変わるキッカケ


雄二と別れ14時間後。

バンコクに早朝到着。なんか心配で気がきではない。

あいつ宿見つかったかな?

 

まぁ大丈夫か。

 

ここ6日でバス3泊。しかも昨日のバスも

ふかふかシートの170度リクライニングだったはずなのに

実際はエコノミー並の傾斜。全然寝れなかった。

宿に着くとジメッとしたベッドに倒れこむ。

 

携帯をオンラインにする。

 

昨日の夕方から雄二の泣き言が

6通ほど届いている(笑)

 

具合が悪いだの、

寂しいだの、

不安だの、

 

うん、良かった。

 

 

僕が流された時と同じだ(笑)

 

 

雄二の気持ちは手に取るように分かる。

 

言葉は通じないわ、治安は心配だわ、

友達の作り方も分からないだろうし、

とにかく慣れる、慣れない関わらず

異国の地でいきなり1人になるのは寂しいもんだ。

余計なことも考えてしまうだうし、

流された怒りも同時に湧いてきているだろう。

 

きっとそれを楽しめる余裕はまだない。

 

でも、その体験と経験のお陰で彼は強くなれると

信じています。これも全て君のため。

 

睡眠薬強盗だけには気をつけて下さい。

あれ、根こそぎ持っていかれるから。

 

では、今日の日記行きまーす。

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメール → こちらから

+++++++++++++++++++++++ +++

バンコクに戻ってきて数人にメールを打ったり

洗濯モノを出したり、ご飯を食べたり

マッサージを受けたり、部屋でビールを飲みながら

旅人からもらったM-1グランプリ、アメトークを

合計8本鑑賞したりしていると

 

夜10時になっちゃった^^;

 

 

やっべ!!!

 

旅ネタぜろ!

足しても掛けても変わらずゼロ!by ブルーハーブ

 

が、そこはオレ。

 

数ある旅行ブログランキング現在2位。

注目記事での1位取得率ハンパなし。

どんな記事でも上げれば常にトップテン入り。

その姿、まるでジャニーズの如し。

が、クリック率の低さもまた高し。

炎上系ブログとして他に類を見ず、

 

3位転落まであと少し。。。

 

 

って、みんなーー!!

 

あれ?おかしいな。。

 

オレ知ってるよ。

 

旅も終盤になるとさ、

ご祝儀クリックってあるじゃん?

 

いつもは押してないけど、

お疲れ!的なやつ!!

でぐんぐんポイントが上がっていくやつ。

 

 

あれ、オレには無し??(笑)

 

 

もう結構前から旅終盤アピールしてるんですけど、

 

なんならポイントだだ下がりです!

 

 

注目記事にはいつも数記事ランクインするのに(笑)

 

クリックをしたくない旅ブログランキング、

誤字脱字ランキングがあったら確実に1位なのにな!!

 

まぁこのブログの内容も進化どころか劣化してますしね。。

 

相変わらず画像も旅情報も少ないし。

やはり読みにくいのかな。

昨日今日なんてカメラにも触ってなからな。

 

が、まぁそれもオレ。

 

ガチンコ熟読系ブログ。

 

もっと頻繁に

何かのキッカケで突然自分の変化に気が付き

和気あいあい、カツオ君のほんわか日記に

変われればいいのだけど。

 

何かのキッカケで突然意識が変わる。

 

無さそうで実はそんなチャンスは

日常にあふれている。

 

今日はバンコクにいる僕から

そこらへんについて書きたい。

ネタもないし(笑)

 

ある日、男が起きたら朝立ちをしてなくて

突然老いを感じるように、

 

ある日、女が鏡を見たら自分の顔に

新しい小じわを発見して突然お化粧が厚くなるように、

 

ある日、、、、

 

 

何のキッカケで人って

オカマになるんですかね?!

 

 

世界どの国に行ってもホモセクシャルは存在していて、

僕は、別にそれに対して偏見も差別もないのですが、

単純に自分をカスタムしてまで異性の生体に近づく人が

ここまで目の前に存在していると、性に対して

自分の常識なんてあまりに稚拙なことに気がつく。

 

先日いた安宿も運営している人たちが

揃いも揃ってオカマだった。

元男。現在女の形をしたやっぱり男。

動き、トーク、目つき、風呂あがりのタオルの巻き方まで

全てレディ。なんなら宿泊者のベッドカバーから枕カバーまで

キティのキャラクターが所狭しとプリントされている。

なんだか僕のホモな部分まで痒くなるぐらいのホモ。

 

そしてどんなキッカケがあったが知らないがその人達が、

1歳半になる子供の面倒を皆で見ている。

その子は女の子の格好をしているが、

もしかしたら性別的には男の子かもしれない。

そんな疑惑まで浮かんでくる。

 

もう、女らしさ、男らしさ、

いや、性別ってなんだろね?!!

