世界遺産の遊び方と学び方


イタリア、いやヨーロッパのお散歩も終盤。

この日はミラノからフィレンツェへと移動する日である。

 

フィレンツェは訪れた人たちが口を揃えて

ナイスだったと口々にする街。

 

列車のチケットが高かったが行くことにした。

午後5時ぐらいまで普通列車(38€)がなく

午前中にユーロスターでいくことにする。

1時間30分程度のショートトリップ 50€!アウチ!

 

宿に到着。

 

というかイタリアの宿によくある

トイレがこれなんだけど、

意味がよくわからないのでご覧頂きたい。

 

1トイレ

 

これって右が男性用のおしっこで

左がいわゆる大の方ですよね?

 

色々と突っ込みたいのですけど、

まず、右の男性用トイレ?のすぐ上に蛇口があるから

いわゆる、的にあてるのが結構難しい。

そして、的にちゃんとあたっても、

尿が跳ねて、蛇口が汚れないかね?

 

そして、そもそも男性用トイレの優しさいらないから、

大のトイレに便座つけてもらえないかね?

 

そして、この便座無しのトイレって世界中で見かけるんだけど、

旅の初期とか、この便器で大をする際に

色々と葛藤があったわけです。

 

腰浮かしの術、

便器に足を載せ和式型でやる術、

便器にトイレットペーパーを敷く術、

 

とね。

 

で最終的に落ち着いたのが

 

普通に着座。

よっぽど汚れていれば別だけどね。

 

でも、イタリアだと画像のようにお尻をスライドさせれば

洗うことも出来るし、なんか便利である。

 

って、隣の便器?はそのためにあるのかな?

 

さて、フィレンツェに到着するも半日過ぎていて

思い切り動きまわることは出来ない。

ということで、今日は半日を利用して

ピサの斜塔に行くことにした。

 

ピサの斜塔は、フィレンツェの駅から電車で1時間+徒歩20分。

場所は全く分からないがピサ駅に降りると皆、そっちへ行くので

ついていけば問題なく見つけられる。

 

で、ピサの斜塔。

思ったより高くはないが

 

思ったより斜めである!

(画像ではわかりにくいけど)

 

1ピサ1

 

因みにピサの斜塔。こちらも世界遺産となっている。

 

どーだろ。こうも頻繁に世界遺産を見続けると、

こっちの感動もバカになるというか、

ガバガバになるというか、

 

 

あーーこの子はコッチ系ねー。

 

 

みたいな、いわゆるヤリチン(マン)が

勝手にウブな子をカテゴライズしちゃうように

Goodなスポットがわかるというか、

その世界遺産との付き合い方が分かるようになる。

 

ピサの斜塔はもちろん眺めて感動というより

 

1ピサ

一緒に撮影して遊ぶ系の世界遺産である。

 

 

トリック2

広場に集まっている皆が思い思いに記念撮影をする。

奥の人が押して、手前が支える系のトリックアートか?

 

 

トリック1

とにかくキックである。

 

 

トリック3

せんだみつおゲームである。ナハッナハッ。

(違うなら何のトリックアートだろ?)

 

 

皆が思い思いに右曲がりのピサと写真を撮影している。

そんな世界遺産の広場。

 

僕も何か1つしたいとバナナをもって

公には言えない感じで遊んでいた。

 

バナナとピサ

 

 

 

すると、、、

 

 

「かつおさーん」

 

 

と呼ばれるではないか!

そ、そこにはモロッコで会った日本人旅人こうちゃんが!

まさか、こんな場所でこの時間に偶然会うとは。

 

世界は本当に狭いのである。

 

19歳の頃を思い出す。

僕は当時彼女がいたが、

どうしてもYという他の子ともデートがしたく、

アリバイをしっかり作った後、

地元から離れた場所で、完全犯罪に及んだのだが、

後日、付き合っていた彼女から、

「私の友達が先週、勝雄と違う女の子が

◯◯でイチャイチャしてたのを見たって言ってるけど」という

分けわからない事を言われたことがある。

 

んなバカな!あの場所は君らのテリトリー外の筈だ!

そして、その日、僕はバイトしていたんだ!

シフトを見てくれれば分かる!

絶対にその子の見間違いだ!

バイト仲間に聞いてもらってもいい!

(ちゃんとアリバイ工作はしてあるんだ!)

 

 

が、あり得るのだ。

 

確信した。バレる。悪いことって。

 

世界中でこんだけ会うんだもの。

もう日本にいたら、そこらじゅうで

会ったり見られたりすると思っていい。

 

当時と同じ事、こうちゃんにも言ったよ。

 

「こ、こんだけ人がいたのに、俺って、よ、よく分かったね。。」

 

いい年こいてバナナ片手にピサの斜塔にいたので

できれば知り合いに見られなくなかったのが本音である。

 

1ピサこうすけ

「いや、かつおさん、めっちゃ目立ってましたよ」

 

 

そうなのである。つまり今日書きたいのは、

人と少し違うことをしているだけで、

目立てるものなのである。

これをもっと早くに知って僕も実践していたら

スターになっていたかもしれない、という話なのだ。

 

ピサの斜塔も真っ直ぐ立っていれば

世界遺産にならなかったものの、角度が曲がっている

という他には無い特徴を持っただけで

これだけ人を惹きつけ、多分観光客の収入だけで

えらいことになっているはずだ。

 

日本人特有の右にならえではいけないのだ。

何でもいい。

 

周りとは圧倒的に違う特徴。

 

それが、個人の武器になるのだ。

ということをピサの斜塔から学んだのだ。

 

という、ネタがないから無理くり

良い事を書く作戦。いかがでしょうか?

