日本帰国

新たなる指令

空港に無事到着すると、アニキが一人で

満面の笑みを浮かべて待っていた。

 

 

ハッキリ言って最高の気分だった。

 

 

遂に果たした世界一周。

更には狙っていたランキング1位からの帰国。

 

旅中、全然1位を取れず、ポイントも下がりっぱなしで

1位どころか3位以内をキープすることすら難しいって時。

 

「お前、最後ぐらい見返す根性みせてみろよ!!

今のままじゃまた中途半端に終わるぞ!!

俺にも読者にも

“あ、カツオ最後はなんだかんだ言ってやってくれたな”

って思わせてくれよ!!

お前がもし2位以下で帰ってきた時は、空港にお迎えに行かないから。

一人でトボトボ帰ることになるからな。

そのかわり1位で帰国した時は空港でちゃんとハグしてやっから。」

 

自分のハグに価値を乗っけるその言い方が

インド人並みの図々しさを思い出させるが、

 

とにかく、この日のハグを最高潮にするために、

僕が祖母の危篤で一時帰国した時も

アニキ!には敢えて一切会わなかったし、

僕もなんとか奇跡的に一位を獲って帰国という約束を果たすことが出来た。

 

さぁ、男同士、感動の再会だ。

 

僕とアニキ!の視線が交わり

笑顔が反射したその瞬間、

 

 

 

 

なんか照れくせーー(笑)

 

 

 

そしてアニキ!も堂々と

「ハグしてやっから」とかメッセージしてたくせに

最初に発した言葉が、

 

 

「おー。まじで帰ってきちゃったんかー?」

 

 

・・・って、

きちゃったんかー? じゃないわよ!!

 

白々しい!

 

さっさとハグしなさいよっ!

 

ぎゅぅぅーーーっとさ!

 

 

と思いつつも、なんかお互い

 

ハグ射程距離圏内に近寄れず(笑)

 

 

てか、何で一人で来るかな!?!

数人連れてきてくれやーー!!

 

こういうのって案外他の人もいたほうが

すんなりいきやすいというか、

ノれるといいますか(笑)

 

二人きりだから、なんだかガチになってしまう気がして。。

逆に、見知らぬ通行人の目が気になっちゃう的な(笑)

 

そんなこんなで

「ただいまーっす」

「おつかれーー」

的な雑談をして、

 

ハグがいい味を出せる賞味期限は完全に切れた・・・

 

おまけに、記念に二人で写真をとるのすら照れくさくて、

撮影すらできない。

 

そんな照れ屋なオジサン二人が空港で

ソワソワしている光景はさぞかし、不審だったでしょう。

 

 

車のトランクに汚いバックパッグを乗せ

僕は助手席に座る。

なんだか半年前、この車で空港に送ってもらったのが

ついこの間のようだ。。

 

 

アニキ!は口を開いた。

 

 

「お前どーせ、今日暇だろ?

送り届ける前にちょっと寄っていい?」

 

 

そう言うと僕とバックパックを乗せた車は

首都高速に吸い込まれていった。

 

 

数十分後、到着したのは都内にある不動産屋の前。

 

「ちょっと、待ってて。」

 

というと、数分後、不動産屋の人と車に戻ってきた。

 

 

「え、、、なんすか!?!なんすか??!」

 

僕はまだ帰国して1時間しか経ってないし

今、何が日本で起きているか理解できていない。

 

アニキ!はいう。

 

「お前、日本で俺と組むんでしょ?

とりあえず、ウチから近場で住めるような物件、

探しておいてやったから。あとはお前が決めるだけ。

無職のお前でも借りれるよう保証人は俺がなってやるから

そこは一切心配するな。」

 

 

「はい!!ありがとうございますっ!!!

めっちゃ助かります!!」

 

 

正直、感動した。

アニキ!の器のでかさに驚いた。

彼を信じて頑張ってよかった。

アニキ!は僕の帰国後のこともちゃんと考えていてくれて

忙しい時間の合間に僕の為に物件まで探しておいてくれたのだ。

 

アニキ!からのサプライズプレゼントだ。

 

都内の綺麗なマンションが建ち並ぶ閑静な住宅街に進んでいくと

不動産屋さんが「あ、ここらへんに駐めて歩いて行きましょう」

という。

 

こちらです。ここを右です。

 

そこの隣です。

 

誘導されるがままに着いて行くが

アパートもマンションもない。

 

そこにあったのは、一軒家風の建物。

若葉荘

 

 

「ま、まさか、一軒家、まるごとすか??」

 

「ばかやろ!この最上階の一室だよ」

 

最上階って2階建てじゃないすか!!(笑)

 

この高級マンションの名前は 若◯◯荘。築51年の物件である。

 

さぁ、一步中に入ってみよう。

 

