南アのスリの手口※内容は無いが要参照


※まず最初に!すみません、めっちゃ酔ってます!!!

(本気でごめんなさい!!ちょっと変な文章あるかも。)

 

二日目の夜はまだ続く。。

疲れていたが

昨日あった日本人ハーフのアメリカ人

ケンタにまた飲みに誘われる。

 

彼は僕より10歳年下。

まだまだ元気満点だ。

僕はどーしょもなく疲れていたが、

こいつが飲みに行きたいというなら

元気よく付き合うのが僕。

オジサン舐めるなよ。

 

彼も僕も感じていること。

夜に現地のBARやクラブへ繰り出す

旅人はあまりいない。

 

旅人の夜は宿でお酒を飲みながら、

しんみり、まったり次の場所の

情報収集するのが基本。

正直僕もそれが好きなんだけど、

 

僕の旅ルートなどはアニキ!や同宿の人に

ぶん投げてるから甘えられる。

 

だから出来る限り

誘われたら外に飲みに行って

現地のやつとも出会って飲んで、

ガン踊りして、泥酔して

皆が爆睡しているドミトリーに

騒々しくぶっ倒れるのも僕には必要。

だって、そうじゃなきゃ旅やってらんねーもん!!

アニキ!のルートキツイもん!!!

 

遊ばせてよ!!!!(酔ってるからアニキ!にタメ語。明日謝罪確定。)

 

宿で旅人と飲むのも大好きだけど

それとは、また別なのが現地のBAR飲み。

週に1,2回はこういう夜が

欲しい年頃35歳。

 

とにかく

僕らは良い雰囲気のBARを目指して

足をすすめていた。

 

すすめて、すすめる。

 

そんな日記を今日は酔いながら更新。

酔ってる理由は in the end of this article.

 

ブログランキングに参加しております。1クリックしていただけると僕にポイントが入って目指している1位に近づけます。応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

もう15分くらいは宿から歩いただろうか。

 

 

 

雰囲気が良くなるどころか、

凄く悪くなる(笑)

 

 

ちなみに、ある通り(LONG STとWaal Stを過ぎた辺り)から

ずっと僕らの後ろと横には

数人の黒人の方がビターーーーっと

くっついてきている。

くっついてきてるどころか

話しかけてきてる(笑)

触られてる。が、

 

 

 

ALL 無視。

 

 

ケープタウン、話と違うぞ。

話し聞いてないけど。

 

実際どうなの?

安全なの?ヤバいの?

ここって?

 

 

でもね。僕らは男の子。

 

絶対に口に出さない。

 

 

 

「怖い」

 

 

 

って。

 

もう無言の度胸試し。

先に言った方が負け。

そんな勝負が何の合図もルールも無しに

スタートしている。

 

因みにこういうので俺は絶対負けない。

こういうことで年下に負けるなら

強盗にあった方がいい。

 

 

 

 

 

だけど、本心はめっちゃ帰りたい!!

 

 

 

 

そんな時、しびれを切らしたのは一人の黒人だった。

そいつは僕の肩に

手を回して言ってくる。

つか、ずっと言ってきてたんだけど

僕は無視していたが、いよいよパワープレーに

出てきたのだ。

 

 

 

やべ。

 

 

「ナイキのいい靴履いてんな」

 

 

僕「ありがと。」
「どこで買ったの?見せてくれよ」

 

 

僕「・・・・」

 

とにかく無視に限る。

 

の所で、

 

 

 

そいつが腰をかがめて僕の左足を

ガッ!と掴んだ。

 

 

 

うぜーな、こいつ。。。

 

 

僕「OK, アメリカで買ったんだよ。

もういいだろ?」

 

 

「俺の靴も見てくれよ、いかしてるだ?

比べようぜ」

 

こいつはそう言うと

僕の左足を掴んだまま

自分の右足を僕の足にくっつけた。

 

僕は足を止めて、カカトを合わせる。

 

最悪、靴カツアゲにあうんだろうな。

まぁ40ドルだったし、いいや。。

 

の所で、前を歩いていたケンタが

僕を振り返って見ると

血相をかかえて、怒鳴る。

 

 

 

 

「HEY!!!!!! NO,NO,NO,NO!!!!

GO AWAY!!!!! JSUT GO AWAY!!!!」

 

 

 

 

黒人はOK,OKといい引き下がると

 

ケンタが寄ってきて

 

 

「カツオ!ポケット、チェックシテヨ!」

 

という。

え?靴じゃなくて?

