歩く速度を変えてみる


9月1日、2日 カトマンズから香港へ

 

やばし、全然日記が追いつかない!!(笑)

この日記を書いているのが9月5日!しかも夜!

このままでは帰国してからもまだ旅のことを

書き続けないといけない羽目になる!

それだけはマジで避けたい!

今日こそは絶対追いついてみせるっ。

 

では今日の日記、もう本当にただの日記ですが、、

何卒応援宜しくお願いします!

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

++++++++++++++++++++++++++++++++

カトマンズ二日目。

カトマンズに入る前、読者のホーリー君(日本人)から

「hajimemasite. nepa-ru de tabiwositeiru ho-rin to iimasu. nihonjin desu,

itumo katuo san no burogu tanosiku yomasete itadaiteorimasuu.(まだ続く)」

 

という大変読みづらいメールを頂いていた(笑)

 

ひらがなにすると、つまり「会えませんか?」とのことで、

もちろん是非お会いしましょう!と返答。

夕方一緒に御飯を食べることになった。

 

というか、彼らはなぜ僕なんかに

会いたがってくれのだろうか?!

 

本当に恐縮といいますか。

 

僕は全然良いのですが、お会いして、

大変ガッカリさせているんじゃないかと思い

こちらが申し訳なく思っております。

でも、実際どーなんですかね?(笑)

お会いしていただいた皆さんてどう思ってるんだろ。

 

時間無駄にした とか思われてたら嫌だな(笑)

 

因みにお会いしてよく言われることが

 

「あ、なんか想像と違う」

 

ですね。

 

もっとヤバそうな人だと思いました。

もっとキレてる人なのかと思いました。

 

とか言われます。

 

「案外フツーですね」的な(笑)

 

僕そんなイカれてそうでしょうか?(笑)

 

とにかくであります!

週末には帰国しますが、

僕に逢いたいと思っている方には

是非会いたいと思ってますので

お便りお待ちしておりまーす。

 

イノウエカツオ aka 来る者拒まず、去る者は追う、

ストーカー系ブロガー!なんで(笑)

 

そのしつこさハンパなし。

メールは返信が来るまで連投。

LINEは既読マークを常にチェック。

電話をかければ充電が無くなるまで鳴らしっぱなし。

mixiでは足跡を毎時間確認。

Facebookでは交友関係まで追跡調査。

 

なんてことはしませんので(笑)

 

因みに、最近Facebookを始めたブサイク仲間(万年彼女なし)が、

Facebook経由で見知ら女子から友達申請が来たらしく、

僕のところに連絡が来た。

 

「Facebookってカンタンに彼女出来そうだね。

なんか直メールとか教えてきたし。惚れられすぎて

ストーカーにならないよう慎重に行きまーす\(^o^)/」

 

いつもは連絡よこさないくせに

ちょっと見知らぬ女にチヤホヤされてると勘違いしたらこれだ。

みんなに言いふらしたくて仕方ないらしい。

 

まぁこれもブサイクの運命(さだめ)。

話に付き合ってあげることにしました。

 

「騒ぐな、ブサイク!それ詐欺か、マルチだって。

冷静に考えれば分かるだろ!

相手を信じる前に、鏡を見て自分を疑え!

俺ってバーチャルだとモテたっけ?と。」

 

これくらいのエールで良いだろう。

 

因みに手前味噌ですが、僕の場合、

 

2次元では会いたがられて

3次元では煙たがられる男!

 

それが、カツオ!な気がします。

 

というわけで話が超脱線しました!

 

 

アニキ!にカトマンズの歩き方を聞く。

 

すると、

「とにかくカトマンズは奥が深いから!色々と歩き回って。

あと必ずブルーハーブの“路上”は聞いておくように。

めちゃその街にハマるから。

あ!!それと!言い忘れてた!

ネパールと言えば、バタースコッチ味のアイスがポピュラーで

激ウマウマだから!これは毎日食べといて!!

俺、大きいサイズ買って毎日食べてたよ!」

 

あの人、デザート(特にアイス)とネズミ語らせたら長いから、

りょーかいです!と返答して即オフラインにする。

 

ランチがてらカトマンズの町をふらつく。

 

インド人のように見知らぬ輩がついて来たり、

強引な客引きはいない。ほのぼの感がまるで違う。

地面のキレイ度が雲泥の差。

 

なんだろ、インドを出国したばかりの時は

あのウザさに寂しささえ覚えたが、

日が経つにつれやっぱり腹立たしくなってきた(笑)

ネパールに来て本当に良かった。

 

31アイスクリームを見つけたので

アニキ推薦バタースコッチを食す。

確かに美味いが大騒ぎするほどのものでもない(笑)

アニキ!輸入したい勢いだったからなー。

31アイスじゃない

ちなみに31アイスクリームのわりにアイスは12種類しかない。

必殺のニセモノか???

ぶっちゃけアイスもシャバシャバだし(笑)

 

お昼は軽めに僕の好きなMOMOを食す。60ルピー(70円)

安定の美味さ。

1momo

 

相変わらず大人たちは昼間から集まって

謎のゲームをしている。

失業も皆で遊べば怖くない!

僕も気をつけなければ。

やっぱり昼からげーむ

 

1つの通りを入っていくだけで

行き交う外国人にひたすらネタの紹介をするドラッグ売人、

小さな楽器を弾きながら物乞いをする人、

障害のある手を突き出しながらお金をくれとジェスチャーする子供、

に出くわす。

 

僕は歩くスピードを更に落としてみる。

 

すると今度は、みやげ物屋や海賊版DVD屋が

呼びこみをしてくる。

歩道に座ってる人達が笑顔を向けてくれる。

 

最近、ようやく、その街を知るには速度が大切だとわかってきた。

 

最初旅に出たころは、歩くのさえ早くしたくて

スケボーに乗っていた。

 

でも、中東あたりから気がついていた。

街にはそれぞれ歩く速度によって出会える人が違うことを。

 

歩くスピードを変化させるだけで、

街の印象は変わり、見えるものが変わり、

触れ合える人が変わる。

 

そう考えると世界一周って一回目

じゃ上手く出来ないのかもしれない。

 

たまに見かける2周目、3周目と旅を続ける人達。

 

最初、そんな人を見た時は不思議だったけど

今なら分かる。

彼らはきっと同じ国を訪れても速度を変えてる気がするな。

 

まるで音をチューニングするかのように

何度も何度も自分とその街の速度を合わせて、

その街の良さを深く理解しようとしているんだと思う。

 

 

宿に戻り、明日のフライトチケットを取る。

次の行き先は香港だ。

 

実は、香港の銀行に10年前口座を作っていて

少々お金を入れていたのです。

 

驚きです。

10年前の僕。全く何を考えていたのでしょうか?(笑)

 

声を大にして言いたい。

 

 

有難う!26歳のカツオくん!

 

 

まじで!!すっげぇえ助かる!!!

 

ほんと今よりよっぽど、しっかりしてたね(笑)

 

とにかく、36歳のカツオジさんは

26歳の僕に甘んじてそのお金をおろして

10倍にする大役を仰せつかりたいと思ってるよ!!

 

とにかく香港!久々の先進国、はっきし言って

めっちゃ楽しみであります!!

僕香港スイーツ超好きだし!ご飯も美味しいし!

カニやエビたべたい!というわけで

 

カトマンズ〜香港 16時間 29000円で購入。

 

夜は、僕と宿で知り合ったカップル、

昨日会ったヤス君、ほーりー君にその友達のエイジ君の

皆で日本食屋 ふる里でご飯。

食事会ふるさと

 ちなみに、カップルの男性の方が1月にネパールのポカラで

睡眠薬強盗に遭ったらしく、身ぐるみ剥がされた後、あやまって

ホテルの3階から中庭に転落。背骨骨折。全治4ヶ月だったそうです。

記憶が定かじゃないらしいのですが、数日滞在していたホテルで

給仕の子供が水を運んできたのでそれを飲んだら、激しい吐き気を感じ、

気がついたら病院だったそうです。

旅中の皆さんも本当に気をつけてくださいね!!!

