マッサージと旅


8月4日 マレーシア

時差ボケで夜の2時に寝て朝の4時に起きてしまう始末。

部屋で悶々とながらも何とか寝ようとat6時半。

 

ドアがガチャっと開いて

 

 

「山登り行くぞ!これに着替えろ」

 

 

とマイファーザー参上!!

 

まじか!!

 

今日ゆっくりしたかったのに!!

 

てか、この家で「ゆっくり」なんて出来ない!

 

超強引男、それがススムくんakaマイ親父!

 

というわけで、マレーシア二日目!

 

メインバンク様の指示のもと、朝から汗かいて頑張ります!

今日の日記!つか、近場の日本人宿に泊まりたいっす(笑)

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから散歩のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++ +++

起きて3分後、そっこーで着替えさせられて

気がついたら山登りへ向かっていた。

頭がボーーーーっとしておりますよ。

山登りへ

登山入り口。朝早いというのに結構人が多い。

ちなみに、こちらの登山は頂上に登って達成!というより

日本のハイキングです。熱帯雨林の小山を登っていくので

景色とかないっす(笑) 木と猿ばかりっす。

山登り

 

そこそこ傾斜や階段もあるが

ワイナピチュ、フィッツ・ロイ、テーブルマウンテンと

登ってきた僕からしたら余裕なハイキングコース。

 

だけど気温は30度近く蒸し熱いし、景色もないし、

このハイキング、なかなかの苦痛さ(笑)

山登りの仲

 

往復1時間半程度の軽い散歩でも汗はびっしょり。

お腹が空いたということで、

僕はサッパリ南国のフルーツでも!と思っていたのだが、

親父のチョイスは、朝からインドカレー。

出資者の言うことを聞かざるおえない。

カレー

ちなみにマレーシアの民族構成はマレー人が65% 中華系25% インド系8%

残りがミャンマーとかインドネシアなど他の国の人達で

色んな民族がミックスしている多民族国家です。

街のレストランは中華かインド料理も多く、ご飯は普通に美味しい。

 

家に戻り、バンコクで6日に待合せがあるのでチケットを探す。

も、18000円と高い!!どこいったエアアジア!!??

どうやらマレーシア発のLCCAirAsiaは結構前に取ると安いらしいのだが

事前だと普通に高い!!

 

旅人ルートで聞くとどうやらマレー鉄道というのがあるらしい!

ペナン〜バンコクまで合計3000円くらいと安い!

1500キロ鉄道の旅か!所要時間を確認!

 

2日くらいかかる(笑)

 

それじゃ完全待合せに間に合わない!

そしてチケットも売り切れてるし!

 

するとどうやら調べていくと、

クアラルンプールからタイのHAT YAI(ハジャイ)

という街までバスが出ていて、そこまで行くと

バンコクまでのバスが沢山出ているらしい。

時間も合計で24時間。

値段もやはり3〜4000円ぐらいっぽい。

乗り換え1回バスの旅。

 

うーーーむ。。。

 

18000円で所要2時間でバンコクまで飛ぶか、

かたや4000円で24時間のバス移動か。

 

時差ボケだし、疲れてるし、

バンコク着いてからも移動あるし、

 

これ、まじで5ヶ月前なら迷わず

1億パーセント飛んでたのにな!

 

が、今は僕も旅人の端くれ。

当時とは経験値も口座残高も完全に違う。

 

 

 

バスにするしかない!

 

 

親父にバスターミナルまで連れていってもらい、

ついでに、お金ももらい(いい歳してすみません)、

翌日5日夜22時半のバスチケットを取る。

待合せの6日の23時バンコクまで間に合うかな。

 

その後は、中華街でランチ。

チャイナタウン

 

親父オススメのヌードル屋さん。

8リンギ(260円ぐらい)

中華ご飯

 

食事中、長旅と早朝ハイキングの疲れを訴えると、

マッサージに連れて行ってもらうことに!

イエイっ!!

 

とあるビルの2階に到着する。

マッサージ屋が10店舗ぐらいある。

 

看板は普通の地味な色だが、

店前にいるのは派手なおねーちゃん

いやらしい視線で客引きをしている。

 

あ、これ怪しくねぇかぁ?

と思っていると、1つの店に親父が入っていく。

 

マッサージ

 

足マッサージ40分+全身マッサージ60分で

70リンギ(≒2400円)

 

 

親父と隣同士に座りフットマッサージが

早速開始されると親父が口を開く。

 

「かつお、さっき見ての通り

ここらへんのマッサージは若い子が

一生懸命呼び込みをしてるだろ?

