無事イスラエル到着!!


 

ペトラ遺跡を捨てた今、

アンマンに滞在する理由は一つしか無い。

 

 

スイーツ

いつもより大きめに画像を張ってます!それくらい好きです!

 

カナフェ!

 

激旨である!!

甘い衣の中にはチーズがたっぷり

入っており上にはあまぁぁいシロップが

かかっている。

 

カナフェの超人気店 Habibaという

スイーツ屋さんがコーダホテルから歩いてすぐの

ところにあり、あの味を忘れられない

甘党アニキ!が

 

「お願い有るんだけど、、、、

カナフェの作り方習ってきて。

あれは売れる!」

 

 

と言ったぐらいなんで(笑)

 

大きなプレートで焼かれるスイーツです!

大きなプレートで焼かれるスイーツです!

 

 

順番をまともに待てず、

なんなら信号も待てず、

ちょっとでも、モタモタしていたら

クラクションをブーブーブーブー鳴らす

ヨルダンの大男がなんと!!

これを食べたいがために

 

 

 

黙々と行列をつくるのだ!

 

 

 

そんなカラフェに僕は別れを告げる。

 

 

コーダホテルで知り合った子たちが

イスラエルに行くというので

僕も便乗することにしたのだ!

 

ユダヤ人がやっと手に入れた国。

 

まだ建国されて60年ちょっと。

 

沢山の血が流れ続けている国。。

 

色んな思いを抱いて僕は国境に向かった。

 

ブログランキングに参加しております。

1クリックして頂けると僕にポイントが入って目指している1位に近づけます。

応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

僕はイスラエルまでの行き方を一切知らず、

宿で知り合ったエリコさん、大地さん、めぐみさんに

言われるがまま付いて行く。

 

 

ヨルダンを無事に出国し、バスに乗り込んで

イスラエルの国境まで行くと

雰囲気がガラリと変わる。

 

写真を取ろうとしたが、バスの運転手や

周りの人に止められたので画像ない。

 

綺麗な建物の脇には、チノパンにネルシャツを来た

普通の若者がライフル銃を肩から提げて、

入国審査を受ける人々に指示をしている。

 

南米やアフリカの国でもライフルを持っている人は

何回も見てきたけど皆制服やら軍服を着ていた。

 

 

でもね、私服にライフルって、

案外ショック大きいよ。実際。

 

当然そのライフルを提げた人は

それなりの軍人なんだろうけど、

ライフルが生活に溶け込んじゃってる感じはするよね。

 

きっと洒落とか通じない国なんだろう。

 

僕が、入国審査の所でトイレに行きたくなって

軽く走ったら

 

「走るな!!!」って銃もってる

イケメンに注意されたからね。

 

彼らも怖いんだろうな。

 

だから、瞬殺出来るライフルに

いつも手を置いているのだろう。

 

3段階の入国チェックを受ける。

 

どうやら、イスラエルへの入国は色々と面倒らしい。

どこどこの入国スタンプが有ると質問攻めに合うだとか、

逆にイスラエル入国の際に、スタンプをもらうと

シリア、イラン、サウジなどの中東に入国できないだとか

とにかく四方八方と問題を起こしているイスラエルの入国は

世界一周系旅人にとっては何かと気遣いが必要だと

旅中に何度も耳にしてきた。

 

てか、皆もっと上手く入国審査の緊張感や

ややこしさをブログで説明するんだけど

僕出来ないや(笑)

 

というか、個人的に

あまり気にしない方がいいと思いますよー。

別に変なことしにイスラエル入るわけじゃないし。。

 

僕は、入国審査の時に

滞在場所、期間、目的、今まで行った国、

日本での職業、一緒に来た女性3人とは

どこで知り合って、どこに行くのか?

 

など聞かれました。

 

アメリカも入国で色々と聞かれることあるけど

まぁここまででじゃないよね。

 

一緒に来た子のうち2人がシリアとかの

スタンプがあったりして、皆、入国出来るか

心配だったが、時間はかかったものの

全員がパス出来た。

(ここらの国のスタンプを気にしてる旅人の皆さん!

