パスポートを人質に取られた場合の対処法


8月16日 パンガン島 脱出

 

昼は熱帯地域らしく、うだるような暑さの空気が

身体にまとわりつくが、夜は海沿いのためか

ドアを開けていれば冷えた風が部屋を通り抜けすごしやすい。

 

が、寝やすいとは言えません。

 

なぜならばカエルの大合唱が始まるからです。

 

深夜2時電気は消していてもカエルの歌は止まらない。

僕は音や光に敏感で寝れないのであります。

雄二は声をかける。

 

「雄二、駆除してきて」

 

「勘弁して」

 

使えないのである。

 

やっと寝れたと思えば

朝5時に、ニワトリや鳥が発狂しているのかと

思うほど鳴く。

こちとら3日もこんな状態で寝不足。

僕が発狂しそうだ。

 

「雄二!あいつら蹴散らしてきて!」

 

「えー、そんな酷いことできないよ。」

 

そう言うと雄二はドアをそっと閉め

扇風機を回した。

 

雄二がいなかった初日、僕が即ギレして

ニワトリに向かって寄生をあげ

ドアを閉めたのとは対照的でした。

 

そんな雄二を残して宿にいた殆どの日本人が

今日チェックアウトする。

ALLPHANGN

宿にいた日本人旅人の記念撮影 僕と雄二以外全員学生

 

雄二なりに現地人や旅人に沢山話しかけて

友達も作っていたし、僕よりよっぽど好奇心もあるし、

尚且つ慎重でもある。全然英語も話せないくせに、

人の分まで注文したりしている。

彼なりに旅中一生懸命トライしている。

そのダサさがカッコ良いと思った。

実際、彼も今回の旅で少しは海外慣れしたようで

次はどこ行きたい、あそこへ行きたい等と言っている。

 

今回、少ない日数でも強引に旅に流したことで

一步を踏み出す勇気というか海外への行くことに対しての

簡単さ、身近さを感じ取れたと思います。

 

そして彼は人の優しさ、大切さ、一人で居ることの孤独さ、

自分の小ささ、を今回の旅で知ったと言っていました。

 

今日僕は彼をここに置き去りにします(笑)

僕も本当は彼と残り少ない日数を一緒に行動した方が楽しい。

だけど、それは彼のタメにならない。

 

人のためになる事をする。

 

それは、近くにいて何かをしてあげる事ではなく、

ときには離れること。

 

雄二へのミニ旅流しは

僕にとっては初めての経験。

 

言うは易し行うは難し。

 

でした。

 

雄二へ

わざわざタイまで会いに来てもらったのに悪かったね。

行きたい所もやりたい事ももっと沢山あっただろうに。

でも、それは次回、貴方の大切な人と一緒に。

 

では、またね!

ゆうじ別れ

港まで見送りに来てくれた雄二

とりあえず明後日バンコクで会いそうだけど(笑)

 

では前置き長くなりましたが今日の日記行きまーす。

今日は、知っておきたい注意事項とインドチケットの件!

まぁまぁ有用な情報かと。

 

ブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

世界一周中の旅人仲間ナオキ君が借りたスクーターを

返却すると事件が起こったと言う。

なんと、 横にかすり傷が付いているということで

 

18000バーツ!(5.8万円)の請求

 

をされたと言うではないですか!!

 

1台1日500円ぐらいで借りれるのに、

たとえ傷が本当だとしてもそれはクソ高い!!

てか、その値段、へたしたらもう1台新車が

買える値段ではないか!?

 

が、しかしN君はパスポートを預けているし、

契約書にもサインをしているしで

バイクを借りた3人で割り勘で支払ったという。

 

これマジで詐欺じゃないだろうか?

 

旅人仲間、しかも学生がボラれて怒り心頭になり言う!

 

「君たちエライね!

俺だったらそんな店に絶対支払わない!!

ボロクソ文句言って警察にも言いつけるね!

パスポートもいらないね!

だって、別にそこまで急ぐ旅でもないんでしょ?

バンコク戻ってに日本大使館で

パスポート再発行した方が安いじゃん!

 

 

「あ、その手がありましたね。。。」

 

 

そうなのです。

その手があるのです。

 

キレる。

やけになる。

 

これは交渉の時には案外使える手なのです。

じゃあ、パスポートいらねーよ!

