スペイン

お金から離れる旅

ブログランキングに参加しております。

最初と最後に下記のバナーがあります。

読んだよ!暇つぶしになったよ!クスっとしたよ!

の証にクリックしていただけると嬉しいです!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

スマホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

7月3日 バルセロナへの移動日。

ブエリングAirというLCCで

フェズーバルセロナ間 90ユーロ (1時間半のフライト)

 

ヨーロッパはLCCが発達しているので

とにかく気軽に各国を回れるので有難い。

 

お金に余裕があれば正直、

ヨーロッパに数年住んでブルジョワな生活したいな。

なんか良くない?ブルジョワって響きも。

 

 

 

で、

ブルジョワってどういう意味?

 

 

 

バルセロナへのフライトは夕方。

 

それまでお土産物を買いに

フェズのメディナを彷徨く。

 

もう値札が無いので常に

交渉になるのだが、最終的に

無理やり値下げさせちゃった感があって

悪かったかなぁーと思って、また違う店で値段聞くと、

同じようなものがもっと安かったりと、

気持ちいい取引が出来ないのがモロッコの特徴ですね。

 

まぁそれでも安いからいいのだけど。

 

安いと言えば、偽物が安かった。

まぁ偽物だから当然なんだけど。

 

カルバン・クラインのパンツ。

日本で正規品3000円するものが約250円。

 

カルバン・クライン

 

 

バンズのシューズ(これめっちゃ欲しかった)

日本では6000円するものが500円くらい。

 

スニーカー

 

実際、パンツも靴も本物と遜色のない程、質も良かったし

一見どこが偽物か分からなかったなー。

(多分カバンとか時計のニセモノほど作るのが難しくないのかも)

 

こうなるとブランドって何なのかな?

って本当に思いますね。

 

たとえばブランド物だと質がいいのは確かだけど

偽物の質が上がってしまった現代、

もはやブランド品を高値で買う行為は

自尊心とか優越感以外のナニモノでもなくなるのだが

 

相変わらず、偽物を買うその心理は

なんだか言葉に表せない歪みを感じてしまう。

 

僕も若いころ韓国に行った際に

ブランド物のコピー品をいくつか買ったけど

まじでそれを堂々と持ってる自分が恥ずかしかったな。

 

なんと言うか、心が汚れた。

 

それは自分がこのブランドを持っているのに

相応しくないのに、身につけたがって、

さらに本物には勿体無くてお金を使えないから、

ニセモノ買う。みたいな下品さがどうしょもなく嫌だったな。

 

でもね、今は別にぜーーんぜん気にしてないから

デザインが可愛ければニセモノだろうが本物だろうが

気にしない。

 

が、やっぱりニセモノは買ってはいけませんね。

 

 

これはそのデザインを考えた

アーティストへのリスペクトのために。

 

 

ただ、単純な”モノ”としての値段が

ふさわしいかどうかは前述したとおり。

 

つまりブランドって、

もう精神安定剤的な気がしますね。

 

 

今、堂々とレイバンのニセモノ以下のサングラス

(レイ バム みたいに表記)

してるけど、全然気にならないけど、

 

日本にいた頃ならヤフオク使ってでも本物を安く買ってたな。

 

さて、最後はいつもの超バタバタ

タクシー運転手と大喧嘩、

バンバン車を叩きながら文句を言って

フェズの空港へ到着。

 

もうね、ブエリング航空乗った瞬間に

めっちゃめちゃテンション上がったわーー。

 

正直、もう僕、人種差別者でいいっす。

 

もうめっちゃめちゃ本音で言うね。

 

 

 

欧米人を見た時の安堵感って

言ったら無かったよ。

笑みがこぼれたね。

 

 

 

それに比べて僕に話しかけて来たモロッコ人?

 

 

疑いまくっちゃったよ!!

ボルわ、触るわ、吸うわ、ばっかりでさ!!

 

 

 

うーん、でも貧しいから仕方ないのかな?

いや、いいモロッコ人もいたぞ!!

(若干名)

 

まじでしょうもないモロッコ人、将来見つめて頑張れ!

 

お前もな!って言われそうだけど!(笑)

はい、程々に頑張ります!!

 

 

それにしても

 

「金持ち喧嘩せず」

 

って意味が分かるな。

金持ちって文字通りの金持ちじゃなくて

お金に対する卑しさがなければ

穏やかでいられるんだよね。

 

金に蝕まれた人間が、ああやって金に捕われ

人を騙して、利用して、吸い付いて、

結果、喧嘩もして自分も嫌な思いをするというね。

 

精神的に不健康ですね。

 

 

何回かブログで触れてるかな?

僕がこの旅で1つ成長したかったこと。

 

それが

 

 

“お金”から離れること。

 

 

お金を優先して生きないで

自分のやりたい事を優先してみるという訓練。

 

 

(これも実はアニキ!から

言われていたことなんだけどね(笑)

自分がとことん無くてスンマソン。)

 

だから、最初は頑張って無駄遣いしたんだけど

 

お金から離れるっていうのは、

“無駄遣いする事じゃない”って

お金が無くなって心底気がついた(笑)

 

というわけで、お金については、まだ模索中。

 

僕にとって、お金から離れるって凄い難しい。

でも離れないと、お金が行動の基準になっちゃう。

 

すると、僕が望まない人間になっちゃう。

 

旅していて気がついたことの1つ。

世の中にはお金に縛られている人がゴマンといる。

 

別に悪いことじゃない。

あたり前のこと。

 

だけど、お金に縛られていない人も大勢いて

どちらが豊かに生きてるかは言うまでもない。

 

うん。

やっぱり僕が旅のサブテーマとして目指している

 

“お金から離れる”

 

という考え方は間違っていない筈。

 

というわけで、苛ついたけど

大変勉強になりました!モロッコ。

 

 

夜11時!バルセロナ到着!!

うひょーーー!!めっちゃ綺麗!

 

深夜12時ホステル到着!

 

で、ドア開かねーー!!!

まじで泣きそうになる。

ベルを鳴らしても電話をかけても出ない!!

 

1時間以上途方に暮れる。

 

と1人のオーナー風のオジサンが

鍵をもって現る!!

 

 

「どんだけ待ったと思っているんだ!」

 

と文句をいう!!

 

すると、おじさん、宿泊者でした!

 

怒ってゴメン!!(笑)

 

どうやら、このホステル無人らしく

予約時にドアの暗証番号をもらっているらしい。

(僕の確認不足)

 

中に入ると機械があって、

そこに予約番号とか入れると

鍵が自動的に出てくるの。

 

すごくね?ビジネスホテルみたい。

 

先進国の凄いところと駄目なとこ。

途上国なら、夜中着いたら寝ぼけた

管理人がダルそうに不機嫌に対応してくれるのに

機械じゃトラブルの対応できないじゃん!

 

とにかくオジサンのお陰で無事に

ホステル内に入れたから良かったけど!

 

明日はいよいよ、ドキドキのバルセロナ!!

めっちゃ楽しみ!!ずっと楽しみだった!

もう完全に旅行客気分ですみません。。

 

ブログランキングに参加してます。

読んだよんの証にクリックしていただけると

めった嬉しいです!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

スマホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周