェスチャーをする。

旅人なら頻繁に出くわすであろう、よくある光景だ。

 

きっと5歳くらいだろうか。

キラキラした目をしているが

口はカサカサに乾いていて、

体全体から、餓えが滲み出ている。

 

僕は財布から10ルピーを出して、渡すと

普通、5歳の子がしないような愛想笑いを

僕にふりまいた。

 

これを見ていたのか、数十秒後、今度は同じように

とても貧しいそうな身なりをした女の子が僕のところにくる。

3歳ぐらい。可愛い女の子だ。

この子は、シャイなようで、僕の顔をじっと見ているだけで、

ご飯を食べるジェスチャーが出来ない。

 

本当はさっきの男の子のように、

手を口に持っていく動作を2,3回繰り返したいんだろうけど、

モジモジしている。

 

僕も小さい頃はすごくシャイな性格だったから

彼女のことが手に取るように分かる。

 

「ジェスチャーはやらなくて、いいんだよ。」

 

僕はまた10ルピーをあげる。

 

ご褒美をもらった時のような素直な笑顔をして

僕の前から去っていく。

 

やっぱり小さい子の物乞いは、

何故か、見ると胸が締め付けられる。

これくらいの子供がお腹空かせるって

どれだけキツイんだろうって。

大人の僕ですらキツイのに。

 

そんな子供たちの事を考えていると

後ろに座っていたフランス人が僕のところに来て言う。

 

「さっきから何でお金バラまいてんだ?

あの子たちは、君がお金をくれる人だと思って

次々に友達を連れて来るぞ。

しまいには宿までついてきてモノまで取られるぞ。

君のためだ。お金をあげるのはやめたほうがいい!」

 

確かにそうかもしれない。

でも僕はあんな格好の子供たちから物乞いされて

追い払うような真似や見て見ぬ振りをするのも辛い。

 

ただ、、、

10ルピーあげたところで子供たちの生活は

変わらないことぐらい知っている。

10ルピーではロクなものも食べられないことも知っている。

 

じゃあ、なぜあげるのか?

 

当然、可哀想という気持ちが一番にあるが、

物乞いの子供、全員にあげているわけでもない。

 

なんなんだ?

 

自分を客観的に観察してみる。

 

どうしてもこればっかりは、

こちらの気分次第なのは確かだ。。。

 

つまり、僕は10ルピーで自分の薄っぺらく、

気まぐれな偽善を手軽に満足させているにすぎないのだ。

 

毎日、1日はアっという間に過ぎる。

だけど旅中に起こる小さな出来事は

不思議と何日も心にこびり付く。

 

そういう自分への刺激というか新たな発見が

旅の良さなのかもしれません。

 

まぁこれも旅終盤で気がついちゃうなんて

今更感、抜群なんですけどね(笑)

 

 

では今日の日記いきまーす。(短め!)

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++

このブログを書いている25日。

インドに入って早くも一週間が経った。

 

そんな日数じゃインドは「圧倒的に足りない」

とアニキ!が言っていた意味が身にしみて分かる。

 

毎日特にやることはない。

むしろ早くインドから抜けたいと思っているのに

早く抜けるにも、日にちが足りない。

 

唯一ゆっくり滞在して良いと言われたバラナシに着いて

その気持ちは更に増す。

 

ここは、僕が訪れたデリー、アーグラより

更に汚い!

 っていうか、

圧倒的に汚い!!

 

 

道にはゴミとウンコしかない!

 

しかもウンコに関して言えば、

バラナシにいる全ての生き物はお腹を壊しているので

見かけるブツは殆どリキッド状。

 

前からバイクや自転車が走ってきたら

僕とバイクの距離、更にその間にある

リキッド状ブツの数と場所を、瞬時に確認&計算。

そしてブツが、バイクにひかれてハネる距離を予測して

歩くペースと位置を決めなくてはいけないのです。

 

街を歩くだけで、話しかけてくる人、

クラクションを鳴らす乗り物、

牛、野良犬、ウンコ。

これら全てに注意を払わないといけないのです。

 

それがインドのバラナシ!

 

 

ただ何でしょう・・・。

 

多分、インドに行かれた事がない方が

このブログを読みますと、

 

「インドってクソ汚いんだな!衛生管理やばいな!

そんな場所によくいれるな!」

 

と思ってしまうと思うんですね。

 

僕も全く同じことを数日前まで、いや2日くらい前まで

思っていました。

 

というか、なんなら、まさにこのブログを書いている今、

ネズミが前を通りすぎて物影からチューチュー音が聞こえて

大変気味悪いです。

こういうのがあると瞬間的には帰国したくなるんです。

 

だけどですね。

不思議なものです。

そんな汚い街も数日いると人間て慣れてくるんですね。

 

下記、バラナシについてから僕です。

 

1日目 バラナシの汚さに最高に萎える。

 

2日目 ブツを踏んでしまい本気で嫌気が差す。

 

3日目 ブツを踏まないよう下を向いて歩くも、やはり踏む。

 

4日目 ブツを踏んでも気にならなくなる(笑)。

 

ブツに慣れるのに4日でした。

 

もちろん、わざわざ踏みには行きませんけどね!

 

でも散らばってるので完全なる避難は無理なんですね。

 

ですので今の僕は

 

「皮膚に付かなきゃいい!!」

 

まで完全にハードル下がっていますから。

 

というか、今思い出したのですが、

昔、僕みたいなモノでも、合コンなるもので

王様ゲームとかをやらせて頂いた夢の様な時代がありまして(笑)。

 

その時に、まぁ、エロな命令が出るじゃないですか?

というかエロな命令ばかりなんですけど。

 

で、「◯番が□番のおっぱいを触る!!」

 

というのも出題されまして。

 

で、あの時って

 

「服の上からか、生ちちか」で議論になりますよね。

 

あれも、やはり境目は

 

“皮膚に触れるか、触れないか”

 

ですよね。

 

ダイレクト or  ワンクッション。

 

みたいな。

 

とまぁかなり脱線しましたが、

つまり、僕が言いたいのは、

あんな汚いと思っていたブツでも4日も見続けていれば

服の上からならソフトなタッチまでは許せるようになった。

 

という話です(笑)

 

つまり、僕のようなどんな不細工な男でも

4日間くらい自分を相手に見せ続ければ、

服の上からくらいならOK出るんじゃないかな?