セキュリティも安心な、共同エントランスだ。

マンション

 

エントランスホールには、集合ポストはなく

集合下駄箱。新築マンションも採用していないシステムだ。

 

 

 

最上階にあるペントハウスの様子

2階部屋

玄関までの吹き抜け建築のお陰で開放感がある。

また木目調のデザインがコンクリートジャングルに

ぽつんと現れた憩いのオアシスのようだ。

 

さて、注目の間取りだが、今流行りのエコデザイン。

無駄なものをすべて省いた6畳ひとま。

収納スペースだけでなく、

キッチンスペース、トイレ、バス・シャワーまで省く徹底ぶり。

若葉荘

 

さらに、ラッキーな事に、最上階、角部屋ということもあり、

眺めも風通しもいい。

街灯も近く、夜は部屋の照明もセーブできるだろう(が虫も入るだろう)

角部屋

 

これだけの物件でなんとお家賃!!!

3万5千円!!

 

 

日当たりが抜群すぎて蒸し暑い部屋でアニキ!は言う。

 

「いいだろ!?イメージ的には陰陽の陽だな!?

お風呂が唯一の問題だけど、

まぁ、それは水道がそこにあるから!」

 

僕は、この物件のエントランスからずっと一言しか発していない。

 

「いやぁぁぁ、、、、まじか。。。。」

 

帰国の喜びが、先程からストップ安どころか、

だだ下がりである。

 

「お前が、気に入れば明日からでも入れるぞ!

この物件、まじでいいわーー!

なんかピンとくるよな!?

これいいよーー。ドラマがあるよ、この物件は!」

 

騒ぐアニキ!を不動産屋さんが制す

 

「ボリュームを少し、、、すみません、壁が薄いものですから、、

それに、、、」

 

と廊下につながる扉を指さす。

 

ドアの上はなぜか20cmくらい空いてる。

換気のためか?とにかく、プライバシーゼロである(笑)

僕は言う。

 

 

「まじ、無しでっっ!!!」

 

 

「えええぇえぇ!!!なんでだよ?!?

あついっしょ!!??この物件?!?!」

 

 

あ、この人、本気で勧めてるんだ。。

ギャグじゃないんだ!?!

ある意味すごい!世の中にこんだけ物件が余っている2013年。

なぜここを選んだか、僕には不思議で仕方ないが、

アニキ!を傷つけないように言う。

 

「いやぁー、やっぱり、お風呂なしじゃ、衛生的に

皆様に御迷惑かけるじゃないですか。。日本では

結構仕事するときに、大切ですよー。そこらへん。」

 

 

「たしかに、、、じゃあ、場所は悪いけど、、

もう一つのヴィラ◯かな。。」という。

 

あ!ヴィラが付いた!!

大変期待がもてる(笑)

 

車に乗って10分後、

 

 

ヴィラグリーン

 

恥を知れ恥を!!

よく横文字使えたな!!

 

もう木が、二階の窓からインサイドにぐいぐい入っていた(笑)

 

が、さすがに、ヴィラというだけはある。

前回とはちょっと勝手が違う。

 

まず、、、

やはりこちらも集合ポストならぬ集合玄関だ。

これは鉄板らしい。

共同玄関

 

そして、

 

コインシャワー

 

 

1階にカーテンで仕切られた共同シャワーがある!!

しかも、このシャワー100円を入れないと動かない!!

今どき見たことが無い仕様である!!

 

アニキ!が不動産屋に喜びを表現している(本気で)。

 

「いやーー!あつい!!今どきコインシャワーがついてる

物件なんてなかなか無いですよ!!??」

 

不動産屋

「そうですね。ココらへんは銭湯もありませんので。

大家さんの心遣いですね」

 

 

とにかく、なんだろ、さっきの若◯◯荘が無し無しだから、これでも

ありがたく思えてくるから不思議だ(笑)

 

部屋に入ってみる。すると奥にはキッチンがあり、収納もある。

人が住みやすそうである。

1粗大ごみ

が、ひとつ気になるものがある。前の人が残した粗大ごみである。

僕はそれを指さして不動産屋にきく。

「これ、なんですか?」

 

「そちらベッドでございます。お使いください。」

 

「いや、これ粗大ごみでしょ。。。

ボッコボコでガムテープで補修されてるし。。」

 

というかボコボコじゃなくてもこの上に寝転びたくない。

 

「インドの安宿もこれよりマシだでしたよ!」

 

なんていいながら、僕は自分の目線上にあった、

押入れに目をうつす。。

 

なんかポツポツと黒いBB弾みたいなのが

押入れの中に散らかっている。

 

それをアニキ!にいうと、

 

「え?な、な、なんて!!??