どうやら大丈夫でしたよ!たまたまかもしれませんが)

 

国境からエルサレムまではバスで40分程度(42シュケル!!1200円くらい!)

 

繁華街ぽいところで降ろされる。

 

本当は一緒に来た女の子3人と同じ宿(イブラハムおじさんの宿)に

行くはずだったのだが、少し中心街から離れていると聞いて辞めた。

 

かと言って宿は全く決めていないどころか、

イスラエルの情報ゼロ。

 

どーにでもなるさ。

 

さすらいの旅人、かつお。

 

俺は、誰ともつるまない。

 

1人であてもなく街を彷徨うさ。

 

今どこかわからないけど。

 

ということで、バスで一緒だった

フランス人女性のダフィンと

アメリカ人男性のライアンが

近場のホステルに行くということで

 

 

 

早速つるむことにした(笑)

 

 

なんならバスを降りて荷物を

受け取る前に話しかけた。

 

 

「ねーねーどこ泊まるの?

俺も付いて行っていい?」

 

 

僕方向音痴だし不安じゃん。

 

でもなんか、手抜きを覚えたというか、、

 

これって本当は良くないんだけど。。

 

もう、宿とか観光情報、調べるのダルくて。。

 

ほんと、旅好きの人、こんなこと書いて

ごめんなさい!!

 

この調べる時間がワクワクで

楽しいんですもんね!!

 

でも旅に出る前は、

こんな会って1秒ぐらいの旅人に

図々しくついていって、

一緒に観光したりご飯食べたりするなんて

想像にもしなかったな。。

 

旧市街に有る

HERBRON Hostel  ドミ1泊60シュケル(1700円くらい)

 

宿イスラエル

洞窟の中みたいな部屋

 

 

宿に荷物をおいてダフィンとライアンに

誘われるまま市内を歩く。

ライアンは僕がアメリカで住んでた時にいた

ニューポートビーチに住んでいるらしく、

まぁまぁ話が盛り上がる。

ダフィンとライアン

ダフィンとライアン

欧米人て、ほんと似合うね。こういう町並み。

 

エルサレムの旧市街は入り組んでいて

色んな宗教の人が歩いている。

 

 

アフリカは黒人ばかりで

普通の人、貧しい人、超貧しい人、

泥棒、良い人、怖い人、優しい人が

混ざっていてカオスな感じがあったけど、

 

イスラエルは

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教が日常的に

混ざっていて更にユダヤ人、パレスチナ人の問題やら

さらに軒先で売っているスパイスの匂いも混ざって

ちょっと他国とは違う雰囲気の重たいカオスな感じだ。

 

ただブラブラと街を歩いてるだけなんだけど

切なくなってくる。。

僕には複雑すぎて、無知すぎて、

簡単にイスラエルのことを書けない。

ごめんなさい。

ちょっと自分の中でちゃんと

考えを整理します。

 

 

親切なフランス人女性ダフィンはガイドブック片手に

旧市街の見どころへと色々と連れて行ってくれる。

 

ギター弾いてるおじさん

ギター弾いてるおじさん

 

頭になんか乗ってる。これなに?

 

旧市街2

 

旧市街1

 

 

嘆きの壁

 

 

アルメニア

 

祈ってる

 

どれくらい歩いただろうか?

色んな想いを胸に僕らの

口数は減っていった。

 

ダフィンは、今度はあの丘の上の方に行こうという。

 

僕はずっと心にあった言葉を発した。

 

 

 

 

 

「俺、先帰るわ」

 

 

 

 

ごめん、歩き疲れた(笑)

 

誰とつるんでも、自分のペースは崩さない。

 

それが僕。

 

「え、なんで?一回休憩したい?」

 

と聞かれるが、断る。

 

1人になりたいんだ。

 

 

 

ついてきた存在のくせに

自分勝手で申し訳ないけど!!