という話でもあります。

 

すみません。

こんなネタだらけの町にいるのに、

しょーもない事書いて!!!

 

きゃーーーーっっ

 

折角ここ二日間くらい調子良かったのに!!

 

 

あ、あと1つ実話。

ガイドブックに書いてありました。

 

「インドの旅を楽しむにはどれくらい

ウンコと仲良しになれるかがポイントだ。」

 

って。

 

ふざけたガイドブックだな、って

読んだ時思いましたけど、これ正解です。

 

 

インド出国まであと数日!!

どーしよ!!帰国が見えてきた!!!

早くインド抜けたかったはずなのに。

早く日本へ帰りたかったはずなのに。

なんなんでしょう!?このなんとも言えない気持ちは!!??

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


インド人の客引き手口と日本人奥様


8月22日 定刻通り朝9時半にバラナシ駅に到着。

バラナシ駅

 

なぜかホーム内に牛!(笑)

1牛が駅に

 

バラナシ駅

1バラナシ

 

出発前にFacebookを見るとパンガン島、バンコクで会った

世界一周旅人ナオキ君も今日バラナシに入ると投稿していたので

メッセージをいれておいた。

 

「俺も同じ日にバラナシに入るよ!

現地で会おう!アリババというゲストハウスが

かなり快適らしいから、そこ集合で!」

 

「了解です!バラナシで会いましょう」

 

おし。仲間ができれば辛く汚いインドの旅も楽しさが増す。

 

バラナシ駅に到着すると、

「電車の長旅お疲れ様でしたぁ」とばかりに僕の荷物に

手をかけてくるドライバーが寄ってくる。

 

もちろんただの客引きだ(笑)

 

ガイドブックをチラっと見ると

メインな場所(ガンジス川周辺:ゴートウリヤ)までは

50〜80ルピーとあるが、

まぁその値段でオファーしてくる人間はいない。

 

いつものようにスルーしながら駅周辺で

まともそうなドライバーを探していると

「80ルピーでガンジス川まで連れて行くよ。」

という人が現れる。

 

「じゃあアリババゲストハウスまでお願いします。」

 

そして僕をオートリキシャに座らせた後

彼はこう言って来た・・・

 

では、インド人の巧妙な嘘と

日本人の下手な嘘と

それに騙された僕の日記いきまーす(笑)

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメール → こちらから

+++++++++++++++++++++++++

街まで正規の80ルピーで行くと言ってくれた親切な

インド人のオートリキシャに乗ると彼は口を開いた。

 

「アリババゲストハウスがあるゴートウリヤは

ガンジス川の水位が上がってもう水浸しだよ。

オートリキシャも入れないし、

歩いて行っても膝まで濡れていくことになるよ。」

 

確かにAgraで会った旅人がバラナシは今、

数十年ぶりの豪雨で、数あるガート(テレビでよくみる

ガンジス川で沐浴する人達がいる場所)は

全て水没していると言っていた。

 

が、だからって、ホテルまで水浸しになっているのは

怪しいと思った。

 

僕は、構わず言う。

 

「じゃあ、とりあえずアリババの近くまでいって

その状態を見せてくれる?そこから歩けそうなら歩くよ。」

 

 

「何キロも水浸しで歩くハメになるよ!

だから地球の歩き方にも乗っている●●という宿に

連れて行ってあげるよ。ここは安いし、オーナーの

奥さんが日本人だし安心でしょ?皆ここに泊まっているよ。」

 

そう言うとホテルが乗ったガイドブックのコピーを見せてくる。

確かにこの宿は僕の持っている最新の地球の歩き方にも掲載されていた。

 

きっと本当にオススメの宿なのだろう。

ただ、

メインな場所から離れていて決して便利な場所とは言えない。

 

こういう事を真顔でやってくるインド人運転手。

 

が、一応僕も社会に出て多くの人と会ってきてるので

この人が怪しい、怪しくないぐらいは分かるつもりだ。

 

「アリババ寄ってくれないならいいや。降りますね。」

 

僕は駅の方にまた戻る。10時15分にナオキくんも

到着する予定だし、少し待とうと思ったのです。

 

すると人の良さそうなオジサンが話しかけてくる。

 

「何してるの?」

 

「友達がコルカタから来るから待ってるんです」

 

そう答えると、彼は電光掲示板を見て言う

 

「あ、2時間遅れてるよ。到着はお昼過ぎだね。

もし良かったら宿まで60ルピーで乗せてあげるよ」

 

インドの電車はよく遅れると聞くし、

オジサンは60ルピーと正規の値段で言うし、

彼を信じることにした。

 

「じゃあアリババゲストハウスまでお願いしたいんだけど」

 

するとオジサンドライバー、

 

「あそこら辺はガンジス川の水位が上がって

水浸しだから全滅だよ。地球の歩き方にも載ってる

●●という宿はどお?安いし、オーナーの奥さんが

日本人だし (以下さっきと同じ)」

 

こういう事が二回続くと信じてしまう。

 

ナオキ君には悪いが、このホテルに行こう。

 

僕はOKを出しオススメのホテルに行きチェックイン。

何泊滞在するかしつこく聞かれるけど、

とりあえず1泊分だけ支払う。

 

値段も相場より少し高いがシングル(水シャワー・トイレ共同)

300ルピー(約480円)。

 

周りに何もないので屋上のレストランに行き、

ご飯を食べてると、噂の日本人奥様が話しかけてくる。

 

「お友達もこちらに来るといいですね。

連絡つきましたか?お友達のお名前は?

何時頃に到着するんですかね?」

 

なんて聞いてくるので答えて

僕も質問をする。

 

「アリババゲストハウスって知ってますか?

あそこで待合せてたんですよねー。

アッチ行っちゃったかも。ここから遠いですか?」

 

 

「あーアリババさんですか。。あそこらへんの宿は

もう水浸しで行けないんじゃないかなぁ。。

しかもお祭りがこの前あって、電力も不安定で。。

ちょっと分からないですけどね。。

でもアリババさんはここから歩いたら30分以上かかりますし、

リキシャも入れないんですよねー。。」

 

彼女の態度から・・・

僕はアリババ付近が水浸しじゃないことを見抜いた!