 

これは、もって生まれたものなのか、

それとも教育によるものなのか?

もし僕の父親がレディボーイだったら

僕の切れ痔も今頃は取り返しの付かないほど

悪化しているかもしれない。

 

 

ラオスで出会った日本人男性と

ビールを飲み交わしていた。

 

彼は言う。

 

「バンコクでレディーボーイとヤリました?」

 

「いや、やってないです。でも

すごい綺麗な方多いですよね!

なんか男心もわかってそうでし、

話しても楽しいですよね

見る分には全然オッケーですけど、、」

 

「僕ね、バンコクで抱いたんですけど

すっげぇ良かったよ。」

 

そういうと彼はレディボーイの画像を見せてくれた。

確かに芸能人かと思うほど可愛かった。

 

「綺麗ですね!で、チンチンは無かったんですか?」

 

「いや小指ぐらいの小さいのがついてるんだよ。

金玉取ってるから成長しないのかも。」

 

「え!!!!ついてるんですか!!??

じゃあ、マ●コないんですか?

すると、お尻に入れるんすか?!」

 

「そうだよ。めっちゃ良いよ!ヤッてる最中は

チンコが立つんだよ。それを触ってあげたら

喜んでたよ」

 

「え!?!ストレートの僕からしたら

それ中々の衝撃映像なんですけど!!

てか、よくレディボーイとHするんですか?」

 

「いや、今回はじめて。」

 

 

 

 

はじめてのハードル高いな!!

 

 

 

ストレートの彼に何のキッカケがあったか知らない。

性への強い探究心なのか飽くなき好奇心なのか。

 

しかし、おチンチン装備のハードルをいとも簡単に超え

更には相手も感じさせてあげようとタッチ&ストローク。

レディーボーイにラブさえ感じたといい画像を見つめている。

 

 

「な、なにがキッカケで、レ、レディーボーイと?」

 

 

 

「いや、可愛かったから」

 

 

自分が変わるキッカケ。

そう、それは難しいことじゃない。

めちゃシンプルにそこらへんに

転がっているものなのだ。(とくにバンコク)

それをオープンハートで受け入れて一步踏み出すけなのだ。

 

 

「あぁぁーまたあの子に会いたいなぁ〜」

 

 

その目は完全に恋に落ちていた。

人を好きになるのに性別関係なし!

 

僕らもいつどんなキッカケで向こう側に

行くかわからない。

神様のイタズラはいつだって神出鬼没。

 

部屋で僕はビールを飲んで自分のチンチンと

レディーボーイのチンチンが協奏曲を奏でているのを

想像しながらもエロ動画を再生した。

 

 

俺はやっぱりチンチンのついていない人の方が好きだ。

 

 

今日も激しいスコールが地面を叩きつけていた。

 

 

とコラム風なブログにしてみる。

ブログランキングに参加しております!

旅もあと僅か!帰国日ほぼ決定!!

なんか締まんねぇなぁオレの旅(笑)

クリックおねがいしまーす。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


旅流し執行


8/9 バンビエンの夜

 

昔から知る仲間との二人旅。

数日しか経っていないけど本当に合流してよかったと

思っている。

 

いつも僕の頭の片隅にあった汚れた場所が

綺麗に掃除された。

 

そこが散らかっていた事は分かっていた。

だけど、そんなものは引き出しに閉まっておけば

良かった話だ。わざわざ開けて見せる場所でもない。

 

が、いつも心に引っかかっていた。

目には見えなくても、音が立たなくても

悪臭を放っていたのだ。

 

僕らが育った場所は大きな集合住宅地。

金銭的に豊かな人達が好んで住むような場所では決して無い。

 

手を伸ばせばすぐそこに似たり寄ったりの

中途半端にすら届かない奴らが大勢いて

日本語さえ話せればすぐ仲間に入れた。

 

中学に上がる頃にはご多分に漏れず地元の多くの仲間は勉強もせず

そんな仲間同士でいつも傷を舐め合い、底なしに遊びまくり

遊びに飽きるとただ、誰かの家に集まってダラダラとした。

そして中学を卒業し大半のやつらが県内で有数のバカ高校に進むと

全く同じ3年間を繰り返す。

 