 

 

夕飯を一緒にとる約束をして、

僕はその場を去った。

 

 

夜は皆でトルコ料理を食べ

その後は、飲みに。

皆で飲み行く

 

そして水タバコ?りんごの味がして美味しかった!

フッカ1

パリジェンヌの咥え方

 

フッカ2

カリフォルニア式

 

フッカ3

なんか、しまらないね(笑)

 

 

 

明日はテルアビブ大学で起業家の皆さんに会った報告です!

ハンパ無く刺激受けました。

みんな良いアイデア見せてくれました!!

 

旅してる場合じゃない!!!

早く帰って、俺も俺も俺も!!

スタートアップしたい!!!

ちくしょーーー!!!!

 

 

アイデア全く無いよ!!!

 

頑張れ俺!!!

 

1位目指してます。クリック何卒お願いします!

 

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周


無事イスラエル到着!!」への12件のフィードバック

  1. 俺帰るわ!最高だよ。罪深き男…

    そんな貴方に贈ります。

    カツオのテーマ’80

    カ~ツオには~ 自分の世界がある。
    たとえるなら 空をかける
    ひとすじの流れ星~
    孤独な笑みを 夕陽にさらして
    背中で泣いてる カツオの美学~
    (カツ~ カツ~カツ~カトゥ)

    カツオちゃん、くだらないコメに返信なんて不要です。

    • 満子さん なんか良い感じになって来ました!旅!!たぶん(笑) 浮き沈み激しいですが。

  2. 無事、入国できて安心しました♪
    にしてもかっちゃん!ちょーわがままーっ!
    そんな我が強かったっけ?笑
    仕方ない、友也の「わがまま番長」の称号をかっちゃんに譲るよ( ̄^ ̄)ゞ

  3. イスラエルか。
    「ミュンヘン」って映画を思い出す。
    っていうか、昨日見てた(笑)

    なかなか安定しない国だけど、いろいろ見てきて。
    ついでにキブツで半年くらい働いてきて!

    ブラジル人の僕の同僚もちょうどテルアビブに入ってるところ。
    旅人の法則でもし会えたらよろしく(笑)
    とにかく日本大好きのいい奴です。

    • 南風堂 まじか!?テルアビブめちゃめちゃブラジル人好きそう!クラブとかあってさ。楽しそうだよ、この街!!その人バックパッカー?じゃあ宿同じかも。

  4. なんだかどんどんカツオさんが旅人になってる。。。
    ブログが最初の頃とは別人のようですね。でも時々、「ああ、やっぱりカツオさんだ。(笑)」って思うところがあるから安心だけど。。。
    だって知らない人に声かけれない、シェア飯入れてもらえない、とか言ってたのに、今では知らない人についてっちゃえるんですもん。
    これからどんなふうに変わるか楽しみです。
    でもブログは昔のカツオ風味が強いほうが好きです(笑)

    • ちはさん

      ほんとだ!!そういえば、そうでしたね!!!僕、最初の方そうでした!!(笑) 今とか「シェア飯しようよ!!僕なんも作れないけど!片付けガンバるから!」とか平気で言いますからね!

  5. カツオさん、
    お会いできてよかったですよ。いやーブログの雰囲気そのままの方。楽しませてもらいましたよ。
    あと素敵な写真のアップをありがとう。素晴らしい旧市街の写真。あれは、外からの人じゃないと撮れない写真だね。
    それにしてもクナフェがお好きなんだ。じゃ土曜日が楽しみだ。。。

    • 水谷さん  こちらこそ有難うございます!というか水谷さんと写真とるの忘れました!!明日よろしくお願いします(笑) 僕、ブログのイメージと全然違うと思うんですけど!!無口というか、、、でも水谷さんはイメージと同じでした!!

  6. うんうん。
    カツオ、写真上手くなってきたじゃん。
    いいんじゃない?
    そんな感じで入れれば?

    • マイチャーミー近くに住んでいた男ですね(笑)いや、たまたまです!というか写真ってセンスですよね。そっちを磨くのが僕、先ですね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。