いざ革命児に会いに!!!!


 

アフリカ大陸最大の目的地であった

ザンジバル島に着いた。

 

僕は革命児に会うためにアフリカに来たのだ。

 

宿に荷物を置いてまずは

腹ごしらえをしようと

街を彷徨う。

 

世界遺産にもなっているザンジバル島の

メイン街 スートンタウンは

まさしく”彷徨う”という言葉が似合う。

 

ストーンタウン3

窮屈に入り組んだ古い町を歩くと

殆どの人が「ジャンボー、マンボー(こんにちわ)」と挨拶してくる。

フレンドリーな島民。

たまに「こんにちわー」なんて

日本語を使ってくる。

ストーンタウン2

今までのアフリカって何だったのかな?

ってぐらいのフレンドリーな雰囲気。

 

 

ここでちょっとゆっくりしてから

次の旅に出ようと心に決めた。

 

僕らは中華料理店に入ると、

目に付いた食べ物を片っ端から頼んだ。

 

島に到着してまだ2時間。

これから革命児を見つけるのに

どんだけ時間がかかるか分からない。

 

僕らは旅の疲れを中華料理とビールで癒した。

 

5月27日今日の日記いっきまーす!

 

ブログランキングに参加しております。

1クリックして頂けると僕にポイントが入って目指している1位に近づけます。

応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから旅のプロローグ

心に留めておきたいアニキからのメールこちらから

+++++++++++++++++++++++++++++++

 

有り得ないぐらいの中華料理を2人で平らげたのが午後1時半。

 

手始めにと、黒人ウェイターを捕まえて聞いてみた。

 

 

「ジェー ウナジュア ムトート 

 ワー マーピンドゥージ?」

  (革命児知ってる?)

 

 

彼はすぐに応える。

 

 

「あぁぁーー カクメイジ?知ってるよ」

 

 

 

いきなり知ってた(笑)

 

 

 

ってか、日本語で知ってるんかい!

 

 

「まじで!?え、どこに住んでるか知ってる?」

 

 

「わかるよ」

 

 

 

見つかるの早すぎ!!(笑)

 

 

 

 

えええーーまじで??!!

 

 

 

聞くところによると

別にこの店の常連でもなく(なんなら来たことあるか?レベル)

この島で、革命児を知らなかったら、

その人はザンジバル島の住人じゃないらしい。

 

彼が、ここに貢献したことは数えきれず。

 

という話だ。

 

 

いやいや、

これマジですごいことだから!!

 

ってか知ってるだけならまだ良いよ。

 

だって、住んでるところまで知ってるんですよ!!

 

 

僕はなんだか自分のことのように

すっごく嬉しくなる。

 

革命児はこのストーンタウンタクシーで10分の場所にある

スーパーの近くに住んでいるらしい。

 

昨日も書いたように、ここは小さい島とはいえ

100万人が住んでる街。

そこらじゅうに家がある。

 

僕は、タクシーではなく、

教えてもらったスーパーマーケットまで

人に聞きながら歩いていくことにした。

 

とりあえず、道にも迷わないように

そこらへんいる人に片っ端から声をかける。

 

 

いや、まじで大袈裟じゃなくて僕が聞いた

8割ぐらいの人が彼の名前を知っていて、

半分は住んでる場所を知ってる(笑)

 

このひとも。

道案内

 

このひとも。

道案内1

 

このひとも。

道案内2

 

 

このひと達も。

団地前

 

この子たちも。

幼稚園バス

 

 

みーーんな知ってる。

 

 

 

このブログで革命児を知った方は、

なぜ彼がこんなにもここで有名なのか?

というかそもそも革命児て何者?

って思ってるはずです。

 

 

僕なんかが、かい摘んで書いてしまうと

本当に、ちゃんと伝わらないと思うので

あまり書きたくないのですが、

ちょーーーーシンプルに言うと、

 

幼い頃から革命家になるべく親に育てられ

中学生の頃には、もう自分はアフリカの

貧しい国々の人を救う、という志を持ち

25歳頃タンザニアに渡る。そして

「アフリカ諸国が貧困から抜け出し本当の意味で独立するには、

援助金に頼るのでなくアフリカ人の働く場を確保し雇用し、

教育していくことが一番大切だ」ということを

実践している人です。

 

現在48歳であり、今でもここで第一産業である漁業をはじめ、

運送業を展開し多くの現地人を雇用。

さらにタンザニアのコーヒー、紅茶、

ティンガティンガという絵を日本で販売しています。

 

きっとその従業員や家族、親戚を含めたら

数千人の現地人が彼のお陰で潤ってると思います。

 

ザンジバル島の失業率は90%と言われていて

殆どの人が定職についていません。

定職という概念がないのかもしれませんが、

とにかく、その日暮らし。

 

その中で、革命児さんが継続的に

ずーーっとこのような仕事をしていることは

もう本当に驚異的なことなのです。

 

しかも、ホントのホントのホントのゼロスタート。

 

日本でやっても起業して20年以上も

うまくやっていく確率は超低いのに

海外、しかも言葉が違うどころか、人種まで違い、

現地人を雇ってのスタート。

 

文字には出来ない壁や困難が遭ると思います。

 

そして、これはまだ彼の本当の一部分しか

表していません。

 

というか、この商売もぜーーーんぶ

人に頼まれて、仕方ねーなーってことで

やったこと(笑)

 

喧嘩した相手と仲良くなって

話を聞いてみると、仕事にあぶれているという。

じゃあ、お前何できんの?あ、船作れんのね?

