アニキ!からの説教(和解?!)


8月5日 マレーシア3日目

昨晩は色んなことを考えていたら

一睡もすることが出来なかった。

 

朝7時頃、明るくなってからオヤジがいる

コンドミニアムの敷地内を歩いてみる。

 

改めて見ると日本では考えられないような

素晴らしい施設である。

これは別にオヤジの住まいが高級住宅街だからではない。

現地人も普通に住んでいる普通のコンドである。

 

親父の部屋からみた眺め

親父の部屋からみた眺め

24時間セキュリティの他、

大きなプール、子供が遊べる公園2つに、

ジム、テニスコート、バスケットコート、

更には、スカッシュコート、

売店、レストラン付BARが敷地内にある。

 

これで家賃は10万いかない。

 

食費も安いしガソリン代も安い。

 

贅沢しなければ(住まいが十分贅沢だが)

毎月の生活費は15万で足りるだろう。

 

オヤジは仕事の拠点を日本に置きながら

今はマレーシアを中心にアジアのあちこちを

LCCで飛び回りながら見て歩いて新しい商売や

チャンスを探し続けている。

それが60代の夢だったらしい。

 

昔というか、つい最近まで僕は親父のことが

嫌いではなかったが、ウザいと思う対象で、

会う度にイライラしていたし、

ガサツさとか、強引さとか、自分勝手さに

ウンザリしていたし、

親父のことを羨ましいと思うことなど

1度も無かった。

 

が、なんだろか?コレも旅効果か?

いや、昨日アニキ!に怒られた効果なんだけど

(これは後ほど)

 

今回まじで初めて、

 

親父のことを心から尊敬できたし、

好きなように生きていて羨ましいと思ったし

「成功者だな」と思った。

 

人間なんて、死ぬ寸前まで「成功者」との

定義は出来ないのかもしれないが

少なくとも、現状、うちのオヤジは、

誰からも非をうけず(多分)、人にも迷惑を掛けず(これも多分)

毎日大好きなことをしてイキイキとしているので(これは本当)

 

見ていて正々堂々と自分の好きように

人生をエンジョイしているという点においては成功している

と言えるのではないか?

 

 

さて、実は、今、相当に凹んでいる。

今回の旅で一番凹んでいる。もう自分が嫌で仕方がない。

だから寝れなかったのだ。

 

今日はそんな日記です。

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメール → こちらから

+++++++++++++++++++++++ +++

ちょっとした業務連絡があり、久々にアニキ!から

メッセージが入っていた。

僕の読者なら お気づきかもしれないが、

最近、殆どアニキ!はブログに出てきておらず、

実際お互いに殆ど連絡を取り合っていなかった。

たまーに激励というかお叱りのメッセージをもらっていたのだが、

僕のネットの状況や旅が忙しく返信もままならず

気がつけば旅も終盤へ。。

 

なんか僕も怒られる事にビビってアニキ!に連絡出来なかったのだ。

ヨーロッパ前に僕がアニキの信用を失い、

「もうお前勝手にしな」宣言を受けて

じゃあ、僕も自分でやってやるぜ!的に

ここ一ヶ月半はメッセージほぼゼロ。

 

喧嘩ではないが、

言ってしまえば、一方的に呆れられた的な感じだ。

まぁチャットしてみると、

アニキ!からしてみたら、驚くほど

こうなることは全てお見通し状態だったようで、

ほらね?

という話で片付くので改めて彼の偉大さに気がつくのだが。

 

実は昨晩、かなり凹んだことがあり、

まぁ、都合よくアニキから業務報告的な

メッセージもあったものだから

久々に返信がてら相談のメールを出すことにした

(って僕、自分勝手だな!)

 

するとアニキ!から返信。

 

「かつおさ、どっかで自分が尊敬してない人や

好きな人以外のこと見下してない?

