1位への嫉妬とヨルダン観光日記


 

ピーンチ!!

今日の現地時間、お昼にイスラエルに入国したのですが、

バス停で知り合ったフランス人と

アメリカ人と今まで結構、飲んでしまって、

 

つかイスラエルお酒くっそ高いわ。

ビール600円とか。

今まで100円とかだったからな。

これからこんな国が続くんかなー。

 

 

いや、今のピンチはそこじゃなくて、

ブログ書く前にお酒入れちゃったってこと。。

 

本音とか書き過ぎちゃわないように

気をつけないと。。。

 

では、今からブログ書きます。。

 

今日はヨルダン観光のお話!

では、いきまーす!

 

ブログランキングに参加しております。

1クリックして頂けると僕にポイントが入って目指している1位に近づけます。

応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

 

その前に。

 

もう本当にお酒飲んでしまったこと反省!!

(↑しつこい。結構凹むと長引くタイプです。)

 

だってさ、、、昨日せっかく多くの方が

ルアイさんについてのブログをリツイートしてくれたり

良いコメントをくださったりして

クリック数も多かったのに。。。。

 

もし、ちゃんと今日のブログに臨んでいれば、

また貴方がクリックしてくださって

ブログランキング1位に一步近づけたと思うのに。。

 

 

でもさー、今1位の金丸さん無敵っしょ!

 

 

だってシェルターに泊まってるんだよ?

 

 

そんな旅人、見たこと無いって!!

 

 

というか、そもそも僕は、

旅に出る前、旅人ってかなり多くの人が

ギター持っていて、

 

 

路上で歌ってるかと思ってた。

 

 

これマジで。

 

だけど僕は、まだ一回もそんな旅人を見たことが無い。

路上でパフォーマンスしている日本人も見たことがない。

 

最低限でも、宿で毎日誰かがギターを弾いて

皆で歌うのかと思ってた。

 

だから僕も旅に出た最初の頃はいつでも

ソロ部分が歌えるように、

 

 

ひそかに、発声練習してたのに(笑)

 

 

けど、これも案外ないんだわ!!

 

 

たまに宿でギターを弾いてる人はいるけど、

 

南米でもアフリカでも

ギターを弾きながら生活の足しにして

旅している人に会ったことがない。

 

やっている人が多そうで、意外といない、

 

灯台下暗し。

 

 

もっと皆やってくれやーーー。

奏でてくれやーーーー。

 

 

それで金丸さんのポイント薄めてや〜(笑)

 

 

もう1位取れる気がしないわ!!

 

多分、今の旅ブログって創設以来

一番ポイント数とらないと首位取れないよ。

 

僕が参加したからか?

流行らせてしまったね。旅を。

 

でもね、一つ言わせてもらうけど、

 

とにかく彼の旅ブログを読んだら、

もう”旅”なんて言葉自体、

軽々しく使えなくなるよね。

 

実際、僕のやってることなんて、

 

観光ですよ観光。

 

まじで、ハトバスツアーに毛が生えた程度ですよ。

 

そして文章がちょっと癖があるだけじゃ

もう1位取れないよ。

 

だって金丸さん、文章も上手いじゃん。

 

ずるい!

 

 

ってか宣伝しすぎた。

また引き離される(笑)

 

 

とにかく僕もマジで、

人と違うことしないとな。。。

 

観光地巡りしてる場合じゃないわ。。

 

 

というわけで高城剛さんに

メールを出して3日。

 

 

 

未だ音沙汰無し!!!

 

 

 

ピーーーンチ!

 

 

届いてんのかな?

高城さんのメルマガも購入したんだけどな。。

誰か高城さんの電話番号知りません?(笑)

 

アニキにも相談したら

 

「他の会いたい人も当たれよ。

中田ヒデとかイチローは?」

 

とか言うし。

 

ありえんでしょ?(笑)

 

 

近寄れたとしても僕はスタジアム後方、

彼らはフィールド内的な感じだよね。

 

 

高城さんは全然諦めてないけど、

誰か他にも会っておけ的な

旬な人いませんか?