僕の実兄も地元では有名な相当な不良だったゆえに

僕もグレた先輩や周りの同級生から色々とスカウトを受けたが

母親から「勝雄までグレたら私はいなくなるから」

とキツく言われていたので、ほどほどに勉強をして

程々の高校に進んだりはしたが、

真面目ではない友達と遊んでいる事のほうが圧倒的に多かった。

というか、そんな友達との方が気が合った。

 

でもそんな中、僕はずっと心の中で思っていたことがある。

 

 

「はっきり言って俺はお前らとは全然違う。

俺はこんな慣れ合いの場所からすぐ抜けだすんだ。」

 

 

上っ面では合わせてるが、芯の部分ではどこかで

友達と自分に優劣をつけていたと思う。

バカにしていたところがあると思う。

 

だけど僕はどこが彼らより優れていて、

何が彼らと違うか、見つけられないでいた。

それが、もどかしかったりもした。

 

これがアニキ!がいう「人をバカにしたりしている部分」

だと思う。

 

年下ということもあってイジり甲斐があるからか

雄二に対しても少なからずそんな気持ちはあった。

いつもフラフラしてたし、女性問題もあったし

まぁいい加減な奴なんだろうなぁと思っていた

(僕のことは棚に上げておいて!)

 

しかし、今回ふかーーーく確認できた。

 

僕の仲間は全然バカじゃない!!!!!

いや、バカだけど、そういうバカじゃない。

説明難しいけど(笑)

 

なのでアニキの言葉を代用すると

 

世の中、バカな奴っていないと思うんです。

周りからバカと思われている奴でも実は

自分なりに凄い考えていて、苦しんでいて、悩んでいて、それで

自分なりに考えて行動に起こしているんですよね。

 

僕、これをコレを実体験で深く認識できただけでも

雄二との合流は大正解だと思っています。

 

そんな今日の日記。

アニキ!とのチャットからスタートします。

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメール → こちらから

+++++++++++++++++++++++ +++

アニキ!

「で、ところでさ、ダメなの?」

「え?何がですか?」

 

アニキ!

「お前ら絶対一緒にいなきゃダメなの?

雄二くんの為にも、っつーか、雄二くんも彼女の事思うならさ、

早く一人旅させた方がいいって。

そもそも今の2人旅ってなんの意味あんの?

どうせ、お前ら二人でいても

ばばーって観光地周って、

あー、楽しかったー、で終わるだけでしょ?

そんなんで変われるわけないっしょ?

しかもたった二週間。

最初から「旅行楽しんできまーす!」って形で

出てきたなら良かったけど、あんな手紙まで公開しておいて

楽しんでお疲れ〜じゃ全く意味分からんし。

っていうか、

20時間かけてバンビエンまで行ってチュービングもできない、

ブログも炎上、って、さすがかつお、なかなかやるね。

2人揃ってから負の連鎖しか起こってないからちょうどいいんじゃない?」

 

「まぁそうですけど。。。

雄二まじで海外にはツアーでペロっと一回しか行ったこと無いし

マジで英語もできないし、、、危なくないですかね??

ってか僕を頼りまくるつもりで旅に出て、その勢い利用して

旅に流すって結構エグくないですか?(笑)」

 

アニキ!

「言えてる!(笑)

でも、雄二くんが彼女のために成長したいってのが

本当なら絶対そうさせるべき。

まぁ、二週間じゃなにも変わらないと思うけど、今の2人旅よりマシっしょ。

お前らが二人でいても何のプラスにもなってないし。

雄二くん一人になったらもっと考える時間出来るから。

だから、しっかり雄二くんをミニ旅流ししておくように!」

 

「うわーーーー言いにくいなぁーーーー

折角ぼくに会いに来てくれたのに。

これ、アニキ!のせいにしますからね!!」

 

アニキ!

「まぁ、これも雄二くんのためだろ。

ルートはおれが立ててあげるから。

とりあえず一人でバングラディシュ行くか

ベトナムをバイクで縦断でいいかな?」

 

「えー!?

いやいやいいや!!それレベル高すぎですって!!(笑)

ルートは僕に決めさせてもらってもいいですか?

ってか、これあれですね!!!

流す方もめっちゃ勇気要りますね!!!

すげぇ気が気じゃないんですけど!!!

すげぇぇ心配なんですけど!!!」

 

アニキ!

「あ!今頃流す方の気持ちがわかったか!?!

