革命児の教え!!!


※先日ご紹介した革命児の本がブログ経由で14冊も売れました!!

(あれから24時間以内にアマゾンで売切れました!)

皆さん本当に有難うございます!!

 

+++

 

道のり的には、やっと。

人探し的には、あっけなく。

 

 

僕は革命児の家にたどり着いた。

 

正装して現れる鋭い眼光の男。

 

彼の表情から読み取れる、

そう、まさに

 

平常心。

 

何が起きても、彼は心を乱さない。

 

アフリカの人々を本当の意味で独立させる運動を

起こしている革命家。

 

どんな人物なのか?

 

男としてこんな大きな志を持ち、

そして行動に移し、

実績を残している人に

僕はこうして対峙したことは無い。

 

僕がこんな風に多くの人のために

人生を捧げることが出来ないことぐらいは分かる。

 

ただ彼からお話を頂いて、

僕が生きる上で何か大切なヒントを

少しでも多く、得られればという気持ちだ。

 

では今日の日記いきます!

 

ブログランキングに参加しております。

1クリックして頂けると僕にポイントが入って目指している1位に近づけます。

応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

 

革命児はドカッと椅子に座り

 

「いつ島についたんだ?」

 

と聞く。

 

「2,3時間前です。

宿に荷物いおいて、革命児さんに会いに来ました。

探すのに、もっと手こずると思ったんですけど、

あれよあれよで、すぐ、ここに着いてしまいまして、、、

手ぶらですみません。。」

 

 

「どこ泊まってるんだよ?

ひと部屋空いてるから、

俺んとこ泊まっていいぞ。

無駄な金は使うな」

 

 

 

 

オファー早すぎ!!(笑)

 

 

 

まだお会いして1分以内だし!

貴方、僕らのこと何も知らないでしょ!!

 

 

 

「いえいえいえ、そんな。

宿取りましたんで大丈夫です。」

 

 

「ふん。まぁいいや。

いつでも来ていいからな。」

 

 

 

 

いきなり懐深すぎ!

 

 

 

 

もうね、初っ端からカッコいい。

 

いきなり、そんなこと言える人いるかね?

 

素ですよ、まじで。

これは僕がアニキ!の後輩とか関係ないです。

 

 

 

あ、因みに革命児さん、口すっごく悪いっすw

 

 

 

人の為にしか動かないのに、

聖人君子みたいな話し方とか全然しないから!!

そこがまたカッコいいんですけどね!!

 

なんか、これで超良い人だったら

キモいというか出来過ぎじゃないですか?

 

だけど革命児サンは

ガチでアフリカの人々を救う志ひとつ、

先憂後楽を座右の銘に、

あとは全てがトッポイ、

 

本気の不良。

 

 

 

普通なら敬遠するところ

 

人が寄ってきて仕方ない。

 

これ革命家として重要。

 

 

その裏には彼が父と交わした約束は5つがある。

 

●資格、免許をとるな。

●日本で仕事をするな。

●一切のものを所有するな

●定職につくな。

●結婚するな

(最後の1つだけは破ってしまっています)

 

つまり、【下らないしがらみは持つな】

ということ。

 

なぜか?

 

普通、人はしがらみで集まる。

 

しかし、本物は逆なのである。

 

 

革命児(本名:島岡強)

 

たるもの、

どこにいっても、

どんな状態でも、

なにも持っていなくても

体一つ、志一つで、

人を惹きつけることが

出来なければいけない。

 

ということなのです。

 

本物すぎるんです。

 

そして、実際僕は革命児に会って

1分以内に虜となる。

 

僕は、何も言われなくても

出来ることであれば、革命児の

役に立ちたいと強く思った。

(だから本が1冊でも売れて嬉しかったです!!

本当に皆さんありがとうございます!!!)

 

僕が日本で気にしていた人脈と人脈の作り方。

その裏には、多かれ少なかれ下心がというものがあった。

仕事していたら普通かもしれないけど。。

 

 

 

が、この人脈を作るという考えが

既にヘボかったことに気がつく。

 

 

違うのである。

 

 

 

本物は、“人脈を作る”のではなく、

人が勝手に寄ってくるのだ。

 

 

 

 

その人の魅力で!

 

 

 

 

革命児は言う。

 

「まぁ、人はめんどくせーほどに

寄ってきちゃうよね。

手伝わせてくれだの。アドバイスくれだの。

でも、それは俺だからだろ?

革命家と宗教家はそれが仕事みたいなもんだろうな。」

 

 

僕は聞く。

 

「どうしたら、そんな風に

人が着いてくるようになりますかね?」

 

 

僕は仕事をしてきて、

人がついてきたことは無い(笑)

って笑えないけど..