途上国の人とか、おみやげ物屋の人とか

しつこい客引きとかは当然文章読んでれば分かるけど、

お前日本にいるときから、そういうとこあったよ。

 

 

めちゃめちゃドキっとした。

 

 

「そう思うのは良くないと分かっているのですが

僕にそういう面があることは否定出来ないです」

 

「カツオもさ、『人からよく馬鹿にされるんです』って

昔からよく言ってたじゃん。

でもさ、

まぁ、人間て少なからず誰しもそういう人をバカにする所って

あるとは思うんだよね。

人を見下したり、こいつバカだなって思うこと。

でも、バカにされてる人ってその瞬間

絶対気がついてるよ。

おれもあるもん、あ、おれ今バカだと思われてるなって瞬間。

でもね、本当のバカって、まぁ、そういないから。

9割以上の人が、相手にバカって思われた瞬間、

気付いているし、そして傷ついているよね。

おれも、自分が何度かそうされてきて分かったからさ。」

 

正直、自分でも分かっていた。

 

心を洗濯するこの旅中ですら、何度も、

しつこい客引き、ボッてこようとする人達だけでなく、

わけ分からんものを売ってる人を

しょーもな!と思って馬鹿にしてきた。。

 

それだけじゃなく、嫉妬やその職業への先入観で

人を判断して決めつけるコトもあった。

例えば、一見チャラそうな仕事をしている人を

バカにしたり、カッコ悪いと思ったり。

 

もう書いてて、自分のしょーもなさに吐き気がする。

 

もう本当に涙が出てくる。

 

なんでこうも俺は偉そうなのか??

 

自分がやられて嫌なことを人にする最低な奴なのだ。

 

アニキに言われる。

 

「かつおさ、世界をこれだけ周って、色んな経験して、

更には革命児にも会って、なんで謙虚になれないのかな?

おれは不思議でしょうがない。

人には厳しいのに自分にはめっちゃ甘いしで。

嫉妬もすごいでしょ?

これはきっと、自分に自信がないからなんじゃない?

かつおはさ、

なんでも中途半端に終わらせてしまうことが多すぎるよな。

まずはストイックになって何でも最後までやりきろうぜ。

形になるまでガンバル!

例えば、カツオが6年くらい前に開発したあの歯磨き粉あるでしょ?

あの斬新なやつ!

おれが付き合いで何ダースも買ったやつ!(笑)

でも、まじであれ、ちゃんとしっかりやってれば、今頃大ヒット商品だよ。

あー、もったいな。

Mr.中途半端。

もうさ、

旅じゃカツオは、変われないかもしれないけど、

だけど、せめて一つ、

謙虚さだけは覚えて帰ってくるってどう?

この1つだけでいいから。

それだけでも、かつおが旅に出た意味、出てくると思うな。」

 

 

多分、アニキ!が僕に言う謙虚とは、

「自分、たいしたことないっす!」

という意味じゃなくて、どちらかというと、

「自分のダメさ、ショボさをしっかり認識しろ」

という意味です。

 

自分が出来てないくせに、

何を偉そうに人を判断したり、怒ったりしてんの?

なんで人を思いやることが出来ないの?って話しなのだ。

 

それなのに僕ときたら、

しょぼい世界一周をしているだけなのに

行く先々で、人を判断し、怒り、見下し、

偉そうにブログに書いているのだ。

しかもそのブログも1位を目指すと言いながら

結局3位に居座り続け、ダラダラと更新している状態。

なんなら4位に転落間近。

 

 

もう生粋のクズ。

口だけのダメ人間。

 

 

そんな事を考えていたら本当に寝れなくなった。

 

「自分がちゃんとストイックに頑張っていけば、

自分に自信もつくし、

その大変さから人のこともちゃんと理解できる。

見栄とか虚勢なんかはらなくても自ずと周りに人も集まってくるよ。

それ、きっと一生付き合っていける本当の仲間だよ。

まずは自分が頑張らないと何も始まらんでしょ。」

 

と。

 

 

そんなメッセージが次々に流れてくる

夜中の3時。

 

僕は返す言葉がない。。

 

「まぁいいや、俺まだ仕事するから!