こっちだって気が気じゃないんだからな。

かつおに何かあったら少なからず責任かかってくるしな。

結果、自分の意思で行ったとはいえ。

でも、まぁ、ゆうじ君より、

いきなりスペイン語圏の、しかも標高高いボリビア飛ばされる方が

よっぽどキツイと思うけどな。

とりあえずパスポートとiphoneだけは死守させるように伝えといて~。

バックパックとか無くなるくらいが今のゆうじ君にはちょうどいいかもね。」

 

「分かりました。。今から伝えます。

僕は明日バンコクに戻りますね。あいつ

とりあえずラオスに置き去りにしますわ」

 

アニキ!

「了解!

ちゃんと雄二くん、一人旅、流しなよ!

ってか、かつおと雄二くんのお陰で時間くっちまったよ。

俺、明日めちゃ早いから寝るね!

くれぐれも死なないように言えよ!!」

 

 

流しなよって(笑)

 

日本時間深夜3時。ラオス1時。

 

アニキとのチャットが終わる。

 

うわーー。。。

それにしてもこれ思ったより、キツイですよ。

 

雄二初めての海外一人旅でしかも僕に頼ってるから

ガイドブックすら持ってきてないですからね。。

 

旅流し執行人の気持ち初めて分かりました。

 

何かトラブったら僕の責任でもあるわけで。

旅の面白さも危なさも分かってるからこそ

気安く流せないんです。。。

その場にいたら助けたりすることも出来るけど。。。

 

 

部屋に戻ると雄二は寝ていた。

 

「ゆーじ。ちといい?起きて」

 

「う、、ん?? なに?」

 

無理やり目を開けて僕を見た。

 

「今さ、アニキ!とチャットしてて。

雄二明日から、一人旅な。ごめん(笑)

ミニ旅流しの刑に決まったわ。明日早く起きて

荷物まとめておいて。

 

 

「ま、まじか…。きびしぃ。。。」

 

 

これね、めちゃボソって言うから。

僕がアニキ!に宣告された時と

全く同じ反応(笑)

 

「とりあえず5日間後にパンガン島で会おう。

そこまでとりあえず辿りついたら次の指令出るって。

海で遊ばせてくれないっぽいけど。

あ、くれぐれも飛行機使うなよ。一番きつい手段で移動しな。

宿は基本ドミトリーね。自分で全部調べて頑張ってみな。

今のままじゃ彼女にも何してるの?って言われて終わりだよ。

これで旅慣れしてさ、今度は彼女を海外に連れて行ったりして

頼もしい姿見せてあげなよ。1人になったら色々と考える時間も

出来るよ。頑張ってくれ。くれぐれもパスポートとiphoneだけは

無くさないでね。連絡も取れなくなるし、日本に帰れなくなるから。

俺は明日バンコク戻るわ!

ここ雨ばっかでつまんねーし(笑)」

 

「わ、わかった。。。はぁぁ。。まじかーーー」

 

翌朝、雄二は宿にあった地球の歩き方を

熟読して携帯で写真撮って、積極的に

他の旅人に話しかけて情報を収集していた。

 

とりあえずミニバスに乗って

ラオスの首都ビエンチャンに行くことにしたようだ。

雄二流し

置いてけぼりにされて悲しそうな雄二(笑)

 

そして僕は、雄二に聞こえないように

宿の受付で帰りのバスを手配した。

 

「バンコクまでのスーパーVIPの席で1枚お願いします」

 

僕はチェックしていたのだ。

 

僕らが来る時使ったバスは普通のしょぼいバスで

リクライニングも浅いしシートも硬いもの。

 

帰りはプラス300バーツ(≒1000円)払えば席もフラットになり

WiFiも食事もテレビもついたスーパーVIPバスがあることを!

キツイのは御免なので(笑)

 

雄二、初めての一人旅頑張れ!!

数日じゃ変わらないと思うけどいい経験出来ると思うよ!

出来ればトラブってボラれて軽く泣きみて下さい!

僕のブログために!

 

僕はラオスの国境まで行き

バンコク行きのスーパーVIPバスに乗り込んだ。

 

こ、これは!!!

 

 

 

来る時乗ってきたのと同じバスやんけ!!

(ワイパーまだ動いてなかったw そしてもちろん食事もWifiもついてません。)

 

 

受付のババァ!!!

 

雄二より先にボラレたの僕でした!!

 

 

ブログランキングに参加しております。

旅も残りもあと僅か。たぶん!応援お願いします。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


ラオスにイン!