 

 

 

「人のことばかり考えればいいんだよ。

人のために何が出来るかな?って

俺のやってる仕事どれ一つ、

自分からやりたいことなんてねーぞ。

だけど、助けてくれ、ってウルサイからよ。

このわけわかんねー絵だって、

俺興味ねーもん」

 

そう言って部屋にあるティンガティンガという

タンザニアの伝統絵画を指す。

(ジミー大西はティンガティンガの画家に弟子入りしてます)

 

ペンキで書かれた可愛い絵。ティンガティンガ。

ペンキで書かれた可愛い絵。ティンガティンガ。

島岡さんはこのティンガティンガの絵を

彼らのために、年間1000枚も売るそうです。

 

 

「人のためですか。。。

でもやっぱり僕は、まずは自分をロクに満足させられない奴が

どうやったら他人を満足させられるのか?

という考えなんですが。結局、人のことばかり

考えて自分を後回しにしたら、心のどっかで

不満が募ると思うんですよ。」

 

 

「なんだ?お前は、この流れる歴史の中で

自分が世の中に何が出来るか?

何が残せるかっておもわねーのか?」

 

 

「考えたこともなかったです(笑))」

 

 

「ふん、じゃあ、お前はどーしてーんだ?」

 

 

「やっぱり仕事で成功して

やっぱ、豪邸住んで、いい車乗って、、、」

 

ここで矢沢永吉の”成り上がり”なら最後に

“いい女はべらせて”というのが来るのだが

それは言えなかった(笑)

 

 

「それはお前の小さな目標だろ。

人にどうしたら役に立てるとか考えないのか?

自分に何が出来るか?自分の役割は何か?って」

 

 

いやぁぁっぁ、、、

 

と黙っていると

 

 

「じゃあ、お前は自分が

どういう人間かわからないんだな?

まずは、そこだよ。

自分という人間を徹底的に知れ。」

 

 

「僕、仕事で成功したいという

気持ちがある人間です。」

 

 

「たかが金か?

金なんて、仕事してりゃーいくらでもついてくるだろうが!

まぁでもフツーの奴はそんなもんなのか?」

 

 

「いやーー普通に仕事していたら

小銭しか。。」

 

 

「小銭のなにが悪いんだよ?

いいじゃねーかよ、

人のために役たってるんだったらよ!」

 

 

「いや、やっぱり小銭じゃあ

バカにされてしまうというか」

 

 

「ふん、俺なら、住んでる家や車で

人を判断する奴を笑ってやるな。

てめぇらには志がねーのか?って」

 

 

 

 

 

つえーーー。

 

 

そして、普通、ないっしょーー、志(笑)

 

 

 

 

「でも、革命児さんは、好きでもない仕事してるのに

事業家としても成功されてますよね?」

 

 

「俺はやるときめたら

形にするまでやるからな。

でも、そんなのあたり前だろ?」

 

 

「あ、それアニキ!も同じです。」

 

 

 

「あぁぁ?

あんな小物と同じ次元にするんじゃねーよ!」

 

 

 

 

 

こ、こもの!?!?(笑)

 

 

 

 

「いやいや、そういう意味じゃなくて、、

アニキ!も仕事とか趣味はそーいう

形になるまでやる人でして。。。

だ、だから、僕、アニキ!のためには

何かやりたいと本気で思ってるんですよ!」

 

 

 

「ふん、

あいつは、自分の好きなことだけを形にするだけだろ。

そんなの一番簡単じゃねーか。」

 

 

 

「そ、そ、そうですかね?

案外、そういう事出来る人少ないかと。。。

だから、僕も、じゃあ、、自分の好きなことを

形にできるようにまずは頑張ります。」

 

 

「いいか、

世のために、何かを形にするほうがよっぽど難しいんだぞ。

まぁ、世の中お前みたいに、

箸にも棒にもかからないような輩ばかりだからな。

まずは小物目指してみたら?