じゃーね~!

謙虚ね!謙虚!

ストイックさは日本に帰ってきたら

一緒に鍛えていこう!」

 

そう残してアニキ!はオフラインになった。

 

めっちゃめちゃ凹んだけど最後は

救いの言葉を掛けてくれる。

それがアニキ!

 

よく考えてみると、この

「旅流しの刑」というのも

かんなりすごい企画である(笑)

 

アニキ!が単に世界一周をして良かったから

僕に薦めているわけではないだろう。

 

いつも僕のダメさを見てきて、

本当に僕が変わって成長するには

旅しか無いと思い、僕を出したのだろう。

 

今更だが思い返すとアニキ!のこの旅に対する

献身ときたら、それは熱いものだった。

どんな時差があるときでも僕から連絡くるまで

毎日朝方まで待っててくれたり。。。

 

それなのにこのダメっぷり。

 

よく、

「ホントに俺の気持ちが伝わらず泣ける」

 

と言ってるが、あれは本音だろう(笑)

 

とにかく昨晩言われた

 

「謙虚、怒らない、ストイック」

 

これを胸に刻み、残りの旅を進めて

少しでも進化して帰国したい。

 

クアラルンプールを出て11時間(8時間予定)

極寒のバスを耐えタイの国境沿いの街

ハジャイに到着  (60リンギ≒1900円)

マレーシアバス

はじゃい行き

そこからバンコク行きのバスを探すと

ちょうど30分後に1290バーツ≒4000円

1時間後に880バーツ≒2800円

がある。違いはバスの快適さだ。

両方等も13時間掛かるとのこと。

もちろんストイックな僕は880バーツを選ぶ。

 

結局クアラルンプールからバンコクまでは

24時間以上かかって4700円である。

 

ハッキリ言って寝てないしクタクタだったが

生まれ変わった僕は文句など無い。

23時にバンコクにやっと到着!

 

バスを降りるとタクシーの客引きが僕の腕をつかみ

どこに行くかと聞いてくる。

既に待合せに遅刻している。仕方ないタクシーで行こうと

行き先を告げ値段を聞く。

 

「カオサン・ロード。ハウマッチ?」

 

目つきの悪いドライバーは僕に言った。

 

 

「500バーツ(≒1500円)」

 

 

即答する

 

 

「あぁぁ?てめぇナメてんのか、こら!!

ハッジャイからバンコクまで14時間で

880バーツだぞ!バカにすんじゃねぇ!」

 

 

そっこーで激怒しちゃうオレ!!

 

 

むずいな!怒らないの!!(笑)

 

先ほど胸に刻んだ

「謙虚・怒らない・ストイック」

の“アニキイズム” いづこへ!?

 

ソッコーで反省!!

 

「ソーリーソーリー!!

バスで行くわ!!」

 

笑顔で謝る!

 

(ちなみにメータータクシーだと

バスターミナルからカオサンロードまで140バーツ)

 

僕は7バーツでボロいバスに乗って

カオサンロードに向かった。

カオサン行き

そう、あいつと旅をするために。

 

つか、あいつ無事についてるかな?(笑)

 

素敵に生きるアニキイズム

「謙虚・怒らない・ストイック」

いいね!のクリックお願いシマス。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


マッサージと旅


8月4日 マレーシア

時差ボケで夜の2時に寝て朝の4時に起きてしまう始末。

部屋で悶々とながらも何とか寝ようとat6時半。

 

ドアがガチャっと開いて

 

 

「山登り行くぞ!これに着替えろ」

 

 

とマイファーザー参上!!

 

まじか!!

 

今日ゆっくりしたかったのに!!

 

てか、この家で「ゆっくり」なんて出来ない!

 

超強引男、それがススムくんakaマイ親父!

 

というわけで、マレーシア二日目!

 

メインバンク様の指示のもと、朝から汗かいて頑張ります!