 

なるほど。郷に入れていは郷に従え。か。

 

まぁ少しは、奥様に日本人の心が残っているようで

語尾を濁して上手く嘘をつけないようだ。

 

後でアリババに行ってみるとして、

僕は周辺を散策しようと、下におりると

受付にいたインド人が火葬場などを

案内してくれるという。

 

水位が上がったガンジス川のすぐ横を歩く。

たしかにガートは水没している。

1ガートも水没

が、念のためまた聞いてみる。

 

 

「ゴートウリヤって街も水浸しなの?」

 

「そうだね。川が氾濫してるからね。

しかも森にいる蛇も一緒に流されてるからね。

今、ガンジス川の中は蛇だらけさ。

蛇は安全な場所に移動しようとするから、

建物の中に逃げるんだ。きっとゴートウリヤの宿は

蛇がウジャウジャいるから危ないよ。コブラもいるからね。

とにかくココらへんにいたほうが安全だよ。」

 

 

 

もう、嘘がオモロイ(笑)

 

 

だって、2km離れた街が水浸しなら、

 

この川沿いも歩けてねーよ(笑)

 

 

そう言って僕からの信用を少しずつ削りながら

火葬場などを案内しては最後にキチンと

お土産物屋3軒連れて行かれる(笑)

火葬場。この裏で人が焼かれていて誰でも見学できる。

火葬場。この裏で人が焼かれていて誰でも見学できる。

 

その後、僕は1人でリキシャ(人力)に乗ってゴートウリヤに行く。

商店街も有り、雰囲気もあり、確かに川のすぐ近くは

水が来てるけど、99%の場所は

 

全然水浸しじゃない(笑)

ゴートウリヤ

 

ほらねっ、オジサンドライバーっ!!!

 

 

何が膝まで濡れるのさっ!!

 

 

アリババゲストハウスに行く。

アリババゲストハウス アリババロビー

水浸しどころか噂通りロビーは広いし

クーラーもガンガン効いてるしお湯も出るのに

今の宿と値段変わらない、つまり、

 

めっちゃ快適!!

 

 

ほらねっ、日本人奥様っ!!!

 

 

別に全然怒らないけどさ。

電力も通ってるし水も浸ってないわ。

もっと上手く嘘つかなきゃダメっしょ(笑)

 

アリババでナオキくんがチェックインしたか聞くと、いないという。

 

とりあえず明日ここに移動する旨を伝えて、

宿を出ること50m。

 

前からナオキくんが歩いてくる!

 

 

ほらねっ、旅人引き寄せの法則!

 

 

「おおーーー!会えた!!すげーー!

今どこ泊まってるのよ?」

 

 

「いやー駅で客引きしてきたドライバーが

ここらへん水浸しで宿無いって言うから、

オススメされた宿に決めちゃったんですよ。

ここから凄い遠いんですけどね」

 

 

ほらねっ、僕と同じ手口(笑)

 

 

やっぱ皆騙されるんだなぁーー。

だって、後で地球の歩き方読んだら、

この手口流行ってるって書いてあったもんなぁー!

宿も記事を信じないで自分の目で確かめましょう!って。

 

じゃあなぜ掲載した?(笑)

 

明日アリババで合流することにしてから

近くのカフェで出るまでに30分かかるビールで乾杯。

夕方までブラブラして宿に戻る。

 

すると、受付にさっき見た顔が座っている。

 

もちろん

 

 

さっきのオジサンドライバーである!

 

 

ここのスタッフかよっ!(笑)

 

 

ここまで固められたら逃られんわ。

正直、あっぱれで笑うしかない。

 

屋上のレストランでチャイを飲む。

人の良さそうな日本人奥様が

また話しかけてくる。

 

「お友達と連絡取れましたか?

一応、部屋ひとつ空けて用意していますけど」

 

 

どうせ、もともと空いてんでしょ。

 

とは言わず。

 

僕は奥様の目をしっかり見て

 

「連絡取れないですねー。

今頃びしょ濡れで街をウロウロしてるのかも。

とりあえず僕も明日ここ出ますね」

 

そう言うと、

 

奥さんは目を伏せて、

 

「そうですか。残念ですね。。」

 

と小声で言うと離れていった。

 

すると次にインド人の旦那さん(オーナー)が来て

僕のところに来てクレームを言い出した!

 

「君が友達が来るというから、

多くのお客様を断って一部屋空けておいたんだぞ!」

 

「おいおいおい、僕にどうしろっていうんだよ?

その分を補填しろっていうか?

僕は駅で彼と一緒に来る予定だったのに、電車が遅れてるって、

今受付にいるドライバーに言われて1人で連れられて来たんだ。

文句を言うなら、待たなかったドライバーに言ってくれよ!」

 

そう言うと、いきなり笑顔になって、

 

 

「それなら仕方ないな」

 

 

って。

 

なんだそりゃ(笑)

 

あなた達、ほんと朝から晩まで

何なんでしょうか?

 

まぁ考えても意味が無い。

 

この力の抜け具合がインドの醍醐味なのだ。

 

僕は熱くて甘いチャイをすすった。

バラナシも面白そうな街だ。

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


僕と君の切符を交換しよう(長文)


狭くカビ臭い部屋に入って暫くすると

1時間ぐらい咳が止まらない。

 

夜中に何度も起きてしまい、最終的に

バンコクで買った薄手のネックウォーマー的なものを

口まで上げて、やっと寝ることに成功する。

むしろこれ、インドの空気の汚さを予想して買ったのですが

まさか部屋内で使うと思いませんでした(笑)

 

8月21日 インド3日目

相変わらず起きた時の倦怠感がハンパないが、

インドなんかに負けてられん!

