旅中断の理由


今日も非常に慌しくて時間がないのでソッコー日記いきます!

 

暫く旅の話から脱線していますが・・・(いつもか!?)

ポチで応援して頂けると嬉しいです。

 

ブログランキングに参加しております。

クスっとしたり、暇つぶしにしてるよって方は

1クリックお願いします!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

スマホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

 

実は、数日前に、アニキ!からではない “実の兄” から連絡が来た。

 

 

「婆ちゃんがヤバイ!!末期ガンで、

もう長くないらしい!!」

 

 

僕は驚いてすぐに返信する

 

「え?!!まじか?

ヤバい!ってどーゆうこと?

長くないって、もう危篤なの?

今どういう状態なの?」

 

 

8歳年が離れたの僕の兄は家庭の事情で

お婆ちゃんと小学生の時まで一緒に住んでいて、

婆ちゃんっ子というか

母親より大切に思っているぐらいだ。

 

僕はといえば、まぁ小さい時は

よく遊びに行ったがここ20年ぐらいは

年に1,2回顔を合わせるぐらいだった。

 

いくら婆ちゃんと言えども

関り合いの深度が違うと

感情の移入も変わってくるのが人間だろう。

 

僕は兄に比べ、至って冷静に聞いてしまった。

 

 

兄は続ける

 

「とにかく医者が覚悟して下さいって末期がんなんだよ。

しかも出血してるって。マジでヤバイ!!

お前いまどこだよ?早く帰って来い!」

 

 

「いや、だから正確な状況教えてくれよ!

それで行動決めるから」

 

 

冷たいと思われるかもしれないが

この言葉の意図には

 

◯もう危篤で今晩が峠なら帰国しても意味が無い。

◯まだ今年いっぱい持ちそうなら今、直ぐ帰国する必要はない

◯手遅れだがまだ意識が有るようなら、状況を見て一時帰国を考えたい。

 

 

という気持ちがあったことは事実だ。

 

しかも婆ちゃんは95歳で大往生と言っていいだろう。

 

感情的には悲しいが理論的に考えても

お婆ちゃんに意識がない時に僕が帰っても

お婆ちゃんの感情を豊かにすることは出来ない。。。

(自分の親だったらまた別だが)

 

 

すると兄は僕の意図を察し激怒した。

 

 

「てめぇーーは何なんだよ??

もういいじゃねぇかよ!!

身内より旅が大切なんか?

遊んでんじゃねーかよ!」

 

 

ハッキリ言って的を得ているが

僕は僕で、こういう形で旅を終了するのは納得出来ない。

 

 

とにかくご覧のように、

結論から言うと、

僕は完全に返答を間違えた。

 

 

僕はまず

 

「分かった、すぐ帰るわ」

 

と言ってから状況を聞くべきだった。

 

(もし僕と同じような状況になったら

とりあえず帰る意思を示したほうが円満です。

その後で帰国の件はいくらでも調整はできるかと。)

 

 

何しろ、傍で婆ちゃんの状況を見ている兄や母親は

婆ちゃんの状態を心底不安していて、心底心配なのである。

 

当然、兄が、弟に対して

 

「血がつながってるならコイツも俺と同じ気持だろう、

心配しているだろう」

 

と思ったことは想定できた筈なのに。。。

 

身内に対する思いやり。

ココらへんは成長してなかったか。。

 

 

僕は、そのまま兄と口論になり

今だ和解できていない。

というか

兄が怒ったままである。

 

僕はそれから迷いに迷った。

 

もちろん、アニキ!にも相談した。

 

コレに関してアニキ!は

僕の思考回路に理解は示したものの

基本は帰るべきだけど、

お婆ちゃんと僕との繋がり具合が分からないから

最終的に自分で考えて決めろ ということになった。

 

そりゃそうだろう。。

 

それから数日間、僕は母親に連絡をとり

婆ちゃんの様子を聞くと、

意識はあるが、手の施しようはもちろんなく

どうやら、病院もお手上げ。

 

 

「帰宅してそこで、お見送りをしてあげた方いいでしょう。」

 

 

という話に落ち着いたようだった。

 

呆けも進んでいて、

意識も朦朧としていることが多いらしいが

調子が良ければ話は出来る状態にはあるという。

 

 

本人も、もう長くないと悟っているらしい。

 

 

迷う。

 

 

死は近いだろう。

 

 

今、帰って俺に会っても

認識できるかどうかは定かではない。

 

 

考えた。

 

 

こればっかりは数日悩んだ。

(状態は一刻と悪くなっているにもかかわらず。。

ここの決断は遅かった。。)

 

 

で、やっぱり思ったのが

このまま、旅してる最中に

万が一、婆ちゃんが亡くなったら100パーセント後悔するし

後味も悪く、

気分的にもノンビリと旅なんかしてられなくなるというものだ。

 

結局自分の気分を優先してしまっているが。。

 