 

9月2日 お昼の便に乗る前に、

カトマンズで一度は食べろと言われていた、日本食レストランへ。

チケットを取る前にここでご飯を食べたら沈没が確定すると噂の場所です。

1きずな

 

一番のおすすめ かつ丼。160ルピー 約200円

かつ丼

確実に、「富士そば」より美味かったです!

 

タクシーで空港に向かいムンバイ経由香港行きの飛行機に乗る。

 

こうやって外国を次々に周る世界一周も

香港についたら、次は日本行きのチケットを取得して終わりか。。

 

なんだか実感が全然沸かない。。

そもそも僕って本当に世界一周したのかな?

そんな疑問さえ湧いてくる。

なんか後ろを振り返ることが出来ない。

 

ほぼ毎日パッキングして違う宿に泊まり歩いて、、、

 

そうか、、、この半年間、僕は毎日毎日、

次の日のことをずっと考えなくてはいけなかったから

後ろを振り向く癖が直ったのかもしれない。

 

旅をしていると否応がなしに

明日はどこに行こうか?何しようか?を決める必要がある。

振り返る暇などなかったんだ。

 

日本にいた頃の僕。

ずっと過去に捕われていて、後悔して、

全然前向きになれなかった。

 

ずっと凹んでた。

 

そんな泣き言を毎日言う僕に、アニキ!は

旅に出る直前、言った。(アニキは忘れてると思うけどw)

 

「まぁ今のうち思い切り愚痴ってな。

お前、旅出たら忙しくて、そんな過去のこと

気にしてる暇ないから。

良かったな旅に出れて(笑)」

 

その時は意味不明だったけど、今ならはっきり言える。

つか、流されてる身でこんなこと書きたくないけど、、、

 

旅に出て本当に良かったです。

 

飛行機は、高層ビルを横目に34ヵ国目香港へと着陸した。

 

さぁ、最後思い切り遊ぶか!

 

明日は驚き!

香港にあった僕の口座残高、大公開!!

 

引き続き応援クリックお願いしますっ!!

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


ワンコインSEX


8月31日〜2日昼 カトマンズ

 

旅の終盤とも言えるべき街についた。

 

ネパール カトマンズ タメル地区。

 

予想とは反して欧米人が多く賑やかでお土産物屋が建ち並ぶ。

どこかバンコクのカオサン通りのような雰囲気。

(あそこまでカオスじゃないけど)

1カトマンズためる地区

ジャナクプルと違って、粉塵やら排気ガスが激しく

多くの現地人がマスクをしている。

 

が、

やはりここでもエコ精神満載なネパール。

日本のように使い捨てタイプなどでは使用せず、

 

手作りの布製だ。

 

もちろん洗濯可。何度でも使える。

 

昨今日本でもマイお箸、マイタンブラーなど流行っているようですが、

これからは風邪の季節、花粉症の時期は、

地球に優しくマイマスクも流行らせるべきでしょう。

 

(あ、ちなみに最近、『ダサいカツオから脱却する』というテーマが

あるのですが、エコに気をつけてる男はカッコいいでしょうか?)

 

インドのアーグラで声を掛けていただいたヤス君から連絡があり、

彼もたまたまカトマンズに入ってるので合流しませんか?とのお声を頂く。

僕は、ネパールについて完全に調べていないので彼の旅に乗っかることにする(笑)

Shree lal Inn(1泊300〜400ルピー)にいるらしく僕もそちらへチェックイン!

宿

なぜか僕の部屋だけ水シャワーしか出ないのだが、

身体を洗えるだけ有難いっす。

カトマンズって朝晩寒いけど。

我慢我慢。

いや、感謝感謝。

 

では今日の日記いきまーす!

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

++++++++++++++++++++++++++++++++

やす君と合流し、朝ごはんを食べに行くことに。

 

どうでもいいことですが、半年間の旅で僕は、

いわゆる日本食レストランに1回しか行ってない。

(多国籍料理屋で日本食を頼んだことはありました)

 

理由は、折角その国に来てるのだから、

やはりその国の名物をできるだけ食べたい!、

という月並みな確固たるポリシーが僕にはあるからです!

 

美味しい日本食なんていつでも帰国したら食べられるし

海外で食べる日本食、そんな美味しくないだろうし。

 

が、インドから2週間9割以上の確率でカレーな僕。

体臭もカレーらしくなってきた(これまじです。)

カレー好きの僕でも流石に飽きてきた。

 

ヤス君が言う

「カトマンズの日本食まぁまぁ美味し・・・、」

 

「じゃあ、そこで!」

 

かぶせ気味に即答しました(笑)

 

僕の確固たるポリシーの硬度、豆腐並でした。

鉛筆で言うとところの5Bぐらいでした。

 

宿近くの「おふくろの味」納豆朝食 160ルピー(200円ぐらい)

1お袋の味

 

これ食べた時の感想がですね、

 

美味しい!! 

 

じゃなくて、

 

優しいぃぃ!!!

 

でした(笑)

普通に漬物とかジャパンでしたもの。

 

腹ごしらえをして宿に戻ってブログを書いて

2時にヤス君と郊外にあるパタンへ。

 

バスのりば。パタンまで17ルピー 30分

 

1バスのりば

 

繁華街

パタン

タルバール広場(旧王宮 入場料500ルピーに値上がりしてます)

1世界遺産

ヤスくんは遺跡など好きらしく、さらにカメラも好きらしく、

上手な写真を撮っていた。僕は冷やかし程度に数枚とるも

毎度のように熱が入らない。

が、

さすが僕のブログを読んで頂いているヤス君。

 

「つ、つぎ行きますか?」

 

勘付いちゃう!!気を使わせてごめんなさい!!

 

ほんと、気にしなくていいので!僕平気だから!

(飽きたらいつも通り先に帰るだけだから(笑))

 

次、ゴールデンテンプル!入場料200ルピー?(すみません覚えてません)

1ゴールデンテンプル

白いTシャツで写真をとってるのがヤス君。

このゴールデンテンプルはすごかったです。

金閣寺には負けますが。

 

お寺は飽きたので、そこらへんにいたオジサンシリーズ。

 

線香などを置くトレイ?をめっちゃ細かく掃除するオジサン。

1掃除するオジサン

 

 

帽子がカラフル。昼間から物思いに耽るオジサン。

1しぶいオジサン

 

 

市場に沢山見かけるカバン屋のオジサン。

じゃんけんで負けて皆のカバンを持たされているのではありません!

(これ、中学の時やりませんでした?(笑))

カバン屋さん

 

 

昼間から謎のゲームで盛り上がるオジサン達。

1よくわからないゲームシリーズ

 

歩けば歩くほどネタがありそうなカトマンズ。

物価も安いし、宿の居心地もよし、日本食も美味い!とあって

完全な沈没ポイントであり、

事実、大量の沈没者を排出しているようだ(笑)

 

そんな広い街じゃない。

僕は2泊3日で出ようと期間を決める。

 

夜は、ヨルダンで出会ったシュン君から

彼もカトマンズにいるとのメッセージを頂いて一緒に御飯を食べに行く。

いやぁーーほんとブログを含めFACEBOOKで

自分の居場所をアップデートするって大切ですね!

 

こうやって旅人が違う国で少しの時間を共有して別れては、

また違う国で気軽に再会するって本当にダイナミックな感じしませんか?

 

「あ、いま同じ都市にいるんだ、飯でもいこー」

 

そんな感じですよ。

僕は旅出る前には想像付かなかったなぁーー。

 

ほんと地球って思ったより狭いんだなぁと思える瞬間です。

もう飛行機で数時間ならご近所感覚ですもの、旅人って。

 

僕、ヤス君、しゅん君の3人で9時までご飯を食べたあと、

しゅん君は明日早いので帰宿。

 

僕とヤス君は軽く飲もうかとのことで、

街をふらつく。

 

あちらこちらから声を掛けてくるプッシャー。

どうやらネパールもマリファナ産業がお盛んなようだ。

いくつかのBARに入るもどこも終わってて、微妙。

すると、一人の男が、

 

「マイフレンド、ジキジキ ジキジキ only 500ルピー」

 

というではないですか。

 

ジキジキってなんだろ?