僕には分かる。

気を抜いた瞬間にやられるんだ。

インドが勝つが、僕が勝つか、根競べみたいなものだ。

 

 

午前中のうちに最大の見どころである、

タージマハルを見にいく。

 

1タージ・マハル

タージマハルは昨日も書いたようにお寺やお城ではなく、

皇帝が溺愛した王妃のために建てたお墓です。

この美しいタージマハルを見ると、

皇帝がどれだけ王妃を愛し、そしてその死を悲しんだか

鈍感で錆びついた僕のハートにも伝わってきます。

 

因みに、タージマハルの建築を指揮した工匠は、

この後世に残るような美しいお墓を作れたのは

王妃への愛情があったからだと疑われ、後に皇帝に

両腕を切り落とされてしまいます。by Wikipedia

 

タージマハルの裏にある、この残酷なストーリーでさえ、

愛とは常に美しい面と醜い面が背中合わせであることを

その建物の存在をもって僕らに再認識させてくれたりします。

 

といいますか、旅終盤にこんなこと言いたくないけど、

 

 

世界遺産も勉強してから見ると

楽しさ100倍ですね(笑)

 

まぁどんだけ今更って話なんですけどねっ!

あ~、やってもうた~。

 

 

お約束のタージつまみ。

1タージつまみ

 

 

さぁ今日も渋い日記いっときますか!

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメール → こちらから

+++++++++++++++++++++++++

夜9時に12時間かけてバラナシに移動するため

部屋で少し休むことにする。(少しどころか3時間ほど爆睡しちゃいましたが。)

 

なんせ夜はあのジェネラルシートですからね!

ヘタしたら12時間立ちっぱなしだろうし!(笑)

 

実は、昨日Agra駅に到着した際、

最悪のケース(電車のチケット売り切れ)を考えて

バラナシ駅行きまでの一番安いチケットを購入していました。

 

本当はこの時、指令に対して素直な僕は、

しっかりとジェネラルシートの席を買おうとしたのですが、

どうやら予約できる一番安いチケットはジェネラルの1ランク上の

スリーパーという寝台車両以上とのことでした。

 

というわけで内心ガッツポーズでスリーパーのチケットを購入。

乗れないほうが問題ですからねっっ。

 

が後で知ったのですが、

ジェネラルシートというのは当日、

人数制限もなく詰め込めるだけ詰め込むための

車両ということのようです。

つまり予約はなくても電車には乗れるのです。

そりゃ混むし、売り切れもないですね(笑)

 

 

アニキ!に一応メールをする。

 

「なんかスリーパーしかチケット取れなかったんで

それで明日バラナシまで行きますねー。」

 

「はぁ???何を言ってんだ??おまえ!!

ダメダメダメ!そんなの全然ダメ!

ってか、そのチケット、人に譲っちゃって!

絶対にジェネラルでしょ!?

もう、君にジェネラルしか期待してないよ、みんな!」

 

「えぇ!!マジで鬼ですね!!もうチケットあるのにっ!

つか本気でキツいですよ!?ジェネラル!

ちょっと12時間はガチでイヤなんですけど。。」

 

「まぁ確かにキツイよね(笑)

俺もインドは好きだけどジェネラルだけはもう乗りたくないもん!

荷台の袋から香辛料の液体みたいなのがポタポタ落ちてきてさ。

その後の旅中もずっとバックパックがカレー臭くなっちゃってさ~。

バックパック開ける度にインドのジェネラルシート思い出しちゃうんだよ。

マイったね、あれ。

あと荷台に乗ってたインド人とか半分降ってきたからね!

いやぁ、あん時は地獄だったけど、

まぁ今思えばあれもオモロかったよね。」

 

「え・・・全然おもしろくないっす!!それ・・・。」

 

「だってお前、日本にいたらカレーなんて降ってこないぞ!

しかもあの匂い、本当に落ちないかんな!

むしろ、帰国してそろそろ一年経つけどまだ落ちないかんね!

がっはっは・・・(笑)」

 

 

 

知らねーよ!!

 

とは打てず・・・。

 

で、アニキ!が

「とにかく頑張れ(笑)」

 

と何が (笑) なのか

分からない締めでチャットが終わる。

 

しつこいようで申し訳ないんですけど、

ジェネラルシートって、インド人が薦めないですからね。

宿の人も

「窃盗も多いし値段も少ししか変わらないんだから

スリーパーに乗りなよ」

って言いますから。

だってスリーパーが一番安いんですもん。

ジェネラルの次に(笑)

 

 

まぁ、仕方ない。せっかく久しぶりにもらった指令。

1日ぐらい寝なくても平気だし。。

 

 

そんな軽い気持ちでいた僕は数時間後に

自分の浅はかさに嫌気が差す。

僕はまだジェネラルシートの深さを知らなかったのだ。

 

 

20分ほど遅れて電車がプラットフォームに入ってくる。

1agarフォーと駅

 

早めに乗車して席を確保するため、

僕はあらかじめジェネラルシートが停まる位置でスタンバイするも、

電車がまだ動いているのにもかかわらず、

停車する前から次々に人が飛び乗って陣取り合戦が始まる。

(インドの電車はドアが開きっぱなし)

飛び乗る人達

飛び乗る人達

 

うわぁ~!!っと、僕も負けじと乗り込む!

いや、飛び乗るッッ!!!

 

デリー ~ アグラ間よりも空いている。

相変わらず席はないが荷物を上において床に座るスペースぐらいはある。

急いで席探し

急いで席探し

 

昨日もそうでしたが、ジェネラルの車両に

日本人というか外国人は僕以外いない。

バラナシまでジェネラル

キレイとは言えない服を着た人達ばかりの車両に

でかい日本人が乗ってウロウロしてるものだから

みんな僕のことを好奇の目で見て話しかけてくる。

当然英語は殆どの人が話せないので、何を言ってるか分からないが

勝手に通訳も世話係も出てくるので、なんとかなってしまう(笑)

これがインド!(笑)

彼らの横に陣取る僕

彼らの横に陣取る僕 明るく「はい、チーズ!」と言うも通じない(笑)

 

僕はキョロキョロする。

 

インド人は僕をガン見する。

 

 

ってか、君ら子供か!(笑)

 

 

そこまでジロジロ見ないでしょ、人のこと(笑)

 

インドの道はウンコまみれだ。

それを踏んだ靴で歩いてるだろう床に僕は座る。

今日は寝れないな。いや寝たくないな。

なんならこのズボン捨てよ(笑)

 

列車は出発する。

 

