カモの見つけ方


 

リスティング広告をはじめて一ヶ月が経った。

新しいことをスタートするのってこんなに大変だったっけ?と疑問に思う。

両手にモノを抱えているのに、さらに新しいものを持つには、やっぱり何か一つを手放すしかないのか?

そうして両手を見ると、言うほどモノを抱えていなかったりするので更に疑問に思う。

これはもう認めなくてはいけない!

僕は自分が思っているより遥かにスペックが低いのだ!

ゆえに脇目も振らず新しい仕事に集中しなくてはいけないのだ!!

人の2倍、3倍努力しなくてはいけないのだ!!!!

とわかっていても、なぜか広告に釣られて必要もないカメラのセミナーに出席しておりました!!!

(とはいっても、このセミナーとっても勉強になりました。※僕がこのセミナーに参加した理由はカメラの知識を入れたいこともさることながら、リスティング広告で訪れた人(僕)へのリターゲティング、さらに申し込みしてからのフォローアップメールまでしっかりしていたからです。さらにはセミナーでの引き上げもビシっと決まっていました。もはや、あの人たちはカメラのプロじゃなくてリスティング広告のプロでした!)

 

とにかく、今は中途半端な知識で毎日広告費を垂れ流している状態の僕。

苦痛に耐えながら毎日コンバージョン(広告による売上)があがるのを願っている状態の僕。

正直、広告の管理画面を見るのが怖くて嫌になってます。

これは、久々に体重計にのる気分と全く同じ気分だ。

自分の気分を害する数字を見るが、不安で不快で不満でストレスでたまらないのだ!

数字を客観的に見て「ご飯を控えよう」とか判断することができないのだ!

人は痛みを嫌う。しかし、それを耐えて数字を直視し分析しPDCAサイクルをチマチマまわしていくしかないですよね!!

ということでしっかり数字を見てみると、嬉しい反応もあるではないか!

広告によって確実にサロンへの集客が増えてるのだ。

これは、4月の初旬はCPA2000円程度を達成していて、平均客単価が6000円程度で利益率の高い美容サービスなので、人件費を差し引いてもマイナスではない。言うほどプラスでもないがリスティング広告でお客様が増え、商売になっているのだ。

これは嬉しい。

次に意気揚々と化粧品通販のCPAをみてみる!すると

 

CPA7000円!!!

 

1本4980円の化粧品を売るために7000円の広告費がかかっているのだ!!!

この時点で約2000円のマイナス!!

さらに商品原価、配送料、決済手数料などなど加算すると1本売るごとに大赤字なのだ!!!

 

吐き気がしてくる!!

パソコンをぶん投げたくなる!!

 

しかし聞くところによると、こ、これが通販というものらしい。。

とにかく、お客様にリピートをしていただく!!3回ぐらいリピートしていただく!!

そして広告費を回収する、それが通販というものらしい!!

 

そのためには、我慢。コツコツ。きめ細やかな気を使うことが必要らしい!!

どれも、めっちゃ苦手なやつや(´Д` )

さて、リピートをしていただく施策としては、

●大前提として【効果的で素晴らしい商品であること】
●お得な定期コースを用意する。
●商品の理解度を深めてもらう。
●お客様と信頼関係を築き、ファンになってもらう。
●関連商品を用意し、様々な商品をご購入してもらい関係を保つ。

などなどあるらしい。

上の2個はバッチしなので、残りの3つは夏までに道筋だけでもつけておきたい。

あと、CPAを改善するために、とにかく広告が適切に表示されていない可能性がある。

これは、つまり僕の想像力が乏しいからだ。

 

ぼくの商品を買う人に対して、潜在意識、顕在意識どちらでもいいが、

お客様の心に触れていないのだ。

今は、お客様が道に迷って偶然見つけた商品なのだと思う。

それではもちろんダメで、きちんとした場所に並んでいて、的確にお客様に見られ、ページを読んで納得の上で買ってもらわないといけない。

 

正しいタイミングで、正しい商品を、正しい値段で。

 

あ、、

リスティング広告ってお客様が検索した時に出てくる広告なので、タイミングはバッチリなはず。

とすると、お客様に正しい商品、または欲しがっている値段で提案ができていないのだ。

つまり、僕が出している広告とクリックした人の期待値、予想にズレがある。

 

ということは、広告文が間違っているんだ!!

いや違う!!出しているキーワードが間違えてるんだ、、、萎える!!

 

これ今ブログ書いてて気がついた。。

ブログすごし。(←プラスにはすぐ気がつく前向きなカツオ)

それにしても、このミスのおかげで数十万失ってる。。

罰がきついな、グーグルさんは!!