人質を取ってお金を請求する相手が

その価値を見誤ったと錯覚し、相手はグンと値下げする可能性もありますし。

 

それに実は所持品で一番大切だと言われているパスポートは

大使館があれば再発行が出来るのです。

(あとで考えればすぐ思いつくのですがその場になると

テンパッてしまってパスポートを必死に取り返そうと思うのです)

旅人であればパスポートのコピーまたは

画像は持っているだろうし、大使館で再発行も

それほど手間ではないでしょう。

 

 

が、払ってしまったものを返してもらうのはもう無理でしょう。

泣く泣く諦めるしかありません。

お金を払うのは色んなシュミレーションをしてからにしたいですね。

 

あと、パスポートを預ける機会はたまにあるので、

有効期限切れのパスポートを持っている人は

それを旅に持っていくのも有りかもしれませんね。

 

船はスラタニという港に到着する。

1スラタニ

ここで3時間待ちバンコクへ向かう。

ホリデーツアーに申し込むと待合場所にフリーWifiがあって

暇つぶしには最適です。

 

そして、ホリデーツアーだと、こんなギャグみたいな場面にも遭遇できます。

1スタック

運び出そうとした小屋が屋根に引っかかっている。

 

あともう一つ旅ネタ情報です。(ホリデーツアーはネタになってませんがw)

インドのデリー行きのチケットを購入しようとしたのですが、

今インドで一番シェアの高い航空会社に成長している

インディゴ(Indigo)というLCCがあります。

skyscanner でも多分それが一番格安で出るのですが

(バンコク〜デリーで18000円)

 

何度決済をしてもカードが通りません。

なので、航空会社に電話して問合せたところ(深夜なのにすぐ繋がりました)

 

どうやら、インド国内以外で発行されたカードは使用できないとのことです!

それでよくインド最大航空会社まで成長出来たなと思うのですが、

それもまたインド国内での需要の高さを表しているのでしょう。

 

とにかく今のままでは次に安い300ドルのチケットを買わざるおえません。

バンコクにインディゴのオフィスが無いか聞くと、無いらしい。

すると

「24時間以内にインド国内でクレジットカードを作って

それで決済して下さい」

となかなか面白いギャグを言うではないか!

 

今タイから電話していて数日後にバンコクから

飛ぶ事を知っているのにどうやって?(笑)

というか、インドではそんな簡単にクレジットカードが作れるのか?

もしや、インド国内バブってるのかな?

数年はインド国内の金融系株式が上がるかもしれない。

そんな期待までさせてくれます。

とりあえず僕の一部資産をインドのファンドへ

移行させる事を視野に入れる。

ちなみに全資産ですらファンドを買えるほど無いと思われるので、

この視野は意味が無い(笑)

 

とまぁネタがないので無駄に長く書いてみる。

すみません。

 

で、とりあえず、indigoエアラインは下記のサイトから

国際キャッシュカードを使って買えるようです。

少し手数料を取られますが、他のエアラインよりは全然お安いかと。

http://www.makemytrip.com/

 

少しは旅情報に役立つネタだったといいのですが。

では、また明日!

 

2,3,4位が接戦!のブログランキングに参加しております。

暇つぶしになったー。クスっとしたー。

なるほどね。ぐらいの軽い気持ちでも結構なので

最後にポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯はこちら→にほん 世界一周ブログ村

 


パスポートを人質に取られた場合の対処法” への17件のコメント

  1. なるほどって思いながら読んでたけど、、パスポートの再発行は結構手間だよ。申請者も領事もね。(僕は領事業務に携わったことはないけど。)
    警察から紛失証明書とらないといけないし。
    どちらにしても警察に行くのならそこで事情を説明するのかね。
    簡単に再発行してもらえるような記載はどうかな。

    • この記事のポイントは2つなんだ。1つはパスポートでボるような最低なやり方を相手が通じないことを知ること。2つ目はパスポートは最悪15000円程度で再発行出来るので、値段的な価値は15000円でしかないこと。これを知ることが大切なんだ。それに旅人に取ったら警察で証明書取るぐらい余裕だよ(領事はしらんけど。でもそれが仕事でしょ?面倒とかあり得ないでしょ)。つまり6万円ぼられて泣きを見ることを考えれば、パスポートを相手に渡した方が、その旅人のため、今後の人のため、バカを見るのは詐欺を働こうとした奴だけになるの。これが重要なのであります。

      • 書きたい事わかってる(と、思ってる)けど「パスポートを相手に渡せる勢いで交渉トライする」じゃ、ダメなの?パスポート死守じゃないの?
        めがねさん言うように、わしも驚いた。現物提出なの?タイの事情知らないけど、その時点で詐欺始まってるのでは?「現物渡さず、コピーを渡す」っじゃあ、ダメなの?そしたら詐欺すら始まらないと思う。それで予防できます。って書き込むじゃあかんの?