12時間の長旅だ。

暇つぶしに人の良さそうなインド人に話しかける。

 

 

「バラナシまでジェネラルシートでいくらでした?」

 

 

この何気ない質問が僕のインド旅、

ジェネラルシートの刑を決定づけるとは

思いもしなかった。

 

 

彼は目を大きく開いて微笑む。

通じてないのかと思い、また聞くと、

 

「I don’t know」

 

と言う。

 

その隣の人にも聞く。

 

やっぱり知らない。。

 

つまり、、、

 

この人達、無賃乗車をしているのだ。。

 

まぁ、、、インドって改札無いけど。。。

 

すると英語ができる1人のインド人が

イタズラっぽい顔で僕に聞いてくる。

 

「君はジェネラルのチケット持ってるの?見せてよ?」

 

「いや、実は持ってないんだ。僕はスリーパーの

チケットを買っちゃったから。」

 

そこにいたインド人、皆が顔を見合わせて驚く。

 

「ここはスリーパーじゃないよ!!

スリーパーに行きなよ!!ソッチの方が

自分の席があって寝れるよ!

何を好きこのんでジェネラルにいるんだい?」

 

「知ってるよ。でも僕はここがいいんだ。

むしろ、ここじゃないといけない理由があるんだ。

良かったら君のチケットと変えてあげるよ。

次の駅で僕の席に座っていいよ。」

 

とオファーする。

 

すると、なんと想像と反する返答が来る。

 

「ダメだよ。

それは君のチケットなんだから君が座らないと。

それは君の権利なんだ。

スリーパーに行けって。」

 

あなた、ほんとにインド人?

 

と思ってしまう僕。。

 

 

「いいんだって。君が要らないなら

違う人にあげるよ。」

 

「ダメだよ。そのチケットには貴方の

IDが記載されてるし。スリーパーはチェックされるから」

 

たしかにパスポートのコピーを予約の時に渡している。

 

 

というか、

彼らがチケット交換を断ったのは

彼らがジェネラルのチケットを持っていないからではなくて、

それよりももっと大きな意味がある気が僕はした。。

 

インド人は自分の身分を僕らが思っている以上に

意識しているというか、わきまえているという事。。

 

これは、現地の事をよく分からない僕なんかが

気軽に書いてはいけないことなのですが、、、

 

車内の出来事を理解してもらうために

サラっと書きますね。

 

インドのカースト制度は法律的に60年前に廃止されているとはいえ

人口の8割であるヒンズー教とカーストの考えは

強く結びついているため、文化として根強く残っています。

 

つまり、今でもしっかり階級が存在し、その階級間の移動は出来ません。

その存在感は目に見えるほど明らかです。

(カースト廃止後に出来た産業、例えばIT関連には誰でも就けますが、

役職にはやはりカーストで上級の人がなるそうです。

決して下級の人が上に立つことは無いとのことです。)

 

このカースト制には当然色んな側面があると思うのですが、(以下、重要)

その1つに、

その階級内にいる人は、他の階級の人からその地位や職を奪われない

という、いわゆる守備的な面もあります。

 

 

さて、ここからは僕の想像でしかありません。

 

ジェネラルシートに乗っている殆どの人達は

当然裕福では無いと思います。

チケットを買うお金すらままならない人達です。

ですので無賃乗車ではあるけれでも、多分見つかってもお咎め無し。

それを分かっているから、彼らはどんな酷い車両でも

文句はないのです。というか、それを受け入れているのです。

 

それに比べ、僕はスリーパーに乗れる権利を持ってしまっている。

 

それを行使せず、下の等級の座席に座ることは

彼らの権利を侵しているのと同じことで、

更に言うと、彼らは僕の持っている階級(寝台)には

入ってはいけないことを知っていると思うのです。

 

5千年以上も歴史のあるカースト的な考え方は

こういう生活にも当然密接してくると思います。

 

僕らの想像をはるかに超えて。

 

 

 

電車が途中駅に停車する。

 

さっきまで普通に会話していたインド人が、

「さぁ、君の車両はあっちだよ。

君がそちらに移ればここにスペースも出来るんだ。

君はスリーパーに移ってくれ。」

 

と僕をジェネラルの車両から出して、スリーパーのところまで案内する。

 

僕がスリーパーに行くことを誰も羨まらない。

 

「またね。」もない。

 

ただ、それは既定の事実のように。

 

 

僕は知っている。

僕は間違いなくジェネラルに座っている人よりも

楽な仕事をしてきたし、今なんて仕事すらしていないし、

カルマも輪廻転生も信じていない。

 

道理から考えてみたら、

この僕こそがジェネラルシートに乗るべき存在なのに。

 

日本に生まれたというだけで、適当に働いてても小銭を

持つことになっただけ。それが僕。

 

そんな僕が彼らより快適な場所に座ることが出来る。

 

僕ら日本人の場合、

NOワーキング

NOマネー

でもチョイスは出来る。

 

しかし多くのインド人は生まれながらに

 

NOチョイス

 

もちろん、ゆえにNOマネー

 

僕らのように努力次第で

何にだってなれる可能性があるわけではない。

 

インド人を見て、強く感じる僕の権利。

 

僕ら日本人にノーチョイスの言い訳は存在しない。

 

 

人を騙したり嘘をつかなくても生きていける。

 

信用の上で社会が成り立っている素晴らしさ。

 

職業に貴賎はないという道徳も知っている。

 

ゆえに、どんな仕事だって誇りをもってやれる。

 

僕らはこの権利を捨ててはいけない。

 

頑張ろうなんて生意気なことは言わない。

 

だけど感謝したい。

 

日本に生まれたことに。

 

そして僕らの自由に。

 

だからこそ、僕はこの国であえて乗って行きたい。

ジェネラルシートに。

 

今回最後まで居れなかったけど

僕はもうそこにしか乗りたくない。

 

これはジェネラルシートの刑なんかじゃない。

 

僕に世界の現実と自分を見つめさせてくれる、教室だ。

 

世の中には、いやインドの国内だけですら、

頑張りたくても頑張れない人達、いや

頑張って生きても、絶対に今世では報われない人達が

日本の人口以上にいる。

 


お前は、ちゃんと自分の境遇を活かして

思い切り納得するように生きてんか?