今日の日記!つか、近場の日本人宿に泊まりたいっす(笑)

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++ +++

起きて3分後、そっこーで着替えさせられて

気がついたら山登りへ向かっていた。

頭がボーーーーっとしておりますよ。

山登りへ

登山入り口。朝早いというのに結構人が多い。

ちなみに、こちらの登山は頂上に登って達成!というより

日本のハイキングです。熱帯雨林の小山を登っていくので

景色とかないっす(笑) 木と猿ばかりっす。

山登り

 

そこそこ傾斜や階段もあるが

ワイナピチュ、フィッツ・ロイ、テーブルマウンテンと

登ってきた僕からしたら余裕なハイキングコース。

 

だけど気温は30度近く蒸し熱いし、景色もないし、

このハイキング、なかなかの苦痛さ(笑)

山登りの仲

 

往復1時間半程度の軽い散歩でも汗はびっしょり。

お腹が空いたということで、

僕はサッパリ南国のフルーツでも!と思っていたのだが、

親父のチョイスは、朝からインドカレー。

出資者の言うことを聞かざるおえない。

カレー

ちなみにマレーシアの民族構成はマレー人が65% 中華系25% インド系8%

残りがミャンマーとかインドネシアなど他の国の人達で

色んな民族がミックスしている多民族国家です。

街のレストランは中華かインド料理も多く、ご飯は普通に美味しい。

 

家に戻り、バンコクで6日に待合せがあるのでチケットを探す。

も、18000円と高い!!どこいったエアアジア!!??

どうやらマレーシア発のLCCAirAsiaは結構前に取ると安いらしいのだが

事前だと普通に高い!!

 

旅人ルートで聞くとどうやらマレー鉄道というのがあるらしい!

ペナン〜バンコクまで合計3000円くらいと安い!

1500キロ鉄道の旅か!所要時間を確認!

 

2日くらいかかる(笑)

 

それじゃ完全待合せに間に合わない!

そしてチケットも売り切れてるし!

 

するとどうやら調べていくと、

クアラルンプールからタイのHAT YAI(ハジャイ)

という街までバスが出ていて、そこまで行くと

バンコクまでのバスが沢山出ているらしい。

時間も合計で24時間。

値段もやはり3〜4000円ぐらいっぽい。

乗り換え1回バスの旅。

 

うーーーむ。。。

 

18000円で所要2時間でバンコクまで飛ぶか、

かたや4000円で24時間のバス移動か。

 

時差ボケだし、疲れてるし、

バンコク着いてからも移動あるし、

 

これ、まじで5ヶ月前なら迷わず

1億パーセント飛んでたのにな!

 

が、今は僕も旅人の端くれ。

当時とは経験値も口座残高も完全に違う。

 

 

 

バスにするしかない!

 

 

親父にバスターミナルまで連れていってもらい、

ついでに、お金ももらい(いい歳してすみません)、

翌日5日夜22時半のバスチケットを取る。

待合せの6日の23時バンコクまで間に合うかな。

 

その後は、中華街でランチ。

チャイナタウン

 

親父オススメのヌードル屋さん。

8リンギ(260円ぐらい)

中華ご飯

 

食事中、長旅と早朝ハイキングの疲れを訴えると、

マッサージに連れて行ってもらうことに!

イエイっ!!

 

とあるビルの2階に到着する。

マッサージ屋が10店舗ぐらいある。

 

看板は普通の地味な色だが、

店前にいるのは派手なおねーちゃん

いやらしい視線で客引きをしている。

 

あ、これ怪しくねぇかぁ?

と思っていると、1つの店に親父が入っていく。

 

マッサージ

 

足マッサージ40分+全身マッサージ60分で

70リンギ(≒2400円)

 

 

親父と隣同士に座りフットマッサージが

早速開始されると親父が口を開く。

 

「かつお、さっき見ての通り

ここらへんのマッサージは若い子が

一生懸命呼び込みをしてるだろ?