って話でやっちゃう。

 

全部人助けのために始めた行為。

 

そして凄いことに船も、トラックも、会社も

自分が親分でやってるくせに、

ぜーーんぶ自分以外の名義だという。

 

 

彼は革命児。

 

 

革命児たるもの、志以外の

余計なものは所有するなという教えで

なんなら、運転免許すら持っていないお方。

 

「俺はドライバーになるために生まれてきたわけじゃない。

アフリカの人々を救う志だけでここまでやってきた

だから、免許証なんていらねぇだろ?」

 

 

 

イチイチしびれる。

 

 

もっともっと痺れることが本には

沢山書いてあります。

 

 

そんな人にいよいよ会えるのだ。

 

 

最後の道案内人が、一つの部屋を指して言う。

ぶっちゃけ目印のスーパーを見つける前に

革命児の家を見つけたからね(笑)

 

 

革命児さんの家、掲載していいのかな?

(でも、この建物沢山あるし、

本にも書いてあるから、大丈夫か!)

革命児サンの家

 

ここの一室。

目立つような豪邸に住んでるわけじゃないんです。

 

 

僕はめっちゃめちゃ緊張しながら

ドアの前に立つ。

革命児家

 

まじで信じられない。

 

生まれて初めての体験。

 

いちファンが衝撃を受けた著者の家まで

 

行ってしまうという。

 

しかも海外まで。

 

見方を変えれば迷惑万全な行為。

 

今まさに、扉の向こう側に

 

その人がいるかもしれない。

 

ここまで来たらやるっきゃない。

 

躊躇はしない。

 

何度も読み返した本。

 

失礼はしないつもりだ。

 

ただ気持ちとお礼を言うだけ。

 

 

アニキ!からも思い切り行ってこいって言われている。

 

 

僕は、肚を決めてベルを押した。

 

 

 

 

 

ガチャガチャ。

 

 

 

1人の女性が現れた。

 

革命児の奥さん。

 

 

うわぁぁ(泣)

 

これだけで、めっちゃ嬉しいし(泣)

 

アニキ!が、「まるでマリア様のようだ」、と言っていたお方。

 

 

「あ、は、は、はじめまして!

わたくし、井上勝雄と申しまして、

革命児さんの本を読んで、ふ、深く感銘を

受けまして、き、来ちゃいました。

す、すみません。」

 

 

 

「そうですか。調度良かった。

私達、昨日日本の仕事から戻ったところなんです。

上がってください」

 

 

「えええぇぇ!!!

い、良いんですか??

こ、こんな突然なのに」

 

 

「はい、慣れてますから」

 

僕とたくやくんを中に入れ椅子を

薦めてくれる。

 

 

そして5分後、、

 

 

ものすごい鋭い眼差しの

男が現れた。

 

 

「どうも」

 

 

きたーーーー!!!!!

 

まじできたーーー!!!!

 

 

会えるんだ!!!!!

 

会えるんだね!!!!!

 

すげぇーーー!!!!

 

めっちゃ嬉しい!!!!

 

 

ガチガチの緊張をしながら

もう一度挨拶をして、

 

「あ、あのアニキ!あ、◯◯さんの後輩です。

教えを請いに伺いました。

お忙しいところ、ほんとにすみません!」

 

 

「◯◯?あぁ、あいつの後輩か。

なんだ、もっと早い時期に来るって

言ってたような気がしたけどな」

 

 

アニキ!は革命児と会った後も

事あるごとに革命児のお手伝いをしていて

僕のことも話してくれていたのだ!!

 

 

なーんだ、アニキ!!!

ちゃんと話してくれてるんじゃん!!

 

 

僕は少し心が軽くなって、

本題に入った。

 

そう、アフリカのお題。

 

志!!

 

 

明日は革命児から頂いたお話。

 

ブログランキングに参加しております。

応援宜しくお願いします!皆さんの1クリックが僕の旅の活力!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周


いざ革命児に会いに!!!!” への13件のコメント

  1. エクセレントだバカヤロ~!!!!!!!

    カツオスマイル そう ぐっとぉぉ~!!!!!!!

    旦那はじめ 今日の会議でクリック ぷりーず言っとくからね♪(о´∀`о)

    それにしても マンモスアニキ! 流れる石だね~ 。いや流れる星かもしれないね~。

    明日楽しみしてるね♪ とりあえず油断しちゃダメだよ♪ 好事魔多しと言うからね。よく食べてよく動いて夜はFC2見てよく眠るだよ。

    ギター侍がナオトなら カツオちゃんはレイロックになるんだよ。

    • 満子さん Ray Krocぼく知りませんでしたw マクドナルドの人ですね。いやぁぁぁ大きすぎですよね(笑)なんかのフィールドで頑張りたいですけど!マンモスアニキは超サスガですよ(笑)油断まじで気をつけます!!!FC2はネット接続がクソなんで、最近はイメージを主に頑張っております!って何を言わすんですか!!

  2. すごーい!
    ひとつのドキュメンタリー番組みてるみたい!
    わくわくっ!

    • みづきちゃん すごいっしょ!!!ドキドキしちゃったしょ!ときめいちゃったでしょ!そこまでは言ってないか!(笑)

  3. こんにちは!
    本も著者の事も全く知りませんが、1人で想像してたら感極まってしまいました!!
    明日が楽しみ!!!
    やっぱり、人に出会う旅って素敵ですね!

    • みゆきさん   >やっぱり、人に出会う旅って素敵ですね!  これキーワードっぽいです!今後の!

  4. 凄いわ。そんな凄い人が現実の世界にいるもんなんですね。
    取りあえず、かつおさんのランキングぽちると同時に、革命児さんの本もAmazonでポチッときましたわ。

    • くまさん いるんですよーー。革命児の本有難うございます。志についての本であります!

  5. ピンバック: 志(こころざし)について【ストックホルム】 | 世界放浪記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。