自分に問いかける。

 

ジェネラルシートに”不自由と諦め”を詰め込んだ電車はまたゆっくり動き出す。

 

終着駅に彼らの新しい世界が存在しますように。

 

僕はスリーパーで足を伸ばせる

小さな自由を噛み締めた。

 

+++

ってちょっとキザすぎた日記になりましたが

素直に感じた事を書きました。

明日はバラナシのお話。

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


インドの楽しみ方?


ほうぼうの体でAgra駅に降り立つ。

汗はTシャツの一番下まで届いている。

『ジェネラルシートの刑』、精神的にはもちろんだが

体力的にも超絶キビシす(笑)

 

まぁ、これ、現地人も同じ境遇ですからね。

文句も言えません。

 

さて、世界遺産にも認定されている

タージマハルがあるだけあって客引きも多い。

 

次々に話しかけてくるインド人。

 

宿はタージマハル近辺に乱立していて

駅からそこまではオートリキシャで50〜100ルピーと

情報を事前に得ていた。

 

無数のドライバーが

「タージマハル、200ルピー!200ルピー!」

言ってくるが笑顔でオール無視。

 

すると、

一人の男が流暢な英語と片言の日本語でついてきて

何やらノートを見せてくる。

そこに綴られた日本語の文字。

 

彼が以前乗せた客らしい。

 

ペラペラとめくると

 

「今、貴方はこのノートを差し出してきた

●●さんは怪しいと思っているでしょう。

だけど断言できます!貴方はラッキーです!

私達は、この●●さんに観光案内してもらい、

美味しいカレー屋さんなども連れて行ってもらって

非常に良い時間を過ごせました。●●さんは

信用していい人です!」

 

なんてことが書いてある。
(このパターン、観光地でよくあるやつね。)

 

ふむふむ。

 

「オッケー。タージマハルまでお願いしようかな。

いくらですか?」

 

と聞くと、

 

「他のドライバーは君を騙して高い値段を取るつもりだ。

でも僕は違う!僕は絶対に貴方を騙さない!」

 

「わかったよ。で、いくら?」

 

 

 

「300ルピーだ!」

 

 

 

騙そうとしてる奴より高いよ!(笑)

 

 

笑っちゃうわ、マジで。

コテコテのギャグみたいなんだもん。

てか、さっきのノートに書き込んだ人、誰?

 

そんなやりとりをしながら、僕は

明日の電車のチケット売り場や時間などを確認する。

 

その間もずーーっとついて来て、

チケット売り場の場所や窓口を案内してくる。

 

「わからないことは全部聞いてくれ!

君を助けたいんだ。」

と猛アピール。

 

「オッケー。50ルピーで行けるのは知ってるけど

君、面白いから100払うよ。」

 

●●さんはOK!と即答。

さっきの300ルピーなんだったんだろ?(笑)

 

インド人てモロッコ人よりしつこくないし、

なんか素直でカワイイ(笑)

1オートリキシャ

なんか客引きしていたのは運転手じゃないらしい。ますます怪しい(笑)

 

当然、彼のオートリキシャに乗ると提携している宿に連れて行かれ、

激推しされるのだけど、そこは断固NO!。

さっさと●●さんから離れる。

こんな一連の流れを上手いことやってくる人を

心の底から信じられない(笑)

 

日本人が推してるノートを見せてくる人も

ぶっちゃけ要注意ですね。

 

が、宿は決まってない。

情報も全然ない。。。

どうしようかと迷っていると、お腹が空いたので、

日本人らしき方が数人いたレストランがあったので入ってみる。

こんにちわー、とご挨拶。

 

すると一人の方が、

「もしかして、カツオさんですか?

ブログ読んでます!」の一言!

 

おしっ!

ガイドブック様、旅ブログ様、読者様!

 

 

「そうです!かつおです!ありがとうございます!

皆さんどちらの宿に泊まっていますか?」

 

 

のコンボで宿即決。

 

僕、ほんといつもブログに助けられてますし、

良い出会いをさせてもらっています!!!

つまり皆さんのクリックのお陰です!

本当に有難うございます!!

 

皆さんのクリックがなければ僕の旅も成立していません。

この調子で最後まで残り少ないですが頑張りますので

応援宜しくお願いします!

 バナーの後も日記は続きます!(前置き長かったので短め)

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメール → こちらから

+++++++++++++++++++++++++

滞在二日目で僕は、インドの音を上手く表現することが出来る。

 

 

プーーーップップップーーーープーーー!

プップップップップーーーーーーーップッ!

チリンチリンチリンチリンチリンチリン!

プーーーップップップーーーープーーー!

プップップップップーーーーーーーップッ!

プーーーップップップーーーープーーー!

プップップップップーーーーーーーップッ!

チリンチリンチリンチリンチリンチリン!

プーーーップップップーーーープーーー!

プップップップップーーーーーーーップッ!

プーーーップップップーーーープーーー!

チリンチリンチリンチリンチリンチリン!

プップップップップーーーーーーーップッ!

 

 

エンドレスで鳴り続く警笛。

 

めっちゃ耳障りのなのです。

まぁ耳障りになるような音に作られているわけですけど。

これが起きてる間、10秒間静かだったことがありません。

 

バイクを運転している人も

自転車に乗っている人も、

 

一番動かす場所は指!

 

クラクションまじで鳴らしすぎ!!!!

 

なに?

まじでアクセルにクラクションでもついてるの?

動かせば鳴る的な。

 

あの人達、早く便利に移動するためではなくて

クラクション鳴らしたいが為に

乗り物を運転しているかのようです(笑)

 

日本にいたころ、インド人の知り合いが長期休みでも

本国に帰らないので理由を聞いたことがあります。

驚くべきその答え・・・

 

 

「だって、インド汚いし、ウルサイんだもん」

 

 

インド人も僕と同じことを思っているのです(笑)

 

宿周辺の様子 25秒 これ静かめ。

 

読者様に教えていただいた宿にチェックインする。

Shahjahan Hotel シングル 250ルピー(380円)。

 

やはりデリーより安いな。と思い部屋を開ける。

バックパックを置くのがやっと。

1あぐらの部屋

 

 

せまっ(笑)

今までで一番せまっ!