いや、これが勝負というものですよね。

ギャンブルでこんな格言がある。
「周りを見渡してカモがいないのなら、誰がカモなのか明白である。」

 

そしてこんな格言も合わせてある。

 

「カモをみつけたら、逃げないよう、お静かに。」

 

つまり、誰も「お前はカモだよ」とは教えてくれないのだ。

そう、カモは自分で気がつくしかないのだーーーー。

まぁ知識もないままリスティング広告をはじめた僕はネギを背負ってるようなもんですけどね。

 


リスティング広告のルールを徹底的に知る方法


 

やばい2日も仕事ブログがあいてしまった。早速飽きたか?と思われるのも癪なので、少しでも学んだことを書いていきます。

+++++

いつから、こんなに僕は参考書バカになったのだろうか?

一つ気になることがある。

世に溢れる進学予備校や塾。

これはいわゆる「学校で教えてもらう教科書では進学できんよ!」

という意味なのでしょうか?

 

実際、教科書だけをマスターした人ってどれくらいのレベルになるのでしょうか?

とても気になります。

 

さて、新しくリスティング広告を始めるにあたって様々な本を買い漁ったわけです。

S__5259275

 

実はこれ以外にもいくつか読んでいるのですが、なかなか頭に入ってこない。

しかし、ビジネスは待ってくれないので、片手に本を置き、リスティング広告の掲載をはじめていた。

いうてもアメリカ人が世界に向けて開発した広告媒体。

アメリカといえば、人種のるつぼなので、いかに物事をシンプルに、多くの人にわかりやすく作るかに長けている国。

そんなお国柄の人が作ったのがリスティング広告。

ゆえに僕は操作についてもかなり舐めていた。

いや、じっさい舐める程度で広告を出稿することができる。

広告文をつくり、どのキーワードでこの広告を表示したいか設定し、連絡先とクレジットカードの番号を打ち込めばスタートできる。

最初は恐る恐る1000円から始めたがあれもこれも試したい!と予算が膨れていき、気がつけば今となっては1日1万円分がクリックされグーグルさんの口座に振り込まれていく。

月にすると30万円。

今の僕らには、とてつもなく大きい。

なぜ少額づつ出来ないのか?

それはビジネスをすすめている以上、人件費や事務所代や電話代や電気代やトイレットペーパー代がコストとして毎日かかっているのだから、強引にでもビジネスを進めていかなくてはいけない。

ここは戦場だ。

その場で待機していても攻めていても痛みを伴うのであれば、傷口は増えるかもしれないが攻めて、その先にある利益を掴み取ることを信じて進むしかない。

しかし、無知にもほどがあるので、あわてて読みかけのリスティング広告成功法則の本に手をのばす。

が、なんだかスッと入ってこない。

またゼロから学ぼうと最初の方にページを戻す。すると、ある言葉にひっかかった。

「リスティング広告を始めるにあたり、ルールを知らないといけない」

と。

ルール。

そう、僕はルールを知らないのにグランドに立っていたのだ!!

これでは、勝てるわけがない!!では、ルールはどこに書いてあるか?

そう、それは参考書や僕が買った本に書いてないのである!!

それは全てgoogleのヘルプに無料で書いてあるのだ!!

 

というか、言うなれば、僕が買った本というのは全て、Googleのヘルプの焼き増しにすぎない。

Googleが丁寧に無料で教えてくれることを、お金を取って教えてくれるのが、リスティング広告の関連本だった。

しかも、Googleはヘルプだけでも足りてないと思っているのか、わざわざコミュニティを作ってくれている。

そこでは充実した学習コンテンツも提供してくれている。

スクリーンショット 2015-04-24 16.51.47

 

しかも、しかもである。文字だけでは足りていないと思ったのか?親切に動画まで制作して超わかりやすくyoutubeにアップしてくれている。

スクリーンショット 2015-04-24 16.00.51

 

しかもしかもしかも、である。

スクリーンショット 2015-04-24 16.00.51

 

 

全然見られていない(笑)

 

正直、自分の目を疑った。

世の中に何千、何万人の人がリスティング広告業界に携わっていて、リスティング広告に関する本も累計で何万冊も売られていることでしょう。

みんなリスティング広告について学びたいと思っているのに、胴元であるルールを作った人が一生懸命発信している情報やルールには全く目を通してないのだ!!

だって、全ての本や関連本は、このオリジナルから派生してるんですよ??

だったら、これをマスターすれば本など読まなくても基本はバッチリなわけです。

というわけで、まずは、僕この動画や学習コンテンツをチェックするところからはじめております!