 

矢口真里とかそういうの以外で。

 

超大物もあり。

 

オバマ大統領とかそういうの以外で。

 

って電波少年か?これ。

 

僕の中で1人狙っている人がいるんですが

それは、まだ内緒。

 

+++

 

冒頭にも書いたように本日6月5日僕はイスラエルに移動した。

結局ヨルダンには3日しかいなかった。

初日は、床屋とルアイさんに会って終わってしまったので

2日目、3日目の観光情報アップしやす。

 

本当は、ヨルダンの目玉、インディージョーンズの

撮影場所にもなったペトラ遺跡行こうとしたのですが、

2日目にホテルからあるいて2,30分のところにある遺跡を

見ましてね。

 

観劇場

1900年前ごろに造られたアンマンのローマ劇場

 

アンマン城

アンマンの城塞(シタデル)にあるヘラクレス神殿

 

本当にここに来て感じたのが、

 

 

 

石じゃん。

 

 

 

だからね。

 

 

こう言ったらおしまいなんだけどさ!!!

 

 

僕は。僕は。だよ!

他の人はもっと感動すると思うし、

実際してるし、オススメの場所らしいですよ。

 

一応、僕も

「昔の人はすげぇーなぁーー

どうやって積み上げたんだろー」

とかは思いはするよ。

というか、思うようにしてるよ。

 

だけどね、

 

 

 

何も感動しないんだよ!!

 

 

 

それどころか、マジで入ってすぐ帰りたくなるよね。

ってか帰るよね。

 

 

はい、一応来ました〜。

オッケーー(ローラ風)って。

 

 

実はマチュピチュも一緒に来た友達と別れて

誰よりも先に帰ったからね。。

内緒にしてたけど。。。

 

 

 

 

僕遠い昔、どっかに置いて来ちゃったんだよ、

そういう感動とかビンビンくるやつ。

 

 

 

本当、だめだよね、こういうの。

でも、もうこれは性格というか、

遺跡は僕の性感帯じゃないから決めた。

 

 

 

ペトラ遺跡却下。

 

「もったいねーー」とかいう言葉が

聞こえてきそうですが、、、

 

でもこういう風景はなんだか好き。中東すごく好きになったりした。

でもこういう風景はなんだか好き。中東が凄く好きになったりした。瞬間的に住めるとも思った。

 

とにかく、そんな僕だから、

翌日に宿仲間と行くことにした

死海も、そんな乗り気じゃなかった。

 

みんなで死海へ

センターの位置は誰にも譲らないけど!

 

死海ねぇーー。

 

別に、ただ浮くだけっしょ?

 

死海みんな

 

おっ、思ったより、浮くね。。。

 

「ねーねー、新聞貸してーー」

 

とか言っちゃうね。

 

お約束1

お約束のポーズ。

 

「ねーねー、俺うつ伏せもやっちゃうよ!」

 

とか言っちゃうね。

 

死海

 

 

めっちゃ楽しいっ!!!(笑)

 

 

この後、皆は身体がヒリヒリするとか

チンチンが痛むといって

すぐ上がっちゃうんだけど、

僕、ずーーーっと入ってたからね。

因みに敏感なはずの僕のチンチンも

痛くならなかったし!

ただ、切痔気味の肛門は痛くなった!

 

とにかく、どうやら僕、体感型のようです。

“見る”とかじゃなくて、

自分が体験しないと楽しめないみたい!

 

 

というわけで、、、

 

 

カイロのピラミッドとかも

すっ飛ばすかも!!

 

 

まだ決めてないけど。

 

というわけで、どこかオススメの

体感系スポットあったら

教えてください!!

 

明日は、イスラエル在住11年の日本人の方とお会して

現地の起業家などに会って来ます!!

 

汚れたチノパンとヨレヨレのTシャツしかないけど!!

 

今の僕は、とにかく会いたい。

 

なーんも考えてないけど。

僕は人と会いたい。

 

目覚めて来たぜ。

 

人だぜ。人。やっぱし。

 

貴方に会って、話を聞いて

僕の話をして、貴方を知りたい。

そして僕を知りたい。

 

そして、僕の出来る事をしたい。

あなたのために。ぼくのために。

 

やっと僕は自分の旅を見つけてきた気がする。

 

「じゃあ会おうぜ。来いよ」という方

クリックお願いします!!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

 


マンスールのルアイさんに降りかかった本当の問題とは?


 

アニキ!から急遽、

「コーダホテルの名物マネージャールアイさんに会いに行け」

電話番号を渡された僕。

 

夜9時にもかかわらず、

ルアイさんはお家へ招待してくれた。

 

僕はタクシーを捕まえ、

ルアイさんに電話をかけて、ドライバーと話させる。

 

すると、運転手は住所を聞いて

しぶしぶ料金メーターをつけ

現地プライスで走りだした。

 

突然の見知らぬ人の訪問を心より歓迎するだけでなく、

こうやって、細かいところにまで気を利かせてくれるルアイさん。

 

彼が日本人に好かれる理由が垣間見れた。

 

では、今日の日記いきまーす!

