マンスールのルアイさんに降りかかった本当の問題とは?


 

アニキ!から急遽、

「コーダホテルの名物マネージャールアイさんに会いに行け」

電話番号を渡された僕。

 

夜9時にもかかわらず、

ルアイさんはお家へ招待してくれた。

 

僕はタクシーを捕まえ、

ルアイさんに電話をかけて、ドライバーと話させる。

 

すると、運転手は住所を聞いて

しぶしぶ料金メーターをつけ

現地プライスで走りだした。

 

突然の見知らぬ人の訪問を心より歓迎するだけでなく、

こうやって、細かいところにまで気を利かせてくれるルアイさん。

 

彼が日本人に好かれる理由が垣間見れた。

 

では、今日の日記いきまーす!

 

ブログランキングに参加しております。

1クリックして頂けると僕にポイントが入って目指している1位に近づけます。

応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

タクシーがつくとルアイさんは家の前で待ってくれていた。

5階建ての家に両親、兄夫婦、伯父夫婦などが1フロアずつ

住んでいて、これが中東スタイルらしい。

 

1階には綺麗な応接間があって、僕はそこに通された。

 

初めて会うというのに、

全く緊張もせず、むしろ落ち着く。

 

それはルアイさんの人柄のお陰だろう。

ルアイ

僕は、まず突然の訪問を詫び、

次に、夜遅くなったことを詫び、

次に、食事まで気を使わせたことを詫び

次に、これは全て

 

 

 

アニキ!の責任だ

 

 

と言った。

 

 

ルアイさんは全く気にもせず

僕に食事をすすめて、

アニキ!の話やその他旅人の話で盛り上がった。

何度も

「アメイジング!」

という単語を連発していた。

 

これが噂に聞いていた

ルアイさんアメイジングか!!

 

loaysgohan

食事を用意してくれるルアイさん。重めの夕飯を既に取っていて俺超お腹いっぱいだったけど頑張って食べた。

 

彼は純粋にホテルの仕事を愛し、

それ以上に、日本人を愛していた。

 

僕はそこで、核心に触れた。

 

 

「コーダホテルは貴方で持っていたようなものです。

皆、貴方に会いに、あのホテルを訪れました。

それなのに、なぜ辞めてしまったのですか?」

 

 

実は反則なのだが僕はコーダホテルで

既に、彼がホテルを去った理由を聞いていた。

 

オーナー側とルアイさん側からの理由を聞いて

できるだけ正確な判断を、

彼にお世話になった旅人達自身にしてもらいたいからだ。

 

 

オーナー側はこういう。

 

「ルアイは今、サウジアラビアにいる。

実は、彼は数カ月前にホテル内で事件を起こした。

ホテル内にあった2000JD(約30万円)を持ち逃げしたんだ」

 

少なくともオーナーは1つ嘘をついた。

ルアイさんはホテルからタクシーで1.6JDのところに住んでいる。

金のことは分からない。

が、嘘をつく輩は、1つじゃ収まらないのが性質だ。

 

 

話を戻す。

ルアイさんに宿を去った理由を聞いた。

 

「僕は日本人が大好きなんだ。

その理由は彼らの謙虚さや、優しさ、

気遣いが好きなんだ。

綺麗好きだし、正直だし、

話しかければいつもニコニコしていて。

英語ができない人も多いが、

距離感を気をつければ、日本人からも

一生懸命コミュニケーションを取ろうとしてくれる。

そういう所が凄い好きで、

気がつけば、多くの日本人と知り合い、

毎日語らい、飲んで、一緒にご飯を食べて

遊びに行った」

 

 

「貴方のことは色んな人がブログや

トリップアドバイザーなどに書いてあるし

多くの日本人が感謝していると思いますよ」

 

 

「ただ、オーナーはそれが面白くなかった。

僕が日本人にご飯を作ってあげたり、

飲み物をあげたり、洗濯をしてあげると

チャージしろ、と言うんだ。

僕は自分のお金で食材やタバコを買って

あげていたんだ。だけどオーナーは

『その金はどこから出てる?