そうこうしている間に、僕がつくった広告はクリックされてお金は消費されていくのでした。。

早く前線に追いつかなければ。


新人としてネット広告を運用する前に知るべきこと


 

昨日書いたように僕はこの年になって未経験のネット通販(化粧品の販売)を新しい生業とすることになった。

この年になって、新しい仕事に就く場合でも、全くゼロからスタートというわけではないと思う。

ジャンルは違えど今まで培った経験値があるから、いうても商売、共通点はあるもの。今までの経験を新しい仕事にも生かせるというものです。

これは、同年代の人と話していてもよく聞くことなので、もしかしたら僕だけが感じている感覚ではないかもしれません。

しかし今回ネット通販に携わることになり、リスティング広告の本を買って、ペラペラめくるうちに、表紙のところで自負していた「俺、そこそこ仕事できるっしょ」という考えはただの妄想で傲慢でただの勘違いだったんだなぁと実感しています。

やばし。これやばし。

インターネット広告を少し勉強して気がついたのですが、ここにはITの先端技術と人間の叡智と未来が詰まっていて、インターネット広告を知るということは社会とビジネスと数字と人間を理解するということに他ならなくて、、、、ちょっとズレますが、僕はギャンブルが好きで特に人間の心理や確率をしっかり計算するポーカーが大好きなのですが、初めてポーカーを知った時の感動をはるかに越えて、エキサイティングで勉強すべき幅が超絶広い!それが、このインターネット広告だと直感しました。

 

とにかくGoogle超絶やばし!!!と。

 

まず何が凄いって、ポーカーと同じ表現にして申し訳ないのですが

胴元のGoogleでプレイする(広告を出す)際に、手持ちのカード(キーワード)と賭け金を決めるわけです。

例えば「化粧品 乾燥肌」というカードで勝てると思ったら、僕はお金を賭けてゲームを始めるわけです。

で、実際に、このキーワードで検索した人がいて、僕の広告をクリックします。

僕は予想を当てたわけですが、賭けた金額はGoogleに徴収されます。

つまり僕はGoogleに対して負けるわけです。当てても1円もリターンを得られません(笑)

僕の読みが更に当たり多くのお客さんが僕の広告キーワードをクリックしてくれてももちろん、僕はGoogleからお金を没収され続けます。つまりGoogleに対しては絶対に負けます。

ギャンブルのように、一定の確率で胴元から掛け金を還元されることは一切ありません。

期待値ゼロ。

 

胴元が総取り。

 

これがGoogleで遊ぶ際の仕組みです。つまり、これってギャンブルじゃないのです。

Googleは人が超集まる会場は用意するから、入場料払ってね。入ったらあとは自分で頑張ってー。なのです。

これをまず、必ず頭に叩き込んでおかなくてはいけません。

そしてこの仕組みを知った上で導き出される、Googleの本音、姿勢、それは

 

僕らに会場内で儲けて欲しいと心から願っている。

そのためにGoogleは全力を尽くします!

 

ということだと思います。これってとてつもなく凄いことだと思いませんか?

Googleは広告主を儲けさせるために、世界中の天才を掻き集めて、社運を賭けて、全力を尽くして、貴方に協力しますよーーー。ということなのです。

成功する確率グンとあがるわ。Googleで働いている人って、どんな広告媒体で働く人より頭いいんでしょ?

そんな人がついてくれるのです。

僕はGoogleでアカウントを作って使い方があまりにもわからないので、アカウントの右上にあるヘルプをクリックした瞬間に、フリーダイヤルが掲載されていたのを見てぶったまげました。そして電話したらすぐ繋がって丁寧に丁寧に答えてくれたので、更にぶったまげました。その日の広告費1000円だったのにもかかわらずです。

毎月何万も払っているソフトバンクなんか一つ聞きたいことがあっても延々と録音された音きかされて、結局解決せず、電話を切ることなんてザラです。

 

カツオくんが無知な素人だろうが、全力でサポートしまっせ!!

 

それがGoogleさんの姿勢です。

ちなみに僕が最初に聞いたことは、めちゃ恥ずかしいのですが

 

「CTR(クリック率:Click through rate)というのが理解できないのですが。。。」

 

です(笑)

100回広告が表示されて3回クリックされればクリック率(CTR)は3%と表示されるのですが、僕はCTRのクリックスルーを

”既読スルー”的に日本語で覚えてしまい、クリック無視率でしょ?100回のうち97回スルーされてるんだからCTRは97%だろ?と思ってたのでした。

担当者は優しく教えてくれましたが、Googleに問い合わせる前に、Throughの意味を辞書で再確認すべきでした。

あ、こういうウザい客がいるからソフトバンクとか電話つながりにくくしてるんでしょうね(笑)。

とにかく、天才が集まるGoogleさんを味方にできれば成功の確率もあがるというものです。あとは僕が、如何に活用できるか。ですね。

その前に、Adwordsの使い方に関する本を大量に買い込んで読むところから始めてみます!!