 

ブログランキングに参加しております。

1クリックして頂けると僕にポイントが入って目指している1位に近づけます。

応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

タクシーがつくとルアイさんは家の前で待ってくれていた。

5階建ての家に両親、兄夫婦、伯父夫婦などが1フロアずつ

住んでいて、これが中東スタイルらしい。

 

1階には綺麗な応接間があって、僕はそこに通された。

 

初めて会うというのに、

全く緊張もせず、むしろ落ち着く。

 

それはルアイさんの人柄のお陰だろう。

ルアイ

僕は、まず突然の訪問を詫び、

次に、夜遅くなったことを詫び、

次に、食事まで気を使わせたことを詫び

次に、これは全て

 

 

 

アニキ!の責任だ

 

 

と言った。

 

 

ルアイさんは全く気にもせず

僕に食事をすすめて、

アニキ!の話やその他旅人の話で盛り上がった。

何度も

「アメイジング!」

という単語を連発していた。

 

これが噂に聞いていた

ルアイさんアメイジングか!!

 

loaysgohan

食事を用意してくれるルアイさん。重めの夕飯を既に取っていて俺超お腹いっぱいだったけど頑張って食べた。

 

彼は純粋にホテルの仕事を愛し、

それ以上に、日本人を愛していた。

 

僕はそこで、核心に触れた。

 

 

「コーダホテルは貴方で持っていたようなものです。

皆、貴方に会いに、あのホテルを訪れました。

それなのに、なぜ辞めてしまったのですか?」

 

 

実は反則なのだが僕はコーダホテルで

既に、彼がホテルを去った理由を聞いていた。

 

オーナー側とルアイさん側からの理由を聞いて

できるだけ正確な判断を、

彼にお世話になった旅人達自身にしてもらいたいからだ。

 

 

オーナー側はこういう。

 

「ルアイは今、サウジアラビアにいる。

実は、彼は数カ月前にホテル内で事件を起こした。

ホテル内にあった2000JD(約30万円)を持ち逃げしたんだ」

 

少なくともオーナーは1つ嘘をついた。

ルアイさんはホテルからタクシーで1.6JDのところに住んでいる。

金のことは分からない。

が、嘘をつく輩は、1つじゃ収まらないのが性質だ。

 

 

話を戻す。

ルアイさんに宿を去った理由を聞いた。

 

「僕は日本人が大好きなんだ。

その理由は彼らの謙虚さや、優しさ、

気遣いが好きなんだ。

綺麗好きだし、正直だし、

話しかければいつもニコニコしていて。

英語ができない人も多いが、

距離感を気をつければ、日本人からも

一生懸命コミュニケーションを取ろうとしてくれる。

そういう所が凄い好きで、

気がつけば、多くの日本人と知り合い、

毎日語らい、飲んで、一緒にご飯を食べて

遊びに行った」

 

 

「貴方のことは色んな人がブログや

トリップアドバイザーなどに書いてあるし

多くの日本人が感謝していると思いますよ」

 

 

「ただ、オーナーはそれが面白くなかった。

僕が日本人にご飯を作ってあげたり、

飲み物をあげたり、洗濯をしてあげると

チャージしろ、と言うんだ。

僕は自分のお金で食材やタバコを買って

あげていたんだ。だけどオーナーは

『その金はどこから出てる?

ちゃんとチャージして、そういうのをヤメろ』

と小さいことを言う。」

 

 

僕はオーナーの気持ちも分かる。。

 

ぶっちゃけ、宿泊者にそれが当たり前だと

思われても困るだろう。

親切は、相手が慣れると、

有り難みが薄れ、

ジュースが出なくなったら不満を抱く。

それが人間だ。

だったら宿側は最初から余計なものは出さない方がいい。

残念だが、人の親切というのはムラがあると、

受け取る側がバカだった場合、不満の原因となる。

 

僕はもちろんルアイさんにそれは言わない。

 

代わりに言った。

 

「そういう親切のお陰で

実際コーダホテルに宿泊者が集まり

オーナーも運営できたいう側面もあるのに、

理解してくれないのは悲しいですね」

 

 

「そうなんだよ!コーダホテルが

日本人の間で有名になり、

僕に会いに多くの人が訪れてきたんだ!