言っとくけど小物になるのも、案外大変だからな」

 

 

 

「は、はい。。じゃ、じゃあ

とりあえず、僕、自分のためじゃなくて

アニキ!のために頑張ってみます。

これなら他人のために頑張れます」

 

 

ニヤニヤしながら、革命児はいう。

 

 

「世の中ってのは面白いねぇー。

あんな小物にもついていきたいって奴がいるんだから。

まぁ頑張って」

 

 

 

「はい、

僕が頑張ってアニキ!の役に立てれば、

アニキ!が革命児さんのお役に立ちますので。

これは間違いないと思いますので。

間接的に応援させてください。」

 

 

 

「ふん、無理はするなよ」

 

 

 

2時間ぐらいお話を頂いて4時過ぎ。

僕らはおいとまをすることにする。

 

 

ここには書ききれない金言を

沢山いただいた。

 

重々お礼を述べ、

席を立つと、

 

 

 

「夕飯は食うか?」

 

 

と聞いてくる。

 

 

「いいえ、そんな滅相もございません!」

 

 

 

「あぁ?夕飯くうのか食わねーのか?って

聞いてるんだよ!」

 

 

 

 

 

「い、いただきます!!」

 

 

 

「じゃあ7時半にここに来い」

 

 

「あ、有難うございます!」

 

 

 

「酒は飲むのか?」

 

「はい、じゃあ、革命児サンは何を飲まれますか?

僕ら何か買ってきます!」

 

「酒なら、ここにあるだろ」

 

たしかに酒は部屋に揃っていた。

 

「じゃあ、ビールでも買ってきます。」

 

「だからつまらねー金使うな!

いいか、くだらねー気を回すんじゃねーぞ!」

 

僕らは何度も頭を下げて

部屋を後にした。

 

宿に戻ってアニキ!に連絡!&お礼!

 

 

 

「すごかったでしょ?」

 

 

「いやーーやばかったです。

超かっこよかったです!!

で、あとで夕飯呼ばれちゃいました。」

 

 

「でしょ?由美子さんのご飯ちょーーすごくて、美味いよ」

 

 

「いやーー申し訳なくて、、すみません。

で、今、手ぶらで行っちゃったんで、

夜はお酒でも買っていこうと思うんですが」

 

 

「ばか、そんなことしたら怒られんぞ!

いいんだよ、思いっきり甘えてきちゃえば。」

 

 

「まじすか?じゃあ、とりあえず、

行ってみます。。」

 

 

「はい、楽しんでー」

 

 

僕らが7時半に革命自宅に戻ると、

 

本当に旅中1,2位を争うほどの

豪勢で旨い料理が。

お酒を好きなだけ飲ませてくれた。

 

途中、僕はこの不躾を詫びた。

 

 

「本当に、この度は突然にもかかわらず

お話まで頂いて更にご馳走まで頂いて有難うございます。

実は、アニキ!から

『堂々と行って甘えて来い』

って言われたものでして、、、、」

 

 

 

「ふん、あいつ、わかってんじゃねーか」

 

 

 

 

こんなキザなセリフが似合う男がいるかね?(笑)

 

 

10時半頃までたっぷりお話を頂いて

お腹もはち切れんばかり。

 

「そろそろ遅いんでお邪魔します。」

 

と言うと

 

「遅いってなんだよ?

だから、お前の常識で俺らを判断するな!

飲みたいだけ飲んでいけよ」

 

そう言って酒を渡される。。

 

「いいか?媚びるな。

己という人間を知れ。

そして自分のためじゃなくて

人の役に立て。

そしたら色んな物がついてくる。」

 

 

革命児は鋭い目で僕の両目を捉える。

 

 

だけど今の僕には、まだその目を

しっかり見え返すことは出来なかった。

 

++

長々書いてしまいましたが

もっともっと沢山質問をしました。

仕事、プライベート、旅について。

多分、みなさんが聞きたいことも僕聞いています。

何か質問がカブれば僕がコメント返しますので

よろしくお願いします。

+++

 

あと、僕自身がアニキの真似して行っておいて

書くのもなんなのですが、

革命児さんは、誰が行っても100%その人のために話を聞くし、

出来る限りのおもてなしをしてくれる人です。

 

ただ、革命児さんのお宅は観光名所でもないですし、

普通に生活をされています。

 

良くも悪くも僕のブログで本を買ってくださった方も出るくらいなので、

このブログを読んだだけで旅中かなんかの拍子に会ってみたいなーと

訪れる方も出てきてしまうのではないかと心配です。

ただお願いします。

 

もし革命児さんを訪れるのであれば、

本をしっかり熟読していたり、

よっぽどの思い入れがある方のみ行ってほしいのです。

 

こんな僕が書いたブログでも、なにかの間違いで、

革命児さんに迷惑かかるのだけは避けたいです!!

まぁ、ご本人は我々が計り知れないくらい器が大きいので

なんとも思われないと思いますが・・・。

 

でも、くれぐれも、どうぞよろしくお願いします!

 

あと1日でザンジバル島は出ますが、

その前に革命児さんに挨拶は行こうと思っています。

何か聞きたいことがあればコメントお願いします。

僕が代わりに聞いてきます!