競争が激しいんだよ。」

 

 

「ね。あの若い子たちが

マッサージしたりするの?」

 

 

「そうだ。そして最後に50リンギ追加で

スペシャルマッサージをオファーしてくるんだが、

ハズレを引くとマッサージは下手なくせに

スペシャルばっかり薦めてくるんだよ。

だがな、ここは

 

 

スペシャルマッサージないぞ!」

 

 

 

僕の目を捉えて言う親父に向かって僕は言う。

 

「分かってるよ、、、

 

 

だって俺の担当男だからね!! 」

まっさーじ男

 

てか、親父の隣でスペシャルマッサージされても嫌だしね(笑)

 

 

ちなみに、マレーシアのマッサージは

最後に追加料金で性的サービスを

オファーしてくるところがかなり多いそうです。

 

親父に聞く

 

「スペシャルサービスって何しくれるんの?

H?それともオーラルS★X?(オーラルS★Xてw)」

 

「いや、手でサービスしてくれるんだよ」

 

 

「それで50リンギ?(1600円)たけーな!!」

 

 

「高いか?1時間のマッサージなら50リンギ足しても

3000円ぐらいだぞ。日本より安いだろ!?

でもな、まぁ下手な奴にあたるとそればっかりだし、、

だからもう僕は一切やらないことにしたんだ!

こういう真面目な店が結局マッサージも上手いし良いよ。

 

 

結構やったことあるな。

つか、詳しかった(笑)

 

夜は中華系マレーシア人と日本人と韓国人でお食事会。

食事会

 

 

 

旅の定義ってなんだろ?

ずっと疑問だった。

そんな時、友人から一通のメールが来た。

 

観光=旅行

 

現地の人の生活を垣間見る(現地人が行くお店や

交通機関を使うレベルですが。)=旅

 

たしかに分かりやすい。

そんな難しいことじゃないんだよね。

 

僕はなんか哲学的な側面が必要と思って

堅く考えてしまうんだけど、

そんなことなくて、旅って現地の人と同じ歩調で街を

周って自分の中で消化することなのかも。

 

旅人は旅行と旅を絶えず繰り返しているんだよね。

 

ラストスパートの僕もメリハリをつけていきたい。

 

明日の夜にはバンコクへ向けて

現地の人と一緒にバス移動をするんだ。

 

そんなことを、マレーシア人に言うと

 

 

 

皆、一斉に驚く(笑)

 

 

「いまどき皆バンコクまでバスでなんていかないよ!。

普通、飛行機だって!!それキツイって!」

 

た、旅ってなんだろ?(笑)

 

ブログランキングに参加しております!

明日は終日移動!バスに乗ってる人を交流できるよう

頑張ります!!んじゃ、いってきまーす!!

いってらっしゃーい、のクリックお願いシマス!

PS タイ、ラオス、カンボジアあたりにいる人、あそびましょー。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


あの男あらわる!


ンドン最終日!大雨(笑)

 

朝、ヒースロー空港へと向かうための駅まで

タカが送ってくれる。

空港まで行くエクスプレス(20ポンド≒3千円!)

を教えてもらうが、ソッコー却下で

タカと握手して5.5ポンドで空港まで行く地下鉄に潜り込む。

 

ヨーロッパ、最高でした。

超いい思い出が出来ました。

ありがとうございます!!!

 

そろそろお散歩も終わり。

 

旅に流されたばかりの南米の時は

手探り、スカイスキャナー探りの飛行機旅だった。

 

それからアフリカ大陸。

マジ切れのエブリデー by 陸路旅。

 

それから中東に入って中だるみしまくり

ヨーロッパは素敵なお散歩をした。

イビザ島へは悲しい事があったらすぐ飛ぶことにした。

お腹が空いたらロンドンに行くことにした。

 

そして、いよいよ僕は最終目的地であるインドを

目指すのだ。

 

ヨーロッパも終盤の時、実はアニキ!から

久しぶりにメールを頂いた。

 

「かつお、おまえ、いつまで散歩してんだよ?

本当にそれでいいと思ってやってんの??

俺や、前まで応援してくれてた人達を見返す根性ないの?