だからいつも宿はほぼ満室。

そのうち、泊まれない人も増えた。

それは宿泊者の友達だったり。

ネットで見て会いに来てくれた人だったり。

そういう人も当然僕はウェルカムした。

 

がそういう宿泊者じゃない人達が、

長く居座ってソファで寝てしまったり、

僕を頼りにリビングでずっとネットを使ったりした。

 

僕は気にしなかった。だっていつも宿が満室なんだ。

行く所がない人にソファーを提供するぐらいいいじゃないか?

ネットだって何人使ったって料金は同じなんだ。

僕に会いに来てる人と夜中まで話しが長引くことだって有るさ。

人が集まって何が悪いと言うんだ?」

 

 

「ソファーで寝ていった人たちは無料ですか?」

 

 

「そりゃそうさ!ソファーだから無料で泊めてあげたよ!」

 

 

「なるほど、、、」

 

「ただオーナーはこいつらは何だ?と僕に凄い剣幕で怒鳴り

チャージしろだの何だのうるさいんだ。

そして、そういう怒鳴り声を日本人は嫌う。

だから、そのうち、そういう喧嘩を見て

いきなりチェックアウトするお客さんも増えた。

そして、そんな日が続いた。

僕はそういうオーナーに我慢できなくなったんだ。

僕は日本人が心地よくステイ出来る場所で働きたいんだ」

 

 

「それで辞めたんですね?」

 

 

「いや、3つ最悪なことが重なって僕も切れたんだ。

1つ目、日本人の無銭宿泊者が増えた。

2つ目、宿泊者の高価なカメラ(約30万相当)が無くなった。

    犯人は分からない。でも僕のはずがない。

3つ目、それでオーナーが怒鳴って日本人宿泊者が出て行った」

 

 

 

1つ目が気になった。

2つ目はもう自己責任。日本人宿の中と

言えどもドミトリーならモノは無くなることだって

あるだろう。

3つ目、そりゃ怒鳴るだろう。

 

 

実は日本人が増えて、

溜まり場みたくなったコーダホテルでは

無銭宿泊者が増えたらしい。

ソファーで寝てる人は無料で良いとしても

ドミトリーや個室で寝てる人も

払わないで消える人もいたらしい。

 

また、モノが壊れたりもしたと。

言ってくれれば良いものの、

内緒にする人もいたという。

 

 

僕は詫びた。

これは旅人連帯責任だろう。

 

 

ただ、本当にここで一つ言っておきたいのが

 

ルアイさんは全くそれは気にしてなかったし、

 

ルアイさん自身、

「日本人は1億人以上いる国だ!

たまにそんな変なやつだっているのが

当然じゃないか?ちがうか?」

 

と言い、それに対してイチイチうるさい

オーナーに対して怒って辞めたことを

何度も言っていた。

 

そして、もう一つ、僕は日本人宿に必ずある

情報ノートが無くなっていたことも聞いた。

(情報ノートは宿泊者が現地のことや旅先の詳細の

情報を書き込むもので、これを目当てに日本人宿に

泊まる人も多い。)

 

すると、オーナーはそれはルアイさんが

持っていったとの事だったが

ルアイさんは違うことを言う。

 

「あの情報ノートには僕のことを沢山書いてある。

オーナーの悪口や宿の悪口を書いた日本人もいるらしい。

だからオーナーが新規の宿泊者に見られたら

マズイと思って僕が辞めてから処分したんだろう」

 

と。

 

僕は、ここで誰が悪くて、

誰が高価なモノを取ったんだ?なんて

言いたい訳じゃない。

 

ただ、僕ら旅人の無責任な行動や浅い考えで、

 

1人の日本人好きのスタッフが

無職になり、濡れ衣をきせられ、

へんな噂を流され、

無駄な争いが起こた、という事を、

僕も含め、旅人は意識しなくては

いけないのではないでしょうか?

