ドラッグな刺激を求めて?


いつもご覧頂き有難うございます。今日の昼から電気もないようなところに

数日間行きます。コメント返信おくれるかもしれませんが、

コメントあると凄くモチベーションがあがるので、ご遠慮なく書き込みください。

ブログランキングに参加しております。皆様のクリック応援でブログを頑張る意義が出ます。僕の旅が少しでも皆様と共有できたら本望です。何卒応援宜しくお願いします。

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周

旅流しのキッカケとなった記事はこちらから。大好評です旅のプロローグ

*************************

クスコに戻ってきた。

 

市場にいた女の子。写真を撮られるのが大好きらしい。可愛い!!

市場にいた女の子。写真を撮られるのが大好きらしい。可愛い!!

 

マチュピチュで汚れたスニーカーを磨いてもらう。自分撮りスミマセン。

後で知ったのだが、このアルマス広場に有る壊れた椅子は有名らしい!

このアルマス広場に有る壊れた椅子に座っていたら靴磨き屋さんがワラワラ寄ってくる!磨いている勝手に防水とかしてドンドン値上げするので気をつけて!

 

市場でご飯。150円ぐらい

市場でご飯。150円ぐらい

 

さぁ次はどこへいこうか?いや、どこへ流されようか?

僕の旅は最初から人任せ。

 

どーしたらいいっすかね?と旅人に聞いていくと、アヤワスカの体験を

勧められた。これはアニキ!からも推されていたのだが、なにゆえ遠い。

リマからバスとトゥクトゥクとボートで20時間くらいかけていく

サンフランシスコ村で祈祷師?シャーマンというのがドえらい飲み物を作っていて

それを飲むと体中から悪いモノが出て、悟りを開く人さえいるという。

国にも認められている儀式で、なかなか奥が深いらしい。

人によって未来の自分が見えたり、死んだ人と会えたり

チェ・ゲバラと話すことも出来るという。

つまりアヤワスカって

 

 

 

 

 

強烈なドラッグじゃね?

 

 

 

 

という話なのだが、平たく言うと、やっぱりそうらしい。

ごきげんになる色んな植物をプロの料理人(シャーマン)が

特殊にコトコト煮たお薬みたいなものだという。

 

僕は早速情報収集のため、クスコの宿で色々と聞きまわる。

隣の日本人宿にまで行くと今まさにアヤワスカに向かっている人がいるというので、

話を聞くと、僕が先日会った旅人だった!すぐさまFacebookで連絡。

日程の関係で一緒にはいけないが、どうやらリマまでいけばもっと情報が

得られるっぽい。ということで、僕も明日からリマに入ることにする。

 

その晩、僕の宿泊していない宿ではあるが、その受付の姉ちゃんが

屋上で簡単なパーティーを開くというので紛れることにした。

簡単な食事の後、ステレオが置かれる。

ミュージックスタート。クスコの夜景をバックに軽快な音楽が流れる。

すると、受付の姉ちゃんたちが踊り出した!!

 

そして皆の手を取り、一緒に音楽に合わせて踊ろうではないかと言う。

 

これが南米か!ノリノリである!

いつもはシャイな日本人。でもこは異国。

南米に入れては南米に従え、だ。

みんな軽快なステップを踏む!音楽に合わせて腰をクネる!

ビートに合わせて腕を振る!

曲が終わり次のミュージックはなんだ!?

と思っていたその時、

 

 

カバリクマシカドパラ&%>{$〜#ニョドンデチンノラダキコラエセ!

ポメテラデハボンフラファイスダパパイヤアレブ●◇%#$!*^&!

軽快なトーク!

 

 

 

ラジオかいっ!!!!

 

 

どうやってノるんだよ!?!南米の姉ちゃんを見る。

 

 

キープダンシング!まだノリノリである!

 

回転までしてる。

 

 

すげぇなその音感!!

