仕事

2020年に生きる僕が福岡出張する理由

主にインターネットを利用して会社を運営をしています。

インターネットを利用してお客様に商品やサービスをご紹介し、買い物カゴに入れていただき、お会計も済ませてもらい、有難うございますのお礼もテキストに変換してインターネット上で辞儀しながら伝えている。

秋葉原に人だかりができ、誰もがパソコンとインターネットを手に入れたWindows95が発売された、あの日から25年。

お茶の間がインターネットに沸いて、オンラインで楽チンにお家にいながら、どころか世界中どこにいたって全て解決。世の中のインフラがガラッと音を立ててカタチを変えた。

オフラインにおける商売のルール、マナー、常識がオンラインへどんでん返し。電話は迷惑の代名詞。年賀状には正月の消印ではなく、時代遅れの烙印が押された。

(つか消印とか今の人知ってんのか?消印=締め切り、の使われ方がしていて一昔前までは重要な役割をしていた。)

そんなオンラインな2020年。

意外や意外。案外重要視されちゃってるのがオフライン

オンラインで沢山の事が出来るようになったからこそ、逆にオフラインの重要性が増しちゃったパターン。

その要件て、メールでよくね?いや、メールも古いか。チャットでよくね?

物事を伝えるだけなら、ことさらビジネスにおいては、文字のほうが時短で明確で証拠も残り何かと都合がいい。

ではなぜわざわざ会って仕事をするのか?

これはやっぱり、最終的にはその人、案件が「大切だから」に尽きると思う。

会うのは昭和の名残でも、印鑑を押すためでもない。

オフラインは情報量が違う。そして取得できる伝達速度も早い。
結局ある一部の大切なことはオンラインより量も多いし、早かったのがオフラインでした。

ってこと。こういうことって案外あるのよね!

逆にオンラインで出来ることを、オフラインでやることは時間の無駄になる。

曖昧で、情緒的で、抽象的で、あやふやで、五感的で、毒舌で、グロくて、文字に残しちゃいけない、差別的で、超やばいドロドロしたやつ。

とどのつまり。

同じ釜の飯を食った仲間じゃん、なぁなぁに。癒着して。共犯者作り。

それが2020年。時代に唯一取り残されたオフラインですべきこと。なのかもしれない。

そんなわけで、福岡では居酒屋で焼酎飲みながら曖昧で、情緒的で、抽象的で、あやふやで、五感的で、毒舌で、グロくて、文字に残しちゃいけない、差別的で、超やばいドロドロした仕事をしたいと思います。

POSTED COMMENT

  1. ちは より:

    出張いいですよねー自分も出張できる身になりたいです

    • Katsuo より:

      コメントありがとうございます!はい!出張は正直プレッシャーもありますが、めちゃくちゃリフレッシュになりますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です