 

ヤス君曰く、ジキジキ=S★X らしい。

 

なるほど、ジキジキ(本番)500ルピーということは、

 

 

え!?

売春600円!?

 

 

えええええ!!!!???

 

 

為替によっては、

ワンコインS★Xである!

 

 

完全にやばくないか、その価格設定!?

 

因みに何かの本で読んだが、

その国の風俗の値段をしる基準は、夕飯の20倍ぐらいという定説がある。

例えば日本だったら夕ご飯の定食で800円でいけると思います。

その20倍 16000円が風俗の値段です。で、これ当たってます。

 

ネパール、普通100ルピーぐらいだと思います。

つまり1回2000ルピーまでは値上げしていいと思うんです。

 

 

それが500ルピーて!!

 

 

別に旅中、僕からあちこちで聞きに行ったことはないが、

この値段は、間違いなく最安値に近いものであろう。

僕は思う。

 

 

見、見たい(笑)

 

レディースを見てみたい!

 

いや、マジで買いたいというわけではないです。

 

この値段設定は完全にヤバすぎる。

 

正直、どんな女の子達がいるのか見てみたい。

 

これが超ド級のヤバい人達なら僕も理解する。

 

とにかくこの目で確かめたい。

 

ヤス君に言う。

「これも社会勉強じゃない?飲むがてら

サラーーーーっと見てみようよ。」

 

彼が「はい」という前に、僕は客引きの男に着いて

店への階段を登った(笑)

 

店に入るとそこは、まるでキャバクラのような感じ。

ステージがあり、そこでダンサーが踊っている(洋服は着ている)

 

強引に僕を座らせようとする客引き。

ぺらっとメニューを見る。

ビール 500ルピー (って、これS★X一回と同じ値段だし!!)

 

「ビール、たかいよ!というか、ただ女性見たかっただけだから

何も頼まないよ!」

 

僕はそう言うと、客引きは

 

「何も頼まなくていいよ! 

どの子がいい?どの子も1時間500ルピーだ。」

 

僕は、そこにいる15人ぐらいの女の子たちを見渡した。

 

残念ながら、普通に若い子たちだった。。

 

まじか。。たった500ルピーで売春か。。

 

かなりの衝撃である。

日本を含め、先進国だろうが、途上国だろうが、

女性との性行為に値段をつける商売が存在しているのが世の中だ。

 

買う男がいるから悪いのか、売る女がいるから悪いのか?

というかそもそも悪いことなのか?

 

僕はそこの善悪は分からないが、

そういう人達を嫌う人達がいることは知っている。

 

よく、風俗や、海外で売春をする人なんて最低、とかいう人がいるが

そこに関しては、僕は全くそうは思わない。

 

とにかく、どんな理由があるにせよ、

現時点では彼女たちは、買ってもらいたいと思っている。

そうしないと困るのだ。

そして、彼女がいなかったりして、Hしたくても出来ない男がいる。

悶々として痴漢したり犯罪するよりは、お金で解決するほうが

よっぽど健全だと思う。

 

客引きがひたすらケバい女性を

次々と連れてくる。

が、僕は買わない。

タイプがいない。

いやそういう問題じゃない。

僕には好きな人いるし。

 

ヤス君に聞く。

 

「S★Xしたい?いっとけば?」

 

「い、いや、普通に飲みたいです」

 

と断られる。

 

まぁそういきなり聞かれて、

「はい、いっときまーす!」という人もいないか。

 

「そっか、じゃあ出て宿で飲もう」

 

僕らはそう言うと、席を立ち、

出口に向かった。

 

一生懸命メイクをした女性たちは

僕らをいつまでも目で追ってきた。

 

外に出ると小雨が降っていて、

汚い空気を地面に落としている。

 

カトマンズの地にはいろんな

思いが染み付いてる気がした。

 

+++

このブログを読んで、もしかしたら

冷やかしで見るだけなんて最低!と思っていたら

それは誤解であります。

ここはBARなので、お酒がちゃんとした値段なら飲もうと思ってましたー。

GOGOバー的な。

 

因みに、僕は彼女たちを値段で判断したりなどもしません。

 

 

なぜなら

 

 

僕のチンチンには

値段すら付かないんだから!!

 

 

因みに、僕が一番尊敬する動物、

サラブレッドのオスですから。

早ければ早いほど、価値が高いというね。

(僕の場合は足じゃなくてイクのが早いだけでですが(笑))

 

明日はカトマンズ最終日と次の目的地へ

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

 


最も過酷だった長距離バス


8月30日、31日 ジャナクプル〜カトマンズ

 

いきなり10時間も暇が出来てしまった僕。

まぁバスに乗れてたとしても暇なのだけど(笑)

 

アニキ!からKUWA村に行きミティラアート(ピカソ風の絵)を

買ってきて欲しいとの依頼をうけた僕は、

ジャナクプル近郊マップを貰うために早速フロントに行く。

 

因みに、絵と言っても当然それなりの大きさのキャンバスに

描かれているわけで、それをバックパックに入れるには

折ることになってしまう。それでも良いですか?と聞くと、

 

「そうだよなぁ!

うーーーん、出来れば丸めて持ってきて欲しいけど、

それでも潰れちゃうだろうしね。。

まぁ…、最悪、折り目ついてもいいや!買ってきて

 

というではないか。

ぶっちゃけ、Kuwa村に行くのが面倒なので

「じゃあ要らない」と言ってくれるのを期待したが、どうやら

 

 

よっぽど欲しいらしい(笑)

 

 

仕方なし。

大変お世話にもなってるし、お土産がてら買いに行くしかなさそうだ。

 

アニキからの言われたとおりホテルの受付で地図をもらう。

kuwaまでの道

 

噂通り、これ以上ないくらいの手書き風のマップだ(笑)

というか、ほとんど目印もないし、

道に迷う自信がありまくる!

 

時間もロスしたくないのでリキシャ(自転車タクシー)を拾う。

Kuwa村まで100ルピー

1kuwaまで

 

巨体の僕を乗せたリキシャはゆっくりと

ジャナクプルの郊外に進んでいった。

 

では今日の日記行きます!

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

++++++++++++++++++++++++++++++++

20分ぐらいでKUWA村に着く。

ちなみにアニキ!の言っていたピカソ風の絵は

昨日のコメントにも有りましたが

ミティラーアートといって、3000年も前から

この村に住む女性が家の壁や床に

お祈りのためや、行事の祝い用に描いていたもので、

現代にまで受け継がれている絵です。

 

今ではその芸術性が評価され、次第にキャンパスにも描くようになって

販売されるようになりました。

 

Kuwa村入口

1kuwa入り口

ここの門をくぐり、さらに1キロぐらい進んでいくと

女性開発センターという場所があり、そこにミティラーアートの作品や

写真立て、マグカップが販売されています。

 

昨日歩いた村よりも少しはアスファルトがありますが、

人々の暮らしはぶりはあまり変わらないようです。

1kuwa村1

外国人は殆ど来ないのでしょうか。

歩いていると、この村でも本当に子供たちが寄ってきて

写真を撮ってくれとお願いしてきます。

1子供たち

1村の子供

 

この村も牛が放し飼いされており、ホヤホヤのウンチはありますが、

何日も経った糞は無く、道はキレイで掃除が行き届いているようです。

そういえば、昨日の村もそうだったな。。

意外と町中のほうが、糞やゴミだらけ!という印象がありますね。

 

と、その時でした!

前方に大きなタライを持った女性が現れてしゃがみこむと、

そこにあった生まれたてホヤホヤの牛の糞を鷲掴み(もちろん素手)、

それをタライに盛りつけ始めました。

 

うわっ!!お母さん強し!