ちゃんとチャージして、そういうのをヤメろ』

と小さいことを言う。」

 

 

僕はオーナーの気持ちも分かる。。

 

ぶっちゃけ、宿泊者にそれが当たり前だと

思われても困るだろう。

親切は、相手が慣れると、

有り難みが薄れ、

ジュースが出なくなったら不満を抱く。

それが人間だ。

だったら宿側は最初から余計なものは出さない方がいい。

残念だが、人の親切というのはムラがあると、

受け取る側がバカだった場合、不満の原因となる。

 

僕はもちろんルアイさんにそれは言わない。

 

代わりに言った。

 

「そういう親切のお陰で

実際コーダホテルに宿泊者が集まり

オーナーも運営できたいう側面もあるのに、

理解してくれないのは悲しいですね」

 

 

「そうなんだよ!コーダホテルが

日本人の間で有名になり、

僕に会いに多くの人が訪れてきたんだ!

だからいつも宿はほぼ満室。

そのうち、泊まれない人も増えた。

それは宿泊者の友達だったり。

ネットで見て会いに来てくれた人だったり。

そういう人も当然僕はウェルカムした。

 

がそういう宿泊者じゃない人達が、

長く居座ってソファで寝てしまったり、

僕を頼りにリビングでずっとネットを使ったりした。

 

僕は気にしなかった。だっていつも宿が満室なんだ。

行く所がない人にソファーを提供するぐらいいいじゃないか?

ネットだって何人使ったって料金は同じなんだ。

僕に会いに来てる人と夜中まで話しが長引くことだって有るさ。

人が集まって何が悪いと言うんだ?」

 

 

「ソファーで寝ていった人たちは無料ですか?」

 

 

「そりゃそうさ!ソファーだから無料で泊めてあげたよ!」

 

 

「なるほど、、、」

 

「ただオーナーはこいつらは何だ?と僕に凄い剣幕で怒鳴り

チャージしろだの何だのうるさいんだ。

そして、そういう怒鳴り声を日本人は嫌う。

だから、そのうち、そういう喧嘩を見て

いきなりチェックアウトするお客さんも増えた。

そして、そんな日が続いた。

僕はそういうオーナーに我慢できなくなったんだ。

僕は日本人が心地よくステイ出来る場所で働きたいんだ」

 

 

「それで辞めたんですね?」

 

 

「いや、3つ最悪なことが重なって僕も切れたんだ。

1つ目、日本人の無銭宿泊者が増えた。

2つ目、宿泊者の高価なカメラ(約30万相当)が無くなった。

    犯人は分からない。でも僕のはずがない。

3つ目、それでオーナーが怒鳴って日本人宿泊者が出て行った」

 

 

 

1つ目が気になった。

2つ目はもう自己責任。日本人宿の中と

言えどもドミトリーならモノは無くなることだって

あるだろう。

3つ目、そりゃ怒鳴るだろう。

 

 

実は日本人が増えて、

溜まり場みたくなったコーダホテルでは

無銭宿泊者が増えたらしい。

ソファーで寝てる人は無料で良いとしても

ドミトリーや個室で寝てる人も

払わないで消える人もいたらしい。

 

また、モノが壊れたりもしたと。

言ってくれれば良いものの、

内緒にする人もいたという。

 

 

僕は詫びた。

これは旅人連帯責任だろう。

 

 

ただ、本当にここで一つ言っておきたいのが

 

ルアイさんは全くそれは気にしてなかったし、

 

ルアイさん自身、

「日本人は1億人以上いる国だ!