 

胸に染みこむいい経験だった。日本人の奥に潜む爆発的なダンス力も見れた。

ありがとう、隣の宿。

 

翌日。僕は早起きしてリマに向かう。アンデス山脈を超えるため

23時間のバスの山越え。南米のバスはとにかく長時間走るのだ。

舗装されていない道。大きなバスの胴体が揺れる。

体力的にも精神的にもキツイ。乗る時は万全の体調で臨まないといけない。

そっか、、、

 

 

 

 

 

リマへ

ぼく、また飛ぶね!

 

 

 

クスコの空港で2時間遅延している飛行機をカフェで待っていると

同じく、コーヒーを飲みながら1人佇む日本人がいた。

顔がイヤらしい。勇気を持って話しかけてみると

開口一番下ネタだった。気に入った!

彼はT大に通うM君だという。

この時期卒業旅行などもかぶって学生が多いらしいのだが、

それにしても、旅人は高学歴の人が本当に多い。

 

僕は、会う人会う人に何で旅をしているのかと聞いている。

殆どの人が、「色んな所を見てみたい」という好奇心の塊みたいなアンサーばかり。

僕のように旅をキツがっているような人は皆無である。

これをとってみても、高学歴が好奇心を強くするのではなく

好奇心が強い人が頭が良くなるのだなと思う。

 

僕とM君の宿は遠いが、リマについたら夕飯を一緒に取ることにした。

 

まずは、江田インにチェックインする。

江田in

今日の寝床。こ、ここっすか。。

 

めっちゃ暑い

掘っ立て小屋にも程がある。めっちゃ暑い

 

クスコで聞いたアヤワスカに行っている人たちは今、

アヤワスカ真っ最中らしく連絡が取れない。

僕は、この宿で2泊を予定してアヤワスカが出来るサンフランシスコ村に行く

パーティーを募ることにした。まずはその夕方、宿の主に僕の予定を申して

そこに興味のある人が泊まっていないか聞いた。

すると!!!

 

「いまその地域はテング熱(死に至ることもある伝染病)が流行っているので

辞めたほうが良いよ。で、そこ行った人はうちにはもう入れないよ。

バックパックも預からないからね。」

 

と言うではないか。

 

だいぶビビる。でも、もうここまで来てしまったし、、、

どうしよう。。

そっか、、、、、、

 

 

 

「じゃあ、、、明日チェックアウトします」

 

 

 

宿を変えることにした。

自分の胸に電話をかけて、何がしたいか聞いてみると、

やっぱり、行ってみたい。

それが答えだった。。。

 

蚊が怖くて一度興味を持った旅の行き先を変えることは出来ない。

 

テング熱の致死率も1%だし、

その熱にかかることも確率的には1%程度だろう。

掛けると万分の1だ。これを万が一という。

万が一が怖かったら車の運転も出来ないし、沿岸沿いにも住めない。

僕が以前日本で、大きな災害や不慮の事故で死ぬ確率を計算したところ

かなりやばめに見積もっても1/4000程度だった。 それよりアヤワスカは

低確率だ。

 

 

よっしゃーーーー!!いくぞーーー!!!!

 

 

 

 

誰と?

 

 

1人は怖すぎる。

そんな悩んでいる時、M君との待ち合わせ時間になった。

宿に迎えに来てくれると、さぁ、行きますか。

彼はエロい顔をして言い出した。

 

タクシーは僕らを乗せると夜のリマ新市街へと

アクセルを踏み込んだ。

 

 

ブログランキングに参加しております。皆様の温かいクリックで

ブログを書く意義を見出せます!応援お願いします!!

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

マホ・タブレットの方はこちらにほんブログ村 世界一周


ドラッグな刺激を求めて?」への8件のフィードバック

  1. 心に電話なんてオシャレな言葉ですね。こんなふうに女の子を口説くのか(*^▽^*)

    • ゆーきくん もうね、一回飛んだらダメだ。もう次から次へと。。今日アヤワスカから帰ってきたけど、かなりキツかったけどやって良かった!

  2. アヤワスカ…どハマりしないように気をつけてね^^;
    かっちゃんヤバそうだもん。

    • 雄二かな? いやぁあーーアヤワスカだけは無いわ。これはハマらない。まず遠いw そしてマズイ。そしてハンパない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。