 

しかも綺麗な洋服着てるのに。

 

そんな作業を何回か繰り返すと

タライはてんこ盛りになりました。

持つのも重たいレベルでしょう。

 

するとだ、

 

 

1糞を頭に載せる女性

 

頭に乗せておりました!!

 

現代に生きる日本人で、ウンコを山盛りにし、

それを頭に乗せて歩ける人がいるでしょうか???

というか、そんなことをした人がいるでしょうか??

 

カツオ、まじで感激しました。凄いの見れた!

今日、アニキのお遣い来て良かった!(笑)

 

正直、あれを何に使うか分かりませんが、

肥料だったり燃料だったり家の壁だったりするのでしょう。

 

牛に草を食べさせ、乳をしぼり、

糞をさせ、それをまた何かに使うという

リサイクルシステム。

 

たまにエコだエコだと過剰に叫ぶ人には、

それならば、まず牛を飼え!と言いたくなる光景です。

 

ここまでやってこそホンモノかと。

小手先じゃないですもの。本場は。

素手でウンチからの、頭にオン!です!

 

インドのバラナシでウンコ水を

嫌っていた自分が恥ずかしくなりました。

 

そんな村の様子に感銘を受けながらも

歩を進めると、やはり所どころの家にティラミーアートが描かれていまいた。

1ティラミアート2

洗濯モノが乾かなそうな干し方です。

1ティラミアート

ほりもの

こちらは彫り物

 

どうやらここがKUWA村で間違いないようです!

村を抜けて200mぐらい進むと女性開発センターもありました。

1開発センター

この村でも、柱、看板、全てのもに直角という概念はありません。村がピカソなのす。

 

ちなみに僕は8時半に到着しましたがオープン10時です(笑)

行かれる方は気をつけて下さい。1時間の暇を潰すのがなかなか大変な村です。

 

女性開発センターの外観

1開発センター建物

 

中に入ると工作室や美術室があり(作品の撮影は禁止と言われました)、

そこで、女性たちが技術の習得を練習しているようでした。

 

おみやげ物の雰囲気を撮るということで1枚撮影許可。

1ティラミアートの販売

様々なサイズの絵画が販売されております。

 

これがアニキ!が言っていた絵描。

たしかに、特徴があります。

ピカソ風かどうかは分かりませんが、

絵心がない僕はよくわからないので色使いが良かった

牛と人間が書かれている絵を購入。

50cmx70cmぐらいの大きさで600ルピー(約720円)

 

レジに持ってお会計すると、

店員が僕のバックに入れようと

 

 

普通に折り曲げちゃう!!

 

 

 

いやいやいや!

これ一番折っちゃダメなやつ!!(笑)

そして、あなた、その事を一番知っとくべき人!!

 

 

キレイに持ち帰るモチベーションゼロになる!

 

その後、かるく散策した後、宿に戻る。

16時までブログを書いてバス停へアゲイン。

 

17時半出発(700ルピー≒840円)でカトマンズへ

所要時間11時間。

飛行機だと30分。

・・・。

なにこの差?(笑)

これだけかかるのは山を超えるからしい。

山というか、カトマンズ自体が1000mの標高にあるようです。

 

いつも移動前は食べないのだが、

あまりにお腹が空いたので屋台で腹ごしらえをする。

周りの汚れ具合を見ればお分かりになると思いますが、

これが後に悪夢の原因となります(笑)

お腹いたくなったご飯

 

長距離バス。エアコン無しですがキレイです。

バス

というわけで17時半無事に出発!

 

そして、悪夢はここから始まった。

 

最初の15分は良かったのです。

 

が、郊外に出たころから、

 

 

ハンパなく揺れる!!

 

 

いや、これ通じてないな。

 

ハ  パ  く 揺  る !
 ン  な    れ   ! 

 

 

  本どころかIphoneで動画が

        見れないぐらい揺れる。

 水を飲もうとして

   も口に入らないぐらい揺れる。

リクライニングが 戻るぐら

   い揺れる。

 クラブでノリノ

リで踊ってる人より揺れる。

 

 

しかもそれが移動時間の9割ですから(笑)

いや、これ大袈裟じゃなしに。

 

それにバスの揺れに伴い、ビッグウェーブがくる!

 

 

めっちゃお腹痛い!!!

 

 

揺れで気持ち悪くなり、さらに腹痛で

この糞暑いバス内で、寒気すらする(笑)

 

が、ラッキーな事に10時頃、一回目の休憩!

そっこーで超絶汚いトイレにこもる。

もう水ですね。水。下痢じゃないっす。

が、ここで一回出しておけば暫く大丈夫のはず。

 

かと思いきや12時ごろビッグウェーブアゲイン!!

だめ。

全然だめ(笑)。

絶対我慢できない。

 

バスを止めるの悪いし、まじで漏らそうかと

思いましたが匂いがしたらもっと悪いと思うので

止めてもらうことを決意!

 

絶対、英語通じない思うので、ってか通じないので

慌ててネパール語の指差し会話をiphoneで調べる!!

 

お腹痛い

まずは、予習。

こちらのセリフを座席で3回復唱したあと、

本番チャレンジ、一発合格からの停車!

 

で、真っ暗闇の中、お尻を大地に向け、人生初の野◯ソ。

 

ふぅぅぅ・・・まじでギリギリセーフ。

 

危なかったぁ。。

 

と天を仰いだその時、、、

 

うぉおおおおおお!!!!

 

今まで見てきた中で一番の満天の星空!!!!

めっちゃキレイ!!

感動モノである!!

これは、宇宙!!

僕は宇宙の中でウンチをしているんだ!!!

そんな思いにもなり、あまりに感激して

 

あんなに苦しんだ腹痛にすら感謝できるレベルの星空!

 

人間万事塞翁が馬 とはよく言ったものだ。

どう転ぶかわかりませんな。人生。

 

そんな感じで揺れと腹痛と戦ったりしていると

ハンパない揺れがさらに激しさを増す!

 

ん?もしかしてこの揺れの違和感は・・・。

 

間違いない!!

 

次はパンクである(笑)

 

パンク

めっちゃボケてすみません

 

暗闇の中、この交換作業に2時間かかる。

途中、あまりに苦戦をしていたので、

本当に直るのかめっちゃ不安になる真っ暗闇 in Nepal。

そしても、もちろん、この間にも1度トイレ。

野グ● in 宇宙(二回目!)

 

とにかく間違いない教訓が3つある。

 

1つ、バスに乗る前に怪しい物は食べるな。

1つ、常にトイレットペーパーは携帯しろ。

1つ、絶対11時間じゃカトマンズに到着しない!!(笑)

 

 

揺れの激しさと、腹痛にせいで、一睡もできずに朝方を迎える。

 

するとである、

 

今度はどうやら進んでいない!

 

窓のカーテンを開けてみる。

 

 

窓の外、タイヤギリギリ超絶壁なう!!

 

 

人を気安めさせない長距離バスがある国。

それがネパール!

 

幅のめっちゃ狭い道で、すれ違うバスに完全に手で触れる距離。

いや、キスできる距離(本当に)

 

マジのマジで落ちるんじゃないかとヒヤヒヤ!!

むしろ、もう外を見たくもない!!

 

崖っぷちには、何の役にも立たない様な、縁石があるだけ。

あんなもん、気休め程度である。

生きた心地がしない。

 

 

途中、また大型バスとすれ違う。

あっちのバスもギリ、

こっちのバスも崖までギリ、

そんな時、ドライバーの助手みたいなのが

外に降りると、その縁石の上に乗りながら

車体をボンボンっ!ボンッ!と

微妙なリズムと強さを区別しながら何度も叩きだした。

どうやら

 

「もうちょっと大丈夫だよー」の合図である(笑)

縁石も役にたっていた(笑)

 

 

モールス信号より正確にコミュニケを取る二人。

 

いつも、二人の間にどんな軋轢があってもいい。

今日だけは、仲良しでいて欲しいと祈る。

 

 

ドライバーもそれに合わせてハンドルを切る。

頼む、今だけはクシャミすらしないでくれ!