ちょっと、俺を持ち上げて見せて!!」

 

というではないか。彼の視界には入らないらしく

僕はアニキ!持ち上げる。

すると、

ねずみの糞

 

 

うぎゃぎゃぎゃぁぁあぁっぁぁっぁぁぁああああぁぁ!!!

 

 

 

こ、これ、ネズミの糞だぁ!!!

ここ出るよ!!間違いないっ!!! 

 

 

そういうと、頭を抱えてその場にしゃがみこんだ!

アニキはドラえもん並にネズミが嫌いなのだ(笑)

 

やべぇやべぇ と連呼するアニキ!

 

なんか深刻そうだ(笑)

 

が、すぐに前向きになる!

眼の色を変えて押入れを確認すると

数カ所の隙間を見つけたらしく、発表する。

 

「かつお!!あの隙間をガムテープで防ぐんだ!!

それでネズミは暫く侵入できないから!!」

 

 

てか、そもそもネズミが出没して用を足して

行方不明になる物件に住みたくない!!

 

その他、収納 aka 押入れ でネズミの糞以外のものをみつける 。

掃除当番

 

お掃除当番の件だ(笑)

まじで当番て。学生以来見たわ。。

 

 

いやーーーー、とにかく!!

まじでこの物件も無しだわ!!!!

 

 

てか、なんで??なんで、わざわざ???

むしろ、よく見つけたな!と思う物件である。

 

アニキ!が言う。

 

「お前これだけの物件探すのどんだけ大変だと思ってんだよ!!

そもそも、ネットの検索じゃ、項目で“築20年以内”が最長だから。

それ以上古くて安い物件探すの大変だったんだぞ!

 値段で探したら出てくるのは駐車場ばかりだし。。」

 

まぁ、確かに屋根がついてるだけで駐車場なみの広さだ。

 

普通の人が物件を探すときにやる

検索方法とは全く違うのである。

 

 

「いやーーー勘弁して下さいよ。。せめて5万でも出せば

まだ、まともなのあるんじゃないですか?」

 

 

「ないよ。

ってか、さっさと、どっちかべよ!!

おれ、ネタとかギャグとかじゃなくて、本気でここ勧めてるから。

だって、お前な。。

半年も仕事しないで旅してて、

当面どうなるかも分からない身で良い場所に住もうなんて思うなよ!!

ここがお前の新たなスタート地点なんだって。

ストイックに生きたいって言ってたじゃん?

俺もスタート地点はこういう所から始めたんだから。

逆にモチベーション上がるって!」

 

 

 

 ・・・っていうか、

仕事もさせないで旅に出したの

アンタだけどな!!

 

 

と喉まで出かけたが、言わずに飲み込んだ。

 

そうなのだ。

 

中途半端に生きてきた僕。

旅に流された僕。

ブログで結果を出せた僕。

そして、今の僕。。。

 

結果、どんだけ世界一周で経験したキレイ事を並べても

僕は日本での新しい自分の人生を切り開かなくてはいけない。

 

世界一周の成果と、これからの僕はまだリンクしていない。

 

日本に帰ってきた瞬間、テープカットされる井上勝雄の

新たなる人生オープニング式。

 

見方を変えれば無色(無職w)になった最高のキャンパス。

 

ゼロスタート。

 

この何もない部屋からスタートするのも悪く無い。

 

これがリアルなんだ。

 

ここから這い上がって見せる。

 

俺は登ってみせる。

 

今日から始まる僕の新しい旅。

綴る言葉。

踏み出す勇気。

 

笑い合える仲間。

無機質な部屋に色がついていく。

 

僕は諦めかけていた自分の姿をそこに見つける。

 

僕は僕の定義で成功していく。

周りは関係ない。

だが、つながった人は大事にしていきたい。

 

過去となった世界一周の旅が、今と未来の僕に

何をしていくか、その全貌をこのブログに綴りたい気持ちもある。

 

そうだ、僕とアニキ!の旅はまだつづくのだ。

 

世界ブログランキングはあと数回で抜けますが、
(ブログ自体、続けるかはまだ決めてませんが)

 

カツオとアニキ!の旅はまだ続きそうです。

 

 

そして、最後にひとこと。

 

とりあえず、この2つの物件はなるべくナシの方向で…!(笑)

 

どっかおすすめあったら教えて下さい!

3万円台で探しております。。

あ、シェアハウスとかはNGらしいです。

あくまで僕一人スタートが必須とのこと…。

 

 

かつおー、またねー!!

おもろかったよー!!

今後とも読むよー!の

クリック宜しくお願いします!

 

あ、メルマガ登録して頂けると、記事をアップした際にメールでお知らせが行きます。

僕がここを抜ける前に是非!

 


 

 

PCの方はこちら→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほん世界一周ブログ村

マホ・タブレット・携帯の方はこちら→にほん 世界一周ブログ村