ハゲる原因、つまりハゲニズム(毛髪科学最前線その3)


 

ハゲの脅威に怯えている皆さん、こんにちは。

今日の東京、昨日と違い晴れたにも関わらず冷えましたね。

 

昨日は悔しすぎて、というか神様が与えてくださった試練に

あまりにも納得がいかず、薄毛のデメリットの項目に追記しませんでしたが、

薄毛って確実に

 

 

寒いよ。

 

 

髪って、防寒の役割もするんですね。

マジで。

今、僕が12月からニット帽をかぶらなかった日を数えたら、

 

5日なかったですね。

 

しかもその5日って大手の会社の人と商談した日で

仕方なく、、的な、脱帽でしたから。

だから、もう僕のニット帽ってかぶりすぎてて毛玉だらけですから。これホント。

 

 

それでですね、禿げをカミングアウトしてからね、

よくね、言われるんですよ。

 

「蒸れって頭皮に良くないらしいから、

あまり帽子かぶらないほうがいいよ」

 

って。

 

フサフサのやつが心配してる奴が

僕らに向かって言うんですよ。

でもね、、

 

 

もう目が、笑ってやがんの。

 

 

見たいわけよ。僕のハゲ具合を。

別にね、禿げを隠してニット帽かぶってねぇし!

防寒具としてのニット帽活用だし!!

なのに、フサフサは俺らが、自分の禿げを隠すために

ニット帽を被ってると思っているわけですよ!!

てかね、そもそも俺らの頭部って

 

 

見せもんじゃねーぞ!

 

 

と怒鳴りたい衝動こらえて、こっちはニット帽を

深くかぶり直して言うよね。

 

「で、でも通気性いいやつだから、これ、、」

 

なんか防寒の為にかぶってるのに、気を使ってもらって言われるもんだから、

逆に、気を使って答えちゃう、みたいな。

 

そうやって、禿げは禿げへの意識を更に加速させちゃうわけ。

しかもフサフサ連中が、「ムレがよくないらしいよ」とか

にわか知ったような口を聞くものだから、ハゲもブレちゃうわけです。

僕らにとって、フサフサって髪への希望、というか指針みたいなものだから。

中途半端にフサフサなだけで、発言力があるっていうか。

 

でもね、僕はそんな薄毛同志に言いたい。

 

フサフサの奴らは、ただ髪があるだけで

薄毛になるメカニズムも

ハゲの気持ちも何も理解していない!

 

と。

 

このまま禿げが黙ってたらフサフサの奴らは、

知ったような口で、「この壷を買ったら、髪が生えるよ」

とか言いかねない。

 

そこで今日は僕が正しい、薄毛、つまり男性型脱毛症の仕組みを

書いていこうと思う。

 

いつも、本題までのくだりが長い。それがカツオですね。

すみません。次回からサクッと書きます。

 

板見教授の著書によると

近年、「朝シャンでハゲる」「ストレスは抜け毛の大敵」など

語られていますが、朝シャンが流行る前からハゲはいますし、

人間とDNAが近いサルも、野生だろうが檻に閉じ込められていようが、

一定の割合でハゲることから、ストレスが脱毛に関係しているかは懐疑的なのが

最新科学の見解であります。

 

とにかく今も昔も人間は3人に1人ぐらいの割合でハゲるそうです。

 

このようにおびただしい数の男性を昔から悩ませていた脱毛&薄毛ですが

近年、ようやく科学の発達によりそのメカニズムが解明されてきたようです。

 

こっからは難しいので僕が簡単にまとめますが、

基本的には、男性ホルモンのテストステロンが関係しているようです。

これは去勢された男性は脱毛の進行が止まるが、

その後テストステロンを投与するとまた脱毛が始まることからわかったようです。

 

ちなみに女性もこのような男性ホルモンを持っているのですが、

働きかける場所がワキ毛や陰毛だけらしいっす。

 

で、こっからが超重要です。

この男性ホルモンのテストステロンというのは、

酵素(5α-リグタクーゼ)によって、ジヒドロテストロン(DHT)

変化します。つまり簡単に表すと

 

テストステロン + 5α-リグタクーゼ = DHT

 

です。

で、このDHTは、毛根にある細胞(毛乳頭細胞)のなかにある

男性ホルモンレセプターとガッツリ結合して、

身体の毛にいろんな作用を起こします。

 

しかーーーーし!!!!!

 

この男性ホルモンレセプター!!!!!

頭部にある場所は限られています。

 

男性ホルモンレセプター存在する頭部の箇所を文字で表すと

 

前頭部、頭頂部のみ。

 

男性ホルモンレセプター存在しない場所を画像で示すと

 

 

 

 

 

namihei

 

ハゲの最終形ーーー。

 

たしかに思い出してみると、

薄毛の人がたどり着く所は必ずここですよね(笑)

 

つまり、ハゲが必ず起こる場所には

男性ホルモンレセプターがあるのです!

 

というわけで、ハゲになるには毛乳頭細胞にある

男性ホルモンレセプターあたりが怪しい!と当然なるわけです。

だっていまのところ

DHT + 男性ホルモンレセプター = 禿げてる

ので。

が、実は上の公式は不正解でもあります。

というのも男性ホルモンレセプターというのは皆もっているからです。

禿げてる人も禿げてない人も。

 

がしかし、男性ホルモンレセプターが関係しているのは確かなので、

禿げてる人の毛乳頭細胞を調べた結果、

 

TGF-β1

 

という因子が出ていてそれを、マウスなどに打った結果、

やっぱり脱毛したそうです。

 

どうやら、状況証拠からも指名手配犯は

 

TGF-β1

 

で間違いなし!!

 

ハゲる原因はこいつでした!!!

 

つまり、今日のまとめを超カンタンに分かりやすくすると

ハゲの公式1

テストステロン + 5α-リグタクーゼ = DHT

 

そんでもってハゲの公式2

DHT + 男性ホルモンレセプター = TGF-β1を発生させる

 

それでTGF-β1が毛の細胞に悪い作用をして

 

 

 

脱毛→それで最終的に・・・

 

 

 

 

 

namihei

 

 

のようです!!

にくいですね!!

 

TGF-β1

 

 

明日は、ハゲの原因がわかったところで、

現代の科学的な?医学的な?治療法をご紹介します!!

 

それではみなさん、また明日!
ブログランキングに参加しております。クリックして頂いても金銭などは発生しませし、髪も生えませんが、確実に頭皮には良い影響があると思います。ぽちっと宜しくお願いします!

スマホ・携帯などはこちら → にほんブログ村 旅行ブログ
PCの方はこちら → にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へにほんブログ村

 

ハゲの無料診断ができるそうです!おすすめ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
AGA

禿げの情報収集活動資金を得るために、
おすすめの育毛剤の広告も貼ることにしました。
ここらへんの商品のこともいずれ書いていこうと思います。

 

最新記事をメールでお届けします♪


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。