 

部屋が蒸し暑いので屋上にあがり風にあたる。

見下ろせば牛が道を闊歩している。

インドまで来たかと思わせる風景。

1飼いうし

 

少し視線を上げれば宿からはタージマハルが見える。

タージマハルは皇帝が愛した王妃の墓で、全て大理石で出来ており

世界遺産にも登録されています。

屋上から見えたタージ

 

 

激愛した人のために長い年月と莫大な費用と何万人もの人手をかけて

建てられたお墓。

どれだけ深い愛を彼女に注いでいたのだろうか?

そんな想いを巡らせながら、少し視線をずらすと

 

 

屋上に猿が現れた。

威嚇してきてすげぇ怖い!!

 

野良牛や野良犬は聞いてたけど

野良猿は聞いてないよ!!!!

 

つかめっちゃいるし!!

 

猿も哺乳類なので、狂犬病を持っている可能性があります。

決して近寄ってはいけません!

 

こえぇーー!と場を離れると、水を奪われる!

さる

 

から〜の、器用に歯で蓋を開け

 

猿が水を飲む

 

水を飲んでる!猿すごし!

聞いた話ですが、バラナシの宿の屋上で洗濯物を干していると、

洋服のボタンだけを綺麗に取って根こそぎ持って行かれるらしいです(笑)

 

外に出れば客引きが寄ってきて、

歩けばクラクションを鳴らされ、

部屋にいれば蒸し暑く、

屋上に上がれば猿に威嚇され、

 

 

 

なんか落ち着けねぇ~な、インド!(笑)

 

 

 

夜は出会った日本人8人で夕飯を食べに。

 

そこでのトピックは、インド旅の事から瞑想、ヨガ、

さらには仏教やカースト制度の話などなど

僕が今まで旅で説法してきた下世話な話とは完全に違います。

皆さん色々と体験され、一回りも二回りも自分の考えが

確立しているようでした。

しかも本当に、すんごい良い事言いますから。

良い事って別に綺麗なことではなくて、リアルに体験し、

自分が感じ、そして変わったことを丁寧に分かりやすく説明してくれるのですが、

それが人生の糧になるような良い話ばかりなのです。

皆ぼくよりウンと年下なのだけど(笑)

 

ほんと インドの旅人深し!

 

 

僕思うんですけどインドの一番の面白さって、

ぶっちゃけインドそのもより、

インドを深く旅してる人が面白くありませんか?!!

それプラス、インド人は冒頭にも書きましたが

やることなすこと吉本新喜劇なので、それが面白いという。

 

、、、、こういう楽しみ方で合ってますかね?(笑)

今のところ、それ以外インドの楽しみ方が全く見当たりません。

 

あ、あと最近タイとラオスを裸足で旅した韓国人が

原因不明の病気で亡くなったそうです。

現地人の真似をするのは辞めましょう。

 

明日はタージマハルと深夜列車のお話。

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


インドの洗礼とアニキの指令と80ルピーの重み


8月20日 インド二日目。

昨日は夕方デリーに到着し、かるく街を彷徨っただけなので、

本当はデリーを観光しながら、

数日中にくる予定のタクヤ君を待ちたかったのだが

僕のミスでビザが短くなってしまった事実を知ったアニキ!(激怒)の指令により

弾丸インド移動の旅になり、次の目的地へ行かなくてはいけない。

ゆっくりしていい場所はバラナシのみらしい。

むしろ、僕にとって世界で一番ゆっくりしなくてもいい場所なのだが・・・。

 

 

朝5時にセットした目覚ましで起きる。

 

朝一番の電車でAgraというタージマハルがある地域へ行くためです。

 

が、しかし!

 

なんか身体の調子がいつもと全然違う!!

 

めちゃめちゃ重たい。

凄くだるい!

風邪のような症状。

とにかく全身だるすぎて動けない。

学校だったら確実に休み、会社だったら上司に電話するレベル。

 

寝不足かな?と思い、もう少し寝ることにする。

7時、変わらずダルい。。

立ち上がるにも足に力が入らない。

 

うわ、、これヤバイかも。。。

 

のところで催す。

もちろんゲーリー(笑)

 

ベッドに倒れこんで、アニキ!にメールをする。

 

 

「クソ具合悪いんですけど・・・、」

 

 

「おぁ、良かったじゃん!

かつおのところにもちゃんとやってきてくれるんだね!

インドの洗礼!(笑)

オレも体調崩しながらのインドはキツかったけど

それはそれで、今思うとめっちゃ楽しかったわ。」

 

なんか思い出しちゃってるし!(笑)

 

このストイック人間に甘えても無駄だと分かり、

『今日1日デリーで休憩しようかと思うのですが、』

という文を削除して

代わりに、乾いていない洗濯物を取り入れる。

 

チェックアウトをするためだ。

 

食欲はないが軽く朝食を摂ると少し元気になる。

 

さぁ言い訳せず前向きにインド横断系の旅、行きますかー!

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメール → こちらから

+++++++++++++++++++++++++

バックパックを背負うと、いつもの20倍ぐらいの重さに感じる。

宿を出ると近くにゴミ捨て場があるようで

相変わらずとんでもない匂いを漂わせている。

 

例えると、蓋をした4畳半に生ごみを大スコップで100杯。

それを沸騰した尿でコトコト煮込むこと15時間。

最後は味付けにウ●コとゲ■を大スコップで20杯づつ。

 

 

とんでもないぐらいの悪臭なのです。

 

 

インド人も鼻をつまみ、外国人はハンカチを口にあて

僕は身をかがめ吐き気をもよおす。具合が悪いのです。

そんな身体で10時半ごろNew Delhi駅到着。

デリー駅

Agra駅までは頻繁に電車が出ているようで

アニキ!の指示通りジェネラルシートの席を買いに行く。

直近では11時半のものがあると言われ購入。

なんとデリーから200キロ離れていて

所要も4時間というのに80ルピー(130円)と激安!

恐るべしジェネラルシート!

bookingoffice

11時ちょい前に構内に行くと、既に電車が止まっている。

遅れると有名なインドの電車でも始発だからか?