 

 

すっごく難しいことだけど。

 

いや、簡単か。

 

えてして、安宿は管理体制が甘いし、

なぁなぁの部分もある。

スタッフが親切だったりフレンドリーだったりすると、

ご飯を作ってくれたり、一緒に飲んだり

話をしたりすることもあるだろう。

 

 

何しろそれが、安宿のいいところだ。

 

 

だけどそれはオーナーから見たら

面白くないことだったりもする。

 

「給料払ってるのに、こいつは何を一緒に遊んでんだ?」

 

と思う経営者もいるだろう。

 

それに安宿は

ボロいからすぐ壊れる。

トイレのドアは締まらないは、

シャワーはちゃんと出ないは、

変な虫は出るわ、

で、金を払いたくないこともある。

 

が、それはここを選ばなきゃ良かっただけの話。

嫌なら金だして良いホテルに泊まればいい。

 

僕も、今まで短い旅ながらも、

 

何度も宿代をまけてもらったり、

ソファーに寝かせてもらったり

タダでシャワーだけ使わせてもらったり、

夜中まで酒のんで騒いじゃったり、

泊まってもないのに長時間居座ってWiFi使ったり、

洗濯機を使わせてもらったり

壊れかけのドアノブにトドメをさしたり、

 

まぁやるだけやってきてしまったけど、

 

今後、気をつけていきます!!

 

なので、旅に出てる貴方も、

これから出る貴方も、

人として最低限のマナーは

気をつけていきましょう!!

 

超当たり前のことだけど。

宿代は言われなくても払う。

ものを壊したらきちんと言う。

人の好意に過度に甘えすぎない。

頼り過ぎない。

 

 

ルアイさんが宿を去った理由を両方側の意見から

ここに書きました。

 

実は、アニキ!にこれを伝えた時、僕は

 

「オーナー側の意見、書くのマズくないっすか?」

 

と言いました。

だって真相は分からないじゃないですか?

 

だけどアニキ!は言う。

「いや、ありのまま書きなよ。

ルアイさんからの一方的な意見だけ書くの反則でしょ?

あとは、マンスールに泊まった旅人達に判断してもらえばいいじゃん。

ルアイさんの事だって、皆が皆、好きなわけじゃないしさ。

そんなの人間だからさ。当たり前でしょ?

僕は好きだけどね、ルアイさん。」

 

と。

旅が大好きで、旅人も大好きなアニキ!も

ヨルダンの小さい安宿で起きた

小さな出来事かもしれないけど

皆に知って貰いたいんだと思います。

だから、

僕にルアイさんが辞めた真相を聞いて来いと言ったのでしょう。

(ただ本人が気になっていただけかもしれないけど(笑))

 

アニキ!は続けて言う。

 

「情報ノートもない、ルアイさんは宿にいない。

誰かが本当の理由、...というか、

それぞれの言い分を書かないと、

オーナーの言っている事だけが今後、

知れ渡ってしまうでしょ?」

 

 

 

アニキ!思慮深し!!

 

尊敬アゲイン!!

 

 

判断は貴方に任せます。

 

だけど、僕がいいたいことは、

一つの事実として、34歳の男性が、

日本人の名をつけてくれた宿で

日本人がキッカケとなって職を

去ってしまったという悲しい事実です。

 

ルアイさんは今、また日本人が集まれるような良い宿を

自分で運営しようと奔走しています。

 

きっと良い宿になるでしょう。

 

だけど、次は彼の一方的な親切に甘えないで

何かこちらからも、してあげたいものですね。

 

 

手ぶらで行って食うだけ食って

飲むだけ飲んで帰ってきた僕が言うのもなんですが。。

 

 

ルアイさん

新たな人生頑張れ!!

 

 

と思った方、クリックお願いします!

 

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周


ヨルダンにある日本人魂(コーダホテル)


皆さんは御存知ですか?

世間ではサイトの滞在時間が長ければ長いほど

そのサイトは優秀で有用とされ高評価になり

サイトの価値が高まります。

 

 

もちろん、

今、世の中で一番、滞在時間が長いサイトは

Facebookです。

 

 

しかし、ある男にとってはそれを上回る

サイトが存在するのです。

 

そう、それがこのブログ、『世界一周 旅流しの刑。』

そして、そう、ある男とは

 

 

井上勝雄!!

It’s me!!

 

 

夜な夜な自分の日記を読み返しては

クスっとしたり、誤字や違う表現方法を

みつけては、猛烈に後悔している。

 

 

そして『旅流しの刑』、大ファンの僕が

とても好きだった日記。

 

それが、

 

 

昨日の日記でした!

 

 

なのに、なのに、、

 

 

 

 

コメント0件て(笑)

 

 

 

 

「感動しました」「同感です」

「今自分がやってることに自信が持てました!」

 

 

なんていうコメントが

若い子から沢山届くと思ったのに(笑)

 

 

しかも、クリック数すくなっ!!!

