仕事

2020年の走り方ルールその1

今日から仕事初めの取引先も多く、いよいよ2020年がスタートしたなと感じる。

当たり前だが、年末年始もワーカホリックな僕にとって、仕事に全く触れないということはない。
常に問題点や改善点を見つけては取引先とのグループチャットに質問や、指示を鼻息荒く投げていた。

するとどうだろ、さすが年末年始。

 

 

 

誰からも返信がないのである。

 

 

 

おいおい、まじかよ?働き改革ってやつか?

いいんか?お前ら、そんなんで!!!??

普段、政治とか税金に文句言ってるくせに、こういうのは、しっかり遵守してんじゃねーのか?

現場の仕事したいっていう情熱はさ、誰にも制限されちゃダメだと思うのよ、もっと仕事しよーぜ!!

 

という鼻息の荒さを三ヶ日続けておりました。

 

そして、本日、いや、正確には1月4日ぐらいからパラパラと挨拶とともにメッセージが戻ってきて、今(6日12時現在)ではもはや、僕の方が返信を溜めている状態になってしまった。

なぜ返信を溜めているかって?

理由は簡単だ。

 

 

 

読むのすら面倒になってしまった。

 

 

 

からだ。

これなのよ。これ本当にダメ。

数日で息切れしちゃうパターンね。

年始によくあるんです。今年の目標を書き、やる気に燃え、色々な人に熱いメッセージを送り、翌週には熱かったヤル気も冷え込んじゃっているってこと。

いや、冷えているというのは言い過ぎだが、まぁ温度が下がった、という感じでしょうか。

 

つまりだ、120%ってその瞬間だけを切り取って見たらよく見えるんだけど、それじゃダメなのよ。だいたい息切れするからね!

今日は120%、明日は40%、でも、ならして1日80%だよね、よりも

毎日80%で仕事している方がパフォーマンスはいい。

その理由は簡単で、仕事は多くの人が絡んでいるから意思決定者である自分がパフォーマンス悪い時に相手がどんな良い反応をしていても応えられず、良い結果が出ない。

自分のパフォーマンスを意識するは大切だし盲点でもある。

タチが悪いのが大抵自分が120%の時は、相手にも同じ熱さを求める傾向がある。まさに僕が冒頭に書いたような反応だ。

 

嫌われるよね笑

 

ということで、2020年はあまりアクセルをふかさず、オーバーヒートしないように無理はせず安全運転を心がけ、たまに110%程度も出てしまうが、基本は75−95%の力で駆け抜けようと思う。