そんな祈りもついでに届けたくなるほどのスレスレ感。

 

ここに認定したい。

 

ネパールのドライバー世界一!

 

 

出発から15時間後、9時に無事カトマンズについた時の

感動と言ったらなかったなぁ(笑)

 

長い24時間がやっと幕を閉じる。

昨日5時半に起きてから寝ていない。まじで疲れた。

僕は安宿にチェックインをしてシャワーを浴びる。

 

 

冷たっ!

 

 

まだ疲れが取れるのは先のようだ。。

 

明日は8/31~、カトマンズ滞在記。

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

++++++++++++++++++++++++++++++++


はじめてのチュウ


8月29日 つづきから

 

1駅9ルピー(10円)の列車を降りた僕は線路の上を歩き出す。

カメラを持っていると子供たちがどことなく現れて

写真を撮ってくれという。

断る理由はどこにもない。

僕はレンズを向けると数回シャッターを切る。

 

前にも書いたが僕は自分から子供を撮ることをしない。

 

子供が嫌いだからではない。

レンズの焦点を合わせたところにある子供の無邪気さが

なぜか僕の胸を苦しめるからだ。

 

ただその苦しみや痛みから逃げて、向き合うことを避けている僕は

ただの臆病者に過ぎないのは分かってるけど。

子供たち1

1子供たち2

 

一番、撮ってくれとせがまれたこの子は言うほど子供じゃない(笑)

1まぁまぁ大きい子供

 

この子たちは何で見ず知らずの僕に写真を撮ってもらいたいのだろう?

(因みに、この地域の子供達は全く擦れていないのでお金など求めてくる事はない。)

自分を覚えていてもらいたいからか?

単純にカメラに興味があるからか?

彼らは僕がディスプレイで見せる一時の自分の姿しか見ることが出来ない。

このブログに辿り着くこともあり得ない。

 

僕はここで生きています。

 

ただその主張だけをしたいかのように

小さいSDカードに収まりたがる子供たち。

 

僕はこの写真を見返すことも殆ど無いだろう。

 

写真を撮る対象が子供の場合、

僕の脳裏には色んなことがよぎってしまう。

特にそれが途上国の場合

 

かわいいね!

 

と素直にシャッターを切れない自分がいる。

薄っぺらい同情の時すらある。

というか殆どそうだ。

世界には本当にこんな貧しい子達がいるのだな。

なんて思ってカメラを向けることもあった。。

 

実際自分でも分からない。

後日この子達の写真を見てまさか、

 

可哀想だったなぁ

僕らは恵まれてるね

 

なんて缶ビールを飲みながらまさか思い返したりするのだろうか?

 

 

どこか心が捻じ曲がってしまっているかもしれない僕は・・・

そういう形で人に同情するような男になるぐらいだったら、

僕は不感症のままでいいのかもしれない。

 

写真なんか撮らない方がいい。

 

写真一枚そこまで難しく考える必要もない事は分かってる。

 

だからこそ、難しく考えたくないからこそ僕は、

いつからか彼らの幸せを強く望むこともなく、憐れむこともなく、

できる限り「現地の子供」という、装飾のゼロの表現で見るようにしている。。。

 

こればっかりは最後まで克服することが出来なかったな。

 

あ、因みに、これは決して子供の写真を撮って

ブログに載せたりすることへの批判では全くありません。

そもそも、そこを批判したら、アニキ!も批判する事になるし。

まぁ、別にアニキ!批判も普通にするけど(笑)

 

ただ、ここジャナクプルには、写真を撮ってほしいとお願いしてくる子供達が

あまりに多かったので、今まで旅をしてきて色々思うところがあったので、

純粋に、僕の素直な気持ちを書かせて頂きました。

 

 

因みに牛も線路を歩いている。それも沢山。

牛も人も線路が通り道

 

では今日の日記行きまーす!

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

++++++++++++++++++++++++++++++++

 

線路を歩いて帰ると左手に小さな村が現れた。

なんかのお祭りのようだ。

 

1お祭り

出店もあり、かなり賑やか。

こんな日に電車に乗ったなんてラッキーである!

これが田舎の生活なのだろう。

地元の祭りを思い出す。

ちょうどこんな感じで、下が土の公園で遊んだな。

1お祭り通り

お祭りの通りを数十メートル進むと、もう住宅街。

『住宅街』という単語が合ってるかわからないけど。

まぁ集落です。。

どうやら、広場だけでなく、全ての道路が土でした!

そしてどの電柱もかなりの斜め具合でした!

殆どの家でヤギや牛を飼っていて、

家の前にウンコがてんこ盛りになっている。

 

1田舎街の風景

 

通りに面した家。なかなかコメントがしにくいが、

今まで宿泊したどの安宿よりも厳しいです。

1いなかの家

 

集落を抜けると、きっとここらへんの住人たちが管理しているだろう畑があり、

女性たちと牛が働いていた。

なにを育てるか分からない。いや、正直育ってないっぽかった。

(調べるとネパールの人口のほとんどは農業なのですが、

もちろん天候にかなり影響されるので、近年、貧困が深刻化している

地域があるとあった)

 

田舎でのスローライフ、自給自足。

聞こえは悪くないが、実際のところかなり厳しいですね。

こういう風景に触れるとなんと言いますか、

帰国したら僕に出来る仕事はなんでも頑張りたい。と思いますね。

いや、頑張らせて頂きたい。

僕には頑張らなくてはいけない理由も、

頑張りたい理由も沢山ある。

 

というか、これ書いてる今日、9月2日なんですね。

4日もブログ溜まってもうた!!!

ちょっとダイジェスト的に巻き巻きで書きます!(笑)

僕1日1記事しか書けないんで!!

リアルタイムが売りの僕が4日も遅れてもうた!!

書かないと面白かったこと忘れちゃう!!

宿に戻る!

ここは街一番のホテル。

だが、部屋ではネットが入らないのでロビーの椅子でネットをしていると、

物影から小さい物体が僕の方めがけて猛スピードで突進してくる!

な、な、な、なんだぁぁ?!?!

 

ネズミだ!!!

 

ネズミといえばゴキブリよりバイ菌を持っている生物と聞いたことがある。

そんな輩が僕へ向かってきてる!!

 

な、なんか!めっちゃキモい!!!

うわうわうわうわうわーー

 

って思っているスピードより

ネズミの方が早かった!(笑)

 

ネズミはビーサン履いていた僕の親指に

フレンチキッス!!!!(しかもチューって鳴きやがった!)

 

うぎゃぁっぁぁぁぁ!!!!!!(叫)

キモすぎるぅぅぅぅl!!!!!(泣)

 

お前、街一番の看板おろせ!!!

誇大広告間違いなし!!

厚生労働省ならびに保健所に訴えたい!!

地球の歩き方に投稿したい!!

噛まれてないとはいえガチでキツい!!

 

部屋に速攻で戻り、

消毒液ぶっかけシリーズ!

からの石鹸で洗うこと30回!

さらに二発目の消毒液ぶっかけ!

お客様が出入りする綺麗な玄関でこれだ。

どんなプラス思考で考えても部屋に

ネズミが住んでいないわけがない!
因みに、アニキ!は僕以上のネズミ嫌い。

学生時代に下宿先で、1年間ネズミと格闘の日々を送っていたらしく、

毎晩ネズミが天井をガサゴソする音が子守唄代わり。

食べ物を置いては、アニキ!が先かネズミが先かの早食い競争。

も、常に完敗ゆえ、食料は全て家から破棄。

トラップを仕掛けるも、ネズミは学習能力が高いらしく、

次からは同じ仕掛けでは全くと言っていいほど捕まらなくなり、

日々地道な改良をして、捕まえたは良いものの、

ネズミが嫌いすぎてトドメを刺すことすら出来ず、

途方にくれる始末(笑)

 

最後はさすがのアニキもネズミに根気負け。

一年後、ネズミより先にアパートから退去を決意。

 

引っ越しの際に押入れから荷物を出そうとしたら、

押入れの奥からネズミの死骸がゴロゴロ出てきた。

その光景を見たアニキ!は

 

「うぎゃぁぁぁぁぁぁーーーー!」

 

と絶叫し、わざわざ実家から母親を呼んで片付けをさせたらしい(笑)

この話をしてくれた時、アニキ!は最後に真顔でこう締めた。

「僕、ドラえもんの気持ち、誰よりも分かる自信ある。

きっと不二子先生より理解しているよ。

っていうか、

ドラえもんよりネズミ嫌いな自信あるな。

そこは負けない!」

 

アニキ!<ねずみ

かつお<アニキ!