        他国の工場入るときにガードに渡すけど、それすらやだもん。
        身分証明が免許だったら?
        そのまま渡して無免運転?
        (ま、ブログ内で地に足付いた時点で…みたいなこと書いてあったから関係ないだろうけど、そういうことちゃう)

        再発行はめんどいです。領事館行ってから1週間位は掛かったかなぁ?警察証明書を取りに行ったりと時間掛かるわね。観光どころじゃなくなるわね。

        カッちゃんお馴染みの、高い飛行機(短時間)vs安い陸路(長時間)考えたら。(捨てる気で交渉後)ぼられる方がいいんじゃね?

        てか、捨てる気で交渉できます。

        って、言いたかったんじゃなくて?

        パスポートは死守だべ

        ビバカッツォ

        • 原本必至なんだわ。もちろん、コピーとか他の身分証明書とか全部トライしたけど。たぶんあっちもリスクが高いのかも。だからパスポート現物なんじゃないかな?

          ホテルのチェックインで必要だとか、色々と試したけどダメだった。パンガンに限ってかもしれないけど。クレジットカードが使えないのも原因かも。クレジットカードで普通デポジットやるじゃんね?先進国は。

          警察の盗難証明書とかタイは10分だよ(笑)再発行はわからんが一週間はかからんと思うよ!以前なくした人が3日ぐらいで出してもらってたから。てか一週間ぎゃくに閉じ込められたら観光できるじゃん(笑)

          いや、ボラれたらダメだよ。やってる側は繰り返すから。被害者が増える。

          • やっぱり先進国だけかぁ〜。(コピー預け)

            所で横の傷は本当に付けちゃったの?付けてもないのにイチャモン?それともつけちゃったから…ry

            傷に対して使用前後確認とかは有り?

            • 俺立ち会ってないけど、いちゃもん系だとおもうよ。58000円だもの。傷で。

  2. タイではバイクを借りる際に、身分証明書の原本を預けないといけないんですか?
    日本じゃあり得ないですよね。
    びっくり!

    • そうですね!先進国ではクレジットカードでデポジットを抑えられるので、返さなかったり盗んだら請求されたり(てかそもそも彼らも保険に入っていると思いますが)、こういう場所だとパスポートの原本を預けるのが普通です。何店舗かまわったり他の人にも聞きましたが皆さんパスポートを預けてました。まぁ貸す方もリスクが高いのかもしれません。

  3. 最初から読み始めまして今日おいつきました。今までにない旅ブログでコメントまで含めて面白かったです。上位ランカーでここまで荒れたのって初めてじゃないですか?

    あと、驚きましたが恐らく地元が一緒です。たまに、出てくるワードで分かりました。小さいころに、会ってるかもしれませんね。

    最後のインド楽しんできてください。応援してます。

    • げげ!地元一緒ですか?!!第何小学校ですか?(笑) 僕はスイミングスクール通ってました!全部読んでいただいてありがとうございます。旅も終盤ですが最後まで宜しくお願いします。

  4. indigo、もしかしたら私も使うかもしれないので参考になりました(*^^*)
    かつおさんからの旅情報!レア?(ごめんなさい)

    ミャンマー人も遺跡も本当に素敵な国でした。
    タイよりずっと微笑みの国だと思います。
    ネット環境は瀕死ですが(–;)
    私も明日タイに一旦戻ります。

    記事、ありがとうございます。
    実物以上に書いて頂いて、まるで自分じゃないみたいです 笑

    • 少しお役に立てたら良かったです!(笑)
      ミャンマー良かったですか?!!うーーん、やっぱ僕も行きたかったなぁ(社交辞令)
      やーまんさんの率直な印象書きましたよ!

  5. お久しぶりです

    インドで最後なんですね。
    中国でお会いできるかもと思っていましたが・・・

    インドレポート楽しみにしております。

    • ご無沙汰しております!いよいよ佳境です。中国はまた次回ですね!次回はないですが!(笑) なんかの機会ででもいくことはありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。