とりあえず、ちゃんと見てっから。

決して、楽な道選ぶんじゃねーぞ。

それやったら日本にいた頃のかつおと変わらんからな。

一回失った信用は取り戻すの大変だからな!

ってか、

二度と取り戻せないと言っても過言じゃないんだからな!」

 

 

よぉーーーし!!やってやろうじゃねぇかよ!!

 

 

待ってろや!!インド!!!

 

 

が、何となく、ヨーロッパからインドって・・・

まだ心の準備が、、(根性なし!笑)

 

というわけで僕は取り急ぎ8月2日のマレーシア行きの

チケットを購入する。

つまり、

 

 

 

まさかのインドスルー!!!

 

 

 

と思った方々、

行きますよ!

ちゃんと行きますよ!

でもちょっとお待ちください。

僕も大人の事情がありまして、、

 

まずはマレーシアへ!!

 

マレーシアには、この旅で重要な

彼が、彼が、現在いるのです!!

 

まずは彼に会わなくては行けないのです。。

 

たるんだ旅感を戻す。

最後はちゃんと旅をするんだ。

俺は立派な旅人になるんだぁ!!

な、なれるかなぁーー?!(聞かれても困るだろうけど!)

 

では今日の日記行きます!

 

ブログランキングに参加しております。

アジアに入りました!旅再開します!!

アニキ!新バナーお願いします!

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++ +++

 

ロンドンーサウジアラビアークアラルンプール

所要時間32時間(サウジアラビアで18時間待ち)

のチケットを620ドルでスカイスキャナーで見つけた。

 

それ以外は900ドル(時間16時間程度)だ。

 

もちろん620ドルのチケットを取得すると

どうやらサウジアラビアはハードコアな

イスラム国家&ビザ必要国家で長い乗換え時間だと、

トランジットビザが必要かもしれないとのことで、

一回決済が降りずキャンセルになってしまった。

 

しかも前日に!

 

(ちなみに後日、航空会社に確認したところ

ビザ無しでも大丈夫だとのことです。

ただ、これは航空会社確認で大使館確認ではありません)

 

キャンセルで焦っていたが、momondo.com で

同じサウジ経由のもので乗り換え2時間の合計20時間で

クアラルンプールまで行くチケットを420ポンドで発見する!

 

速攻で購入!

 

というわけで

 

29カ国目 マレーシアに8月3日到着!!

 

時差も1時間で日本をめっちゃ感じる!!

旅してるどころか、なんだかソワソワしちゃう!!

 

 

やっぱり帰りてーー!!(笑)

 

インド行くの厳しいっす!! 

 

 

そもそもマレーシア何回も来た事あるし。

 

というのも、ここにはあの男がよくいるのだ。。

 

強烈な男。

自分勝手で超強引。

落ち着きの無さは僕の100倍。

抱いた女の数は1000人以上とうそぶく男。

豪快かつ繊細。

金の計算能力ハンパなし。

 

 

そう、、、

 

 

ススムくんだ!

 

 

つまり、ススムくんこと

 

 

僕の親父だ!!

 

 

つい最近、僕がアジアに入るとの情報を入れたところ

8月1日からマレーシアにいるとのことで

立ち寄れというのだ。

 

正直、無視してもいいのだが、

彼には今、逆らえないのだ。

 

というのも、

 

うすうす僕の読者は感じていたかも知れないが、

 

僕のヨーロッパお散歩。

 

この前借りた資金では足らず、

追加融資を申し込んでいて、

審査通過の結果、ダブル・トリプルと

僕の負債は嵩んでいるのだ。

 

つまりススム君は現在、

 

 

僕のメインバンク。

 

 

ここで逆らえば貸し剥がしに合うとも限らない。

 

ご挨拶とお礼と返済計画を話にマレーシアに飛んだのだ。

 

オヤジの家に到着すると、早速、

 

「じゃあ洗濯物を全部出しなさい。

そして髪を切りに行こう」

 

汚らしい僕をみかねたのか?

ここでサッパリしていけ。とのこと。

 

まぁ僕もアジアで切ろうと思ってたしね!!