たまにそんな変なやつだっているのが

当然じゃないか?ちがうか?」

 

と言い、それに対してイチイチうるさい

オーナーに対して怒って辞めたことを

何度も言っていた。

 

そして、もう一つ、僕は日本人宿に必ずある

情報ノートが無くなっていたことも聞いた。

(情報ノートは宿泊者が現地のことや旅先の詳細の

情報を書き込むもので、これを目当てに日本人宿に

泊まる人も多い。)

 

すると、オーナーはそれはルアイさんが

持っていったとの事だったが

ルアイさんは違うことを言う。

 

「あの情報ノートには僕のことを沢山書いてある。

オーナーの悪口や宿の悪口を書いた日本人もいるらしい。

だからオーナーが新規の宿泊者に見られたら

マズイと思って僕が辞めてから処分したんだろう」

 

と。

 

僕は、ここで誰が悪くて、

誰が高価なモノを取ったんだ?なんて

言いたい訳じゃない。

 

ただ、僕ら旅人の無責任な行動や浅い考えで、

 

1人の日本人好きのスタッフが

無職になり、濡れ衣をきせられ、

へんな噂を流され、

無駄な争いが起こた、という事を、

僕も含め、旅人は意識しなくては

いけないのではないでしょうか?

 

 

すっごく難しいことだけど。

 

いや、簡単か。

 

えてして、安宿は管理体制が甘いし、

なぁなぁの部分もある。

スタッフが親切だったりフレンドリーだったりすると、

ご飯を作ってくれたり、一緒に飲んだり

話をしたりすることもあるだろう。

 

 

何しろそれが、安宿のいいところだ。

 

 

だけどそれはオーナーから見たら

面白くないことだったりもする。

 

「給料払ってるのに、こいつは何を一緒に遊んでんだ?」

 

と思う経営者もいるだろう。

 

それに安宿は

ボロいからすぐ壊れる。

トイレのドアは締まらないは、

シャワーはちゃんと出ないは、

変な虫は出るわ、

で、金を払いたくないこともある。

 

が、それはここを選ばなきゃ良かっただけの話。

嫌なら金だして良いホテルに泊まればいい。

 

僕も、今まで短い旅ながらも、

 

何度も宿代をまけてもらったり、

ソファーに寝かせてもらったり

タダでシャワーだけ使わせてもらったり、

夜中まで酒のんで騒いじゃったり、

泊まってもないのに長時間居座ってWiFi使ったり、

洗濯機を使わせてもらったり

壊れかけのドアノブにトドメをさしたり、

 

まぁやるだけやってきてしまったけど、

 

今後、気をつけていきます!!

 

なので、旅に出てる貴方も、

これから出る貴方も、

人として最低限のマナーは

気をつけていきましょう!!

 

超当たり前のことだけど。

宿代は言われなくても払う。

ものを壊したらきちんと言う。

人の好意に過度に甘えすぎない。

頼り過ぎない。

 

 

ルアイさんが宿を去った理由を両方側の意見から

ここに書きました。

 

実は、アニキ!にこれを伝えた時、僕は

 

「オーナー側の意見、書くのマズくないっすか?」

 

と言いました。

だって真相は分からないじゃないですか?

 

だけどアニキ!は言う。

「いや、ありのまま書きなよ。

ルアイさんからの一方的な意見だけ書くの反則でしょ?

あとは、マンスールに泊まった旅人達に判断してもらえばいいじゃん。

ルアイさんの事だって、皆が皆、好きなわけじゃないしさ。

そんなの人間だからさ。当たり前でしょ?

僕は好きだけどね、ルアイさん。」

 

と。

旅が大好きで、旅人も大好きなアニキ!も

ヨルダンの小さい安宿で起きた

小さな出来事かもしれないけど

皆に知って貰いたいんだと思います。

だから、

僕にルアイさんが辞めた真相を聞いて来いと言ったのでしょう。

(ただ本人が気になっていただけかもしれないけど(笑))

 

アニキ!は続けて言う。

 

「情報ノートもない、ルアイさんは宿にいない。

誰かが本当の理由、...というか、

それぞれの言い分を書かないと、

オーナーの言っている事だけが今後、

知れ渡ってしまうでしょ?」

 

 

 

アニキ!思慮深し!!