長くなったのでこの辺で。


選手宣誓:新しい職に就きました。


 
ネタではなくて真面目な話です。新しい職に就きました。

ブログをひたすらサボっていましたが新しい職についたこともあり、学ぶ事が増えたので、自分の脳みそをまとめるためにブログを真剣に再開しようと思います。(今回は仕事の一環としてブログを書いていきます。)

今までハゲ関連の記事は、それなりに人様のお役に立てたと思いますが、それ以外は、ふざけた事や下ネタを中心に書き、このブログを訪れた方の時間をしっかり無駄遣いしておりました。

しかし、今後は自分を高めるためにも日々学んだ事を真面目にアウトプットし、自身を成長させ、仕事を通して世の中に貢献できればと思います。

ちなみに今までなぜ、真面目なアウトプットしなかっかと申しますと理由は単純明解でして

 

 

「馬鹿がバレる」

 

 

からでありました。

「いやいやいや、今までのブログで十分バカなことはわかっていたよ!」

というご意見が遠くから聞こえてきます。
しかし私がここでいう、"馬鹿がバレる"とは、僕が仕事に関わるアウトプットをすることにより

今まで社会人としての「知識や知恵の浅さがバレる」ということであり、僕の選手生命にかかわるものでございました(笑)

ただ、これからは新職ということで真っさらな状態からの参戦となります。

知識や知恵でなく、この仕事に対する地位もキャリアも誇れるものもございません。

というわけで、地べたからしっかり頑張りたいと思います。

 

さて、私の新しい職業とは

 

「インターネット広告の運用」

 

となります。

今までなんとなーく六本木と新宿で運営しているサロンのためにホットペッパーやリスティング広告をしておりましたが、

(あ!このブログを読まれているごく少数の方には報告しておりませんでしたが、昨年8月に六本木で始めたサロンの2号店目を新宿にてオープンする事ができました!これもひとえに応援してくださった皆様のおかげです!ありがとうございます)

 

この度、化粧品の通信販売をスタートすることになり本格的に広告運用につくことになりました。

 

化粧品といえば超大手企業から無名企業からマルチまでひしめく超絶レッドオーシャンであり、大手企業が何百億という広告費をぶっこんでお客様を奪い合い、街を歩けば化粧品関連のものを販売するお店が街を占拠しております。

しかし、それは裏を返せば市場はとてつもなく大きいという意味です。そして実際にアイデアとキャッチコピーがハマれば石鹸ひとつで巨万の富を得ることができる、それが化粧品です。

 

「ハイリスク、ハイリターン」です。

 

でも、僕はこの言葉きらいです。

なぜならば、何ももっていない、何もなしえていない僕には失うものが元々ないからです。

 

つまり、リスクゼロ。

 

リスクを、”お金”や”費やした時間”とか考えるならば、僕にその概念は当てはまりません。

そもそもお金ないし、費やした時間は知恵、経験となって僕に戻ってくるからです。

オーシャンズ11(カジノを舞台にした泥棒映画)で ジョージクルーニーが仕事前にかっこいいこと言ってたんで、それを引用させてもらうと、

僕が就いた新しい仕事は

 

highly lucrative and highly dangerous.
(とっても儲かる可能性があるけど、とっても危ない)

 

そう、やっぱり危ない(笑)

退場になる人がいっぱいいる世界。むしろ退場の方が多い世界。

とくに僕が参入するのはインターネット広告(リスティング広告)。

若くて頭のいい人たちが超クールにビシバシ成果を出してる世界。

そして、まさに今、ぼくが使ってるスマホやPCには無数の同業者がわんさか素晴らしい広告を出していて毎日それを見ては凹んでいます。

しかしネット広告ゆえにテレビや新聞、雑誌のように大きな予算で一発ボンと広告を出すわけではありません。

僕のような素人が1日1000円からできる広告ですので、かなり細かい調整ができるようです。(ようです、という語尾からわかるように、僕はまだそれが本当にできるか知りませんw)

 

とにかく、これを本気でやります。

 

今日は、その選手宣誓です。

 

来年、リスティング広告をしっかり運用できていて、これを読み返した時に「こんな時があったんだー」と思えるようになれればと思います。

ちなみに今の僕のレベルは、グーグルでアカウント作って、予算とキーワードを少し入れて、、、それでこのブログを書く数分前にCTRの意味を理解したレベルです。平たく言うと、普通の企業だったらこの職に就けません、というか採用されません(笑)

というわけで、リスティング業界でご活躍の方がもしこのブログを目にされる機会がありましたら、37歳のおっさんがビクビクしながら入ってきたなぁぐらいの気持ちで優しく見守っていただき、もしお時間などありましたらご指導いただければ幸いです。

正直、ネット広告、通販は昔からやりたかった職業なので、この仕事につけて大変嬉しく思います。少しでも長い時間、この仕事に携われるよう努力します!

またこのブログを通して通信販売、広告運用担当者の方、あと当社の化粧品を販売してくださる方(アフィリエイター)とお近づきになれれば幸いです。

 

次回はGoogle Adwordsを始めるにあたり、驚愕をうけたことを書きます。