である。

そんな僕がネズミに勝てるわけがないのである。

 

 

とにかく神出鬼没のネズミだ。

ガチで、もうジャナクプルから出たくなる(笑)

 

折角さっきまで良い感じに旅を楽しんでいたのに

ネズミのキッスで気分台なしである!

結局、器の小さい僕。

 

よし、次はカトマンズにいこう。首都だ。

ここよりはマシなはずだ。

 

近くの旅行代理店にいくと

飛行機は1日2便。午前10と午後4時。

同じ飛行機に乗るのにネパール人はUS40ドル、

外国人はUS105ドルとなかなかの差別具合。

 

バスは?と聞くと、カトマンズまで11時間のUS7ドル。

朝、夕方どちらも5時半とのこと。

この時、既に夕方6時。

 

宿泊决定・・・。

 

できるだけ長く近くのレストランで粘って遅くに帰る。

萎え萎えだが仕方ない!

 

因みにネズミは出なかったが、当然数匹のヤモリと

なぜかバッタが出た。

どちらも地味に僕が苦手な生物だ。

 

明日朝5時半のバスに乗ることにして、

4時半に目覚ましセット。

相変わらず旅の早起きキツし(笑)

 

で、結論から言うと翌日8月30日・・・

 

寝坊しましたーー(笑)

 

旅に出て初めてです。これ系のミス。

最後の最後で気が抜けてたか・・・。

5時半に起き、慌ててバス停に向かったものの

時既に遅し!!

いつもはルーズなのに、こういう時に限って定刻に出発しやがる!

 

夕方5時半まで時間が出来てしまった。

暇なのでアニキにメールをする。

するとだ、

「じゃあさ、そっから30分ぐらい歩いたところにあるKUWA村に、

ミティラアートっていう近代アート的な絵があるから、

その中でも、ピカソみたいな絵を選んで買ってきて。

お前のセンスに任せるわ!」

 

 

って、まるでピカソの絵のように・・・

 

抽象的な依頼をされる!(笑)

 

 

「それ、めっちゃ分かりにくいんですけど!(笑)」

 

「かつおの泊まってるホテルのフロントに言えば、

手書きの地図みたいなのもらえるはずだから~。

おれ、泊まってないけど貰えたから、多分あるよ。」

 

手書きの地図みたいなのって時点で不安満点である。

 

 

もう、さすがに夜の便はミスりたくない。

僕は早速、絵を探しに行くことにした。

 

つづく

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


ミッションコンプリート!??


8月29日 朝5時半起き

(ここ最近毎朝早すぎ!!ぶっちゃけ、駆け足の世界一周は

日本で仕事しているよりキツイです!←これアニキも言ってました。)

 

荷物をまとめてジャナクプルへ向かう。

 

実は、昨日のアニキ!との会話の後、

ビールガンジで、ジャナクプル鉄道の事を現地の人達に聞くと

「もう鉄道は走ってないよ!」

と、言われました。

これは、彼らの英語力の問題もあったと思うんですが

その後も、何人にも聞いたけど、やはり、

「鉄道はもう無い」

と言う!!

 

ぶっちゃけ、僕は、ジャナクプルなんかじゃなくて

ポカラ(ヒマラヤが見える)に行きたかったので、内心ガッツポーズ!!

よし!ジャナクプル行かなくてすむぜ!

 

アニキ!に、とにかく鉄道が無くなった事を連絡しなければ!

だって電車ないなら無駄足だし!(笑)

 

もうネットカフェも閉まる寸前だ。

慌ててネットカフェへ駆け込み、連絡する。

 

するとアニキ!から返ってきたメッセージはわずか一行のみ。

 

「Don’t trust the local information !! Just go to Janakpul !!!」

 

意訳しよう!

 

そんなの行ってみないとわからんだろ、地元民の情報なんか信じずさっさと行けや!ボケ!

 

という意味だ(笑)

 

いやいやいや、普通、LOCAL(地元民)の情報が一番信憑性高いでしょ!!(笑)

絶対に行っても動いてないっつーの!!

が、しかし、行け!というなら行くしかない。

アニキ!の一言で、やめかけていたジャナクプル行きを再び決定する(笑)

 

 

今いるビールガンジからジャナクプルはバスで約4,5時間。

大きい荷物は全てバス上の荷台に乗せなければならない。

しかし、今は雨季。

荷台に乗せたら雨ざらしになるのが目に見えている。

それだけは避けたかったので、もう一座席分(250ルピー)を払い

バックパックの座席を確保。→二席分で500ルピー(600円)

1ジャナまでのバス

 

バス内。なかなか良いバスだ。これなら4時間余裕。

1車内の様子雨漏りあり

 

と思っていたのだが、

 

途中やっぱり大雨!!

 

そして、まさかのバス内で雨漏り!

 

めっちゃ、濡れる!

バッグパックもめっちゃ濡れる(笑)!

席に乗せた意味なし!

まぁ、上に乗せてたら、

もっとずぶ濡れになってたと思うので良しとしよう!

いや、バス内で雨漏りは決して良くないのだが・・・。

 

しかし、インドに行ってから小さな幸せ噛み締める事が

心底出来るようになったカツオ。

これも旅のお陰か?

いや、きっとインドのお陰!(笑)

 

では今日の日記、行きます!

なんだか珍しく写真多め!

そして珍しく文章短め!(笑)

 

ジャナクプルを一緒に感じて頂ければ嬉しいです。

Here we go!

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメール → こちらから

++++++++++++++++++++++++++++++++

先ほど知ったことだが、

ネパールは僕が訪れた貧しい国ボリビアやタンザニアより

GDPが低く非常に貧困問題がある国らしい。

Wikipediaによるとネパールは鳥取県よりも小さい経済規模で

一人当たりのGDPは652ドルだそうです。

 

ジャナクプルのバス停に到着し、リキシャで中心街まで行く(50ルピー)

大きく白いジャナキ寺院がこの町の中心目印となる。

1お寺

 

町の商店には鍋よりも懐中電灯がよく売っている(しかもかなりの中古)

1懐中電灯とおかま

つまり停電がよく起こるということです!

事実、もう参っちゃうぐらい停電ばかりでした。

これ、ホント、なんとかなりませんかね?!

ここまで酷いと、

これは、正直賛否あるでしょうが(殆ど否だと思いますが)、

発展途上国にこそ原子力発電とか必要な気も少しだけしました。

 

これ新しい!

露店ヒゲソリ屋さん。なかなかの人気ぶり。体験はしたくないけど。

1青空ヒゲソリ屋さん

 

 

ジャナクプルでは水溜で沐浴も見れます。

1沐浴も有り

 

ネパールの一般的なランチ ダルバート 120ルピー。ご飯、カレー、惣菜お替わり自由。

1昼食

 

路上に横たわる牛の死骸。。

路上の死骸

 

これだけ大きい動物の死骸を初めて見ました。

インドに入ってから、町中、路地裏、レストランや宿の前、

駅のホームと、のそのそと闊歩する牛を頻繁に見ていたから。。。

 

無表情で、もそもそ口動かしてて、道のど真ん中で寝てて、

たまに人間にコソコソと乳絞られてて(多分、ミルク泥棒(笑))

なんと言いますか、、

僕の中では、もう身近な存在というか、友達というかカワイイ奴らというか、、

だから、僕この亡骸見た時、本当にショックで凄く悲しくて・・・。

 

自然と両手を合わせる僕。

安らかに眠って下さい。

 

 

どこもネットが不調なので町一番の高級ホテル

ラマキホテルにチェックイン。(1泊1200円)

ネットサクサクも、もちろんここでも頻繁に停電。

最低1時間に3回は停電する(5〜10分ぐらいで復旧する)

 

 

ここで、大事な事をすっかり忘れていた。

例の鉄道の件である!