 

左ポケットを見るとiphoneが顔を出してる。

 

 

??

 

 

 

「あいつ、お前のポケット触ってたぞ!」

 

 

 

まじで?!!

 

 

「あれ、こっちの常套手段だぞ!!」

 

 

自分のポケットを全部確認すると

大丈夫。だと思う(笑)

 

 

 

「全然気が付かなかったわーーーー!!!」

 

 

皆さん聞くまでもなかったです。ケープタウン、

 

 

夜道はやばいっす!

 

 

 

夜は出歩いてはいけません!!

 

話しかけてくる奴は残念ながら、

フレンドリーで話しかけてるのではありません。

良い人も多いですが、

狙ってるのは貴方のポケットです。

 

 

ちなみにその数分後に

プラスチックのコップにコインをジャラジャラさせながら

「コインだけでいいから頂戴」

と言って近づいてくる奴が現れる。

観察してると、ジャラジャラ、コップを鳴らして

いるんだけど隣に並んだ瞬間にコップの持ち手を変えます。

 

その場合、音を遠く鳴らしながら気を反らせて

空いてる、僕の身体に近い方の手で

ポケットに手をツッコんできます。

 

働く気がないのか、

脳みそがないのか、

貧富の差が悪いのか、

僕には分からない。

 

だけど僕と同じぐらいのオッサンが

親切に話しかけてきたら

こういうコトに精を出してるのは

残念だし痛いし寂しいけど

これが他国では当たり前なのかな。。。

 

せっかくツアーで大好きになった

ケープタウン。

 

ここなら住める!とさえ思った僕は

浅はかだったか。。

街並みも海沿いも僕の大好きな

南カリフォルニアと同じ匂いがしたと

思ったんだけどな。

 

 

僕は負けを認める。

 

 

「あんま、店ないね。

戻ろうか?」

 

 

ケンタも応える

 

「そーだね。。

なんか雰囲気違うね。」

 

 

僕「うん。。。。こわいね。」

 

 

 

 

 

はい、僕の負けけってーい。。

 

 

ケンタは言う。

「いきなり危ない感じになったね。

ケープタウン大丈夫って聞いたんだけどなー。」

 

 

僕らは180度向きを変えると

2倍の速度で来た道を歩き出した。

 

昨日のBARに入る。

昨日の酒を頼む。

昨日の曲が流れる。

 

僕はまた足踏みをした。

 

 

がここからがまた凄かった(笑)

らしい。

 

僕はビール、ワイン2杯飲んだ後

ケンタを置いて帰ったが

(ここらへんがアメリカ人と飲む時に

ラク。2人で飲み行っても置いて帰ってもOK)

 

彼は、某有名日本家電メーカーの

現地法人の数人と出会って

彼らのホテルで飲み放題食べ放題のパーティーに参加して

朝4時に戻ってきたらしい。

 

僕が朝起きるとジーパン、Tシャツだった彼は

ドミトリーの2段ベッドで何故か

ネクタイをして寝てからね(笑)

 

 

 

やっぱり夜は安宿で旅人と

安全に飲んでいるに限るね。

 

 

 

安全第一。

 

明日、僕はナミビアに行きます。

by バス 22時間。

 

 

アニキ、僕、飛ばします。

飛ばしまくります。

 

僕、サファリや民族は程々で

もっと現地の人と交流したくなりました。

 

スリに会ったり強盗にあったり

ヤバい奴に遭いながら、アフリカの

僕を見たくなりました。

 

あ、ちなみにこの次の日(今日)、僕は

アフリカの岩山、テーブルマウンテンに登りました。

 

ていうかね、今ね、僕これ飲んで書いてるのね。

冒頭でも書いたけど。

南アフリカの宿で出会った人が

お別れパーティーひらいてくれてるのね。

 

 

これすっげぇぇぇぇ嬉しいね!!! 