 

 

いやー完全に僕だけが満足した

オ●ニー日記でしたね!!

あと、珍しく、アニキ!にも喜んで頂けてました!

 

 

読んでしまった方、

お時間取らせてすみませんでした!!!

 

 

今日はちゃんと旅日記いきます!!

 

ブログランキングに参加しております。

1クリックして頂けると僕にポイントが入って目指している1位に近づけます。

応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

 

アンマンの空港に到着して

ダウンタウンに行くバスに乗り込んだ僕。

(3JD=450円)

マンスールホテル前

アンマンの町並み

 

もちろん地球の歩き方は持ってない。

場所や行き方は人に聞いて出会いを楽しむ。

それがニューな僕。

 

そして、バスはもちろん

終点まで行ってしまう(笑)。

でもいいのさ。

 

ミス大歓迎。

 

終点には終点で人がいるさ。

 

到着するとタクシードライバーが寄ってくる。

10JD をまけてもらって5JD。

 

こういう交渉も楽しいもの。

 

(ちなみに後から聞いたら2JDが正規料金らしい!

ボラれた!だから地球の歩き方って大切なんだね!)

 

タクシーに乗り込み僕は、

アニキ!から言われていた

ホテル名を言う。

 

その名は マンスールホテル。

(別名 コーダホテル)

コーダホテル

 

 

 

コーダホテル。これは日本人の香田さんという

苗字から由来する。

 

旅人の間ではあまりにも有名な話。

 

このコーダホテルの最初のオーナー?管理人?だった

サーメルさんが香田さんと出会ったのは

2004年。当時サーメルさんはクリフホテルという

ここから歩いて3分ほどの場所で働いていた。

 

当時24歳だった香田さんとそこで知り合い

友人関係になったサーメルさんだが、

香田さんの次の行き先を聞いて驚く。

 

香田さんはイラクへ行くというのだ。

 

2003年にイラク戦争が終結したばかりで

治安は安定しておらず、まだまだ

イスラム過激派テロが多発している国だった。

 

サーメルさんは、香田さんの身をあんじて

何度も渡航を止めるよう注意する。

が、香田さんの意思は強く、サーメルさんは最終的に

香田さんから依頼されていた、

イラク行きのバスチケットを手配する。

 

そして、此処から先は皆さんも御存知だと思うのですが

この青年は、アルカイダ組織に拉致され公開処刑されてしまいます。

その動画がネット上に流れ全世界がショックを受けました。

 

この事件にショックを受け、さらには自分のせいだと

責めたサーメルさんは新しいホテルに移り、

色んな思いを込めて、コーダホテルと名づけました。

 

サーメルさんはその後、日本人女性と結婚し

今は、日本に住んでいるようです。

 

ですので、僕がここに来ても彼に会うことは出来ないのですが、

アニキ!からどーしてもこのホテルに行けと言われていました。

 

 

理由は、

その後も、ここには日本人に対して異常なほど親切な

従業員がいるからということでした。

 

 

それが、旅人の中でも有名なルアイさん。

 

 

日本人が来ればご飯を作ってあげ、

お菓子を買ってきて、タバコをくれ、

ジュースをいれてあげ、と

いたれりつくせり。

理由は簡単。

 

 

とにかく日本人が大大大好きな人。

 

そんな彼だが、

 

忽然と1ヶ月ほど前に宿から

いなくなったらしい。

 

 

実は、今になって思い出したが

これは僕も南米にいた時、

他の旅人がたまに話していたことだった。

 

それくらい有名な名物従業員ルアイさん。

 

ルアイさんの人柄に触れたいが故に

ヨルダンを訪れる日本人旅人は

殆どこのコーダホテルに泊まると言っても

過言ではない。

 

 

 

そんな彼がいなくなったのだ。

 

 

色んな噂が流れた。

唯一わかってることは

どうやら、日本人旅行者との間に

何かトラブルがありオーナーと揉めて

宿を追われたということだった。

 

 

当然その噂はアニキ!の耳にも入った。

アニキ!もルアイさんファンの1人だ。

 

そこで、ヨルダンに行くという僕に白羽の矢がたったのだ。

 

 

「かつお、マンスール(コーダ)ホテル行って

ルアイさんいるか確かめてきて」

 

 

「わ、わかりました!

