ザンビア&ジンバブエ入国とビクトリアフォールズ!


人は人。

僕は僕。

 

と、どれだけ分かっていても、

否応なしに比較してしまうことがある。

 

そして、

比較した自分が望んでいない側にいた時

人は、凹む。

 

サファリを十分楽しんだ後の僕が

まさにそうだった。

 

5月21日の日記いきまーす。

 

ブログランキングに参加しております。

1クリックして頂けると僕にポイントが入って目指している1位に近づけます。

応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

サファリを楽しんだチョベ公園の街はカサネといい、リゾート化している。

 

そこに並ぶのは、四つ星ホテル。

 

豪華な施設の裏にはビクトリアフォールズへと

続く川が流れ、色とりどりの野鳥が観察できる。

 

ドミトリーなどはなく、安宿のゲストハウスでも

6000円ぐらいと高い。

 

では、ということで、チョベロッジという4つ星レストランの

受付に行くと、部屋は1万3千円程度で提供してくれるという。

 

正直、このレベルでこの値段は妥当だろう。

多くの西欧人が宿泊していた。

 

が、We are バックパッカー。

 

まけて!!というと

 

ダメ、お金ないならキャンプサイトがあるから

そこでテント張れと。

 

1000円で。

 

ノーチョイス。

 

 

はい、すみません。

 

といことで、今晩はそちらに。

 

こういう時だよ、凹むのって!!

 

高級ホテルの誰も目につかない

裏の裏の方の雑木林内で

テント張ってさ!!

 

僕35だよ!!あっちに泊まっても

バチ当たらないでしょ!!

 

本気で情けなくなるよ!

まじでテント捨てなくてよかったけど(笑)

小鳥

小鳥が留まるぐらいの外野席。

 

 

で、その後、夕食を作ろうと

インスタントラーメンを持って

キッチンを探すも、

薪を買って火をおこせという。

 

いやいや、無理です。

だって、鍋もお皿もフォークも持ってないもの!

 

ダダをこねて施設内にある高級レストランの

キッチンに入れてもらう。

もう貧乏旅行丸出し。

 

こういう時だよ!凹むのって!!

 

裏にあるホールでは(というか、僕らが裏にいるんだけど)

カチャカチャ、お皿とナイフが当たるおしゃれな

音と談笑が聞こえるわけですよ。

あちらにはキレイな色のワインが

こちらには汚れたお皿が、運ばれてくるわけですよ。

そこで、フォークでカチャカチャ、ラーメンを

作るというね。

が、

 

シェフがインスタントラーメンを作ってくれる(笑)

シェフがインスタントラーメンを作ってくれる(笑)

 

 

なんか得した気分、嬉しいわ!

 

が味はやっぱりインスタントラーメン。

が味はやっぱりインスタントラーメン。

まぁこれはこれで楽しんだけどねー。

 

って、楽しいことあるかい!!

 

出来上がったラーメンを鍋ごともって

蚊にビビりながら外で食べてる姿なんて

お母さんが見たら悲しむわ、

 

ってか20代の俺が知ったら号泣するわ。

 

 

とにかく、今のままじゃ

自己イメージが落ちまくる。

 

ここは、修正せねば!

まじで、大切ですよ、自己イメージ!

 

ということで、意を決してタクヤくんと

ホテルのバーへ!!

 

まずはビールのお値段を伺うと

1杯500円。

 

おし、宿代の半分(笑)

 

タクヤくんのバッグにビール缶とおつまみを

忍び込ませ、グラスを確保するために

とりあえず1杯ずつ頼み、宴をスタート。

(この時点で自己イメージがだいぶ低いのが分かるね。)

 

もう、かっこつけまくる。

 

イケメンタクヤ

イケメンタクヤ

 

イケメンカツオ(アニキ!ちゃんとタバコ辞めますんでお許しを!今だけなんで。※アニキ!はタバコ嫌いである)

 

一瞬のカッコ良さを真空パックして

旅の思い出フォルダーに保存していく。

 