+++

 

最後に革命児と奥様に挟まれてめっちゃ緊張する僕!

 

革命児と!

 

 

ブログランキングに参加しております。

応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周


革命児の教え!!!” への32件のコメント

  1. おはようございます!
    革命児さん格好エエ~!!!
    私も会いに行きたいけど、先ずは本を熟読した上で考えたいと思います。
    奥さんの顔がイイ顔してますネ!
    きっと幸せなんですね♪
    私は今日のブログでメッセージは伝わりました♪
    かつおさん、有難う!!!

    • miyukiさん めっちゃめちゃカッコいいですよね!!惚れますよ、普通。ほんとに奥様も超素敵な方です!!

  2. はいはいはいあるあるある。 日本時間何時までにコメント書けばいいの? とりあえず仕事いってきます。

    • やっぱり本読んで自分の足で訪れるよ。

      突撃となりの社長さんはよく私もやるけど、出稽古みたいなもんだと思う。がっつり胸かりて吸収してください。よく噛んで、大事な話は牛の胃袋持つんだよ。 もしも他の方の質問なかったら、聞いて欲しい。なければだよ。怖いものはありますか?ってなければね♪ よろしくどーぞ。では最高の一日になりますように♪

      • 日本にもたまに行くみたいですし。怖いもの無いんですよ、あの人。なぜか?彼は本当に自分の大切なモノを人にあげることは幼い頃に全然出来るんようになったんですって。だけどコイツが死ぬか、俺が死ぬかってときに、じゃあお前生きろ?と言えて死ねるか?と疑問に思ったらしいです。高校生の時に(笑) なので、死に行こうと思って2日分の食料持って冬の八甲田山に入ったんですよ。もし俺に天がついているなら、生かすだろうということで。でちゃんと9日間も遭難して死にかけたらしいです。その時に眠らないように自分の腕をナイフで何度もえぐってます。 でまぁ、救助隊が来て助かったらしいんですけど、まぁその時に、一回死んで生かされてるので、いわゆる究極の恐怖、死は克服していると言えます。 怖いも無いと思いますよ。餓えとかにも強いし。革命児1日1回しかご飯食べませんから。なので夕飯も僕らが食べてるのを見てるだけです(笑)

  3. すげーっ!デケェ!全てがデカくてカッコいいねっ!
    こんな方だとはマジで想像もつかなかったわ!
    俺とは次元が違過ぎて質問なんて思いつかないレベルだし、漠然とだけど、おっしゃってる意味や伝えたい事がまっさらな「人間」というものにスッと入ってきた気がします。
    本…読んでみようかな。

    • 雄二 まじでヤバイよ。本気で。マジのマジ。本貸してあげるよ!!そんな慌てて読まなくても大丈夫だから。

  4. 世の中には素晴らしい人がいるのですね!だから革命家さんなんだろうけど。私と次元が違いすぎて質問すら見つからないわ!カツオさんのお聞きした言葉を教えてください。

    • えみさん めっちゃ色々と聞きましたよ。 裏切られたことはないんですか?好きな革命家は?タカってくる人いませんか?怖い人達に絡まれませんか?人から理解されないんじゃないですか?下の者達にどんなことをしていますか?お金を惜しいと思ったこと無いんですか?どんな本を読みますか?すきな主人公は?幼少の頃は?ご両親はどんな方?ここの生活が不便と思いませんか?日本で暮らしたいと思いませんか?こっちの乞食にお金あげますか?革命家としてどんな右腕が欲しいですか?革命のために資金提供されたら受け取りますか?夫婦喧嘩しますか?旅をどう思いますか? などなど、まだまだあります。

  5. 革命児さんの雰囲気とは真逆の、奥さまの優しさに溢れるオーラ!!

    すてきー!

    気になるのがひとつ。
    お父さんの教えをそこまで守って、ホントに革命児になったのに、最後の「結婚するな」って約束を守らなかったのは、なんでなんですかね?

    • みづきちゃん  それマジで何でだろうね(笑) それは聞かなかった!!つか思いつかなかった!!今日聞いてくるわ!!まぁ奥様は100%革命児に着いてくる人って分かったからじゃないかなぁーー。どこまでも。

      • 由美子さんは妻というよりむしろ同志なんでしょうね。

  6. 革命児さんにかつおさんが旅流しの刑にあったいきさつってお話されたんですか?

    されたのならぜひそのときの反応をお聞きしたいです!
    革命児さんの本は後日、必ず買って拝読します!