バンコク3日目 8月8日

今日は移動日。ラオスのバンビエンに行くことにした。

 

バスで16時間の場所だ。

1100バーツ(3500円)

 

バンビエンはチューブで川を下る以外は

ハッピーになるしかやることがない場所らしい。

 

無論、今の僕らにハッピーは必要ない。

むしろ胸の奥から滲み出る酸っぱいアンハッピー感を

如何に昇華させるかが当面の課題だ。

 

正直、僕はラオスにそれほど興味はないのだが

どうしても雄二に長時間バス移動をさせたいし

陸路の国境越えも体験させたかったのと

もう一つの課題を与えたくて2泊ぐらいの予定を組んだ。

 

ということで31カ国目ラオスへ!

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメール → こちらから

+++++++++++++++++++++++ +++

16時半に迎えが来るまで僕はブログを書いたり

現地の宿を探したりしていると

雄二は1人で街に出かけた。

 

なんだか慣れてきたようで嬉しい。

 

ちなみに雄二の英語能力は中1並だ。

 

宿に書いてあった

 

Laundry

1kg 40B

 

Ironing Service 

Tshirts 10B

Pants  20B

etc

 

を見て僕が早とちりして

 

「あ、1kgもないからシャツだけ10バーツで洗濯だそ!」

 

というと、

 

「これはアイロンが10バーツという意味じゃない?」

 

とか細かいところに気がつくくせに

受付にある

 

Single(1Person) 150B

 

を見て、

 

「これどういう意味?」

 

とズッコケそうになることを聞いてきたりする。

 

そんな彼が日に日に海外に慣れていく姿は

なんとも見ていて嬉しい。

ってレベル低い話かもしれないけど。

 

16時半に宿にオバちゃんが迎えが来ると

大通りの大型バスが来る場所に連れて行かれる。

 

「他の旅行者を迎えに行くから、ここで私が

来るまで待っていて」

 

と言われるもオバちゃんが中々戻ってこない。

 

僕は本を読みながら待つが雄二は気がきではないようで

 

「やばくね?もう20分経ってるよ?

騙されたのかな?バス行っちゃったとか」

 

などソワソワして何度も聞いてくる。

 

「大丈夫だって。来るから。」

 

と旅慣れた雰囲気を醸し出す僕。

 

が、それから更に15分後!やっと

おばちゃんが他の白人旅行者を連れてきて

僕らに伝える。

 

 

「あと1分でバスが来るから、待っててね」

 

 

「な?大丈夫だよ。こんなん普通。気長に行こうぜ」

 

雄二をなだめる。

 

そして、そこから約30分!

バスが来ない(笑)

 

すでに10分前から雄二は我慢できないようで

ソワソワしている。

 

 

そして僕の方といえば28分前から

めっちゃイライラしている!!

 

 

だ、だめだ、、、言ったろ!

 

でも落ち着いて言うんだ!

怒ったらダメ。冷静にクレームをつけよう。

何なら文句じゃない。質問だ。

 

 

「おばちゃん。バスまだかな?!

もし長く待つようならご飯食べたり

お菓子買いに行ったりしたいんだけど。」

 

 

「ちょっと待って!すぐ来るから!

そこにでも座ってて」

 

 

と歩道にある段差を指さした。

 

ふぅーーー。深呼吸をする。

 

 

そして、そこから更に20分!!

 

 

「おばちゃーん、バスまだー?もう

結構待ってるんだけど。」

 

 

「私にどうしろっていうのよ?

もうすぐ来るんだからそこで待ってて!」

 

 

こらぁぁあーーー!!

こっちが低姿勢で聞いてんのに

何でそんな態度が取れる?!

 

2回紳士的に聞いたぞ!!

俺が旅人で暇そうだからって舐めてるのか?!

 

言ったる!

 

「だったら最初から1分とか言うなや!

さっきから携帯で連絡取ってるのはお友達か?

違うだろうが!?段取りが悪すぎる!!

人を待って30分!バスを待って1時間!

最初から集合時間を5時半にすれば良かったじゃないか!」

 

 

まくし立ててると

 

「この人に何を言っても無駄よ。

待ちましょう。」

 

と、大人な対応で若い白人に静止される。

短気で大人気なく旅慣れてない姿を

後輩に晒すだけの結果を導く僕。

 

の10分後。バス到着!

 

雄二には日本から来る時点で

注意しておいた。

 

「熱帯地域だからって舐めるなよ!

