諸行無常な日記

答えがありすぎる問題

ここ数年ずっと、自分の成長を実感できない、という問題がありまして。

お恥ずかしながら歳を重ねて、当たり前ですが10年前の自分とは、日毎の経験値がついているので、それなりに簡単なABテストであれば正しい方を選べる精度は上がっているんだと思います。

しかし、ちょっと複雑な問題(例:人間関係、売上やお金、ダイエット、フォロワー数を増やしたいetc)では、相変わらず、いい結果を出せているかというと、全くそうではありません。むしろ全く結果が出ていません。

で、なんでかな?と。自分なりに考えてみたので、シェアさせてください。

まず、上のよくあるちょっと複雑な問題(例:人間関係、売上やお金、ダイエット、フォロワー数を増やしたいetc)

についてですが、

 

その答えが分からないので、いい結果が出せていない、ということではありません。

 

Googleで検索すれば、1秒で有料無料構わず、モテる方法、仲直りする方法、人を操る方法、売上をアップする方法、億万長者になる方法、1週間で3キロ痩せる方法、Twitterの数を爆増させる方法、などなど出てくるので、結論から言うと

 

答えだらけ

 

です。むしろ検索すれば、答えしかないので、何年も結果がでないのが不思議で仕方ありません笑

つまり、答えを知っている=結果が出る ではないんですよね。当たり前ですけど。
答えを実行した=望んだ結果が出る でもない。

 

昔は本当に、答えが分からず、試行錯誤するしかなかった。

 

僕自身、思春期からずっと彼女ができずに悩んでいました。本屋でノウハウ本があるのは知っていましたが買うのは恥ずかしいし、好きな子にアプローチする方法が分からず悩んでいました。友達にも相談できないし、もちろん好きな人に答えを聞けないし、とにかくどのようにすれば結果が出るか、分からなかった。

自分の顔面偏差値なのか、髪型なのか、体型なのか、洋服なのか、周りからの噂なのか、部活での活躍不足なのか、話し方なのか、とにかく手探りで遠回りをしまくって、細かい調整をしながら、答え=望んだ結果 に近づこうとしていました。

で、最終的に彼女ができるんですけど、今思い返すと、やっぱり

望んだ結果=彼女ができたのは、いわゆる教科書にあるようなモテの答えじゃないんですよね。

だって僕、今も全くモテませんし! (思春期に大量に回したモテPDCAの意味!)

 

同じように、今の方が10年前よりお金を稼いでいますが、今だに、どうすれば売上を伸ばせたり、お金を稼げるか?わかりません。きっとそれらの答えは検索すれば、わんさか出ると思いますが、僕は、それらを理解できても、結果が出せるかは全く自信がありません。というか結果を出せておりません。

 

つまり、思春期の話と同じで、

 

多くの答えを知り、多くの無駄をショートカットし、実行しても、望む結果がでる確率は意外と低いのではないだろうか?

 

それよりも無駄を含め、遠回りでも

 

望む結果を目指して、多くのプロセスを踏む

 

ことが、実は最も大事で、しかも、そのプロセスはしっかり望む対象から観られているのかもしれません。

 

考えてみても、昨日までダサかった奴が、突然モテの答えを丸パクリするよりも、ちょっとずつ変わっていって、「あれ、カツオ君最近いい感じじゃない?」という変化のグラデーションを見せる方が、対象も心の準備もありますし、効果的かもしれません。

 

 

いやーーーーーー、突然の変化でも全然アリだなぁ笑

 

 

ただ、どっちが身について、自分の強みになるかと言えば、やはり、

自分で考え、自分なりの答えを探し出す方が強いのは間違いありません。

 

その理由は簡単です。

 

ネットや本に落ちている答えは、間違いなく同じやり方をしている競合が沢山いるからです。

 

そうでした、ずっとずっとある真理。

 

 

答えは必ず自分で考え、見つけること。

 

でした。

 

ちなみに僕は毎朝、相変わらず本で答え探しをしています笑

明日から自分の頭で考える時間を長くしよーっと。

いつも携帯で答えばかり見ていて、最近1時間でも本当の意味で考え事、ってしてないことに気が付いた朝でした。

 

最後までお付き合いありがとうございます。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です