 

尊敬アゲイン!!

 

 

判断は貴方に任せます。

 

だけど、僕がいいたいことは、

一つの事実として、34歳の男性が、

日本人の名をつけてくれた宿で

日本人がキッカケとなって職を

去ってしまったという悲しい事実です。

 

ルアイさんは今、また日本人が集まれるような良い宿を

自分で運営しようと奔走しています。

 

きっと良い宿になるでしょう。

 

だけど、次は彼の一方的な親切に甘えないで

何かこちらからも、してあげたいものですね。

 

 

手ぶらで行って食うだけ食って

飲むだけ飲んで帰ってきた僕が言うのもなんですが。。

 

 

ルアイさん

新たな人生頑張れ!!

 

 

と思った方、クリックお願いします!

 

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周


マンスールのルアイさんに降りかかった本当の問題とは?」への24件のフィードバック

  1. 物凄くいい内容だった。私だったらってすごく考えたよ。すごく考えてます。オーナー、従業員、客の立場が公平で、各々の本質的要素があって良かった。今日のミーティングのテーマにします。いっけんなんて事ない安宿の話だけど、すごく内容ある。
    大人のブログだよ。私は

    • 途中で何故か送信になった。(´・c_・`)

      ひつこいけど、良かったよ。 やっぱこういうのよいよ♪ 答は簡単かもだけど、実際に継続的にやるのは難しいし、この内容がすべて継続的に行えれば、win-win どころかhappyだよ。良かったよ。

    • 満子さん  おお、ほめられた(笑) 嬉しい(笑) 難しいですよね!これ。実際ルアイさんの人柄で売上あがってるけど、オーナーの言い分もわかるし。。的な。。

  2. 初めまして。
    イブラヒムピースハウスさんもマナーの良くない旅人さんが多いようです。イブラヒムじいさんを元気づけに行ってください。

    • トゥカンさん  今エルサレム着きました。この宿に行こうと思ったんですけど、遠いって聞いてやめちゃいました(笑) すみません。。。

  3. この真相はぼくもずっと知りたいことでした。
    ぼくのときは辞めた直後だったので、もっと情報も交錯していましたね。
    かつおさん、グッジョブです。それと”会う旅”いいですね。
    応援してます!

    • たいさん  まじすか!!なんか噂ではヨルダンー日本戦の時に多くの日本人がここに集まって宿泊して一円も払わず出て行った というのを聞きましたが、ルアイさんは、それには触れてませんでした。

  4. みんなやってるから・・・という集団心理で旅人が敬意や感謝を(対価も)払わなくなった結果でしょうか…
    長旅で汚い恰好してても、捨てちゃダメな品格の部分。
    道楽でやってる宿ならまだしも、オーナーさんキレて当たり前だと思いますし。
    ルアイさんのホスピタリティあふれる新宿、たくさんの旅人が楽しみにしていると思います。頑張ってほしいです。

    • やーまんさん

      いやーーーわからないっす。本当に。うっかり出て行ったのか、故意にこんなことをしたのか。。でもルアイさんのホスピタリティに甘えたことは確かですよね。。僕も品格には気をつけます!!

  5. いろいろな人との出会いがあり、いろいろな人生に触れ、本当の旅をしている感じがする。私も一緒に旅を楽しんでいる気持ち。
    不評な髪型のことだけど、私にはダンディーにきめた昨日の髪型が一番男前に見えたけど!今日の写真の崩れっぷり!ざんねん!

    • あいさん  人に会う旅、結構いいですね!実際。というか今までも会ってたのですが、スルーしてたんでもう少しこれからは、注目して行きたいです。髪型ぼくも写真みて驚きました(笑) 

  6. 日本人って正直で周りの事を考えて行動する人種だと思い込んでる人も多いけど、タガが外れるとそれなりにロクでもない事もしてしまうのでしょうね
    いろいろ考えさせらます

    • 山さん 1人の無責任な行動が、その他多くの日本人のイメージを変えてしまうこともあるので気をつけたいですよね。。

    • あと、このミッションを与えたアニキ!と、遂行したかつおさんに、拍手!!