バスの中はすげぇ冷えるから

あたたかい上着用意しておいで。」

 

雄二はそれをちゃんと覚えていて

カーディガンを用意していた。

 

僕は、バッグからユニクロのダウンと

寝袋を引っ張りだしバスに乗り込んだ。

 

うん!

 

なかなかショボし!

リクライニング浅し!

 

クーラーの効き悪し!(笑)

 

 

雄二:

「そんな寒くないね?」

 

かつお:

「いやいや、こっから冷えが厳しいんだって」

 

ダウンを着こむツウなオレ。

 

 

1時間後まじで汗だく(笑)

 

 

そしてリクライニングのヘボさから

相変わらず全然寝れず(僕バスや機内で寝れないタイプ)

キツイなぁと横を見てると

グーグースリーピング雄二!

 

 

お前旅人のセンスあるな!(笑)

 

 

窓に目をやれば大粒の雨が

バチバチとぶつかっていて

外界が見えない。

 

フロントガラスに目をやる。

雨が激しく、やっぱり前方が見えず

前の車のライトがぼんやり見えるだけ。

 

ってあれ?!なんかおかしい!

ワイパー動いてねぇ!!!!

 

なんで!?!あぶなくない?!

 

のところで横のガソリンスタンドへ停車。

ドライバーが運転席横のボックスを開けだして

なんかごちゃごちゃやってる。

 

雄二が親切にライトを照らす!

(僕が指示した100円ショップのライト)

1雄二ライトで照らす

 

うん!間違いない!ヒューズが飛んでる!

 

 

ヒューズ交換完了!ドライバー乗り込む!

ワイパー動かすスイッチオン!

うん!動かない!(笑)

 

外に降りて、手動でワイパーを動かそうとしてる(笑)

が、やっぱり動かない!

タオルを持ち出して窓を拭くドライバー!

その行動が大雨の降っている現時点で

どんな意味があるのか疑問が残ったまま乗車&発車!

事故らないかとっても不安であるゆえ

僕はヒヤヒヤ

雄二はスヤスヤしながら

ラオスの国境へ到着!!

向こう岸がラオス

向こう岸がラオス

 

 

「結構寝れたー!」なんて言って雄二も

無事にラオスにイン!

 

そのままラオス側でバスを乗り換え

4時間かけてバンビエン到着!

 

なんだかんだでバンコクのホテルを出てから

21時間かかりましたー。

 

ラオス バンビエンの宿

ラオス バンビエンの宿

なんもない!

 

村を散策するも雨が激しく

どうやらここ数日、

川下りなどの川あそび系は全て

中止になっているらしい。。

 

来た意味なし!!そして今も大雨だから

明日も厳しいかもしれないとのこと!

天気予報ぐらい見てから来ればよかった!

オバちゃんより段取りの悪いオレ!

ごめん、雄二(笑)

 

 

結局終日宿でダラダラ飲んだり

雄二は彼女にメールをしたり、

二日前のブログのコメントを見て凹んだり。

(ラオス到着日は8月9日のブログの日)

 

そんな日の夜も深くなった頃、僕がネットしていると

アニキ!からチャットが入った。

 

 

「かつお、いる?」

 

「はい!」

 

「かつお、いくらなんでも今日のブログ酷い。(8月9日の)

かつおの事分かっている僕でさえ気分良くなかったし。

っていうか、

まず!最もやってしまった手紙のくだりを

置いておいても、雄二くん全然甘いなって。

 

しかも、

かつお、怒らない、とか言っておいて

なんかコメントでもまた怒り口調で

返信したりしてるし。

お前の友達思いの気持ちも分からないでもないけど

活字だけじゃ読んでる人に全ては伝わないんだからって

何度も言ってるのに・・・。」

 

「いやーーすみません。。」

 

「で、ところでさ、ダメなの?」

 

「え?何がですか?」

 

 

空気の澄んだラオスに降り注ぐ雨は

都会のそれよりも勢いが強いのか、

それとも街灯もままならない静かなラオスの夜が

引き立たせているのか?

雨は激しく地面を叩き、聞いたこともないような

音を立て、僕を不安にさせた。

 

アニキからのメッセージがポップアップした。

 

やっぱり雨のせいじゃない。

この男のメッセージで僕は胸騒ぎがしていたんだ。

 

続きは明日。

 

今日はブログアップ遅れてすみません!

移動でちょっとハプニングがありまして!遅れました!

 

ブログランキングに参加しております。

読んだよーの証にクリックお願いします!

旅もラストスパート!

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村