 

 

 

で、会話しながらコレ書いてるからね。

申し訳ないね。

だから、アニキ!書き溜めしろって言ったね。

 

ほんと、すみません。つまらない日記で。

 

でも、僕、アフリカですでに進化してるんで。

ビンビン感じまくってるんで。

 

アフリカきてるよ。

 

アフリカの良さはカオス。

 

間違いない。

 

自然、動物、人間、富、貧困、欲望、過去、未来

 

全てが混じってる。

 

日本や先進国のシワがしっかり見れる気がするよ。

 

これをバブルと呼ぶのか、リアルと呼ぶのか、

 

バーチャルと呼ぶのか、生と呼ぶのか死と呼ぶのか。

 

僕の思考と彼らの思考。

 

国がどうこうじゃない。

 

なりふり構わない。

 

こんな都会にいる人ですら

 

金のないやつはオヤジも子供も

 

今日のメシ代を稼ぐために

 

僕ら貧乏バックパッカーですら狙う。

 

生きる意思への発表。

 

残念だけど現実。

 

僕のポケットには今、小額紙幣と

 

安宿の鍵と、僕の手と、愛情と、

 

彼らの餓えと、心配と、不安と、

 

欲望と、希望が詰まってるんだよ。

 

ケープタウン。

 

 

出だしにしては良い国じゃん。

 

 

嫌いじゃないよ。

 

明日出るけど。

 

お土産物屋で失敗したけど。

 

では、皆さん、明日はナミビアから。

 

アディオス。

 

今日のお別れパーティーの写真!

ありがとう!!!!

君等旅人のお陰で僕は最高のアフリカ大陸スタートが出来ました!!!!

お別れ

 

 

ブログランキングに参加しております!

ポチッと1つ宜しくお願いします。

PCの方はこちらをクリック!→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほんブログ村 世界一周


南アのスリの手口※内容は無いが要参照」への16件のフィードバック

  1. なんつーか、これ、しょーもないな。
    色んな意味で。
    まずアフリカ2日3日いたくらいで、アフリカ語るな、と。あと、もっと現地の人達と触れ合いたいなら、むしろ飛ばすのダメでしょ?
    で、誤字脱字多すぎ。他もろもろ。

    そして、アフリカ楽しいと感じているのは、きっと良き出会いがあったから。いつも言ってるようにその土地土地の印象は、出会った人達や、一緒に行動したメンバーに大きく左右されるから。

    もうちっと頑張って下さい。
    ぼんぼやーじゅ。

    • アニキ!すみません。飲み過ぎました。いやーーーーーテーブルマウンテン今日登ってきたんです。その疲れからの飲みなのでキてます。アフリカ語っていたいすかーやはり。。。。つか、もう7時に間に合いそうになくて慌ててアップしちゃいまいた。。。すみません。。。書き溜め。。。

  2. もうさ。ポッケに画びょうでも入れとこうかw ネズミ捕りの付いたアイポンカバーなんてどうよ。新ビジネスに

    • 圭君 それ俺も刺さるやんww もうね、お金を持ち歩かないのが一番だねw

    • 四国さん  あにき!の許可得てないので名前 アニキ!に変えました!すみません!!あと、指示の件、お譲ります!!

  3. 状況把握出来なくてごめんなさい!
    ケンタさんはなぜネクタイだったの?

  4. カツオちゃんノッテきてるねー(^3^)/
    なんか青春のキナ臭さ感じちゃったよ。
    きれいごとじゃないのよねー
    私の元彼もケニアで大人しく金だしゃいいのに、5回くらい凹られてた。最後の方は筋トレしてたからね(笑) 何がしたいのか?野生に勝てるわけないのに。男は面白い。
    カツオちゃんも負けちゃダメだよー。しかしあえて危ない橋はわたる必要ない。気をつけてね。
    ご安全に。

    • はい!僕も今読み直して恥ずかしくて仕方ありません(笑) 絶対安全第一!スリにも強盗にも危ない奴にも二度と会いたくありません!!!!!ボコられるの絶対いやですし!!!

  5. スリが横行してるね!フィリピンもスリ、ひったくり、睡眠薬強盗・・・沢山いるみたいだから、戦闘モードで行ってくるよ!

  6. おーー、アニキさんのコメントもいただいてるじゃないですか。やはり南アフリカはケープタウンと言えども治安が悪いんですね。そう聞くと余計に行きたくなってしまう。それにしてもカツオさんが羨ましい。すぐに友達ができてしまうタイプなんですね。明るい性格でノリが良いって本気で羨ましいです。アニキさんもノリが良いって聞いてますがやはり人生、ノリが良くないとダメですね。自分のノリの悪さを変えたいですよ。

    • 人生は一度きり  アニキがコメントするってことは、マジですねーー。僕誰にでも話しかけるんで、友達とかは作りやすい性格かもしれません。でも旅でかなり変わりましたよー。誰にでも気がねなくいけるようになりましたー。というのも旅人は興味深い人多いですからね!旅で変われますよ!!

    • 大丈夫!慣れるよ!8月末とかになりそう。つか、結構キツキツ、今のペースだと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。