とにかく婆ちゃんの意識が朦朧としていても

一言、二言会話することが出来るなら

帰って、顔を見せておくことは大切だろう。

 

今世界一周を中断することは出来ないが

顔を見せて、また戻ることも可能だ。

 

 

すぐにチケットを検索する。

 

 

イスタンブールから成田まで往復でも片道でも

1000ドル近くしやがる。

 

しかも、その後またトルコに戻る必要もないから

次のヨーロッパまでのチケットを検索すると

これがまた高いじゃないか。

 

身内がこんな時なのに金を計算する自分が

情けないが、現実はこんなもんだった。

 

作戦を変更してヨーロッパのどっかの都市からの

往復チケットを探す。

 

 

ローマ 〜 日本 往復が700ドルで見つかる。

 

(モスクワ経由で安くない?!時間はかかるけど、もう価格破壊です!)

 

これに決めてチケットを即購入。

 

カッパドキアからローマまでの

一番安いチケット300ドルも、それに合わせて購入。

上手く時間が合わず

 

イスタンブールで12時間待ち、

ローマで17時間待ち。

 

 格安チケットなんで、これも仕方なし。

(最初の頃を考えると、こんな風に思えるようになったなんて、

それだけでも自分でビックリだし!(笑))

 

 

僕は近日中に日本へ一時帰国を決めた旨を

アニキ!にメールする。

 

「OK! 良い選択!

で、どれくらいの期間帰国する?」

 

「2泊3日で帰国します。ヨルダン並の滞在期間です。」

 

「え!? 短か!!!

うーん。

感心というか、

その逆というか、

なんというか・・・。

トルコ―日本間の往復の移動時間だけで80時間だろ?

それで日本滞在時間は60時間くらいか・・・。」

 

「とにかく今、婆ちゃんに会っておきたいんで

今は婆ちゃんに会っておくって事に意義があるんです。

とりあえず、日本帰ったら、

お泊りセットもってアニキの家に泊まりに行くから

よろしくお願いします!

 

 

はぁ!?

いやいやいや、それはダメっしょ!

カツオはまだ旅の途中なんだから。

最後までちゃんと旅をまっとうして帰ってくるまで

俺はオマエに会うつもりはないからな。

今、会ってしまうと全てが台無し&微妙な感じになるだろ。」

 

「な、なんなんすか!!

せっかく日本まで帰ってきているのに!

けど、、、まぁ、確かにそうですね!!」

 

「とりあえずその日程なら身内以外と絶対会うなよ!

日本食も禁止な。

友達と会うのも勿論禁止!

旅すべての行程を終えるまで我慢して。

帰国した時の達成感、大事ね!

それくらい徹底しないと、オレもブログ読んでいる人も興ざめしちゃうしね。

ってか、カツオ自身、冷めるべ?

数ヵ月後の本帰国の時にガッツリ、成田でハグしてやっから!

まぁ、とにかく気をつけて帰ってこい!」

 

「分かりました!

なんか皆にも気を使わせてしまいますしね!

りょーかいです!

皆には事後報告する異にして、帰国します!」

 

 

というわけで僕は急遽カッパドキアから

ローマ経由で40時間掛けて日本へ向かうことにしました。

 

 

婆ちゃんが意識あるうちに間に合いたい

という願いを込めて。。。

 

 

カツオ間に合えーーーの応援お願いします!!

 

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

スマホ・タブレットの方はこちら→にほんブログ村 世界一周

 


旅中断の理由」への31件のフィードバック

  1. 今からGmail 書きます。その選択は間違いじゃないよ。絶対間にあうよ。何教でもいいから、祈るんだよ!

  2. 帰るって決断してくれてよかったです!
    私もきっと同じように考えるだろうし、迷いそうだけど、やっぱりそこは血のつながりとか大事にするべきことがあると思うし…
    お婆ちゃんに無事会えますように!

    • えみさん  ですよね。。案外大事ですね、ここ。。うん、帰国の判断で良かったと思います。。多分。

  3. いやー、確かに自分でもその状況は帰国するか迷いますね。その心の葛藤をブログで書けちゃうかつおさんの勇気が凄いと思いますわー。「人でなし!」とか言われて炎上しちゃいそうじゃないですか。

    • くまさん  いやいや、何も考えてないだけです(笑) あと人でなしってのは今まで充分伝わっちゃってるかとw

  4. カツオさん!間に合えー!!(*_*)
    そして二泊三日ですが、笑
    ゆっくりしてきて下さいねっ。
    元気な姿で戻ってこられるの待ってます!

    私のとこではG8の会議で阿部首相も来てるとかなんとかで沸いてますよー。笑

    • mimilyさん 無事に会えました!!有難うございます!日本食ぜんぜん食べてません!!

  5. かつおさんの選択は絶対間違ってないですね!
    応援します

    アニキの日本食も食うなに少し笑ってしまいましたがさすがです

    おばあちゃん幸せですね

    • きのこさん  もう、中華である、ラーメンも日本食なんじゃないか?ってことで、ほぼ毎日サイゼリアとマックでしたw

  6. マ、マ、マ、マジか〜!
    いや、絶対ちょー良い選択だよ!世界一周はかっちゃんが生きていればできるしね!