    • りょーへいさん 話しました。「ふん、おめーは本当に志どころの話じゃねーな。お前なんかじゃ旅やってもキリねーよ。ジタバタしてないで本でも読んでろ。そして己を見つけろ」でしたね(笑)  でもそのあとアニキ!の話ししたら、まぁブログのとおりですw 

  7. やばしーーーーーー!!!最後の写真サイコーーーーー!!!!カツオさんの微妙な表情と、革命児のブッ飛んだ感じと、奥様のほんわかした雰囲気が、とっても気に入りました!!!
    今後のカツオさん、どんなんなるんかな~?

    • ちはさん  あの写真いいですよね。僕自分で見ても緊張しすぎてるの分かりますモノw  今後の僕は、僕もわかりません。だって半年の前の僕がこれを予想できなかったですからね(笑)

  8. 凄い素敵な方ですね☆

    人の為に何か出来たらってみんな思ってても
    やっぱりなかなかできてないですもんねー

    本読んでみます。

    ありがとう。

    • 匿名さん  はい、本当に最高です。小さいことでも良いんで、人の役に立ちたくなりますよ、革命児さんの本を読むと。
      有難うございます!

      • 上のコメ 匿名にしちゃってましたァ
        ;´Д`

        本買わせてもらいました。
        読むのが楽しみデス☆

  9. 革命家さんの一言一言が胸に突き刺さりました。ちょうど仕事を上手く運ぼうと媚びまわってたので・・・。

    難易度の高いコースに挑戦する前、一生懸命コーナーやスピードを覚えてる私に「先を覚えて走ろうとするな。お前が走ったあとがコースになると思え。その方がずっと素晴らしいんだぞ」と教えてくれた師匠の言葉を思い出しました。

    コメント欄だけじゃもったいない!
    もう全部聞かせとくれ、おとっつあん(゚Д゚)

    • いやいや、もうね、すごすぎて参考にならないですよ、革命児は(笑)  でも革命児ニーズなるなぁ。。なんかもっと広めたい。。。アニキとかんがえよーっと。

  10. カツオちゃん 毎朝 7時頃にブログアップしてるのに、何かあったのかい? 酒の飲み過ぎなだけかい?
    ブログ毎日じゃなくても良いくらいに思ってるけど、大丈夫かい? 心配だよ。 良くない想像も膨らむよ。

    • 満子さん すんませーん、ご心配おかけして!酒は大丈夫なのですが、体調がわるくて途中できつくて、休みました!!今は元気です!!

  11. 素敵な写真ですね♪
    お二人とも全然歳をとっていない事に驚きました!
    アフリカには同じ志を持った日本人が他にもいらっしゃいます。
    革命児さんほどインパクトはないんですけどね笑
    他の方にも会えたらいいですね♬
    大嫌いなアフリカの旅は人生で1番得るものが多いのかもしれません♪
    明日も楽しみにしていまーす!

    • yucaさん

      そうなんですよ!!すんごい若いですよね!!!肌も綺麗だし!そうなんですね!?知らなかったです!他の人にも会いたいです!が、、実はアフリカ出ます、、僕。。

  12. かつおさん、こんにちは。
    初コメです^^
    革命児さんのお話、久しぶりに脳裏に焼きつきました。
    かつおさんの日記を読んで、「己」について自問自答です。
    pay it forwardの精神でいますが、なにかと厳しいですね。。
    本当、NO!しがらみです。
    革命児さんへの質問が間に合えば、LAで公演されたりの予定はあるのでしょうか?
    あれば行きます!(聞くの遅いですよね。。)
    本は、コスタメサの本屋さんへ探しに行ってきます^^
    道中気をつけて☆

    • ともっぴさん

      コメント有難うございます!嬉しいです!革命児サンLAでは予定ないかと。本はコスタメサには売ってないと思います(笑) てか、コスタメサって懐かしいです!ミツワっすか?

  13. 周りの尊敬できる人たちって
    人のことを考えて動いていたら
    結果、人やお金がついてきている。

    しかも、お金が稼げるようになっても
    人には惜しまないけど、無駄はしないと言う人ばかり。

    自分もそうなりたいと思いつつも
    なかなか心からそうできるようになるには難しいです

    • わかめさん

      やはりそうなんですね。
      お金を追い求めてる人がしょぼくて
      志を追い求めてる人にお金が入るって

      すごい分かってるに、全然出来ていませんでした。ぼく。

      でもなんか、そろそろいけそうです!

  14. ピンバック: 自分のやりたいことをできるまでやって成功するのは一番簡単。:革命児 | sundrivertakuya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。