 

1日お風呂に入らなかっただけで自分の体臭が

引くくらい酸っぱかったり、

ふと気を許した瞬間にウンチをちびったり、

もう、そういうマイナスなイメージは

全て削除。

 

将来の夢と旅を語りながら僕らの夜はふけて

 

いかない。

 

テントが寒くて3時頃起きちゃう。

 

もう、まじで向いてないわー。

こういう旅。。

 

うだうだ寝をしながら朝を迎えると

ガサゴソ音がする。

 

外を見てみると、置いておいた僕の

パンやスナックを猿や

鳥が食べまくってるしさ!!

 

猿を蹴散らしてると、

こんにちわー と日本語で挨拶。

 

振り返ると、The 旅人らしき人。

自己紹介。

 

でぼりさん。

でぼりさんと

 

僕の名前を言うと、

 

「かつお・・・さん?あ、もしかして。。。」

 

この御方、な、な、なんと!

 

 

アニキ!のご友人!!

 

もう4年ぐらい自転車で旅してるらしい。

ながっ!!僕には絶対無理。

 

ボツワナのこんな誰も泊まってないような

テントサイトでまさか会うとは。

世界せまっ!!!!

 

とは、もう思わない。

 

ぶっちゃけもう普通にあるよね、

こういうこと。

 

旅する前は有り得ない!と思っていたけど

逆に今は旅人と会ってFacebookで共通の友人が

いなかったら逆に驚く。

 

もう旅人って本当に皆つながってるから

変な行動は出来ないよね。

噂すぐ広まる。(これアニキ!が出発前に口が酸っぱくなるほど

言ってたことだけどホントだね。)

襟を正す思いである。

 

でぼりさんと談笑をして、お別れ!

 

僕らは次の国、ザンビアの国境に向かう

タクシーで400円くらい。

 

川の向こう側がザンビア

川の向こう側がザンビア

 

入国するといきなりアフリカ感が出てくる。

ザンビア国境

 

そのまま70キロ離れたリビングストンまで

乗り合いタクシーで1人400円。

リビングストンバックパッカーにチェックイン。

(ドミトリー1泊12ドル)

リビングストン宿

結構どころか、フツーに物価高い。

荷物をおいてすぐビクトリアフォールズへ!

行きはタクシーで600円(帰りは80円のバス有り)

入園料20ドル!!たか!

ビクトリアフォールズ

 

ビクトリア裸

 

猿を撮るタクヤくん

猿を撮るタクヤくん

ジンバブエ入国

 

ジンバブエ側もついでにいくけど

どっから見てもイグアスの滝に比べたら

迫力は1/10でした。。

 

宿近くのバス停に戻ると現地人が

超話しかけてくる。

バス停のオバサン

みんなフレンドリー すぎるも

バッグのチャックが気になる。疑ってごめん!

だって近いんだもん!!くっつきすぎ!!

距離感大切にして!!

ザンビアのバス停

 

 

市場で写真を撮ってると女の子が私を取れと

ポージング。が動き早すぎてブレる(笑)

市場の女の子

 

宿近くの市場。タクシー多すぎ。話しかけられまくる。

町並み

 

とまぁ、オチも無いんだけどね。

 

というのも、今精神的に参ってます。

アフリカに本気でつかれてます。

つか嫌気さしてます。

 

昨日、24時間かけてマラウィという国まで来たのですが、

途中、僕が立ちションしてるといきなり大勢の黒人に絡まれて、

身体掴まれて人影がないところに連れて行かれたからね。

2箇所で。

まぁこうやって生きてるんだけどさ。

 

もう本気で黒人の怖い人達とかやだ。

ってかね、こんなこと言いたくないけど

やっぱあるよ、肌の色で差別って。

 

こっちがなくても相手が全然あるよ。

完全に目の敵にされてるのかも。

詳細はまた明日。

 

今日は癒されたいっす。

あなたのクリックで。

ブログランキングに参加しております。

応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周