 

 

さぁ次はヨーロッパのお散歩も終盤!いよいよ

最終目的地ロンドンへ。

6年前か?ずっと世話になっている友人がロンドンに転職をして、

それから行く行くと言っていたものの、こちらは

プライベートがすっちゃかめっちゃか。で、ずっと行けず。

さらに最近、アメリカ時代のルームメイトもなんだか

ロンドンに研修だかで、景気が良さそうなので、

おこぼれを預かりに行く予定である!

 

Mくん、タカ、では明日ねーー。

あとロンドンにいる人、あそびましょー。

僕昼間はめっちゃ暇なんで(笑)

 

ブログランキングに参加しております。

皆が皆やらない1日1回クリック!なんででしょう?w

つまり、クリックすれば貴方も他人と差別化!是非どうぞ!

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメール → こちらから


世界遺産の遊び方と学び方” への24件のコメント

  1. お手洗いの写真の、左は男女共用便座で、右は女性のおまた洗いだと思うけど違ったらスンマソン!

      • 今のところのコメント数。
        ビデについて2件。
        Mさんと削除依頼1件。

        ピサの斜塔に誰もふれていない!
        ショックで明日まっすぐに立つかも。

  2. はじめましてで失礼します。

    それはビデです。
    そこでオシッコしないでー(>_<)

  3. 何も考えずにコメントしたのでふと恥ずかしくなり削除しようと思ったけどこれ削除できないんですね(TT)すみません、、削除おねがいいたします。。

  4. お疲れ様です!カッチャンバレた?! オレだよオレって、全然同級生じゃないッス。歳は1個下ですがね…。 カッチャンは目立っちゃうんですね!!(Ibiza タンクトップのせい?) 読んでて思ったのは、大物は目立つし、空気読まないし、興味無い話は全然聞いてない事が多いですよね。特に創業者とかは。仕事柄、その様な方々と接する機会が多いですが、そう感じます。余計な情報を遮断して、突き詰められるから成功する可能性が高いのかもしれませんね。人目ばかり気にする僕(メジャリティ)からすれば、羨ましい限りッス!!是非とも突き抜けちゃってください。

    • いやいやいや、僕めっちゃ人目気にしますし!突き抜けたいけど突き抜けられない悲しい僕です。

  5. 毎日ブログを楽しみにしてますが、そろそろ旅も終了なのですか?(コメント欄のスピード感についていけず、コメントできずすいませぬ・・・)

    イビサタンクトップ、かっちょいいですね!

    帰ってこられたら、ぜひ一緒におもしろいことやりましょ~。

    • うん、もうそんなに長くなさそうです!是非是非面白いこと混ぜて下さい!!

  6. ピサの斜塔に触れてみよ。

    バナナを使ってどんなトリックアートを撮ったのか、
    女子の貧困な想像力では思いつきません。
    でも大丈夫です。何かにひっかかりそうですし。

    アリバイ工作、かつおさんしてもしなくてもバレそうな気がするのですが…

    ご友人の皆様と楽しんでくださいね(^^)

    • げげ!!た、たしかに!僕嘘つけないタイプだし、隠し事も下手なんで。。

      はい、友だちとめっちゃ遊んできます!

  7. 先日、ゆるキャラくまモンを生み出した人の特集を見ました。
    彼は真っ白い部屋一面に約3000枚の微妙に形の異なるくまモンを張りつけ、その中から一枚を選び出す作業をしていました。
    「まったく自分自身に自信がない。自信が持てない。だから考え抜く。考え倒す」こんな事を言う人であり、なるほど、その継続の中に気付きがあるんだな〜と感じました。

    ピサの斜塔も始めはまっすぐに建設しており、地盤のユガミなどにより斜めになっていったと言いますが、その途中にも建設を止めず倒れないギリギリのところを攻めたようです。
    恐らく継続していく事にも葛藤はあったのでしょうが、それもまた今日の評価へと繋がった所を見ると特に時代や人種に関わらず、成功には一貫性があるなと思います。

    かつおさんも一、経営者として
    いや、まあ今は旅人としてかな
    色々な岐路に立たされる事はあるでしょうが、悩んだり考えたりする事を止めず進んでください。

    そしてそんな、真面目なことを言うちゃおずはどうですか?
    興奮して眠れなくなったら言ってください。一緒にちゃおずとギザギザハートの子守唄を歌いましょう。

    • ちゃおずさんのコメントは以前からちゃんと芯をついていると心して読んでおります!!大好きであります。今後共ご指導ください!!

      • ちゃおずさんははため茶目っ気沢山だけど、内容は核心深くとても素敵な事をいつも書いてる。ワシみたいに表向きふざけて中身も空っぽの輩とはチャウです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。