別にいいんだけど!!

髪爆発

後ろで見守る親父(笑)

 

 

南米、アフリカ、中東で何度も失敗してきた僕。

が僕なりに予想はついていた。

やはり民族が違うと、頭の形が違うので

上手くカット出来ないのではないか?と。

 

幸いマレーシアは 中華系。さらに親日。

街には日本食レストランが溢れ、

日本の分化が染み付いている。

あ・うんの呼吸である。

 

どんな髪型にすれば良いか分かっているだろう。

 

僕は、さっぱりソフトモヒカンをオーダーした。

 

 

すると、床屋のオサレな若者が言う。

 

 

 

「君は頭がデカイからそれは似合わない。」

 

 

 

 

どこいった?日本の文化!

遠回しな表現!!

 

 

「俺がカッコよくしてやる」

 

そう言うと勢い良くバリカンを僕の後頭部にあてていった。

 

15分後

 

 

 

 

 

勝雄くり

 

 

 

 栗か?

 

 

栗

似てね?

 

 

 

栗のコピー

 

だから、嫌なんだよ!!

海外の床屋!!

(じゃあ、いくなよ!!)

 

ってか、5ヶ月でこんだけ海外の床屋に行ってる旅人、他にいないよね。

 

 

1日でも早く髪が伸びることを祈りながら

ご飯を食べて、飲みに行く。

 

親父は

 

「それで旅はどうだ?金は足りてるのか?

もう無いだろ?」

 

なんて聞きながら、焼き鳥をつまみだした。

オヤジ焼き鳥

 

僕は答える。

 

「どうもこうも、まぁまぁ楽しんでるよ。

そーだね、、金は無いねー。。

株価が良い感じに戻ってきてるから、

適当な所で返すからちょっと待ってもらっていい?」

 

「まぁ株は今後どうなるか分からんからなぁー。

中国の不安要素もあるし。一回決済してもいいかもよ。」

 

 

「じゃあ、今週様子見て、やるわ。」

 

 

「で、どうだ、女の方は?

やはり、泊まった先々でやるものなのか?」

(これマジですから)

 

 

「いや、やらないっしょ!(笑)

 

 

「そうなのか?昔、日本には江戸時代とかに旅人が泊まる

旅籠(はたご)というのがあってな。そこでは旅人が

そこにいる女達をあてがってもらってたんだけどなぁー。

たまに主人の奥さんが出てきたりしたらしいぞ。

実は、日本というのはフリーセッ*ス、乱交が娯楽の一部として

成り立っていたんだぞ!知らないのか?!!」

 

 

「知らんわ!(笑)俺が泊まった宿では

そういう場所1つも無かったわ!」

 

 

そこから始まる親父のち*こトーク。

 

どこへいった?俺の世界一周の旅トーク。

 

さすが、ススム国の王様。

話題を振っておいて、

終始、彼独自の理論を展開。

 

ここに書いたら炎上間違いなし。

女性が読んだら、苦情コメントの嵐、

批判メールの雨あられ。

 

怖くて書けないが、

 

帰り際、家に戻るエレベーター前で彼の放った言葉だけを

書きたい。

ちなみに、僕は親父と3歳の時から一緒に住んでいませんし、

彼のような生き方はしておりませんので、悪しからず!!

 

 

「かつお、男というのはな、、

ココと、ココを使ってこそ成功するんだ!」

 

と言い放ち、バンっバンっと

 

 

チ◯コと胸を強く叩いていました!

 

 

 

全く意味がわかりませんでした!!

 

 

因みに、「どういう意味?」と聞いたら、

 

 

「チ*コと太っ腹って意味だよ!!」

 

 

 

そしたら叩くとこ、

胸じゃねーじゃん!!

 

 

やっぱり意味がわかりませんでした。

いや、なんとなく分かるか?

いや分からんな。

 

カツオの親父きょうれつーーー。という方クリックお願いします。

ブログランキング、僕を男にして下さい!

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村