パレスチナ人を隔ている壁1


6月8日

今日は水谷さんと待ち合わせて

テルアビブから車で1時間半のパレスチナ自治区に

連れて行ってもらうことになった。

 

イスラエルでパレスチナ自治区をサポートすべく

11年も働いていた水谷さんは、

パレスチナ人の多くの方と深い関係を持っているだけでなく、

イスラエルとパレスチナの問題にも精通している。

 

事実、パレスチナ人が

「水谷さんはパレスチナ人よりパレスチナ問題に詳しい」

と言うぐらいである。

 

正直、イスラエルとパレスチナの問題は

宗教、政治、土地、諸外国の問題など、

いろーーーんな事が絡んでいて、

1つのブログで表現したり説明することは出来ない。

 

今日のブログは

息抜きにならないと思いますが、

日本にいたり、旅していても中々経験出来ない

体験だったので、政治や宗教問題を抜きにして

僕なりの意見をシェア出来ればと思います。

 

ブログランキングに参加しております。 1クリックして頂けると僕にポイントが入って 目指している1位に近づけます。 応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

水谷さんが連れて行ってくれた場所はJenin県の奥深く、

Meithaluneというパレスチナ自治区Aゾーンで、

人口は1万人程度。

 

パレスチナ自治区といわれると

「???」

となっていた僕だけど、

 

簡単に言うと、イスラエルの国内には

パレスチナ人が住む違う国があるんだよね。

ただ違う国と言えども、イスラエルに実質

管理(支配)されていて

A,B,Cゾーンと区分けされている。

 

Aゾーンはイスラエルの力が殆ど及ばないらしいが

BとCは自治権などはイスラエル側にあるらしい。

植民地みたいな感じだろう。

 

間違ってたらすみません。まぁなんとなーく、

僕が理解しているパレスチナ自治区と

イスラエルについて書きます。

恥ずかしながら僕自身も全然知らなかったもので。。

 

先日も書いたようにイスラエルは最近できた国。

19世紀はオスマン帝国と呼ばれていた。

そこにはアラブ人(パレスチナ人)、ユダヤ人、キリスト教の人が

住んでいたが第一次世界大戦後、オスマン帝国が消滅すると

統治権はイギリスに渡る。

 

それでイギリスはアラブ人もユダヤ人も

新国家樹立目指して頑張ってよ。

となるわけですが、これが問題を引き起こす。

 

国を持たず長年迫害され続け、自分の帰る場所がなかった

ユダヤ人はここぞとばかりに今のイスラエルに集まってくる。

なんなら元々ここはユダヤ人の場所だったし!と言う。

さらに莫大な資産をもってパレスチナ人の土地も買い上げ

どんどん自分たちの土地を広げていってしまう。

なんなら力技も使いなが追い出していく。

 

で、アラブ人は慌てるわけです。

「おいおい待てよ!」と。

 

でアラブ人とイスラエル人が戦争する。

イスラエルが勝ちまくり

取られ取り返しが続くが、イスラエル優勢。

結局ヨーロッパをはじめ、世論はずっと痛い目に合わせていた

ユダヤ人の肩を持って人数的にも圧倒的に少なかった

ユダヤ人に多くの土地を与え、イスラエルを国家として認めてしまう。

 

でも、そのイスラエルの中にもちゃんと、

アラブ人は自分たちの土地を死守していたところがある。

 

それがパレスチナ自治区

(自治区というから分かりにくいけど国と考えてもらったらいいかと。ただ世界が認めてないけど)

 

日本人には分かりにくいけど、

東京の杉並区と江戸川区は違う国みたいな感じです。

 

そして、その国内に有る違う国は

軍事力、資金力が圧倒的に上のイスラエルに

ガッツリ管理されていて、何なら塀に囲まれていて

その国の人は好きに隣の町などに行き来も出来ないし、

不審な動きをしていると逮捕されちゃう。

 

なんなら、その自分の住んでいるパレスチナ自治区に

どんどんイスラエル人移植者が引っ越してくる。

強引に家を取られちゃう人もいる。

 

これは国際法上、違法だけど

イスラエルは辞めてくれない。

そんな流れだと思う。。

 

こんなキツイことをされているのに

残念ながら日本人もそうだけど、アメリカのニュースや

マスコミはユダヤ人の影響力が大きいのでイメージはコントロールされていて

アメリカ人や日本人にとって、イスラエル人(ユダヤ人)への好感度は高く

パレスチナ人のイメージは非常に悪い。

Wikipediaによると、パレスチナはイラン、北朝鮮の次にのイメージが悪い。

 

が、僕が出会った旅人は違う。

パレスチナ人に同情的である。

 

それは、皆パレスチナ自治区を、

その目で見ているからだろう。

 

