諸行無常な日記

ツイッターの使い方

Twitterを再開したこともあり、改めてTwitterの素晴らしさを実感している。いろんな方が時事ニュースを取り上げたり、特定の話題について意見を交換したりと、Aという事象について自分の持ち合わせていない角度の視点を読めるし、なにより気になったら自分も絡んでいってフィードバックを得られたり。

2020年には、とんでもないツールがあるんだなと感心した。(2006年からサービスはあるらしいが、僕のようなお茶の間にいる人間に届くには14年はかかるんだね)

とにかくだ、これからTwitterという道具を使っていくにあたり気をつけたいことを自分なりにまとめておきたい。

使い方次第で得られるものは迷宮入りするのか、宝の地図なのか変わってくる。

 

1. Twitterを活用して得たい目的を決めること

 

当たり前の話だが牧師になりたい人と坊さんになりたい人では熟読すべきバイブルは変わってくる。

僕の場合は、同じ業界の人の情報、違う業界でも面白そうな経営者が発信していること、世の中でバズっているもの、旅人をフォローしていこうと思う。

一言で言うならば、僕がいろんな視点から成長できる情報を収拾する場所 として使用する。

*旅人はジャンル外ですが、結構日本とは違う現地のネタとか拾えし、ライフハックスキルが優れているのでオススメです。

 

2.発信している人の立場や目的を知る(情報収拾で活用する場合)

これはとても重要だなと数ヶ月使って感じたことだ(時間かかりすぎ)。ポジショントークとかの話ではなく、とんでもなく素晴らしい投稿があり、みんな参考すべき情報だったとしても、僕と目指しているところが違うのであれば、それはスルーすべき。

世の中には正しい情報がゴマンとあり、さらに発信者が成功している人であっても、それは自分には当てはまらないことも多分にあることを肝に命じて情報の取捨に気をつける。

僕のように素直なカワイイおじさんはすぐに引っ張られて、迷子になっちゃうので気をついけたい。(つまり芯がないブレブレおじさんなんだけど)

 

3. フォロワー数を気にしない

いくら投稿してもフォロワー数が全く増えないので、さみしい気もするが、人から注目してもらうことが目的でツイッターを始めるわけではないので、気にせず楽しんでいこうよ。

まぁフォロワー数1000人は目指すが!人から注目されて、僕の承認欲求をTwitterで満たしたい!(やっぱりブレブレか)

 

というわけで、僕のツイッターでは貴方のお役に立てそうもない、僕だけの視点を発信しております。興味ございましたらフォローを。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です