ビールガンジでの情報でその鉄道は絶対に存在しないものと

勝手に思い込んでいた僕。(笑)

ここ到着した時点で、その存在自体、本気で9割忘れていたし。

ジャナクプルに来た、という証拠写真だけをささっと撮って

カトマンズに行く予定でした。(笑)

しかし、現地での正確な情報も、いちよ聞いておかないとならない。

 

すると・・・。

 

 

まだ走ってるとのこと!!!(笑)

 

なにそれ~!?(笑)

なんなの?あの情報!!??

アニキ!が言っていた事はそういうことか。

 

人からの情報だけを鵜呑みにするのではなく、

自身でその地に立ち、自分の目で確認するまでは本当の事は分からないのである。

(どうやら、ビールガンジで言われた電車が無いというのは、どっかの区間が無くなったという意味っぽい(笑))

 

で、詳しい事をホテルの受付で聞いてみると、午前と午後1本ずつしか出ておらず

次は午後3時半というではないか!

因みにこの電車はネパール側から29キロ先のインド国内までを

結んでいるが、外国人はインドにそのまま入れないので途中の駅で下車して

戻ってこなくてはいけない。

帰りは歩くというのがミソである(笑)

むしろ列車に乗ることより、そこの部分が面倒臭い。

 

 

 

もう時間もない。

さっさと最後の指令をコンプリートしよう。

 

 

なかなか見つけにくい駅である!

目の前まで行っても気が付かなかった。

ジャナクプール駅

駅の看板 かすれて読めない。

 

世界一周してきて僕が見た中で一番しょぼい駅!

1ジャナクプール駅建物

駅の建物

切符売り場。

1切符売り場

 

出発20分前に到着したが、あるある!!

噂のネパール鉄道がある!!

 

めっちゃボロい!(笑)

これまじで大丈夫??途中で脱線とか爆発とかしない?

少し大袈裟かもしれないが、そういう心配すら出てくる列車である。

(ホテルの受付の人も色々とトラブルがある列車だと言ってたし)

乗り込む人達

雨漏りするレベルじゃなくて天井は

鉄が錆びて穴とか開いてる!!

 

先ほどの大げさな事故より屋根が落ちないか心配になるレベルである(笑)

 

これまじ乗るんかーーーー!!!(笑)

 

車内に入ってみると、まだそれほど混み具合は激しくない。

中に座るか、、迷う。

上に乗って落ちたり、屋根が抜けて怪我したら嫌だし。

1車内2

 

中もだいぶ混んで来たので、外に出てみると、

皆当たり前のように屋根によじ登ってる。

むしろ車内より上が混み始めてる(笑)

1屋根に乗り出す

 

 

うーーーむ。

 

やっぱ、ここまで来たら上しかないっしょっ!!

 

天気も良いし!!

 

というわけで恐る恐る乗ってみる!!

もちろん屋根は歩く度にベコベコ凹む(笑)

 

いきなりズボって抜けないか怖すぎるんですけど!

 

1屋根に乗る

 

乗ってすぐに動き始める電車!

 

あのですね、これ是非体験してください。

思いのほか横揺れしますんで!!!

 

しかも屋根のRが地味に急で落ちそうで怖い!!

ってか、これ、絶対普通に落ちてる人いるっしょ??

 

屋根が新品でツルツルなら

確実にズルっと滑るレベルである(笑)!

 

錆びてて良かった(笑)!!

 

ボロさに感謝する瞬間である!!

 

となりの乗客にビーサンを脱いだほうが良いと言われ

びびりながら脱ぐ。まじでちょっと動くのも怖い。

 

引きつった笑顔で一枚。

1屋根の上

 

が慣れてくると、車窓から、いや、屋上から眺める

景色は、とってものどかです。

1のどかな風景

 

最初はビビっていたこの指令も実際体験してみると

温かい日を全身に浴び、列車と同じ速度で吹く風を感じ、

子供たちが振る手に笑顔をもらい、

乗ってるだけで心が穏やかになる列車でありました。

 

これ、確かに乗ってみると、アニキ!の言ってた通り、

全然、刑じゃない!(笑)

旅の集大成がこの地にあったような気さえします。

これを旅の最後に僕に経験させたかったのかな?

まぁ、そこまで考えてないか!(笑)

 

アニキ!~。

アニキがやり残した事、やってきましたよ~!

 

 

これが最後の指令。

 

おれ、全指令無事に完遂しました!

 

そんな事を考えてくると感慨深くなり

青空の下、僕のほっぺに雨が流れる。

 

正直言いますと、どの指令も最初体験してた時は、

本気の本気でまぁまぁムカついてましたが(笑)

 

でも、どれも達成した時は、

これ以上ないぐらい感謝の念が芽生えたし、

どれもやっておいて本当に良い旅が出来ました。

僕一人の意思で旅してたら、

ぜーーーーーったいに体験出来ない事ばかりでした。

(というか、そもそも旅にすら出てないんだけどw)

 

最近ではジェネラルシートに関しては

 

他の旅人から尊敬すらされてます!(笑)

 

そういえば!

昨日書き忘れましたがアヤワスカも貴方の指令でしたね!(笑)

あの時の孤独感と不安感とトリップ感と腹痛も半端無かったです(笑)

が、今では良いネタだし、やって良かったなぁ〜。

 

アニキ!数々の指令、本当に有難うございました!!

親以外からこれほど僕を想っての命令を感じたことは

ありませんでした。

 

 

約30分で次の駅に到着する。

ホームが、あぜ道レベルであります(笑)

あ!先ほど書いた“今までで一番しょぼい駅”をこちらに改正お願いします。

1次の駅

 

降りて、乗ってきた電車の写真をとる。次の駅

何人かが早く戻って来いよ、と手招きする。

僕は、

「ここで降りるんだ~。皆とは行き先が違うんだ。さようなら~。」

 

と言うが通じていないようだ!(笑)

 

この列車の乗客もほんとに人が温かかったな。

 

1分の動画を撮りました(アップするのに1時間以上かかりましたw)

お時間あれば、ネパール人の暖かさをご覧ください。

途中「アイム OK!」と僕が言っていますが、それは上に乗ってる人が

「早く乗れ!」とジェチャーしているからです(笑)

 

 

僕は乗って来た単線をみつめて帰ることにする。

線路

 

電車で30分も乗ってきた道だ。

 

どれくらいかかるかは、分からない。

 

 

 

僕は色んな思いを乗せて1歩1歩、線路の上を歩く。

 

 

これまでの旅を思い出しながら・・・

 

 

 

 

 

50分で戻れちゃったけど!(笑)

 

 

ブログランキングに参加中!

旅もいよいよ終盤。

かつお、よく半年間頑張った!と少しでも思って頂いた方は

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


最後の指令


8月28日 朝5時起き

朝6時半に国境沿いの街ラクソウルまで行くバスが

出るということで、バスターミナルに向かう!

パトナバス停

すると、

ラクソウルまでは道がボコボコ過ぎてバスでは行けないらしく。

Motihariという途中の場所まで行き、そこからまた乗り換えるとのこと。

 

色んなバス会社がある中、うろちょろ迷っていると、

紳士っぽいインド人が話しかけてきて、

「絶対こっちが良いよ!私も乗るから一緒に行こう」と言う。

どうやら、客引きではないようだ。

なんか、楽しそうなので、彼と同じ高級バスに乗ることに。

といっても330ルピー(≒520円)だが(笑)

 

紳士なインド人、なんかチャイとか奢ってくれて優しい。

バス

この会社の。エアコン付いてるわリクライニング出来るは、水は出るわで最高。

処々停車するところで軽食を販売してくる人がいる。

皆注文していた野菜ミックスみたいなものを食べる。(16円くらい)

まめ系

 

うん。これ、普通に美味しくない(笑)

 

Motihariに到着し、

カチカチシートのオンボロ小型バスに乗り換えてラクソウルを目指す。

1時間と聞いていたが、当然2時間はかかる。

 

というか、・・・

このバス、笑っちゃうぐらい揺れる!!