電車toagra

どの車両かわからず、とりあえず、適当に乗ってみる。

ボロいが悪く無い。結構スカスカです。

スリーパー

 

と寝ている人に、

「ここジェネラルシート?」と聞くと

どうやらここはスリーパーといって一つ上のランクらしい。

ちなみに、この席はAgra駅まで150ルピーとのこと。

ジェネラルシートと70ルピー(100円)しか変わらないようです。

 

まぁ100円の差でこんな快適ならジェネラルシートも大して

酷くないと予想しながら一番端にあると教えられた

ジェネラルへ行く。

まぁ、まだ出発まで30分もあるあし、

余裕をこいていると、、

座席に座ってる

 

既に座る場所無し!

 

なんなら、

荷台に座ってる

 

荷物置く場所も無し!

 

(というか、本当に棚の上に人が座ってます!結構衝撃!

しかも、めっちゃ辛そうな格好なので立ってた方が楽そうw)

 

ちなみに上の写真はまだ出発20分ぐらい前の状態ですから。

 

出発間近になったら本当にパンパン状態。

噂より凄いわ。。それにしてもアニキ!から

最低でも床には座れるって聞いてたんだけどな(笑)

どこの話だったんだろ、あの情報。

 

見渡す限り、既に一人がけの椅子に3人が腰掛け、

扇風機の上にすら靴が置いてある状態(笑)

地面も荷物と既に座っている人で足の踏み場もないとは

まさにこの事!

 

もうジェネラルシートって呼び名間違えてますね。

完全にジェネラルカーゴですよ、この車両。

 

ジェネラルシートの刑とか言って、

アニキも最後の最後で、結構ゆるい締め括りするなぁって思っていたら、

マジで甘かったです!!

これ、アフリカ陸路縦断よりキツイ!っていうか、

今時、全部ジェネラルシートで旅する世界一周旅行者って

そうそういませんよって、皆に言われましたから!!

ある旅人なんて、

「日本人がジェネラルシートって絵面、確かにウケますね〜」

って言ってましたから。

 

これウケねーよ!!!って車内で本気で思いましたね。

 

 

が、仕方なし。覚悟を決める。

乗車して5分後には尋常では無いほど汗をかく。

人はどんどん乗ってくる。

もちろん僕は乗った時から荷物を抱え、立つしか無い状態。

 

なんというか、ここまでくると、

「あぁこの状態で4時間かぁーー」とかじゃなくて

 

笑っちゃいますね(笑)

 

もう全てがギャグなんだもの。

人が更に増え続けとうとう立つすらキツイ状態。

あぐらまで

 

 

で、最終的にこれ。

車内

 

 

つまり、

 

 

100円の差でかし!!(笑)

 

 

 

いやぁぁぁ重たい!スリーパー車両行きたい!

これが100円の重みかぁぁぁ!!

 

これ出しちゃダメなのかぁぁ??

100円出せば、あんなに快適に乗れるのに!!

ちなみにもう数百円出せばエアコン付らしいです。

 

まさに車内に見るカースト制度!

 

 

その壁、あつし!

 

 

でもね、ジェネラルシートの中の人を

観察しているとインド人の意外な一面が見えてくるのです。

変な仲間意識とか生まれたりしまして。

 

「おい、お前の荷物こっち置けるぞ!」

 

とか、

 

「ここに、寄っかかっていいぞ!」

 

とか、

 

ジェネラル組同士、助けあってるというか

譲り合ってるんですよね。

狭い荷台に二人で逆さになって寝たり、

1つの席に半ケツずつ乗っけて譲り合って座ったり、

赤ちゃんを抱えた母親に、ふかふかの荷物を

ベッド代わりに使ってと言って赤ちゃんを寝かせてあげたり。

 

これには本当にびっくりしました。

もっとガツガツギスギスしてるのかなぁと思ってたのですが。

 

だって、人の荷物を勝手に椅子にしたり、

僕の腕や肩を平気で手すりにしたり、

鼻先5cmのところに足を投げ出したり、

分けわからない嘘ばかり言う

インド人たちがですよ!?

 

最後僕が降りるAgra駅が近づいた時なんて、皆が

「おい!もうすぐAgraだぞ!準備しておけ!」

なんて3人ぐらいの伝言ゲームで通路真ん中で身動きが

取れない僕に教えてくれるんです。

 

で、僕まじで体調悪いし本当に全然身動き出来ないでいると、

手を差し伸べてくれるのです。

 

その手を取ると一生懸命、引っ張りだしてくれて、、、

 

あの手を握った瞬間、80ルピーの仲間意識が僕にも生まれました。

 

僕、今日、生きてきた中で一番80ルピーの重さを感じました。

 

国境を超えた世界がそこにはありました。

必死で僕の手を引っ張ってくれる80ルピーの乗客。

僕のくそデカイバックパックを持ち上げて背中を押してくれる人。

汗まみれになって、4時間同じ体制でみんなウンザリしてるのか

皆笑っていないけど、僕には笑顔が見えました。

 

財布から出て行った80ルピーの重さは

僕の心に何千倍もの重さになって戻ってきたようです。

 

日本にいたころ常日頃、アニキ!から

「お前、まじでお金の大切さ分かってない」

 

と何度も言われていました。

僕は

「いや、僕けっこう分かってますよ。

無駄遣いとかしないし。」

 

「いやいや、そういうことじゃないんだよなぁ・・・

お前ぜんぜん分かってない!」

 

オタクなアニキ!

スイーツ好きアニキ!

普通の人がなんで?っていうモノに大金を使ったり、

やたらデザートお替わりしたりするくせして、

何言ってんのかな?と思っていました。

 

でもジェネラルシートに乗って知った100円の重み。違い。

 

すっごい分かりました。

 

これは確かに表現出来ない。言葉や文字で表現したら

その重みが軽くなってしまう気すらします。

これがジェネラルシートの刑か。

 

 

インド、中々オモロイじゃん。

 

 

だけどやっぱりジェネラルシートの刑は

本気で勘弁してほしいんだけど!!(笑)

だって、これ、経験として一回はいいにしても

さすがに毎回は無理でしょ?!?!

 

今後、12時間の移動とかあるんですけど。。。

あと5回は電車での移動あるんですけど。。。

 

 

明日はタージマハル。

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村