    会える〜♪と思ったけどアニキ!さんの言う通り冷めちゃいそうだからアジアで会いましょう^^

  7. 昨年、私は連絡うけて
    すっ飛んでいったのに、
    間に合いませんでした…
    (いま思うと連絡きたのが遅かった!)

    かつおさんはどうか間に合って!!

    そして、お兄ちゃんとなかなおり!

    • みづきちゃん  間に合ったけど、兄は結局電話でてくれなかったし連絡もなかった。悲しいけどまぁ仕方ないや。。

  8. なんとなく予想はしていたような事でしたが、よい決断をされました。家族は一生のおつきあいですからね。アニキのフォローもいつもながら気が利いている。間に合う事を祈っています。

    • ゆうさん  有難うございます。そうですね。今回まじで帰国して良かったです。色々と考えさせられました。

  9. かとうまりこさんという旅人も同じような状況で生きてるうちに会い、見送ることもなく旅を再開してました。
    親の親が亡くなろうとしている。身近な人を亡くすとというのは大変つらいものです。亡くなる過程もつらいのです。父母、兄もいたわってください。

    • まぁさん  そうですね。まわりの家族もとても大変そうでした。見送るのを待つというは、まぁ変な表現ですが、死ぬのを待つっていうことにもなるので、僕は次帰ってくるまで元気でいてね!と行って旅を再開することにしました。

    • りりーさん  1位おめでとーー!!!ってもう勘弁してやーーー!!(笑)強すぎ!!

  10. 人間には 喜怒哀楽というものがあります。
    かつおには哀も愛もが欠けていますね
    オレもブログ読んでいる人も興ざめしちゃうしね   なんて、
    その為の旅?
    くだらない
    興ざめした
    人の命を何だと思ってる
    読んで吐き気がした
    残念だわ マジ 

    • ひどいカキコについ関係ない私が返信してしまった/ _ ;
      かつおさんは旅を中断させてお婆さんに会いに行く決断をされました。

      それが愛も哀もない行動ですか?

      帰国を一瞬でも悩んだってところが匿名さんの興ざめしたところですか?
      匿名さんこそたった少しのブログの記事だけでその人をそんな風に言えるなんて愛も哀もない風な方に思えてしまいます。

      人の心の機微まではネットの中ではわかりにくいですよ。

      • きのこさん コメント有難うございます。かばっていただいて恐縮です(笑) そーなんですよ。この匿名さん結構厳しいんですよーー!でもきっとこの人も僕と実際に会えば、わかってくれると思うんですけどね!

    • 匿名さん ですね。たぶんまじで欠けてます。因みに今回で言うと、「帰るのに迷った」というところが吐き気がしましたか?

    • 失礼ながら吐き気がするは言い過ぎではないでしょうか?匿名さまの言いたいこともわかる気がしますが、日本に帰る決断をした人を、そんなふうに責めることはないと思います。

  11. 婆ちゃんのところに行く決心して良かったですね。

    長文お許しください

     私の経験ですが、数年前、大好きだった祖父が亡くなった時、私も海外にいて仕事してたんです。
    母は私に祖父の死を伝えず、聞いたのが半年ほど過ぎた日でした。悔しかったですよ~
    帰ることは出来なかったけど、せめて祈る事はできたのに。と泣きました。
    今年3月に祖母が亡くなりました。葬式には来なくても良いよ。
    と母は言ったけど、せめて死に顔を婆ちゃんが好きだった山の家で見たいと
    必死で20時間車飛ばして帰りました。
    そしてその行動は悲しんでいる母の心も楽にできたんじゃないかなと、自負してます。
    家族、親族が多く集まる葬式という儀式は故人の集大成でもあるのですね。
    たくさんの親戚が集まってたことが誇りにもおもえましたよ。
    お葬式は素晴らしい儀式です。また、滅多に会えない親族との同窓会みたいなものを故人が用意してくれたものの様に思えてなりません。
    まだ闘病されてるお婆様が幸せなお顔で、皆様親族に対面出来ますように、お祈り申し上げます。

    • 渡邊様 メール有難うございます!!そんなことがあったのですね。。僕も今回超迷ってましたが、戻ってよかったと思います。兄とは会えませんでしたし話せませんでしたが、まぁもともと旅に関しても怒ってるので仕方ないです。僕が成功すれば、全てがうまく収まる気がします。もし僕が完全帰国の前にお婆ちゃんが亡くなっても僕は葬式には出れないと思いますので、今回帰国して良かったです。

  12. 80時間の移動。。
    かつおさんご自身の体調も気をつけて・・・
    間に合いますように(>人<)

    • ともっぴさん  まぁ片道40時間なんで!!で帰りは実はそんなかからないので余裕です!!有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。