揺れが激し過ぎて、時たま天井に頭を打ち付けるレベル。

 

 

ヘルニアの人は間違いなく悪化。

痔の人は座ることすら不可。

金玉が大きい人は生殖能力半減。

 

それくらいお尻が常時バウンドしている。

 

途中、僕の目の前に赤ちゃん連れの母親も乗ってくるが

もちろん、赤ちゃんは上は着ているが

ノーズボン!ノーオムツ!

 

おしっこやウンチをしないことを願うのみだ!

(これ、冗談抜きで常時心配してた!(笑))

 

僕の隣席では丸坊主のオッサンが僕の肩を枕にして寝ている。

そういうのはジェネラルシートで慣れているので何とも思わないが、

彼が坊主ゆえチクチクして痛いので不愉快だ(笑)

 

 

このままインドを抜けてしまうのが勿体ない気がした。

もしラクソウルの街が良かったらそこに1泊してみよう。

 

こんな経験はもう出来ないだろうし(したくないし)

 

では、今日のブログいきます!

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

++++++++++++++++++++++++++++++++

ラクソウルの街に到着する。

ここの街が良ければ1日滞在しようと思っていた。

右を見ても

ラクソウル2

左を見ても

ラクソウル

 

水浸し!=ウンコ水!=雨多い=停電しまくり

よって、

 

出国決定!!

 

足が濡れないところに立ちリキシャを呼ぶ!

インド人はネパール側と行き来ができるため、

ネパール側の国境 ビールガンジまで100ルピーで

連れて行ってもらうことに!

 

まずは、インドの出国手続きをするためにイミグレへ

 

1インドイミグレ

 

一回、通り過ぎたわ(笑)

 

わかりづらいって!!

人に聞いてやっと見つけたわ!

 

てか、看板張り替えようぜ!

 

因みにここでは、賄賂を請求されることもあるようです。

100ルピーとか。

僕は、英語を分からない振りして

なんか色々と聞かれましたがオールスルーしました。

 

そこから、また200mくらい進む。

 

いよいよ33ヵ国目!ネパール入国!

 

イミグレへ!!

 

 

1ネパールイミグレ

 

だから、また通り過ぎたわ!!(笑)

 

なぜ木陰につくった?

せめて路面に建てて欲しかったな!

 

これ、まじでトラックの裏にあって本当に見えませんでしたから。

 

ここで15日間ビザ25ドルを支払い無事に入国。

ここからまた数百メートル、リキシャで進むと

ビールガンジの街があり、宿やらレストランが並んでいます。

 

雰囲気も顔もインド人とそっくりなのですが、

 

なんか、めっちゃ緩い!!

なんと言いますか、人が懐っこくて、

心から親切!!全然ウザくない。

リキシャも基本、ボラないし、ホテルも交渉不要。

 

ここまで違うか!!

 

もうインド人のギャグめいたウソも聞けないのかと思うと

 

なんだか寂しくなる(笑)

 

変わったな、自分!

 

4時頃ホテルにチェックイン。シングル250ネパールルピー(320円ぐらい)

物価もインドよりも3割ぐらい安い。

 

もちろん朝から何も食べていないので

レストランに入る。

ネパールビール

ネパールのビール 240円と高め

 

インドでもあったがネパール料理のモモ。

蒸し餃子みたいなもの(60円)

もも

 

マトンチャーハン(110円)

ラクソウル焼き飯

 

 

どれを食べてもめっちゃ美味い!!!

 

驚きのクオリティである!!(勿論お腹は壊したけど!)

ご飯は美味しいし、安いし、人も良いし!

 

ネパール入って

 

1時間で超気に入った!!!

 

が、このビールガンジは殆どのホテルでネットが使えない。

アニキ!に、ネパールに無事到着した事と、

他の旅人に勧められたルートで進む事を報告するために

ネットカフェを探す。

(ヒマラヤ山脈がとても美しいという事を聞いて楽しみにしている)

 

 

それにしてもインドでもよく見かけましたが、

男同士で手をつないでいる人達ってめちゃ多いですよね。

ゲイなのでしょうか?

それともそういう文化なのでしょうか??

ネパール男2

ネパール男3

ネパール男同士

インドもネパールも男女が一緒に手をつないで歩いている場面を

見かけることは殆どありません。

というか、チケット売り場も男女別だったりと

かなり男女の区別がしっかりしております。

だから男同士で手をつないでいるのかな?と。

でも女性同士が手をつないでるのは見かけません。。

 

ネットカフェに入る。も、wifiがなく、現地のパソコンを使う。

もちろん日本語表示できない!!(笑)

因みに、この日にお陰様で久々の1位を取る事ができたのですが

めっちゃ感動薄かったです。

 

理由は画像がこれ↓だったから(笑)

とにかくアニキ!とチャットするも、日本語打てない、表示もされない。

ので、英語で会話する!(笑)(アニキも英語できます)

 

僕の居場所を伝える。

 

すると、
(以下、英語の会話をアニキ!風に意訳してみた(笑))

「そこから、カトマンズ(首都)とかポカラ直行しちゃダメだよ。

ジャナクプールってところがあるから、

そこ行って、ネパール唯一の鉄道に乗っておいて!

これ最後の指令ね!ってか、僕からのお願いだな。

僕が行った時、時間がなくて乗れなくてさ。

前回の旅でやり残した事のうちの一つだから。

っていうか、

カツオ、ジャナクプル鉄道に乗れるんだぁ。

うわぁ、マジでカツオが羨ましすぎるーーーー!

いいなぁ、いいなぁ。」

 

 

 

な、何?このアニキ!のテンション・・・(笑)

英語でもめっちゃ嫌な予感が伝わってくるんですけど。

そして、この時点で、スケジュール的にも、

楽しみにしていたポカラにはもう行けない。

 

でも、まぁ、これも最後の指令か。。

そう思うと、なんだか感傷に浸る僕。。

 

思い起こせば、

旅の「た」の字も知らない僕に・・・、

っていうか、海外旅行というやつにすら興味が無かった僕に

旅の初日で空港泊しろだの、

アウトドアとか全然好きじゃないのに、

山登りしろだの、キャンプしろだの、

陸路でアフリカ縦断しろだの、

誰々に会えだの、

インドをジェネラルシートで横断しろだの、

雄二を流せだの、

ブログを一日でも欠かしたら半年間延長だの、

 

沢山、色んな指令を受けてきて、どれも超絶嫌だったけど、

思い返してみるとその全てが、僕の心に残っているし、

どれも本っ当にやって良かったと思っている。

 

 

最後も、どうせそれなりにキツイやつなんだろうけど…

まぁ、ここまで来たら受けるしか無い。

おし!気持ちよく締めるべ!!

 

しかも!ジェネラーの僕。

アレ以上の列車はないと確信がある!

あるとしたら、人が電車の外に飛び出してるとか、

乗る場所がなくて屋根の上に溢れかえってるとか、

もう、マンガみたいなやつしかない。

そもそも、インドのジェネラル自体が、既にマンガである。

しかも、ここはインドじゃない。

ネパールだ。全然余裕だろう。

 

が、不安になったので、僕は『Janakpur Rail』と打ちこみ

どんなものかとウィキペディアで調べてみる。

 

すると

 

ジャナクプール鉄道 wikipediaより

ジャナクプール鉄道 wikipediaより

 

・・・・・・・・。

 

僕ね、指令受けて初めてですね。

思わず独り言で口に出したの。

 

 

この人、頭おかしいわ!!

 

 

 

 

そう言いながらも、

気付くと自然とニヤけている自分がいた。

 

 

 

よし、行くか。

 

最終目的地、ジャナクプールに・・・。

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村