競争が激しいんだよ。」

 

 

「ね。あの若い子たちが

マッサージしたりするの?」

 

 

「そうだ。そして最後に50リンギ追加で

スペシャルマッサージをオファーしてくるんだが、

ハズレを引くとマッサージは下手なくせに

スペシャルばっかり薦めてくるんだよ。

だがな、ここは

 

 

スペシャルマッサージないぞ!」

 

 

 

僕の目を捉えて言う親父に向かって僕は言う。

 

「分かってるよ、、、

 

 

だって俺の担当男だからね!! 」

まっさーじ男

 

てか、親父の隣でスペシャルマッサージされても嫌だしね(笑)

 

 

ちなみに、マレーシアのマッサージは

最後に追加料金で性的サービスを

オファーしてくるところがかなり多いそうです。

 

親父に聞く

 

「スペシャルサービスって何しくれるんの?

H?それともオーラルS★X?(オーラルS★Xてw)」

 

「いや、手でサービスしてくれるんだよ」

 

 

「それで50リンギ?(1600円)たけーな!!」

 

 

「高いか?1時間のマッサージなら50リンギ足しても

3000円ぐらいだぞ。日本より安いだろ!?

でもな、まぁ下手な奴にあたるとそればっかりだし、、

だからもう僕は一切やらないことにしたんだ!

こういう真面目な店が結局マッサージも上手いし良いよ。

 

 

結構やったことあるな。

つか、詳しかった(笑)

 

夜は中華系マレーシア人と日本人と韓国人でお食事会。

食事会

 

 

 

旅の定義ってなんだろ?

ずっと疑問だった。

そんな時、友人から一通のメールが来た。

 

観光=旅行

 

現地の人の生活を垣間見る(現地人が行くお店や

交通機関を使うレベルですが。)=旅

 

たしかに分かりやすい。

そんな難しいことじゃないんだよね。

 

僕はなんか哲学的な側面が必要と思って

堅く考えてしまうんだけど、

そんなことなくて、旅って現地の人と同じ歩調で街を

周って自分の中で消化することなのかも。

 

旅人は旅行と旅を絶えず繰り返しているんだよね。

 

ラストスパートの僕もメリハリをつけていきたい。

 

明日の夜にはバンコクへ向けて

現地の人と一緒にバス移動をするんだ。

 

そんなことを、マレーシア人に言うと

 

 

 

皆、一斉に驚く(笑)

 

 

「いまどき皆バンコクまでバスでなんていかないよ!。

普通、飛行機だって!!それキツイって!」

 

た、旅ってなんだろ?(笑)

 

ブログランキングに参加しております!

明日は終日移動!バスに乗ってる人を交流できるよう

頑張ります!!んじゃ、いってきまーす!!

いってらっしゃーい、のクリックお願いシマス!

PS タイ、ラオス、カンボジアあたりにいる人、あそびましょー。

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレットの方はこちら→にほん 世界一周ブログ村


マッサージと旅」への10件のフィードバック

  1. 男の男による男のためのスペシャルマッサージも、ある所にはありそうですね。

  2. ロンドンが好きだったので、カツオさんにはもっとスコーンを食べていて欲しかったです〜♪

    日本にかえってきたら、旅のお疲れを癒しにきてくださいね。スペシャルマッサージのオファーはないです!お父様とご一緒に〜

    • スコーン激ウマでした!でも、やはり紅茶は水が硬いのか、ヌルっとした感じの舌触りな、きがしました。美味しかったですが!

  3. スペシャルマッサージかあー、1600円じゃちょっとできないなあ(´・_・`)

    (笑)

  4. ブログを読んでいるうちに旅に出て、今欧州の旅。何処かで会えるかなと期待したのにもうアジアなのね。
    旅で何を求めているのか求められているのかいまいちよくわからなのだけれど…
    インドに行く事がひとつの目的のようにも読み取れますが、なんで旅にインドが必要?とてつもなく複雑な社会なので旅行に行くには最高に面白い所でしたが、潔癖性のカツオさんには合わなさそう。何か求めているものがあったら教えてほしい。

    • 僕も絶対にインド合わないと思います(笑)因みに外的なことは特に何も求めてなくて、面白いことあれば良いなーぐらいで、あとは自分の価値観とか変われば儲けもんと思ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。