というか、ルアイさんて誰すか?」

 

 

「めっちゃいい人。ひくぐらい良い人。

友達になっておいて」

 

 

「あ、、、は、はぁ。」

 

 

ホテルに到着すると僕は取り急ぎ

宿に荷物をおいて、聞く。

 

 

「良い床屋知りませんか?」

 

 

 

モアイだかダルイだか知らないけど

アニキの話、聞いてる場合じゃないって!!

 

そんな人探ししてる場合じゃないって!!

 

だって僕の後ろ髪

 

髪型

 

これだよ?(笑)

 

 

宿に着いて3分後には床屋にいたわ!

 

 

ちゃんとケープを掛けてくれる床屋!!

床屋

 

 

そうそう!!これこれ!!

ザンジバル島のクソババア!見習え!!

つか、美容師じゃねーだろ!あいつ(笑)

 

バリカンで僕のサイドとバックを

綺麗に整えてくれる床屋のオヤジ。

 

あのババアにやられた一番短いところを基準にね!

 

 

お、いいね。

 

最後にジェルでセットするか聞かれる。

 

これが床屋というものだ!!

 

 

 

「頼むわ。クールに決めちゃって!」

 

 

どんぐり

 

 

ど、どんぐり だね。。

 

ブサイクに磨きがかかったわ(笑)

こちらではペタペタにするんだね。

 

 

もう二度と海外で髪切らねー!!

 

 

僕は部屋に戻ると

アニキからメッセージが入ってる。

 

「ついた?」

 

 

「はい!」

 

 

「ルアイさんいる?」

 

僕は受付にいって聞くと

やはり、もうここにはいないという。

 

「いないそーです。なんか詳しくは

聞けない雰囲気でした」

 

「そうか、、、、

じゃあ、あの噂本当だったんだな。。。

どこにいるか知らないって?」

 

 

「知らないそうです。他のホテルでも

働いていないそうです」

 

 

「そっかーー、、、

じゃあ、お前、

ルアイさんに会って来て」

 

 

「は????いや、僕ルアイさん知らないし!!」

 

 

「お前、会う旅にしたんだろ?!

会い行ってこいよ!!」

 

 

あんたが会う旅にしたんでしょーが!!(笑)

 

しかも、今回アニキ!が会いたい人じゃん!!!

 

とは言えないので、

 

 

「ええーーーまじすか?!?!

もうこっち夜8時過ぎてますよ!」

 

 

「07XXXXXXXX

これ電話番号だから。

いってきて、それでホテル辞めた噂が

本当か確かめてきてー」 

 

 

「そ、そこまで気になりますか!!???

えーーーーー。。。」

 

 

「当たり前だろ!!多くの旅人が

お世話になってんだぞ!お前、真相聞くのが筋だろ。

いいなぁーー、ルアイさんに会えて。

羨ましいよ!めちゃいいヤツすぎてウケるよ。

いちお、お泊りセットとか持って行きな!

 

 

 

って会えるの前提で話進めないで(笑)

しかもお泊りセットって。

 

久々聞いたわ、その単語w

 

 

 

はぁ。。

 

僕はその場で仕方なく電話をかける。。

 

すると、、、

 

 

出た(笑)

 

 

「あ、はじめまして、

僕●●の友達のカツオです。

今、コーダホテルにいるんですけど

貴方にお会いしたくて。。。」

 

 

 

「え!!嬉しい!!日本人ですね?

僕日本人大好きです!!

ぜひぜひ会いましょう!

いつ?いつ?今から来ていいよ!!

ご飯用意しておくよ!!

楽しみだよ!!」

 

 

 

 

日本人好きすぎ(笑)

 

 

 

そして、この30分後に

僕は彼の家の応接部屋で

くつろいでいた。。。

 

 

明日は、旅人で有名な

ルアイさんが宿を去った理由を書きます。

 

旅人もそうでない人も、

皆に読んで欲しいです。

 

ルアイさんにお世話になった旅人は

全員クリックお願いします!!

 

いやお世話になってなくても日本人なら

クリックお願いします!

 

ヨルダンという異国の地で

日本人の名前を残そうとホテル残してくれた

サーメルさんと、そこを訪れた多くの日本人に

優しさとおもてなしを沢山くれたルアイさんに!

 

二人共利用してゴメン(笑)

 

そもそもアニキ!あの電話番号どこで手に入れたんだ??

 

ブログランキングに参加しております。

応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周