関心をちょっと持てばそうなるのが当然だ。

僕は、パレスチナ自治区を訪れる前に

他の旅人と話すと結構、討論になった。

 

僕の意見は(まぁパレスチナ自治区に行った後でも

あまり変わっていないのだが、、、)

 

紛争状態、占領下において、(←これ重要)

イスラエルがパレスチナにやっていることは

残念ながら定石だと思う。

 

国際上、違法だろうがなんだろうが、

支配したい他国を管理し、自由をガッツリ制限し、

あやしいやつは理由もなく片っ端から逮捕し尋問。

そして、自国がほしいもの(この場合は土地)を奪う。

僕みたいなバカでも、そうするだろう。

 

ユダヤ人はこういうことを

めちゃめちゃ巧妙にやるらしい。

 

まずは、既成事実をつくる。

パレスチナ自治区に移住し、工場や

新たな仕事を作り出し、パレスチナ人を雇い、

彼らの生活にとって掛け替えの無い存在になる。

 

実は、ユダヤ人の移植者を歓迎する

パレスチナ人までいるらしい。

 

そこまで依存度を高める。

 

こういうことは、現地に住んでいる人に聞かないと分からない。

 

遠くの親戚より近くの敵なのだ。

 

当然、親戚や友達が殺されていて、

自身も不当な扱いを受け、

いいイメージを持っていない人が大半だろうが

実は、個人レベルでは、お互いをそんなに

嫌っていないことも知った(特に若い人)。

 

住んでいる地域(ゾーン)にもよるだろうけど。。

 

パレスチナ自治区を観光すると、

多くの人は隔たれた壁や、

セキュリティチェックの厳しさに閉口し、心を痛める。

(パレスチナ人は自治区に入ることは出来ても

殆ど、その壁の外へ出ることが出来ない。

特別な許可が必要だし、とにかく面倒なのだ)

 

色んな人のブログにもその不当加減と

イスラエル側の態度の悪さには

辟易すると皆述べている。

今となっては僕も同感だ。

 

が、その隔たれた壁を見て、

パレスチナ人への執拗なチェックを見て、

閉塞感のある町並みを見て、

殺傷機能が抜群のマシンガンを抱える軍人を見て

 

心を痛めたり、恐れることは無い。

 

先程も書いたように、この両国は緊張状態にあるので、

これはもう仕方が無いのである。

 

僕が一番、恐れていること。

 

それは、僕らが

 

 

パレスチナ人へ悪いイメージを抱いていしまうこと。

 

 

先程も書いたように残念ながら

日本にいた僕がそうだったように

パレスチナ人ってテロもするし狂気じみていて怖そう。

なんて思っている人も多いかもしれない。

 

 

実は、目に見える、隔たれた壁 

ってのは大した問題じゃない。

 

 

いや問題なんだけど、そんな物理的なものは壊しやすい。

 

 

それよりも大きな問題。

 

 

それは、眼に見えないもの。

 

 

パレスチナ人への先入観、それによる差別、偏見。

 

 

これはなかなか壊しにくい。

 

 

そして、それよりも、もっと怖いもの。

 

それが

 

 

 

無関心

 

 

 

愛の反対語は憎悪ではなく無関心

と言うように、

これが一番いけない。

 

国際社会の今、遠い国のお話じゃない。

先日も書いたが、今後グローバル化は更に加速され

国境は薄れ、世界がどんどん身近になっていく。

自分がパレスチナ人の親戚になることだって全然あり得る。

他国のお話だったのが気がついたら自分の生活に

関わってくることもある。

日本の震災が他国の原発問題にも関わってきたりとか。

 

だから、僕のブログで1人でも多くの人が

パレスチナ人の事を知ってもらい

少しでも身近に感じて貰いたい。

関心をもってもらいたいです。

 

確かに僕らに出来る事って殆ど無いかもしれない。

だけど僕らの身近な人が悲しい目にあってる事を知り

気にかけているだけでも、

本当のことを知ってあげるだけでも、

無関心でいられるより数百倍相手は救われる。

 

なんか旅人ブログってこういう事実を

伝える役割もありそうだね!!

最近の僕、ちょっと真面目になった気がする!!!(笑)

35歳にしていよいよ成長か?

 

やっぱり人と会うの、僕にあってるのかも、、、

 

 

あー本当は今日まとめようとしたのに、

最後熱くなってしまった。

 

長くなってしまったので今日はこの辺で。

というか、今からトルコ向かいます(6月10日イン)

 

明日は、なかなかお邪魔できない

パレスチナ人の中流家庭の生活をご紹介します。

写真がないので少しだけ。パレスチナ人の家族。

明日は写真多めです。

パレスチナ8
パレスチナ16
パレスチナ4
世界に住む貴方と彼らが少しでも平和に近づけるように。
願いを込めて、、、、クリックお願いします!!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周