      • みづきちゃん  ありがとーー!俺もルアイさん会えてよかったよ!!やべー俺どんどんいい男になっていく気がする!

  7. ルアイさんなんていい人なのー
    宿の無銭宿泊同じ日本人として悲しいです。

    オーナーさんの気持ちもわからないでもないんだけど、罪を憎んで人を憎まずなルアイさんは素晴らしい人格者ですね。

    ルアイさんはもちろん見返りを求めての行動ではないんでしょうけど、優しさに甘えて調子に乗って恩を仇で返すような人間にはなりたくないですね。

    • きのこさん

      ルアイさん素晴らしい人ですね。確かに!旅の恥はかきすて なんて言葉があるから、ちょっと甘えてしまう人もいるのかもしれませんね。。

  8. 難しいですね・・・
    かつおさんも経営者だから。「うーん!?」って
    感じてはったみたいですが。
    ルアイさん、いい人なんですけど従業の身としては
    少し勝手な行動と感じました。
    宿の運営のリスクを背負い込むのは経営者であるため
    宿の方針も経営者の方針に従うのが普通。
    (宿にとって極めて悪い事以外)

    まして勝手にソファと言えど無料宿泊させずにチャージをとれっていうのは当たり前ですよね。

    ルアンさんが日本人よりだから日本人側からの判断が色眼鏡になってしまいがちですが
    オーナーの発言が必ずしも間違えてない気がします。
    (サウジは余計ですけど)

    結局全員問題ありってことなんでしょうね(^^;)
    いい人だからって勝手な事をしていいって
    訳じゃないし。

    • たかさん 

      そうなんですよね。オーナー側の意見も分かるんですよ、実際。で、トラブルが起きたら、「だから宿泊者以外を簡単に入れるなとアレほど言ったろ」的なことだって言うと思うんですよね。。でもルアイさんがいなければ、宿はスカスカ。。多分、ルアイさんも自分で宿を経営するようになったらまた、考え方も変わるかもしれませんね。

  9. 今日の内容、とっても共感しました。ルアイさんの信念もわかるけど、たしかに社員としてはどうかな、という気もします。でも、それより、その宿に居座った日本人旅行者たちのマナーが・・・・。同じ国の人たちながら恥ずかしいです。限られた予算で旅行している人も多いでしょうから、なるべく安くという気持ちもわかりますが、こんな風に、日本人が好きな善良な人を無職にしてしまうこともあるってことですね・・・。世界一周の皆さんのブログにも、よくいろんな国や場面で「タダだった」とか「めちゃくちゃ値切った」とか書かれていますが、「タダ」の意味をよく考えたほうがいいのかもしれませんね。なんだか、この記事を読んでとても考えさせられました。
    最後に、人に会う旅は カツオさんに合っている気がします(上から目線ですみません)。アニキはさすがな提案をしましたね!

    • チチャさん

      コメントありがとうございます。そーなんですよね。でも僕は今日一日考えて、やっぱりマナーに問題有るなという結論に至りました。「タダ」の意味。本当そうですね!!!良い指摘ありがとうございます!僕、本当は人に会うのとか不得意だし、会っても全然ちょーつまんないヤツで相手に申し訳なく思うんですよね。。僕本当に無知だし。。自分も高めなきゃいけないし、人に会うというのは自分を高めるにも良いと思います。これはやっていきたいです、旅中も旅後も。

  10. はじめまして!
    コーダホテルのことを検索したらこちらのブログに辿りつきました!!
    コーダホテルに宿泊したいと思っていたのですが、現状が変わってしまったのですね(><)
    質問があり、個人的にアドレスにメールさせてもらったのでどうぞよろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。